« Athlon 64 X2 4000+(65nm)/4800+(65nm)/5600+販売開始とWindows Vista発売日イベント情報追加 | トップページ | ノート版Core 2 ExtremeとWindows Vista販売イベントレポート »

2007年1月29日 (月)

AMD/intelの次世代デスクトップ向けプロセッサ情報

 Pentium E2000とCeleron 400の出荷時期が早まったそうです。また、次世代のYorkfieldとWolfdaleのスペックが出てきました。

http://www.hkepc.com/bbs/itnews.php?tid=733537&starttime=0&endtime=0

 Pentium E2000とCeleron 400は、当初予定されていたQ3/2007からQ2/2007の半ば頃に出荷を前進するそうです。また、45nmプロセスで次世代の4コアのYorkfield、2コアのWolfdaleはQ1/2008あたりにリリース時期が設定されました。しかし、YorkfieldベースのCore 2 Extremeのみ、12月に少量リリースされるだろうと言われています。

 YorkfieldとWolfdaleはSSE4の追加がある以外は、マイクロアーキテクチャは現行のCore 2と大差ないそうです。YorkfieldはKentsfieldのような2個くっつけた適当品ではなく、いわゆるNative Quad Coreとされています。また、Hyper-Threadingの復活を検討しているという噂もあり、事実だとすればYorkfieldは4コア/8スレッドになります。

 YorkfieldとWolfdaleのスペックを以下にまとめました。

  Yorkfield Wolfdale
製造プロセス 45nm
周波数 未定
システムバス 1066MHz 1333MHz
コア数 4 2
Viiv, vPro, VT, TXT, Enhanced SpeedStep, Intel 64 Yes
L2キャッシュサイズ 12MB 6MB
ソケット LGA775
登場時期 Q4/2007 Q1/2008

 対抗するAMDですが、次世代デスクトップ向けプロセッサの詳細が明らかになりました。

http://www.dailytech.com/article.aspx?newsid=5874

 次世代デスクトップ向けプロセッサは、K8Lと呼ばれていたOpteron用のBarcelonaをベースに派生品を構成します。それを以下にまとめました。

  コア数 キャッシュサイズ 周波数 TDP 登場時期 ソケット
Agena/FX 4 L2=512KBx4, Shared L3=3MB 2.4-2.6GHz 125W Q3/2007 AM2+/1207+(FX)
Kuma 2 L2=512KBx2, Shared L3 3MB 2.0-2.9GHz 65/89W, 後からEE35W Q3/2007(EEのみQ4) AM2+
Rana 2 L2=512KBx2, L3なし 2.1-2.3GHz 65W Q4/2007 AM2+

|

« Athlon 64 X2 4000+(65nm)/4800+(65nm)/5600+販売開始とWindows Vista発売日イベント情報追加 | トップページ | ノート版Core 2 ExtremeとWindows Vista販売イベントレポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Athlon 64 X2 4000+(65nm)/4800+(65nm)/5600+販売開始とWindows Vista発売日イベント情報追加 | トップページ | ノート版Core 2 ExtremeとWindows Vista販売イベントレポート »