« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

Nehalemの8コア品は2009年に登場

 Nehalemの8コア品は2009年に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5462&Itemid=1

 Nehalemは2~8コアまでとりえる構成になっていますが、Q4/2008の段階では4コアまでで、8コア品はQ1/2009に登場するそうです。Nehalem世代はSimultaneous Multithreading(Hyper-Threadingと同様のテクノロジ)で1コア2スレッドとなるので、8コアの場合は論理スレッド数が16にもなります。

| | コメント (0)

AMD R700はGDDR5に対応

 AMD R700はGDDR5に対応するそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5456&Itemid=1

 GDDR5のサンプル出荷はすでに始まっているそうで、NVIDIAが次世代製品でGDDR5に対応するかどうか明らかになっていないことから、AMDが最初に対応製品を出す可能性があります。

| | コメント (0)

Radeon HD 3870 X2のGDDR4版

 Radeon HD 3870 X2のGDDR4版が計画されているそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5447&Itemid=1

 いくつかのベンダがGDDR4を採用したRadeon HD 3870 X2の投入を予定しているようで、価格はGDDR3版より少し高めで、登場時期はこの数週間以内だそうです。ただ、GDDR3版と比べてさほど性能が向上することはないのではないかとしており、性能差次第では「気分の問題」となる可能性もあります。

| | コメント (0)

Phenom B4 Stepping?

 Phenomの次のSteppingの噂が出ています。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=17912&catid=2

 これによると、Q2/2008登場予定のB3 SteppingはTLB問題は改修されるものの、動作周波数はあまり上がらないとしています。そこで、同じくQ2/2008にB4 Steppingなるものが登場し、これは動作周波数の向上が見込まれるものであるそうです。

 ただ、2008年1月11日の記事ではB3の次はCx(45nmのShanghai)でB4は存在しないとしており、実際のところどうなのかは分かりません。いずれにせよ、動作周波数の向上は急務であることは確かです。

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

Geforce 9600 GT SLIのベンチマーク

 GeForce 9600 GT SLIのベンチマークです。

http://bbs.chiphell.com/viewthread.php?tid=15646&extra=page%3D1 (中文・簡体字)

 今回は単体ではなく、上記にある通りSLI構成でのベンチマークです。評価環境はCore 2 Duo E6850、マザーボードはnForce 680i SLI、メモリはDDR2-800 1GBx2、Windows Vistaです。比較対象はGeForce 8800 UltraとGeForce 9600 GT単体です。結果を以下にまとめました。

ベンチマーク GeForce 8800 Ultra GeForce 9600 GT GeForce 9600 GT SLI
3DMark03(1024x768) 42469 33325 55440
3DMark03(1280x1024) 34409 26138 44946
3DMark05(1024x768) 17700 17167 18805
3DMark05(1280x1024) 17084 16141 18427
3DMark06(1280x1024) 12142 10036 13080

| | コメント (1)

2008年1月29日 (火)

Windows 7は2009年にはやはり登場せず、早くて2011年か?

 Windows Vista後継のWindows 7は、やはり2009年には登場しないのではないかという記事です。

http://www.winvistaclub.com/i7.html (引用元)
http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2008/01/28/windows-won-released-2009

 これによれば、2009年にWindows 7が出るという噂は間違いとし、これは現在計画段階であり、開発には見積もっても3年はかかるとしています。そして、内部テストやユーザによるベータテストなどの期間を考えれば、Windows 7が登場するのは早くても2011年なのではないかとしています。the Inquirerは最終版が出てくるのは2012年か、下手すると2013年あたりになるのではないかと予想しています。

 私も2009年登場は早すぎると思っていましたが、2011年というのは開発が順調であればありえそうな話です。逆に言えば、開発に難航すると Inquirerの予想のように2012年や2013年になる恐れもあり、Windows VistaがWindows XP並みの長期政権になる可能性もあります。

 そのWindows 7のスクリーンショットがありますが、今の段階ではWindows Vistaと全く同じ見かけです。

| | コメント (1)

nForce 790iはQ2/2008に登場

 nForce 790iはQ2/2008に登場するそうです。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080129PD212.html

 2008年1月27日の記事では出荷が遅れて3月になるとしていましたが、Q2/2008に登場させることにしたようです。この記事では対応メモリはDDR3 SDRAMのみとなっています。マザーボードベンダはQ3/2008にはDDR3の価格下落が始まるとみており(2008年1月25日の記事も参照)またハイエンドゲーマーであれば性能優先でDDR3でも購入するであろうと予想しています。

 また、この記事でもnForce 790iの製品構成について言及しており、nForce 790i Ultra SLIとnForce 790i SLIの2種類があります。前者と後者の違いは、前者はオーバークロック機能の高さとDDR3-2000への対応としています。

 ところでこの記事での余談ですが、先月登場したnForce 780i採用のマザーボードの売れ行きはあまり芳しくないようで、先代のnForce 680iと比べて仕様面でさほど大きな違いがないからとしています。780iを一気に置き換えるであろう790iの登場を考えると、tier-1のマザーボードベンダは780i採用のマザーボード開発を延期するかやめるかまで考えたそうです。製品の性格上、790iが出るとすぐに売れなくなってしまう 780iの在庫を抱えたくない、ということでしょう。

| | コメント (0)

Radeon HD 3690は世界的に販売

 中国市場向けと言われていたRadeon HD 3690ですが、全世界市場に向けて販売するそうです。

http://xtreview.com/addcomment-id-4135-view-Radeon-HD-3690-can-go-worldwide.html

 Radeon HD 3690は何度かお伝えしている通り、Radeon HD 3850のデチューン版で(メモリバス幅:256bit -> 128bit, 画像メモリ:GDDR3 512MB -> 256MB、コアクロック668MHz, メモリクロック1656MHz)価格は$125が予定されています。当初中国市場向けと言われていたのを変更したようです。ただ、AMDのパートナーはこのボードを欧州市場では販売するつもりはないそうです。

 というわけで、日本国内にも入ってくる可能性があります。

| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

AMD Fusionの続報

 AMDのFusionについての続報です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20080125221608_AMD_s_First_Fusion_Microprocessors_to_Be_Dual_Core_Mobile_Chips.html

 Fusionは最初の製品SwiftはQ2/2009の登場が予定されていますが、これは2コア+1グラフィックコアの組み合わせになります。これは4コア化も可能であるとしています。

 またこの統合グラフィックコアは最新のRadeonアーキテクチャに基づくものとされていますが、AMDは未発表のグラフィックコアを使うことを示唆しています。このグラフィックコアは近い将来リリースされるグラフィックボード(R700世代?)に採用されるものであるそうです。

| | コメント (0)

Phenom FXはQ2/2008に登場

 Phenom FXはQ2/2008に登場するそうです。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080126/etc_vista1st.html

 1月26日に秋葉原で行われたWindows Vista発売1周年イベントで、日本AMDの土居憲太郎氏の発表にて明らかになりました。9900/9700はQ2/2008の登場となっていますが、最近音沙汰がなかったPhenom FXもこの時期に登場するようです。動作周波数は明らかになっていませんが、Socket F版Phenom FXがなくなったため、9900より高周波数となる2.7GHz以上になることが予想されます。

| | コメント (0)

Radeon HD 3870 X2が公式発表

 本日Radeon HD 3870 X2が予定通り発表されました。

http://www.amd.com/us-en/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543~123559,00.html

 ボードはすでに販売されており、公式発表は後になるというイレギュラーな形になりました。なお、当初はPCI Express Bridgeの制限でPCI Express 1.1となりますが、Q1/2008中には2.0対応がなされるそうです。PCI Express 2.0対応版がほしい方は、現在販売されているボードには手を出さない方がよいでしょう。

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

NVIDIAの新製品群の出荷が3月に遅れる

 NVIDIAの新製品群の出荷が遅れるという話が出ています。

http://en.expreview.com/?p=233

 出荷遅れの対象となるのはnForce 780a, 750a, 790i, 790i Ultra, GeForce 9800 GX2です。これらは2月の発表が予定されていましたが、3月に延期になったそうです。その理由については明らかになっていませんが、生産工場が中国の旧正月に入るからなのではないかとしています。

 AMDプラットフォーム用のチップセットは、B3 Steppingの話もあるので慌てて出す必要はないと思いますが、intelプラットフォーム用チップセットはハイエンドでライバルとなるX48とぶつかることになります。

| | コメント (0)

Radeon HD 3850のAGP版が販売開始

 Radeon HD 3850のAGP版がついに販売開始されました。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080126/etc_agprad385.html

 PowerColorのAG3850 512MD3-Pで画像メモリはDDR3 512MB、実売価格は33,000円前後です。AGPプラットフォームでDirectX 10.1に対応することができるようになりました。ほかにはSapphireもRadeon HD 3850のAGP版を用意しており、国内に入荷されるのは時間の問題と思われます。

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

Radeon HD 3870 X2販売開始

 先日フライングで発表されたRadeon HD 3870 X2ですが、早速秋葉原で販売が開始されます。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080126/etc_387x2.html

 Connect3DのC3D-H3870X2-1GD3EとSapphireのHD3870 X2 1G DDR3、PowerColorのAX3870X2(1GBD3-H)で、実売価格は6万円前後です。

| | コメント (0)

IBMがAMDを買収するという噂

 IBMがAMDを買収するという噂が流れています。

http://www.xbitlabs.com/news/other/display/20080123233327_IBM_Could_Take_Over_Advanced_Micro_Devices_Rumours_Resurrect.html
http://www.ft.com/cms/s/2/fb1583da-c9b6-11dc-b5dc-000077b07658,dwp_uuid=e8477cc4-c820-11db-b0dc-000b5df10621.html

 アナリストによって見方がばらばらで、「AMDの株価が安いので、買収するなら今だ」という意見や、「IBMはソフトウェアとサービスの会社に変貌しつつあり、ハードウェア(ハードディスク、プリンタ、PCなど)はどんどん捨ててきた。いまさらAMDを買って何になる」という意見、また、買収の可能性を含めつつAMDとIBM Microelectronicsがより深く提携していくという見方もあり、今のところ一定していません。

 今回はあくまで噂であり、アナリストが勝手に言っているだけなので話半分で聞くべきなのですが、こういう噂が出ること自体、AMDが苦しい状況にあることの証左でしょう。

 半導体といえば、先日富士通が本体に丸抱えしていた半導体部門の分社化を発表しており、業界内での新たな提携や再編が起こる可能性があります。

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

Phenom 8600のベンチマーク

 Phenom 8600のベンチマークです。

http://www.hardspell.com/english/doc/showcont.asp?news_id=2376
http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=229337

 Phenom 8600は2.3GHzの3コア品で、Hardspellの記事は比較対象はAthlon 64 X2 4400+/6400+です。VR-Zoneの記事はプロセッサ中心のテストで、790 FXのマザーボードで行われています。リンク先にスライドがありますので、詳細はそちらをご覧ください。

| | コメント (0)

GeForce 9500 GTの仕様

 GeForce 9500 GTの仕様が出てきています。

http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=229340

 これによると、コアはD9M(G96-300)、65nmで製造されます。プリント基板には2種類あり、GDDR3版は6層、GDDR2版は4層となります。シェーダプロセッサ数は32、コアクロックは650MHz, シェーダクロックは1650MHz, メモリバス幅は128bit、画像メモリは256MB(後に512MB版も登場)となります。メモリクロックはDDR2で900MHz, GDDR3で1.8GHzです。

 インタフェースはPCI Express 2.0に対応します。またこの記事では下の方にロードマップも書いてあり、以下のようになります。これにはGeForce 9600 GSなる記述がありますが、詳細は不明です。

  7900 GTX   -> 8800Ultra    -> D9E 9800 GX2
  7950 GT    -> G92 8800 GTS
  7900 GS    -> G92 8800 GT
  7600 GT/GS -> 8600 GT/GS   -> G94 9600 GT/GS
  7300 GT    -> 8500 GT      -> G96 9500 GT
  7300       -> 8400 GS      -> G98 8400 GS

| | コメント (0)

DDR3とDDR2の価格差は年内には10%程度にまで縮まる

 DDR3とDDR2の価格差は年内には10%程度にまで縮まるという記事です。

http://www.digitimes.com/bits_chips/a20080123PD213.html
http://xtreview.com/addcomment-id-4119-view-DDR3-price-drop.html

 これによると、intelがDDR3対応のプラットフォームを力強く推進しており、これに対応すべくDRAMベンダは量産大勢に入っており、H2/2008にはDDR2とDDR3の価格差が10%以下にまで縮小するだろうとしています。

 また一部DRAMベンダの見方として、DDR3はより重要になっていくものの、DDR2はメインストリーム向けのメモリとして数年は残り続けるだろうとしています。

 さらに、DRAMベンダはintelがDDR3対応プラットフォームへの移行のために、PCベンダに補助金を出すのではないかと考えており、これが業界でのDDR3への移行に弾みをつけるものとみられています。そしてQ4/2008には出荷されるPC全体のうち30%程度がDDR3対応になるとしています。

 DDR3対応プラットフォームは現在X38とP35, G33のほか、今後登場予定ではX48やEaglelake(4シリーズ), 今年後半に登場予定のNehalem世代があります。AMDもH1/2009にはDDR3対応プロセッサの登場を予定しており、今年後半から本格的にDDR3への移行が始まります。

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

nForce 790iはDDR2にも対応?

 nForce 790iはDDR2にも対応するかもしれないという話が出ています。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5315&Itemid=1

 ある情報筋からの話として、NVIDIAはnForce 790iをDDR3のみの対応とすることについて再考しているようで、要するにDDR3の価格がDDR2の何倍もするので、DDR2にも対応した方が得策ではないかということだそうです。

 実際のところどうなるかは分かりませんが、まず本文が「まだ確認していないが」となっているので、今の段階では単なる憶測情報ですねえ。

| | コメント (0)

NVIDIA Hybrid SLIの制限事項

 NVIDIA Hybrid SLIにはいくつか制限があるようです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20080123183936_Nvidia_s_Hybrid_SLI_May_Not_Be_Suitable_for_Business_Users_Serious_Gamers.html
http://xtreview.com/addcomment-id-4114-view-Hybrid-SLI-technology-limitation.html

 これによると、内蔵グラフィックスと外部グラフィックボードでのマルチモニタ非サポート、内蔵と外部のグラフィックス切替は手動(将来はドライバで自動対応予定)、内蔵グラフィックスはDual-Link DVI非対応(解像度は最大1920x1200まで)などがあるそうです。これらはいずれも将来は対応する予定としています。

 Dual-Link DVI非対応などはともかく、グラフィックス切替は自動化してほしいですね。

| | コメント (0)

Radeon HD 3690の価格

 Radeon HD 3690の価格情報です。

http://en.expreview.com/?p=222

 これによると$124とされています。3690は3870/3850と同じRV670を採用し、画像メモリはGDDR3 256MBでメモリバス幅は128bitと3870/3850と比べて半分になります。コアクロックは670MHz, メモリクロックは1660MHzとなります。

 ただこれは中国市場向けとなっており、日本国内に入ってくるかどうかは未定です。

| | コメント (0)

GeForce 9600 GTの発表がやや遅れる

 GeForce 9600 GTの発表がやや遅れるそうです。

http://en.expreview.com/?p=223

 当初は2月14日の発表が予定されていましたが、特定アプリケーションで発生した問題の修正のため、2月21日に延期されたとしています。ちょうど1週間ずれこむことになります。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

Radeon HD 3870 X2が非公式(?)発表

 Radeon HD 3870 X2がAMDの発表なしに、ボードベンダから発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0123/amd2.htm

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0801/23/news111.html

 ASUS、Sapphire、PowerColorの3社が出荷を予定しています。価格は6万円半ば~68,000円前後となる見込みです。AMD自身の公式発表はまだなく、いわばフライングみたいな状態です。

| | コメント (0)

Radeon HD 3600/3400が正式発表

 本日Radeon HD 3600/3400シリーズが発表されました。

http://www.amd.com/us-en/Corporate/VirtualPressRoom/0,,51_104_543~123458,00.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0123/amd.htm (日本語解説)

 詳細は公式発表および日本語解説記事をご覧下さい。早速ASUS、Sapphire、PowerColor、MSIなどの大手ボードベンダから製品が出荷されます。ベンチマーク記事も早速出ていますので、日本語記事をご紹介しておきます。

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

Radeon HD 3870 X2のベンチマーク

 Radeon HD 3870 X2のベンチマーク記事です。

http://www.pconline.com.cn/diy/graphics/reviews/0801/1210234.html (中文・簡体字)
http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=228355

 評価環境はCore 2 Extreme QX6850の3.6GHz動作、GIGABYTE GA-X48-DQ6, メモリはDDR2-1066 1GBx2, Windows Vistaで、比較対象はGeForce 8800 Ultraです。

 結果はVR-Zoneがスライドのみを転載していますので、そちらをご覧になった方がよいでしょう。3870 X2が8800 Ultraを全般的に上回っており、久しぶりにRadeonが性能面で勝利しています。といっても実際はCrossFire対単体チップなので、3870 X2が勝てねばAMDとしても苦しいんですが。。。

| | コメント (0)

Radeon HD 3870 X2はやはり1月28日に発表

 2008年1月16日の記事ではRadeon HD 3870 X2の発表が1月23日となっていましたが、またずれたそうです。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=17760&catid=2
http://www.vr-zone.com/articles/Radeon_HD_3870_X2_Launch_Back_To_28th_Jan/5520.html

 といっても、当初言われていた1月28日に戻っただけです。何か問題が発生したというわけではなく、TechConnect Magazineによると、より多くの店舗で販売したいためとレビュー記事を書いて欲しいから、としています。

 価格はVR-Zoneによると$510~$550あたりを予定しているそうです。

| | コメント (1)

2008年1月21日 (月)

Core 2 Quad Q9300のベンチマーク

 Core 2 Quad Q9300のベンチマーク記事です。

http://www.pcgameshardware.de/?article_id=628633 (独語)

 この記事では3.5GHzにオーバークロックした場合の結果も掲載されています。Q9300は2.5GHzであり、これまでこの周波数で動作するintelのプロセッサがなかったため(正確にいえばXeon E5420が2.5GHzであり、FSB 1333MHzなので同等仕様となるが、対応チップセットもメモリも異なるので直接の比較はできない)、今回のベンチマーク結果はやや参考程度ともいえます。リンク先の下の方にある5枚のスライドがベンチマーク結果なので、詳細はそちらをご覧ください。

| | コメント (1)

Windows Vista後継OSは2009年後半に登場か?

 Windows Vistaの後継OSは来年に登場するなどという話が出ています。

http://www.tgdaily.com/content/view/35641/118/

 いくつかの産業系の情報筋からの話として、次世代Windows("Windows 7")は一部の重要なパートナーにはすでに検証用で渡されており、その出荷は2009年後半が予定されているということです。

 Windows 7は2010年の登場が言われてきましたが、Microsoftはロードマップを見直し、H2/2009に前倒ししたそうです、ただ、記事でも指摘していますが、このスケジュールはかなり慌ただしく、実際にこの予定通りになるとは正直思えません。個人的にはWindows 7は2013~2014年あたりでもよいと思っているのですが、一体どうなるか。Windows Meみたいに、使い物にならないOSを慌てて出されても困るんですよねえ。

| | コメント (2)

intelのLarrabeeは2009年か2010年に登場

 intelのLarrabeeは2009年か2010年に登場するそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20080117222433_Intel_Promises_to_Sample_Larrabee_Processors_in_Late_2008.html

 intelがアナリスト向けに開催した説明会での話として、Larrabeeのチップサンプルを2008年後半にベンダ向けに配布する予定であるということです。Larrabeeはintelの外部グラフィックチップ開発プロジェクトで、今回の説明会で登場時期は2009か2010年が予定されていることがPaul Otellini社長兼CEOの話で明らかになりました。当初は2008年後半か2009年と言われてきましたが、スケジュールは後ろになったようです。

 予定通り出荷されれば、intel 740の登場から11年以上経っての外部グラフィックス市場再挑戦となります。

| | コメント (0)

NVIDIA G100とAMD RV770はQ2/2008に登場

 NVIDIA G100とAMD RV770はQ2/2008に登場するそうです。

http://www.vr-zone.com/articles/Nvidia_%26_AMD_To_Start_Next_Gen._GPU_War_In_Q2/5518.html

 これによると、いずれのチップもすでにテープアウトしており、Q2/2008の後半には登場するとしています。いずれも詳細な仕様は明らかになっていませんが、G100はGeForce 9シリーズのハイエンド向け、RV770はRV670後継で55nmプロセスでの製造とされています。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

Core 2 Duo E8000とCeleron E1200販売開始

 WolfdaleのCore 2 Duo E8000シリーズとCeleron Dual-Core E1200が販売開始されました。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080119/etc_mspre.html

 19日に例によって深夜販売イベントが開催され、なかなか盛況だったようです。実売価格はE8500が36,000円前後、E8400が26,000円前後、E8200が24,000円前後、Celeron E2100が7,000円前後です。

 20日からは各店舗でも販売が開始されます。当初は入荷数が少ないようで、しばらく品薄の可能性もあります。

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

GeForce 9600 GTの正式な仕様

 GeForce 9600 GTの正式な仕様などというものが出てきています。

http://forum.donanimhaber.com/m_20450035/tm.htm (トルコ語)

 リンク先のトルコ語(と思われる)はさっぱり解せないので表だけを見ると、PCI Express 2.0に対応しコアクロックは650MHz、シェーダクロックは1625MHz、メモリクロックは1.8GHz、メモリバス幅は256bit、画像メモリはGDDR3 512MB、ストリームプロセッサ個数は64となっています。

 このあたりは以前から出てきた情報と同じです。

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

AMDの低消費電力版プロセッサ情報

 AMDの低消費電力版プロセッサ情報です。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080118PD204.html

 Phenom 9100e/9150eとAthlon 4000eシリーズについては2007年12月28日と2007年12月6日から変更はないのですが、今回新たな情報として、シングルコアのAthlon BE-1640(2.7GHz, L2キャッシュサイズ512KB, TDP 45W)が今月後半、BE-1660(2.8GHz)がQ2/2008に登場します。

| | コメント (2)

Radeon HD 3690なるもの

 Radeon HD 3690なるものが存在するそうです。

http://en.expreview.com/?p=211

 これは情報源の話として登場は間近であるそうです。基本的には3850のデチューン版で、画像メモリはGDDR3 256MB, メモリバス幅は128bitなものの、グラフィックチップはRV670 Proと3850と同じものを使用します。

 価格は$110が噂されています。リンク先にはボードの画像もあり、2スロット占有型の冷却ファンなもののボード長は短くなっています。

| | コメント (0)

AMDのアナリスト向け近況報告

 AMDのアナリスト向け近況報告ですが、少しだけ45nm品についても言及しています。

http://www.tgdaily.com/content/view/35672/135/

 AMDのHector Ruiz CEOは、かの問題(TLB問題)はB3 Steppingにて解決したと述べ、ようやくAMDの経営トップが「太鼓判」を押しました。またDirk Meyer社長の話として、ES品は数週間以内に顧客に送られ、量産はQ1/2008の後半を予定しているそうです。特に何もなければ、Q2/2008に予定通り出荷が始まります。

 またOpteronでは、2.5GHzかそれ以上のOpteronの投入をQ2/2008に予定しています。次世代となる45nmに関しては、Ruiz CEOはOpteronの45nm品の出来ばえに満足しているといい、登場時期はH2/2008を目指しているとしています。

 45nmに関しては2008年半ばという当初の計画からは遅れており、H2/2008も怪しいところですが、まずはB3 Steppingのプロセッサの大量出荷から片づけていって欲しいものです。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

nForce 790iには2つの製品構成がある

 nForce 790iには2つの製品構成があるそうです。

http://en.expreview.com/?p=206

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5198&Itemid=1

 これによると、nForce 790i Ultra SLIと単なるSLIがあり、Ultra版はオーバークロック性をより高めたものとされています。Ultra版はノーマル版とチップ自体は同じですが、選別品を使っており、メモリはEPP2(DDR3)に対応するそうです。またFudzillaによれば、Ultra版はFSB 1600MHzに対応するとしています。

 このあたりはX38とX48の関係に似ています。

| | コメント (0)

Yorkfield版Core 2 Quadが当初言われていた1月からQ1/2008とぼかした原因

 Yorkfield版Core 2 Quadが当初言われていた1月からQ1/2008とぼかした原因についての話です。

http://www.dailytech.com/Intel+Explains+45nm+Delays+Errata/article10362.htm

 これによると、intelの技術者の話として、これはシミュレーションにおいて、高周波数動作時に致命的な問題が発見された(この記事では"showstopper"と表現している)ためだとしています。Harpertown Xeon(別ステッピングにて改修)やCore 2 Extreme QX9650には影響がないそうです。

 元々1月7日の発表ではQ1/2008としていたので、遅れたというわけではないのですが、背景にはこんな問題があったようです。

| | コメント (0)

intelデスクトップ用プロセッサの値下げ情報

 intelデスクトップ用プロセッサの値下げ情報です。

http://www.techpowerup.com/?49930

http://xtreview.com/addcomment-id-4083-view-Intel-next-price-drop.html

 4月20日に一部のプロセッサの値下げが予定されています。それを表にまとめました。

プロセッサ名 価格(現在) 価格(4月20日)
Core 2 Quad Q6700 $530 $266
Core 2 Quad Q6600 $266 $224
Core 2 Duo E4600 $133 $113
Pentium E2200 $84 $74
Pentium E2180 $74 $64
Celeron 440 $53 $34
Celeron 430 $44 $34

 また、今後Q3/2008までに登場予定のプロセッサも以下の表にまとめました。1月20日から販売開始のプロセッサについては省略しています。

プロセッサ名 登場時期 価格
Core 2 Extreme QX9775 Q1/2008 $1499
Core 2 Quad Q9550 Q1/2008 $530
Core 2 Quad Q6450 Q1/2008 $316
Core 2 Quad Q9300 Q1/2008 $266
Core 2 Duo E8300(2.83GHz, FSB 1333MHz) 4月20日 $163
Core 2 Duo E7200(2.53GHz, FSB 1066MHz, L2 3MB) Q2/2008 $133
Celeron E1400(2.0GHz) Q2/2008 $53
Core 2 Quad Q9650(3.0GHz) Q3/2008 未定
Core 2 Quad Q9400(2.66GHz) Q3/2008 未定
Core 2 Duo E8600(3.33GHz) Q3/2008 未定

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

Eaglelake世代のチップセット情報の続報

 Eaglelake世代のチップセット情報の続報です。

http://www.vr-zone.com/articles/Intel_GMA_X4500HD%2C_X4500_%26_4500_Info/5505.html

 今回は内蔵グラフィックスについての仕様で、G45内蔵グラフィックスであるGMA X4500 HDはMPEG2, VC1, HD-DVD/Blu-ray用VCのハードウェアによる再生支援を有します。Eaglelake世代の内蔵グラフィックスはDirectX 10に対応します。これら内蔵グラフィックスはHDCP keyを有し、G45/G43の内蔵グラフィックスについてはDislayPortとHDMIの出力に対応します。

 また、今回の記事でローエンド向けとしてG41なるチップセットが追加されており、これはQ1/2009に搭乗予定となっています。Eaglelake世代のチップセットの仕様概要を以下の表にまとめました。

チップセット名 G45 G43 G41 P45 Q45 Q43
DIMMチャネル数 2 DIMM/2 チャネル 1 DIMM/2 チャネル 1 DIMM/2 チャネル 2 DIMM/2 チャネル 2 DIMM/2 チャネル 2 DIMM/2 チャネル
最大メモリ容量 16GB 8GB 8GB 16GB 16GB 16GB
対応メモリ DDR3-1333/1066/800
DDR2-800/667
DDR3-1066/800
DDR2-800/667
DDR3-1066/800
DDR2-800/667
DDR3-1333/1066/800
DDR2-800/667
DDR3-1066/800
DDR2-800/667
DDR3-1066/800
DDR2-800/667
内蔵グラフィックス GMA X4500HD GMA X4500 GMA 4500 なし GMA 4500 GMA 4500
外部グラフィックス PCI Express x16 2.0 PCI Express x16 2.0 PCI Express x16 PCI Express x16 2.0(x8+x8可) PCI Express x16 2.0 PCI Express x16 2.0
South Bridge ICH10/R ICH10/R ICH10/R ICH10/R ICH10DO ICH10D
対応出力 HDMI, DisplayPort, DVI,
sDVO, D-Sub15
HDMI, DisplayPort, DVI,
sDVO, D-Sub15
DisplayPort, DVI,
sDVO, D-Sub15
DisplayPort, DVI,
sDVO, D-Sub15
DisplayPort, DVI,
sDVO, D-Sub15

| | コメント (0)

X38とX48でNVIDIA SLIサポートが可能?

 X38とX48でNVIDIA SLIに対応することができるそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5177&Itemid=1

 intelの技術者の話として、マザーボードの再設計を行うことでX38/X48でNVIDIA SLIに対応することができるそうです。ただし、NVIDIAのSLIチップの搭載が必要となっており、これはSkulltrailのマザーボードDX5400XSでも使われているnForce 100 MCPと思われます。

| | コメント (0)

Radeon HD 3870 X2(R680)の発表が1週間早まる

 Radeon HD 3870 X2(R680)の発表が早まるそうです。

http://www.tgdaily.com/content/view/35629/135/

 今月28日の発表を予定していたのが、23日と1週間早まったそうです。来週には登場するということになります。

| | コメント (0)

Core 2 Extreme QX9770の出荷が遅れるか

 Core 2 Extreme QX9770(3.2GHz)の出荷が当初より遅れるという話が出ています。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080116PD207.html

 これによると、当初は今月の出荷が予定されていましたが、2月~3月に延期になったそうです。しかしQX9770を出荷したとしてもQX9650の生産を終了させる予定はないそうです。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

nForce 790iは2月に登場

 nForce 790iは2月半ばに登場するそうです。この記事ではGeForce 9600 GTと同時登場としています。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5148&Itemid=1

 nForce 790iは基本的にはnForce 780iのDDR3対応版で、FSB 1600MHzのCore 2 Extreme QX9770に対応するとされています。メモリはDDR3-1800まで対応します。現在NVIDIAはnForce 780iの出荷数を制限しており、その理由として高額にも関わらず、メモリ対応がDDR2止まりなのが嫌われているからとしています。

| | コメント (0)

intelのSkulltrailは2月に登場

 intelの2-WayプロセッサのハイエンドプラットフォームSkulltrailは2月に登場するそうです。

http://www.techpowerup.com/?49680

 この記事では2月4日~9日の間ではないかとしています。マザーボードにintel DX5400XS、プロセッサはHarpertownを転用したCore 2 Extreme QX9775を採用します。このDX5400XS、NVIDIAのnForce 100 MCPを使ってPCI Express x16を4本とSLI実現するというちょっと面白い構成になっています。

 以前にも記事にしましたが、intelはこれがそんなに数が出るとは思っていないようで、一説にはマザーボードは2000枚しか製造するつもりはなく、価格は$600以上を予定しているそうです。

| | コメント (0)

Montevina Platformは5月に登場

 intelの次世代モバイルプラットフォームMontevinaは5月に登場するそうです。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080115PD210.html

 プロセッサにPenrynを採用し、FSBも1066MHzに向上します。対応プロセッサを以下の表にまとめました。Processor NumberとTDPの関係は、2008年1月11日の記事に従っています。

Penryn(Core 2 Extreme/Duo、4/2コア)
ブランド名 Processor Number 動作周波数 L2キャッシュサイズ FSB TDP
Core 2 Extreme QX9300 未定 6MBx2 1066MHz 45W
X9100 3.06GHz 6MB 1066MHz 44W
Core 2 Duo T9600 2.8GHz 6MB 1066MHz 35W
T9400 2.53GHz 6MB 1066MHz 35W
P9500 2.53GHz 6MB 1066MHz 25W
P8400 2.26GHz 3MB 1066MHz 25W
Core 2 Duo(Small Form Factor) SP9400 2.4GHz 6MB 1066MHz 25W
SP9300 2.26GHz 6MB 1066MHz 25W
SL9400 1.86GHz 6MB 1066MHz 17W
SL9300 1.6GHz 6MB 1066MHz 17W
SU9400 1.4GHz 3MB 800MHz 10W
SU9300 1.2GHz 3MB 800MHz 10W
Core 2 Duo(超低電圧版) U3300 1.2GHz 3MB 800MHz 5.5W
Penryn(Celeron、1コア)
Celeron 723 1.2GHz 1MB 800MHz 10W

| | コメント (0)

Radeon HD 3670と3450は1月23日に登場

 Radeon HD 3670と3450は1月23日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=5095&Itemid=1

 いずれもDisplayPortとHDMIに対応しますが、どちらを採用するかはボードベンダの裁量に任されます。またこれまでのAMDによくあったような登場当初は品薄ということはなく、物量は潤沢であるとされています。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

日立gstが東芝、富士通とHDD事業を統合か?

 日立gst(Hitachi Global Storage Technologies, hgst)が、東芝、富士通とHDD事業統合するなどという噂が出ています。

http://www.news.com/8301-10784_3-9849275-7.html?part=rss&subj=news&tag=2547-1_3-0-5

 これによると、hgstは東芝、富士通とHDDとストレージシステムに関する合弁会社を設立することについて話し合っているとされています。それぞれが3分の1ずつ出資して会社を設立するそうです。

 hgstは昨年末、米投資会社に5割弱程度の株式売却が報じられましたが、日立製作所はこれを否定しています。またこのCNETの記事では、hgstの元幹部の話として「何かが起こるはずだ」と話しており、会社の経営が現状のままで進むとは見ていないようです。

 hgst、東芝、富士通の3社がHDD事業で合弁会社を作れば、SCSI/SAS HDDでは世界2位、2.5インチHDDでは世界首位に躍り出ます。元々2.5インチHDDはこの3社が市場のほとんどを占めていたので、それがまとまった形になります。ちなみに1.8インチHDDは東芝の独壇場です。

 富士通も投資家やアナリストからHDD事業の分社化や売却が言われており、日立製作所としても投資会社に売るよりは、どうせなら国内の同業他社と組んだほうが安心するでしょうから、3社の思惑が一致すれば全くありえない話ではなさそうです。問題はその思惑の一致が相当に困難だろう、ということですが。。

| | コメント (0)

GeForce 9600 GTのベンチマークその2

 GeForce 9600 GTのベンチマークその2です。

http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=224936

 ボードの画像も掲載されており、見た目には8800 GTとほとんど変わりありません。評価環境はCore 2 Extreme QX6800, GIGABYTE GA-P35-DQ6(P35), メモリはDDR2-800 1GBx2, Windows Vista, 比較対象はGeForce 8800 GS 384MB, 8600 GTS 256MB, Radeon HD 3850 256MBです。

 詳細はリンク先をご覧ください。結果は全てスライドにグラフ表示してあります。全般的に8800 GSと同程度かそれ以上といったところです。

| | コメント (0)

intelのローコストノートPC向けプラットフォーム

 intelがローコストノートPC向けプラットフォームを登場させるそうです。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080114PD202.html

 これによると、Shelton'08-based low-cost notebook platformという名前がついており、登場時期はQ3/2008とされています。

 これはプロセッサにシングルコアのDiamondvilleが採用され、動作周波数は1.6GHz, FSB 533MHz, TDPは3.5Wとされています。チップセットには945GSEが使用され、DirectX 9対応の内蔵グラフィックス、メモリはシングルチャネルのDDR2, USB, PATA, SSD, 802.11g Wi-Fiモジュール, 7~8インチLCDパネル搭載の装置を想定しています。プラットフォーム全体の消費電力は8W程度、バッテリ駆動時間は3~4時間程度を想定しています。プロセッサについては2コア版Diamondvilleを来年のH2かQ3に搭乗させることを予定しています。

 MSIやGIGABYTEがこれを採用してすでに製品化を進めており、DELLやHewlett Packard、Acerもそれに続くそうです。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

GeForce 9500 GTの情報

 GeForce 9500 GTの情報です。

http://www.tomshardware.tw/329,news-329.html (中文・繁体字)

 この9500 GTはD9M(G96)を搭載し、Hybrid Powerに対応します。このHybrid PowerはHybrid SLIの動作モードの一つで(低負荷には外部グラフィックボードをオフにして内蔵グラフィックスを使用。2008年1月8日参照)、この機能に対応する初の製品となる可能性があります。

 コアクロックは650MHz、シェーダクロックは1650MHz、メモリバス幅は128bitでメモリクロックは1.8GHzとなります。画像メモリはDDR2 256MBとGDDR3 512MBの2種類があるそうです。

 登場時期については明らかになっていませんが、9600 GTからそこまで時間が経って登場することはないと思われます。

| | コメント (1)

2008年1月12日 (土)

MatroxのMillennium P690が販売開始

 MatroxのP690が販売開始されました。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20080112/etc_milp690.html

 発表は2007年10月でしたが、ついに販売開始されました。画像メモリはP650のDDRからDDR2に強化されましたが、メモリバス幅は128bitから半分の64bitになっています。このあたりの変遷は、G400(SGRAM/128bit)とG450(DDR SDRAM/64bit)と同じ過ちを繰り返しているの関係に似ています。

 当然ながらWindows VistaではAeroがオンになりません。バスインタフェースはPCI Express x16のほか、PCI Express x1、32bit PCIまで用意されます。32bit PCI版はまた例によって、誰かがPC-9821のMATE-XやMATE-Rなんかに挿してみることでしょう。。

| | コメント (2)

2008年1月11日 (金)

Barcelona B3 Revisionは順調?

 Barcelona B3 Revisionは順調らしいです。

http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2008/01/11/barcelona-b3s-fine

 実はこの前に、「B3もバグあり?」というのがあったんですが、同じInquirerでこれをすぐに否定し、今回のような記事を出しています。

 これによれば、今のB3 Revisionは(当然)B2のバグが改修されており、65nmではリビジョンアップはB3が最後になるということです。B4というのは存在せず、次はCx Revision、これは45nmのShanghaiになるとされています。B3はサンプルがほどなく出荷され、予定通りQ2/2008には量産が開始されるということです。

| | コメント (1)

PhenomとAthlon 64 X2値下げ

 PhenomとAthlon 64 X2などが本日値下げされました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0111/amd.htm

 値下げ対象はPhenom全モデルとAthlon 64 X2 6400+ Black Edition, 5000+ Black Edition, 5000+, 4800+, 4400, 4200+などです。詳細はリンク先をご覧ください。Phenomについてはすでに秋葉原などで先行値下げが行われており、今回の値下げの影響はあまりないでしょう。

 Athlon 64 X2は今回の価格改定で全モデルが$200以下となってしまいました。

| | コメント (0)

Celeron Dual-Coreのさらなる新製品

 Celeron Dual-CoreはまずE1200(1.6GHz, FSB 800HMz, L2キャッシュサイズ512KB)が1月20日に発表が予定されていますが、それに続く新製品の情報です。

http://www.hkepc.com/?id=618 (中文・繁体字)

 これによると、Celeron E1400なるものがQ2/2008に登場が予定されており、動作周波数が2.0GHzに向上したほかはE1200と仕様を同じにします。

| | コメント (0)

Montevina Platformでの新たな消費電力の指標を導入

 Montevina Platformでの新たな消費電力の指標が導入されるそうです。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080111PD208.html

 これによると、Santa Rosa Platformの後継となるMontevina Platformから、プロセッサの命名規則を変更することにしたそうです。要するに、Processor Numberの頭文字がノート用に関しては新たに追加される、ということです。

 現在XがTDP 40W以上(実質Extreme専用)、TがTDP 20~39W(通常電圧版)、LがTDP 12~19W(低電圧版)、Uが11.9W以下(超低電圧版)となっていましたが、これに加えてP(TDP 20~29W), 小型PC向け(Small Form Factor)としてSが追加されることになるそうです。このSはさらにTDPによって SP, SL, SUの3種に分かれます。

 このあたりをまとめて以下の表にまとめました。

プロセッサレベル TDPの幅
QX(4コア) 40W以上
X(2コア) 40W以上
T 30~39W
P 20~29W
L 12~19W
U 11.9W以下
SP 20~29W
SL 12~19W
SU 11.9W以下

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

Core 2 Duo E4000後継のE7000

 Core 2 Duo E4000シリーズ(FSB 800MHz, L2キャッシュサイズ2MB)の後継品が出るそうです。

http://www.hkepc.com/?id=594
(中文・繁体字)

 これによると、Wolfdaleコアを使用したCore 2 Duo E7000シリーズとなるようです。L2キャッシュサイズは3MB、FSB 1066MHzとなるようです。まずは2.53GHzのE7200から登場し、価格は$133が予定されています。

 登場時期はQ2/2008が予定されています。2007年11月16日の記事でCore 2 Duo E5000シリーズ追加という情報がありましたが、今回はその続報(というよりより詳細な情報)といえます。

| | コメント (0)

AMDのPuma Platformの続報

 AMDの次世代モバイルのPuma Platformの情報です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=17544&catid=2

 Puma PlatformはQ2/2008の登場が予定されており、チップセットはRS780M+SB700、HyperTransport 3.0とHybrid Graphicに対応します。プロセッサがGriffinで、K8とK10の間の子のようなものになるそうです。内蔵グラフィックスはDirectX 10対応ですが、外部グラフィックチップとして先日発表されたMobility Radeon HD 3400/3600も用意されます。

 またPumaの次世代はShrikeで、これは先日ご紹介したように初のFusionプロセッサを採用します。

 intelの次世代モバイルプラットフォームMontevina Platformや、UMPC向けのMenlow Platformに隠れがちですが、AMDにはこの分野でも頑張ってほしいものです。まずはちゃんと出荷できるかどうかですが。。。

| | コメント (0)

GeForce 9600 GTのベンチマーク

 ベンチマークが続きますが、今度はGeForce 9600 GTのベンチマークです。

http://en.expreview.com/?p=184

 ボードの仕様は昨日ご紹介した記事と同じです。評価環境はCore 2 Extreme QX9650, ASUS Maximus Formula(X38), DDR2-800 1GBx2, Windows Vista Ultimate 32bitです。比較はGeForce 8800 GSと8800 GTです。結果を以下にまとめました。

  9600 GT 8800 GS 8800 GT
3DMarks 10357 10605 12508
SM 2.0 Score 4077 4337 5208
HDR/SM 3.0 Score 4087 4025 4974
CPU Score 4523 4624 4556

 なかなかの性能だと思います。8600 GTの後継とされているので、それと同程度の価格であれば人気が出そうです。

| | コメント (1)

Radeon HD 3870 X2のベンチマーク

 Radeon HD 3870 X2のベンチマークです。

http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?t=70084&goto=newpost

 画像メモリはGDDR4 1GBでメモリクロックは2250MHz、コアクロックは775MHz、評価環境はCore 2 Extreme QX9770の4GHz駆動、マザーボードはX38です。Call for Duty 4, Age of Empire 3などの3Dゲームのベンチマーク結果も掲載されているのですが、分かりやすい3DMark05と3DMark06のみに絞って結果をまとめてみると以下のようになります。

3DMark05
解像度 3DMarks(単体) 3DMarks(CrossFire)
1920x1200 16646 23608
1920x1200(4AA16AF) 9993 18103
2560x1600 11928 20643
3DMark06
1920x1200 9660 16940
1920x1200(4AA16AF) 6171 11334
2560x1600 6913 12626
2560x1600(4AA16AF) 4351 8153

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

GeForce 9600 GTの仕様その2

 GeForce 9600 GTの仕様続報です。ボードの画像もあります。

http://xtreview.com/addcomment-id-4032-view-geforce-9600-gt.html

 画像メモリはGDDR3 512MB版がまず登場し、その後1GB版と256MB版が登場します。

 コアはG94-200で65nm製造、ストリームプロセッサ個数は64、メモリバス幅は256bit、コアクロックは650MHz、シェーダクロック1625MHz、メモリクロックは1.8GHzです。

 冷却ファンは1スロットタイプが採用されます。

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

intel向けNVIDIAチップセットMCP7A/7Cについて

 intel向けNVIDIAチップセットMCP7A/7Cについてです。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080107PD216.html

 これはグラフィックス内蔵で、MCP7A-UとMCP7A-Sの2種類が用意されます。FSB 1333MHzに対応し、内蔵グラフィックスはDirectX 10とPureVideo HDに対応します。出力先はHDMI, DVIに対応し、HDCPにも対応します。

 前モデルとなるMCP73との違いはメモリインタフェースで、MCP73ではシングルチャネルだったのがMCP7Aではデュアルチャネルに変更され、Hybrid SLIにも対応します。登場時期は4月が予定されています。

 次にMCP7CはFSB 1333MHzに対応しますが、メモリチャネルはシングルのDDR2-800にになります。対応出力先はMCP7Aと同様です。さらに、内蔵グラフィックスを搭載しないMCP7A-Hなるものが開発中となっており、FSB 1333MHzに対応するものの、メモリインタフェースはシングルチャネル DDR2-800になります。

| | コメント (0)

NVIDIAがHybrid SLIを正式発表

 現在開催中の2008 International CESですが、いろいろと新しいねたが出てきています。これもその一つで、NVIDIAがHybrid SLIを正式発表しました。対応チップセットとしてnForce 700aも合わせて発表されています。

http://www.nvidia.com/object/io_1199686779262.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0108/ces03.htm (日本語解説記事)

 Hybrid SLIの基本的な機能はこれまでお伝えした通りですが、動作モードに2つあります。

 まずHybrid Powerは電力対性能を向上させるモードで、性能がさほど必要でないときは内蔵グラフィックス、逆に必要な場合は外部グラフィックボードを使用するというものです。これはNVIDIA SLIとの併用も可能で、この場合省電力時には外部グラフィックボードが2枚ともオフになります。

 次にGeForce Boostというモードで、内蔵グラフィックスと外部グラフィックボードの両方を利用してレンダリングを行うというものです。NVIDIA SLIの片方が内蔵グラフィックスになったような感じです。

 いずれもグラフィックボードの対応が必要となり、現在対応品はありません。また対応OSはWindows Vistaのみです。

 nForce 700aシリーズは最上位の780a SLIにも内蔵グラフィックスが搭載されます。こちらについては日本語解説記事をご覧下さい。

| | コメント (0)

intelが45nm世代の新プロセッサを公式発表

 intelが45nmの新プロセッサ群を公式発表しました。

http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20080107comp.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0108/intel.htm (日本語解説記事)

 詳細は日本語解説記事をご覧ください。Core 2 Quad Q9000シリーズ、Core 2 Duo E8000シリーズ、Santa Rosa Refresh用Core 2 Duo T9000/T8000シリーズとCore 2 Extreme X9000、Xeon X3000/E3110が新たに追加されます。出荷時期はXeonとCore 2 QuadがQ1/2008、Core 2 Duoはデスクトップ・ノート用いずれも1月から出荷が開始されます。

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

Radeon HD 3870 X2とGeForce 9800 GX2の予価

 Radeon HD 3870 X2とGeForce 9800 GX2の予価です。

http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?p=425279

 この記事によると、3870 X2(1月23日発表予定)は$399、9800 GX2(2月14日発表予定)は$449が予定されているそうです。

| | コメント (2)

2008年1月 6日 (日)

Radeon HD 3850のAGP版が登場

 Radeon HD 3850のAGP版がついに登場するようです。

http://www.sapphiretech.com/en/pressfiles/79_reg1.doc

 実はPowerColorがすでにボードを製造しているようで、今回はSapphireが続いて出荷します。コアクロックとメモリクロックはPCI Express版より少し高めに設定されており、コアクロックが702MHz(PCI Express版は668MHz)、メモリクロックは1.7GHz(PCI Express版は1656MHz)となっています。画像メモリはGDDR3 512MBでメモリバス幅は256bit、その他の仕様はPCI Express版と同様です。

 2007年11月7日の記事で3850のAGP版が用意されるという話がありましたが、ついに現実のものとなりました。ボードベンダがSapphireなので、日本国内にも入ってくるでしょう。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

Radeon HD 3400(RV620)が2008 International CESにて展示

 Radeon HD 3400(RV620)が2008 International CES(1月7日~10日)にて展示されるようです。

http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?%20threadid=69864

 仕様については2007年12月20日の記事から変わっており、RV620Proの3470はコアクロックが800MHzで画像メモリはGDDR3 256MB、メモリクロックは950MHzです。RV620LEの3450はコアクロックが600MHzで画像メモリはGDDR2 256MB、メモリクロックは500MHzです。

 共通仕様はDirectX 10.1世代でストリームプロセッサ個数は40、55nm製造、UVDに対応し、メモリバス幅は64bit、PCI Express 2.0となります。また、AGP版も用意されるそうです。

 公式発表は1月23日が予定されています。

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

GeForce 9シリーズの登場時期について

 NVIDIAのGeForce 9シリーズの登場時期についてです。

http://news.mydrivers.com/1/97/97686.htm (中文・簡体字)

 2007年12月24日の記事ではGeForce 9800 GX2(D9E)と9600 GT(D9P)の登場時期について書きましたが、この記事ではその他についても述べられています。まず9800 GX2はこの記事では2~3月となっています。2007年12月24日の記事では2月19日でした。次に9800 GTXなるものがあり(2007年12月28日の記事のG100とは別物と思われる)これも2~3月となっています。これは8800 GTXの後継となります。

 ほかには9800 GTなるものがあり、これは8800 GT後継、3~4月ごろ登場となっています。9600 GTについては2月14日となっており、これは2007年12月24日の記事と変わりません。

| | コメント (1)

AMD R700はすでにテープアウトしていた

 AMDのR700はすでにテープアウトしていたという記事です。

http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2007/12/31/r700-taped

 R700は最新のロードマップ上では2009年に登場となっていますが、実際にはR700はテープアウトしているというのです。R700は現在製造段階(試作の)とされており、大まかに見れば1月末にはシリコンが戻され、2月頭には最初の確認作業がなされ、ここで問題なければ、90日くらい後の5月にはサンプルボードが登場し、駄目だった場合にはさらに2カ月程度時間がかかるとされています。

 ただこの記事ではテープアウトしていたというだけで、実際の製品の出荷時期については触れていません。影も形もないわけではない、ということでしょうか。

| | コメント (0)

VIAのチップセット撤退続報

 新年明けましておめでとうございます。本年も当Weblogをどうかよろしくお願いいたします。

 挨拶はこれくらいにして、本題に入っていきましょう。以前VIAのチップセット事業撤退の話がありましたが、その続報です。

http://www.digitimes.com/mobos/a20080103PB203.html

 これによると、Q4/2007にチップセット部門をプロセッサ部門配下に異動し、チップセットは自社プロセッサ(C7など)向けに注力し、サードパーティチップセット市場からは徐々に撤退していくということです。

 VIAは未だにintelとのライセンス契約交渉がまとまっていないようで(未だに諦めてはいないようです)、たとえ解決したとしてもいまさら居場所があるとは思えません。intelプラットフォームに関しては、820や840の時代にApollo Pro 133Aが席巻していたことを考えると隔世の感があります。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »