« Radeon HD 2950 XTX情報とK10の周波数は予定より高くできる? | トップページ | Agena FXのデモとRadeon HD 2900 XTの詳細なベンチマーク、intel 45nmプロセス品の今後の展開 »

2007年5月 9日 (水)

Computex 2007でPenryn/Barcelona展示とintelとNVIDIAの提携情報、Santa Rosa発表

 来月5日~9日にかけて台北で開催されるComputex 2007ですが、ここで次世代プロセッサを拝めそうです。

http://www.digitimes.com/mobos/a20070508PD218.html

 これによると、intelはPenryn、AMDはBarcelonaの展示を行うようです。ところでこの記事では、Barcelonaの出荷について「当初5月に予定していた出荷を6月に遅らせた」などと書いていますが、これについては初耳です。7月に発表とか、晩夏とかいろいろ言われてきましたが、実際のところはどうなのでしょうか?

 ともかく、開催時期にはPC系Webサイトなどでいろいろと紹介されると思います。

 もう一つは、intelとNVIDIAがなにやら技術提携を行うつもりであるようですが、NVIDIAがintelから何を得たかという記事です。

http://www.theinquirer.net/default.aspx?article=39492

 記事では以下の3点を挙げています。

・FSB 1600MHzのライセンス
・intel純正マザーボードでのNVIDIAチップセット採用(主にローエンド向け)
・CSI(Common System Interface)

 CSIを含んでいるということは、将来Xeonプラットフォームワークステーションで、NVIDIA SLIも使えることが期待されます。

 最後に、Napa Platformの後継となるSanta Rosaが正式発表となりました。

http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2007/070509a.htm (公式)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0509/intel.htm (図入り)

 Core 2 DuoはFSB 800MHzになり、チップセットはGM965/PM965(Crestline) + ICH8-M/ICH8-M Enhanced, 802.11n規格(draft)の4965AGN(Kedron)で構成されます。またActive Management TechnologyやTurbo Memory、Dynamic Acceleration、Dynamic Front Side Bus Frequency Switching、Longer Enhanced Deeper Sleepといった新技術にも対応します。

 PCメーカ各社から、これより先に採用ノートPCが発表されており(チップセットが非公開だったり、プロセッサを「最新インテルCore 2 Duoプロセッサー」と書いてあったりした)、また同時発表のメーカもあります。

 個人的にはSanta Rosaでどんな小型ノートPCが出てくるのかが関心事です。

|

« Radeon HD 2950 XTX情報とK10の周波数は予定より高くできる? | トップページ | Agena FXのデモとRadeon HD 2900 XTの詳細なベンチマーク、intel 45nmプロセス品の今後の展開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Radeon HD 2950 XTX情報とK10の周波数は予定より高くできる? | トップページ | Agena FXのデモとRadeon HD 2900 XTの詳細なベンチマーク、intel 45nmプロセス品の今後の展開 »