« ATi R600の仕様詳細とベンチマーク | トップページ | Core 2 Quad Q6600の予定価格情報 »

2007年1月 5日 (金)

Radeon X1950GTなるボード開発中

 昨日に引き続いてATiのグラフィックボードの話題です。何やらRadeon X1950GTなるものを開発中だそうです。

http://www.hkepc.com/bbs/itnews.php?tid=722699&starttime=0&endtime=0

 開発名はRV570LEで、Radeon X1950 PRO(RV570)の下位モデルという位置づけです。12 pixel shader pipeline, 36 Pixel Shaders, 8 Vertex Shaders, Native CrossFireに対応し、コアクロックは500MHz、メモリクロックは1.2GHzに落とされています。また、Rage TheaterでのVideo Inもサポートしており、基本的にはRadeon X1950 PROの低周波数版といったところです。
 登場はQ1/2007、量産が2月上旬となっているため実際の販売は2月後半以降でしょうか。ただ、このボードは特定地域(certain area)のみでの販売を考えているようで、その特定地域とは記事では明らかになっていません。というわけで、日本にやってくるかどうかは不明です。

 スペックからして、例によって「Radeon X1950 PRO化」なんて裏技が発見されそうな気も。

|

« ATi R600の仕様詳細とベンチマーク | トップページ | Core 2 Quad Q6600の予定価格情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ATi R600の仕様詳細とベンチマーク | トップページ | Core 2 Quad Q6600の予定価格情報 »