« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

GeForce 9800シリーズ(G92)はGeForce GTS 240/250となる

 GeForce 9800シリーズ(G92)はGeForce GTS 240/250となるようです。

http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=372178

 これらのブランド変更を2009年2月に予定しているそうです。以前の情報(2008年11月29日の記事)では、G92はGeForce GTS 150を割り振るとなっていました。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

NVIDIAの2009年40nm GPUのラインナップ

 NVIDIAの2009年40nm GPUのラインナップの情報です。

http://vr-zone.com/articles/nvidia-40nm-desktop-gpus-line-up-for-2009/6359.html?doc=6359

 55nmのGeForce GTX 295, 285, 260は実質Q1/2009のみとなり、Q2/2009にはGTX 295/285/260(55nm)の後継としてGT212が登場します。メインストリーム向けはQ3/2009に登場し、合わせてグラフィックス統合チップセットも同じ時期にiGT2009が登場します。Q4/2009にはGT212後継のGT300が登場します。

 これらを表にまとめました。

対象市場 現行(Q4/2008) Q1/2009 Q2/2009 Q3/2009 Q4/2009
ハイエンド GeForce 9800 GX2(G92x2) GeForce GTX 295(GT200bx2) GT212 <- GT300
パフォーマンス GeForce GTX 280(GT200)
GeForce GTX 260(GT200)
GeForce GTX 285(GT200b)
GeForce GTX 260(GT200b)
メインストリーム GeForce 9600 GT(G94) <- <- GT214  
GeForce 9500 GT(G96) <- <- GT216  
ローエンド GeForce 9400 GT(G98) <- <- GT218  
グラフィックス統合 GeForce 9400
GeForce 9300
<- <- iGT2009  

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

intelがNVIDIAにAtomを使わせないというのは誤報だったのか

 intelがNVIDIAにAtomを使わせないというのは誤報だったのかという話です。

http://www.internetnews.com/bus-news/article.php/3793391/Intel%20Denies%20Squeezing%20nVidia%20Out%20From%20Atom.htm

 2008年12月24日の記事を否定する内容となります。この記事では、Digitimesの記事は誤報であったとし、intelのSpokesmanがInternetNews.comに送ったe-mailによると、「ベンダがIon PlatformでAtomを使うことを妨げるようなことはない。Atom単体でも販売するし、チップセットとのセット販売でもしかりだ」ということです。これはアナリストの見方によると、intelは独占禁止法関連などの訴訟を恐れており、そのようなことはしないのではないかとしています。

 これが事実ならばNVIDIAには朗報、というより当初の予定通りになります。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

GeForce GTX 280対285のベンチマーク対決

 GeForce GTX 280対285のベンチマーク対決です。

http://forums.slizone.com/index.php?s=f39652d49bc262e8f1d762862f900b56&showtopic=31606&pid=255047&st=0&
http://xtreview.com/addcomment-id-7355-view-GeForce-GTX-285-vs-GTX-280.html

 ただしこれはGeForce GTX 280を1としたとき、GTX 285がどれだけ性能向上しているかをグラフ化した結果になっています。GTX 285は画像メモリはGDDR3 1GB, ストリームプロセッサ個数は240, 消費電力は183Wとなっています。評価環境はCore i7 Extreme 965, 32bit版Windows Vista, 解像度は3DMark VantageとCrysisが2560x1600, そのほかは1920x1200です。

 結果はリンク先にありますので、詳細はそちらをご覧ください。全般的に10%程度の性能向上が見られます。

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

intelはNVIDIAにAtomを使わせる気がないのか

 intelはNVIDIAにAtomを使わせる気がないのかという話です。

http://www.digitimes.com/news/a20081223PD216.html

 先日12月18日にAtom向けのIon Platformを発表したNVIDIAですが、ハードウェアベンダに配布された内部文書によると、intelとしてはAtomプロセッサはあくまでNetbookとNettop向けであり、945GSE及び945GCとのセット販売しかしないと改めて表明したそうです。本件についてintelにコメントを求めたところ、MCP79でのAtomの動作検証を行うつもりはないことを示唆したそうです。またintelは、NVIDIAとAtomベースのNettop及びNetbook向けプラットフォームのサポートに関する協力を行う予定もないとしています。

 要するに、「成長市場であるAtom向けプラットフォームはうち(intel)以外誰にもやらせん」ということでしょうか。しかし、古くさい945Gシリーズ以外のAtom向けチップセットが望まれているのも事実だと思われ、今回の話が事実とすれば、なんとも了見の狭い話ともいえそうです。ただ、MCP79での動作検証を行わない・技術面のサポートはしないという話なので、何かしらの抜け道がある可能性もあります。

 しかし、全く抜け道がないとなると、以前から話のあったVIAプロセッサ+NVIDIAチップセットに回帰する可能性もあります。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

DirectX 11対応のグラフィックボードは2009年後半に登場

 DirectX 11対応のグラフィックボードは2009年後半に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=11058&Itemid=1

 DirectX 11はWindows 7と共に登場するといわれていますが、対応ボードは2009年下半期には登場するであろうということです。また、DirectX 11対応ゲームは2010年初旬に登場するであろうとしています。

 逆算すれば、Windows 7もこのあたりが登場時期になると思われます。

| | コメント (0)

NVIDIA GT216の仕様に関する情報

 NVIDIA GT216の仕様に関する情報です。

http://en.expreview.com/2008/12/23/specs-of-nvidia-first-40nm-gp-gt216-emerge.html

 GT216は40nmで製造され、メモリバス幅は192bit, 画像メモリはGDDR3 768MB(384MB版もありえる), メモリクロックは1.2GHz, ストリームプロセッサ個数は168, TMUは56です(Expreviewが引いている元記事はストリームプロセッサ個数160, TMU32となっているが、記事の筆者はGT200の構造を考慮すると160というのはどうもおかしいとしている)これはメインストリーム向けになるであろうとしています。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

Q2/2009までのAMDチップセットロードマップ情報

 Q2/2009までのAMDチップセットロードマップ情報です。

http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?p=441824

 これまでに出てきた情報のおさらいのようなものです。Q1/2009にはまずRD790+SB750が登場します。これは790FXのDDR3対応版です。Q2/2009にはRD890及びRS880が登場し、これらは790FX及び790GXのDDR3対応版となり、South BridgeにはSB800が採用されます。更にRS890+SB800は780Gの後継となり、フレームバッファとしてDDR3の登載が可能となります。

 以下の表にまとめました。水色の文字はグラフィックス統合チップセットです。

  Q2/2008 Q3/2008 Q4/2008 Q1/2009 Q2/2009
ハイエンド   790FX+SB750   RD790(DDR3)+SB750 RD890(DDR3)+SB800
パフォーマンス   790GX/790X+SB750      
メインストリーム   780G/780V+SB700 780G+SB750   RS880(DDR3)+SB800
ローエンド 770/740G+SB700
690G/690V+SB600
       

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

RV740は実はRV770LE(Radeon HD 4830)ベース

 RV740は実はRV770LE(Radeon HD 4830)ベースであるという話です。

http://vr-zone.com/articles/ati-rv740--a-40nm-rv770-in-disguise/6334.html?doc=6334
http://news.ati-forum.de/index.php/news/34-amdati-grafikkarten/186-rv740-mit-256bit-speicherinterface

 これによると、RV740はこれまでいわれてきたようなRV730の後継ではなく、RV770LEベースで40nmプロセス、ストリームプロセッサ個数は640, メモリクロックは3.6GHz, 画像メモリはGDDR5 512MBを採用するのがRV770LEとの大きな違いです。メモリバス幅は128bit説と256bit説両方あります。性能はRadeon HD 4830と4850の間くらいになりそうだとしています。

 登場時期はQ2/2009、価格は$100以下が予定されています。

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

VIAがTrinity Platformを発表

 VIAがTrinity Platformなるものを発表しました。

http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=3007

 これによると、超小型システムで快適なHD動画再生を実現するものとしており、プロセッサにNanoかC7, チップセットにVX800, グラフィックスにS3 GraphicsのChromeを採用します。

 小型PCでもBlu-rayがまともに再生できるというのはなかなか面白いと思います。

| | コメント (0)

GeForce GTX 295が正式発表

 GeForce GTX 295が正式発表されました。

http://www.4gamer.net/games/050/G005004/20081218075/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1219/nvidia.htm

 NVIDIAのWebページでの発表はまだありません。既報の通り、55nmのGT200bを2個登載した2GPUのボードとなります。ストリームプロセッサ個数は240x2, コアクロック576MHz, シェーダクロック1242MHz, テクスチャアドレスユニットが80, ROP数が28, メモリバス幅は448bit, メモリクロックは1998MHzで画像メモリはGDDR3 896MBx2となります。

 予価は$449, 実際の出荷は1月上旬(4Gamer.netの記事では2009年1月8日)となっています。早速ベンチマーク記事も出ていますのでご紹介します。GeForce GTX 295が総合で最速という結果が出ています。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1219/tawada160.htm

| | コメント (0)

続・Phenom II X4 940のベンチマーク

 続・Phenom II X4 940のベンチマークです。

http://my.ocworkbench.com/2008/asrock/ASRock-AOD790G-128M-running-Phenom-II-X4-940-overclocking/Phenom_II_X4-info-1.htm

 評価環境はPhenom II X4 940がASRock AOD790GX, Core i7 940がGIGABTE GA-X58-UD5, Core 2 Extreme QX9770がASRock P45XE-WiFi, グラフィックボードはRadeon HD 4850, メモリはPhenom IIがDDR2-1066 1GBx2, Core i7がDDR3 1GBx3です。結果を以下にまとめました。Phenom II X4 940はそれなりに健闘しているとは思います。

Sandra Processor Arithmetic Multimedia
Dhrystone ALU Whetstone int x8 Float x4
Phenom II X4 940 45780 39241 114274 150662
Core 2 Extreme QX9770 60050 47050 371750 193320
Core i7 940 51640 49410 - -

3D系, マルチメディア 3DMark06 3DMark Vantage F.E.A.R. Lost Planet
Snow
Lost Planet
Cave
CoJ Crysis CineBench 10
1CPU
CineBench 10
xCPU
CineBench 10
OpenGL
Phenom II X4 940 12650 P7240 90 51 70 33.9 31.235 2564 9676 4927
Core 2 Extreme QX9770 13112 P7112 90-91 49 67 34.1 30.09 3534 12565 6782
Core i7 940 13183 P7786
51 68 33.9 30.39 3379 14022 6445

| | コメント (0)

RV740のES版はGDDR5を使用

 RV740のES版はGDDR5を使用するそうです。

http://www.nordichardware.com/news,8498.html

 AMDはLabsにて、GDDR5 900MHz(3.6GHz)を搭載したRV740のボードを動作させているそうです。ミッドレンジ向けとされるRV740にGDDR5というのは不釣り合いな気もしますが、この記事ではメモリ帯域の制限を外した試験をしているのではないかとしています。

| | コメント (0)

Abitがマザーボード事業から撤退

 ついにAbitがマザーボード事業から撤退するようです。

http://www.xbitlabs.com/news/mainboards/display/20081217051651_Abit_s_Death_Date_Reportedly_Set_31st_of_December_2008.html

 かつてはBP6やSH6などの際物や、オーバークロッカー向けのマザーボードを世に送りだしてきたAbitですが、今年の12月31日の大晦日を持って終了するようです。これはマザーボードベンダの間では知られた話だそうです。

 また一つ、マザーボードの選択肢がなくなってしまいました。

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

Nehalem-EP XeonのSAP Records

 Nehalem-EP XeonのSAP Recordsの結果です。

http://www.anandtech.com/weblog/showpost.aspx?i=532

 使用されたのは独SAPのSales & Distribution 2 Tier benchmarkです。結果を以下にまとめました。Xeon X5570は2-Wayにして4-Way Xeon X7460に迫る結果を叩き出しています。またよく見ると、Shanghaiの2-Way Opteron 8384は2-Way Xeon X5470に対し、周波数が600MHz下回っているにも関わらず上回っています。

プロセッサ 結果
4-Way Xeon X7460(2.66GHz, Dunnington, 6コア) 25830
2-Way Xeon X5570(2.93GHz, Nehalem-EP, 4コア, Hyper-Threading On) 25000
2-Way Xeon X5570(2.93GHz, Nehalem-EP, 4コア, Hyper-Threading Off) 23650
4-Way Opteron 8360 SE(2.5GHz, Barcelona, 4コア) 19020
4-Way Xeon X7350(2.93GHz, Tigerton, 4コア) 18530
4-Way Opteron 8356(2.3GHz, Barcelona, 4コア) 17650
2-Way Opteron 8384(2.7GHz, Shanghai, 4コア) 13780
2-Way Xeon X5470(3.3GHz, Harpertown, 4コア) 12600
2-Way Xeon E5450(3.0GHz, Harpertown, 4コア) 11420
2-Way Opteron 2356(2.3GHz, Barcelona, 4コア) 10520

| | コメント (0)

AMD RV740がテープアウト

 AMD RV740がテープアウトしたようです。関連記事として、RV770 Refreshが40nmで製造されるという話です。

http://www.nordichardware.com/news,8485.html
http://news.ati-forum.de/index.php/news/34-amdati-grafikkarten/178-refresh-des-rv770-in-40nm (独語)

 このRV740は40nmプロセスでテープアウトに成功し、RV730の後継となりミッドレンジ向けとなります。詳細な仕様やRV730からの変更については明らかになっていません。このRV740は40nmの試作みたいなもので、この製造において得られた知見をRV870に活かすとしています。

 また関連記事ではRV770 Refreshは40nmであり、これはRadeon HD 4900となり2009年2月に登場するかもしれないとしています。RV740がRV770 Refreshと同一というかごちゃ混ぜになっているような気もしますが、RV775といい最近怪しい情報がいろいろと飛び交っています。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

RV775なんてものは存在しない?

 RV775なんてものは存在しないという話です。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10930&Itemid=1

 これによれば、今の時期に55nmの新GPUを開発するのは経済的な観点からすれば意味がなく、次世代ハイエンドは既報の通り40nmの新GPUがQ2/2009に登場するということです。それまではとりあえず安価路線で価格で勝負するようです。また、Q1/2009に新メインストリーム向けGPUを用意しているが、これはRV775やRV770の高速版などではないとしています。

 いろいろと噂は出ていますが、実際はどうなんでしょうね。

| | コメント (0)

GeForce GTX 285の仕様の続報

 GeForce GTX 285の仕様の続報です。

http://en.expreview.com/2008/12/16/reliable-information-shows-improved-frequency-of-nvidia-gtx285.html

 これによると、コアクロックは648MHz, シェーダクロックは1476MHz, メモリクロックは1242MHzとなっています。シェーダクロックはGTX 280の1296MHzから向上しているものの、コアクロックとメモリクロックの伸びはさほどでもないため、性能向上はそこまで見込めないであろうとしています。

| | コメント (0)

GeForce GTX 295とRadeon HD 4870 X2とのベンチマーク対決

 GeForce GTX 295とRadeon HD 4870 X2とのベンチマーク対決です。

http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=366673
http://en.hardspell.com/doc/showcont.asp?news_id=4656

 VR-Zoneの記事にはボードの画像もあります。仕様にも言及されていますが、2008年12月9日の記事から変更はありません。ベンチマーク結果はリンク先にグラフがありますので、詳細はそちらをご覧ください。全ての場合においてRadeon HD 4870 X2を上回っています。

| | コメント (0)

NVIDIAのAtom対応チップセットはSLI対応

 NVIDIAのAtom対応チップセットはSLI対応という話です。

http://vr-zone.com/articles/nvidia-chipset-for-intel-atom-supports-sli/6293.html?doc=6293
http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?p=441562

 これによれば、Atom対応チップセットとしてMCP7Aの特別版ともいえるものを用意しているそうで、これはPCI Express 8レーン2本によるNVIDIA SLIに対応するとしています。メモリはシングルチャネルのDIMMスロット4本に対応し、DDR2-533/667/800に対応します。

 また、これもAtom対応でPico-ITX向けとしてMCP79を用意しており、これはシングルチャネルのDDR3 SO-DIMMに対応し、HDMI, DVIなどに対応します。ocworkbenchの記事ではこちらもPCI Express 8レーン2本によるNVIDIA SLIに対応するとなっています。

 Atom及びその市場を考えると、個人レベルではNVIDIA SLIは対応してもオーバースペックな気がしますが、何か意図があるのかもしれません。

| | コメント (0)

NVIDIAがGT300をQ1/2009に登場

 NVIDIAがGT300をQ1/2009に登場させるそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20081216PD202.html

 以前から40nmとかQ4/2009に登場とか、GeForce GTX 350で55nmだとかいろいろといわれていたGT300ですが、この記事によれば55nmでハイエンド向けに登場するということです。Q1/2009はGeForce GTX 285や295の登場が予定されており、この記事が事実であればあまり間を置かずに立て続けにハイエンドGPUが登場することになります。

| | コメント (0)

AMDがデスクトップ用プロセッサを値下げ

 AMDがデスクトップ用プロセッサを値下げしました。

http://xtreview.com/addcomment-id-7271-view-AMD-price-drop.html

 Athlon X2 7000シリーズ(Kuma)の登場に合わせた値下げで、12月15日付です。以下の表にまとめました。

モデル 動作周波数 キャッシュサイズ TDP(W) 旧価格($) 新価格($) 価格下落率(%)
4コア
Phenom X4 9750 2.4

512KBx4 L2, 2MB L3

125/95 164 154 6
Phenom X4 9150e 1.8 512KBx4 L2, 2MB L3 65 175 174 1
Phenom X4 9750b 2.4 512KBx4 L2, 2MB L3 95 224 164 27
Phenom X4 9600b 2.3 512KBx4 L2, 2MB L3 95 202 164 19
3コア
Phenom X3 8750Be 2.4 512KBx3 L2, 2MB L3 95 134 124 7
Phenom X3 8750 2.4 512KBx3 L2, 2MB L3 95 129 124 4
Phenom X3 8650 2.3 512KBx3 L2, 2MB L3 95 119 102 13
Phenom X3 8750B 2.4 512KBx3 L2, 2MB L3 95 180 133 26
Phenom X3 8600b 2.3 512KBx3 L2, 2MB L3 95 128 109 15
2コア
Athlon X2 6000 3.1 512KBx2 89 92 76 17
Athlon X2 6000 3.0 1MBx2 125 92 76 17
Athlon X2 5600 2.9 512KBx2 65 87 69 21
Athlon X2 5400 2.8 512KBx2 65 76 66 13
Athlon X2 5050E 2.6 512KBx2 45 87 61 30
Athlon X2 4850E 2.5 512KBx2 45 76 61 20
Athlon X2 4450E 2.3 512KBx2 45 66 61 8
Athlon X2 4050E 2.1 512KBx2 45 66 61 8
Athlon X2 5600B 2.9 512KBx2 65 106 74 30
Athlon X2 5400B 2.8 512KBx2 65 82 71 13
Athlon X2 5200B 2.7 512KBx2 65 74 71 4
Athlon X2 4850B 2.7 512KBx2 65 79 71 10
シングルコア
Athlon LE 1640 2.7 512 45 41 36 12
Athlon LE 1620 2.4 1MB 45 41 36 12
Athlon LE 1640b 2.7 512 45 37 36 3
Athlon LE 1300 2.3 512 45 36 30 17

| | コメント (2)

2008年12月15日 (月)

KumaのAthlon X2 7000シリーズが発表及びベンチマーク

 KumaのAthlon X2 7000シリーズが発表されました。合わせてベンチマーク記事もあります。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1215/tawada159.htm
http://www.xbitlabs.com/articles/cpu/display/athlon-x2-7750.html

 Webページでの公式発表はまだありません。発表されたのはAthlon X2 Black Edition(2.7GHz, L2キャッシュサイズ512KBx2, L3キャッシュサイズ2MB)と7550(2.5GHz, ほかは7750と同様)の2種類です。7750 Black Editionはその名の通り倍率が可変です。

 ベンチマークについては、PC Watchは比較対象としてAthlon X2 5200+, Phenom X4 9950 Black Editionを使用しています。X-bit labsはAthlon X2 6000~5200のほか、Pentium E5300/E5200とも比較しています。X-bit labsの結果は4ページ以降にありますので、詳細はそちらをご覧ください。先代のAthlon X2は越えているものの、Pentium E5300とは同等かやや劣るという結果になっています。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

AMD 880Gチップセットの仕様に関する情報

 AMD 880Gチップセットの仕様に関する情報です。

http://vr-zone.com/articles/amd-880g-chipset-details/6287.html?doc=6287

 この880GはRS880という開発名がついているチップセットで、Socket AM3に対応します。Radeon HD 3450(RV620)をグラフィックスとして統合し、HyperTransport 3.0, DirectX 10.1, UVD 2.0, Hybrid CrossFireに対応します。出力はDVI, HDMI, DisplayPort, SurroundViewに対応します。South BridgeにはSB710が採用されます。

 登場時期はQ3/2009が予定されています。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

RV775なるものが登場

 RV775なるものが登場するそうです。

http://www.expreview.com/news/hard/2008-12-12/1229072147d10842.html (中文・簡体字)

 基本的には現在のRV770のエンハンス版といった仕様になっています。登場時期はRV775 XTが2009年1月、RV775 Proが2009年5月となっています。仕様を以下の表にまとめました。

  RV770 Pro(Radeon HD 4850) RV770 XT(Radeon HD 4870) RV775 Pro RV775 XT
登場時期 登場済み 登場済み 2009年5月 2009年1月
ストリームプロセッサ個数 800 800 840 840
テクスチャアドレス/フィルタリングユニット 40/40 40/40 48/48 48/48
製造プロセス

55nm

コアクロック 625MHz 750MHz 725MHz 900MHz
メモリクロック 1986MHz 3.6GHz 2.8GHz 4.0GHz
画像メモリ GDDR3 512MB GDDR5 512MB GDDR4 512MB GDDR5 512MB
メモリバス幅

256bit

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

Phenom II X4 940対Core i7, Core 2 Quadの3Dゲームベンチマーク対決

 Phenom II X4 940対Core i7, Core 2 Quadの3Dゲームベンチマーク対決です。

http://www.pcgameshardware.com/aid,669910/News/AMD_Phenom_II_X4_940-_First_game_benchmarks/

 比較対象はCore i7 940(2.93GHz), Core 2 Quad Q9550(2.83GHz), Phenom X4 9950(2.6GHz)です。グラフィックボードはGeForce GTX 280, メモリはDDR3-1333 3GB(Core i7), DDR2-1066 4GB(ほか), 解像度は1680x1050です。

 結果を以下の表にまとめました。表の数字の単位は全てfpsです。この結果を見る限り、3Dゲームに関してはPhenom II X4 940はなかなかよい結果を出していると言えそうです。

プロセッサ Clear Sky
2xAA/16xAF
Crysis Warhead
1xAA/1xAF
Dead Space
4xAA/16xAF
Far Cry 2
2xAA/16xAF
World at War
4xAA/16xAF
World in Conflict
2xAA/16xAF
Core i7 940 42.5 33.9 233 48.4 55.6 117.3
Phenom II X4 940 41.7 35.7 219 54.4 48.7 92.7
Core 2 Quad Q9550 41.2 35 214.4 46.2 57.3 95
Phenom X4 9950 37.4 34.6 174.8 40.3 37.8 64.5

| | コメント (0)

Phenom IIは2009年1月8日から入手可能になる

 Phenom IIは2009年1月8日から入手可能になるという話です。

http://www.nordichardware.com/news,8456.html

 これまで1月8日は単なる発表だけで、実際に入手可能となるのは2月という噂が何度か出ていました。しかしAMDに聞いたところによると、AMDはこれを否定し、1月8日の段階で入手可能になるであろうとしています。

 2008年12月7日の記事では、欧州と北米では12月中に出荷という情報が出ています。今回の情報が事実ならば、来月早々にはPhenom IIが入手できそうです。

| | コメント (0)

SB800の仕様

 SB800の仕様に関する情報です。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10869&Itemid=1

 2008年7月2日の記事で触れられていますが、そのおさらいに近いものです。これによると、SB800ではSerial ATA 3.0(6.0Gbps)に対応し、RAIDレベルは0, 1, 5, 10(SB750と同じ)に対応します。USBポートの数はSB750と同じ12+2です。またGigabit Ethernet MACや新クロックジェネレータを内蔵し、PCI Express 2.0を4レーンサポートします。

 SB800はRS880, RS880C, RD890と組み合わせて使用されます。

| | コメント (0)

GeForce GTX 285の仕様に関する情報

 GeForce GTX 285の仕様に関する情報です。

http://en.expreview.com/2008/12/11/55nm-gtx285-climbs-to-head-of-single-gpu-cards.html

 GeForce GTX 285はボード長が現行のGeForce GTX 280と同じ10.5インチとなり、2スロット占有する冷却ファンが採用されます。出力端子はDVIx2とS端子、画像メモリはGDDR3 1GB, ストリームプロセッサ個数は240となっています。動作周波数は不明ですが、GTX 280比で10%性能向上しているとしています。

 消費電力は下がっており、GTX 280が236Wなのに対してGTX 285は183Wとかなり下がっています。

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

GeForce GTX 295の画像

 GeForce GTX 295の画像です。

http://vr-zone.com/articles/geforce-gtx-295-card-exposed/6264.html?doc=6264

 実装方法はGeForce 9800 GX2などと同じボードを2枚重ねたもので、DVIが2個、DisplayPortが1個出力端子としてついています。電源コネクタは8ピン+6ピンとなっています。

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

GeForce GTX 295の仕様および登場時期に関する情報

 GeForce GTX 295の仕様および登場時期に関する情報です。

http://en.expreview.com/2008/12/09/geforce-gtx295-with-480sp-surely-to-come-in-ces-09.html
http://vr-zone.com/articles/geforce-gtx-295--gtx-285-to-launch--ces-2009/6259.html?doc=6259

 GeForce GTX 295は55nm版GTX 260の2GPU版となっていますが、仕様としてはストリームプロセッサ個数が480(240x2), メモリバス幅は448bitx2, 画像メモリはDDR3 1792MB(896MBx2), 消費電力は289Wとなっています。

 これは2009年1月8日のCES 2009初日にて、GeForce GTX 285(55nm版GTX 280)と共に発表されるそうです。

| | コメント (0)

NVIDIAがMCP79チップセットをAtomに対応

 NVIDIAがMCP79チップセットをAtomに対応させるそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20081209PD206.html

 以前にもNVIDIAがAtom向けチップセットを開発するという話がありましたが(2008年7月8日の記事参照)今回の記事によると、intelとNVIDIAとの協業により、まずはMCP79をNettop向けとしてAtomに対応させるそうです。これはAtom登載システムにおけるグラフィック性能強化を目指すためとしています。

| | コメント (0)

モバイルノート向けの2コアCeleronが登場

 モバイルノート向けの2コアCeleronが登場しました。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20081208163503_Intel_Quietly_Intros_Dual_Core_Celeron_M_Microprocessors.html

 Celeron Dual-Core T1700およびT1600, Celeron M 723(1.2GHz, FSB 800MHz, L2キャッシュサイズ1MB)の45nm版も登場します。仕様を以下にまとめました。

Celeron Dual-Core T1000シリーズ(Merom, 2コア)
Processor Number 動作周波数 FSB L2キャッシュサイズ TDP 価格
T1700 1.83GHz 667MHz 1MB 35W $86
T1600 1.66GHz $80

| | コメント (0)

LynnfieldはCore i5になるのか

 LynnfieldはCore i5になるのかという話です。

http://en.expreview.com/2008/12/09/first-test-of-lynnfield.html

 Lynnfieldの仕様を改めておさらいすると、NehalemベースでメモリコントローラはDDR3の2チャネル、L3キャッシュサイズは8MB, Turbo BoostやHyper Threadingに対応します。South Bridge相当となる5シリーズチップセット(Ibex Peak)とはDMIで接続され、ソケットにはLGA 1156が採用されます。PCI Express x16はプロセッサ側に移動し、16レーンの1スロットか8レーンの2スロットの構成をとることができます。登場時期はQ3/2009、$200未満のメインストリーム向けとなります。

 この記事ではLynnfieldのCPU-Zのスクリーンショットがあり、これのName欄を見るとCore i5となっています。しかしBrand Stringは"Genuine Intel(R) CPU"のままなので、実際にそうなるかは不明です。動作周波数は2.13GHzとなっています。

 この記事にはベンチマークも出ており、評価環境はDDR3-1066 4GB+2GB, Quadro NVS 290(PCI Express x1), Windows Vista Ultimate x64となっています。結果はCineBench R10が1CPUで3134, xCPUで12523, Super PI 104万桁が19.017秒、Fritz Chessが7784, 3DMark Vantage(Performance) CPUが13261となっています。

 Core i5が事実だとすれば、製品ラインが分かりやすくなります。

| | コメント (0)

Athlon X2 7750(Kuma)のベンチマーク

 Athlon X2 7750(Kuma)のベンチマーク記事です。

http://www.donanimhaber.com/AMD_Athlon_X2_7750_Black_Edition_incelemesi-11983.htm
http://www.techpowerup.com/78298/First_Series_of_AMD_Kuma_Benchmarks_Posted.html (英語解説)

 Athlon X2 7750は動作周波数2.7GHz, L2キャッシュサイズ512KBx2, L3キャッシュサイズ2MBです。評価環境はAMD側が790GX+SB750, DDR2-800 2GBです。結果を以下にまとめました。Core 2 Duo E6420以上E8200未満といった結果で、後は価格次第という印象です。

プロセッサ 3DMark06(CPU) CineBench 10 x64 wPrime 1.55 32m Fritz Chess
Core 2 Duo E8400(3GHz) 2546 7000 25.628 4300
Core 2 Duo E8200(2.66GHz) 2451 6309 29.015 3865
Core 2 Duo E6420(2.13GHz) 1860 4564 39 2993
Phenom X3 8750(2.4GHz) 2632 7007 21.683 4161
Athlon X2 5200+(2.7GHz) 1885 4755 29.889 2965
Athlon X2 7750 Black Edition(2.7GHz) 2102 5702 28.252 3134

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

32nmのAtomはMedfield

 32nmのAtomはMedfieldとなるそうです。

http://xtreview.com/addcomment-id-7197-view-Intel-Medfield-32-NM-processor.html
http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2008/12/06/medfield-atom

 2009年にはNetbook向けプロセッサとしてPineviewが登場しますが、これの後継としてMedfieldなるプロセッサの登場が予定されているそうです。登場予定は2H/2010となっています。このMedfieldはコア数は1か2, グラフィックスやメモリコントローラ、その他チップセット機能を全て統合したプロセッサとなります。

 これには2バージョンがあり、Mobile Internet Device(MID)向けとNetbook向けとなります。前者は統合グラフィックスにPowerVRコアを採用し、後者はintel開発品(GMA系列か?)が採用されます。

 ついに1チップ化に進むことになり、より小型で安価なNetbookやUMPCの登場が期待されます。

| | コメント (0)

Phenom対Phenom IIの3DMark Vantage対決

 Phenom対Phenom IIの3DMark Vantage対決です。

http://news.ati-forum.de/index.php/de/news/35-amd-prozessoren/156-phenom-i-vs-phenom-ii-erste-resultate (独語)

 評価に使用したのはPhenom 9850 Black Editionを3GHz動作にしたものとPhenom II 940で新旧3GHz対決となります。グラフィックボードはRadeon HD 4850です。3DMark VantageはPerformanceによる測定です。これによると、Phenom 9850(3GHz動作)が7784, Phenom II 940が9034, Phenom II 940(4GHz動作)が10261となっています。

 これはPhenom 9850を基準とした場合、Phenom II 940は定格動作で16%程度、4GHz動作で32%程度の性能向上がみられます。

 ただ、Core 2 Quadとの比較もあればよかったと思います。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

Phenom II 940/920の価格情報

 Phenom II 940/920の価格情報です。

http://www.theinquirer.net/gb/inquirer/news/2008/12/05/phenom-ii-fore-christmas

 欧州と北米の代理店がOEM向けとリテール向けの製品出荷を、欧州では12月18日、北米では12月20日に開始します。それによると、Phenom II 920は$235, 940は$275という価格でリテール向けに出荷されるようです。

 割と安価という印象です。また、欧州と北米では12月中に出荷となっていますが、公式発表は年明けの1月8日が予定されています。これが事実だとすれば、代理店にはプロセッサの在庫をとりあえず置いておき、発表と同時に販売開始という流れなのかもしれません。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

Phenom II Bシリーズの続報

 Phenom II Bシリーズの続報です。

http://en.expreview.com/2008/12/04/45nm-processors-added-to-amd-business-platform-family.html

 2008年12月1日の記事の続報です。今回は一部のプロセッサの動作周波数が明らかになっています。その他Bシリーズもまとめて以下の表にまとめました。Phenom II X4 B90シリーズはTDP 95W, Phenom II X3 B70シリーズはTDP 65Wです。

 またRS880に企業向け機能として、TPM 1.2やDASH(Desktop and Mobile Architecture for System Hardware) Compliant managed LOMなどが追加されます。

プロセッサ Q4/2008 Q1/2009 Q2/2009 Q3/2009
Phenom II X4 B90シリーズ(AM3) B93(2.8GHz)
B91(2.6GHz)
Phenom II X3 B70シリーズ(AM3) B73
B71(2.7GHz)
Phenom X4 9000Bシリーズ(A<2+) 9750B
9600B
9850B
9750B
9600B
<- <-
Phenom X3 8000Bシリーズ(AM2+) 8750B
8600B
8850B
8750B
8600B
<- <-
Athlon X2 B20シリーズ(AM3) B22(2.9GHz)
B21
Athlon X2 5000Bシリーズ(AM2) 5600B
5400B
5200B
5000B
4850B
4450B
<- <- <-

| | コメント (0)

55nm版GeForce GTX 280はGeForce GTX 285となる

 55nm版GeForce GTX 280はGeForce GTX 285となるという話です。

http://forums.vr-zone.com/showthread.php?t=362147

 サンプルが2009年1月第1週となっています。この情報が事実だとすれば、これは分かりやすくなりユーザが購入の際に迷わなくても済みます。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

TDP 22WのAthlon X2 3250eがそろそろ発売開始か

 TDP 22WのAthlon X2 3250eがそろそろ発売開始かという話がでています。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10760&Itemid=1

  これは以前Ultra-Value Client向けでOEM専用といわれていたもので、動作周波数は1.5GHz, L2キャッシュサイズは512KBx2, 2コアでBrisbaneを採用するプロセッサでした。OEM専用となっているので、店頭で入手可能になるかどうかは不明です。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

2009年のAMDのチップセットロードマップ情報

 2009年のAMDのチップセットロードマップ情報です。

http://www.digitimes.com/news/a20081203PD212.html

 AMDはまずローエンド向けとして、RS780ベースの760Gを2009年1月に登場させます。この統合グラフィックスはDirectX 10とShader Model 4.0に対応するものの、UVDとHybrid CrossFireX, HDMI, DisplayPortには対応しません。760Gは740Gの後継となり、South BridgeにはSB710が採用されます。

 また、現行の790FXと790GXをアップグレードし、AM3対応とします。これらはSB750と組み合わせられます。そして次のグラフィックス統合チップセットはRS880となり、South BridgeにはSB710を採用し5か6月に登場します。そして7月か8月にはAM3対応の770+SB710, 9月にはRD890+SB800の登場が予定されます。

| | コメント (0)

Phenom IIの実際の販売開始は2月からか

 Phenom IIの実際の販売開始は2月からかという話です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=2560 (独語)
http://my.ocworkbench.com/bbs/showthread.php?p=441060#post441060
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=23248&catid=2

 これによると、最初に登場するPhenom II X4 940と920は2009年1月8日発表であるものの、1月のCES 2009で展示とデモのみで、実際に入手可能になるのは2月4日になるとしています。

 とはいえ、ここの12月3日の記事によると2009年1月8日になっています。よって、本当に2009年1月8日は単なる発表のみになるのか、2009年2月登場のAM3版と話がごちゃ混ぜになって錯綜しているのか(しかしAM3版はモデルナンバーが違う)、その真偽は不明です。

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

Fusionはマルチチップモジュールではない?

 Fusionはマルチチップモジュールではない?という話です。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10721&Itemid=1

 Fusionは2011年の登場にずれこみましたが、これはNativeチップ、すなわちプロセッサとGPUを並べた2ダイではないそうで、これは32nmで登場します。そして当初の45nmで計画されていたFusionはキャンセルされたとしています。この45nm FusionはSwiftと考えられます。

 実際にどうなるのかはまだ先なのでわかりませんが、参考情報としてご紹介しておきます。

| | コメント (0)

続・Phenom II 940対Core 2 Quad Q9300/Q9400のベンチマーク

 続・Phenom II 940対Core 2 Quad Q9300/Q9400のベンチマークです。

http://en.expreview.com/2008/12/03/phenom-ii-outperforms-core-2-in-multimedia-performance.html

 今回は前回の記事と違い、マルチメディア関係のベンチマークとなっています。AMDのスライドになっており、前回と同じくPhenom II 940を100%としたときの相対比較となっています。評価環境はCore 2 Quadがintel DP35DP, Phenom IIがMSI K8A2 Platinum, グラフィックボードはRadeon HD 3870, メモリはDDR2-1066 1GBx2です。

 これによると、iTunes aac EncodeでQ9300が90%, Q9400が95%, MainConcept Encode(HD Video Encoding)でQ9300が80%弱, Q9400が90%程度、Pov-RAY RTR(Ray Tracing)がQ9300が90%程度, Q9400が95%弱、Windows Movie Maker(Video Editing)でQ9300が80%ちょっと, Q9400が90%弱、Windows Media Encoder 9でQ9300が85%よりやや上、Q9400が90%強となっています。

 リンク先にグラフがありますので、詳しくはそちらをご覧ください。ちなみにこのExpreviewの記事では「正直言って、この結果は全く疑わしい(To be honest, we're quite doubtful of these figures.)」なんて言ってます。すでに販売がはじまっているShanghai Opteronと、現行のCore 2 Quadのマルチメディア関係の対決でも誰かやってくれれば、Phenom IIが出る前に実際の結果が明らかになるのですが。。。

| | コメント (1)

Kuma版Athlon X2の製品構成情報

 Kuma版Athlon X2の製品構成情報です。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10741&Itemid=1

 以前にも何度か情報が出ているKumaですが、12月半ばに登場するであろうということです。仕様については以下の表にまとめました。

Athlon X2 7000シリーズ(Kuma, 2コア)
モデル名 動作周波数 L2キャッシュサイズ L3キャッシュサイズ TDP
Athlon X2 7750 Black Edition 2.7GHz 512KBx2 1MB 95W
Athlon X2 7550 2.5GHz
Athlon X2 7450 2.4GHz

| | コメント (0)

55nm版GT200の2GPUボードはGeForce GTX 295となる

 55nm版GT200の2GPUボードはGeForce GTX 295となるそうです。

http://en.expreview.com/2008/12/03/dual-gpu-gtx260-gx2-officially-branded-as-geforce-gtx295.html

 GeForce GTX 260 GX2といわれていましたが、GTX 295が正式なブランド名となるようです。ストリームプロセッサ個数は216×2、コアクロックやメモリクロックは不明としています。

 2GPUのボードというには、少し分かりにくいブランド名になってしまった気がします。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

Windows Vista Service Pack 2は2009年4月に登場

 Windows Vista Service Pack 2は2009年4月に登場するそうです。

http://techreport.com/discussions.x/15974

 まずRC版を2009年2月にリリースし、正式版(RTM)を2009年4月にリリースするとしています。しかしすぐにWindows Updateなどからダウンロードできるわけではないようで、いつそうするかについては現在未定としています。4月のリリースはOEM向けと思われます。

 Windows Vista SP2では新機能の追加が行われ、Windows Search 4.0, Bluetooth 2.1, Blu-rayディスクの書き込み、Wi-Fi接続などが追加されるとしています。

 2008年10月20日の記事ではWindows 7より前の登場となっていました。今回の情報が事実ならば、来年前半には登場することになります。

| | コメント (0)

55nm版GT200の画像

 55nm版GT200の画像です。

http://en.expreview.com/2008/12/02/the-worlds-first-image-of-55nm-gt200-exposed.html

 これによると、GeForce GTX 260に使用されている55nm版GT200の刻印はG200-103-B2(65nm版はG200-103-A2)になっているそうです。Bは55nmを表すと思われ、製造週は2008年第33週となっており、G200-103-A2から5週間(第28週)しか変わっていないとしています。仕様は65nm版から変更はありません。ちなみに、ストリームプロセッサ個数が192の旧型GeForce GTX 260はG200-100-A2という刻印がされていました。

 55nm版GT200を採用するGeForce GTX 280及び2GPU搭載のGeForce GTX 260 GX2も1月に登場するであろうとしています。

| | コメント (0)

AMD 760Gの仕様の続報

 AMD 760Gの仕様の続報です。

http://www.hkepc.com/2057 (中文・繁体字)

 2008年11月26日の記事の続報です。この760Gは2009年1月の登場が予定されており、統合グラフィックスはDirectX 10対応, Shader Model 4.0, コアクロック350MHz, Single-Link DVI, DisplayPort対応, UVD及びHybrid CrossFireX非対応となっています。

| | コメント (0)

AMD RS880チップセットはRadeon HD 3000シリーズ(RV620)を統合

 AMD RS880チップセットはRadeon HD 3000シリーズ(RV620)を統合するそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10724&Itemid=1

 2008年9月12日の記事では、RS880は2009年3月か4月に登場となっていましたが、この記事ではQ3/2009となっています。これは来年6月に開催されるComputex 2009にて展示されるであろうとしています。

 RS880はSouth BridgeにSB710を採用し、統合グラフィックスはDirectX 10.1, Avivo HD, DisplayPortなどに対応します。

| | コメント (0)

Shanghai Opteron対Harpertown Xeonの比較ベンチマーク

 Shanghai Opteron対Harpertown Xeonの比較ベンチマークです。

http://techreport.com/articles.x/15905/1

 比較に使用されたのは、ShanghaiのOpteron 2384(2.7GHz), BarcelonaのOpteron 2347 HE(1.9GHz)と2356(2.3GHz), HarpertownのXeon X5492(3.4GHz), E5450(3.0GHz), L5430(2.66GHz)です。マザーボードのチップセットはOpteronがnForce Professional 3600ですが、XeonはX5492が5400, L5430が5100, E5450が5000Pとばらついています。

 詳細な結果はリンク先の5ページ以降にありますので、そちらをご覧ください。全般的な傾向として、今回の測定結果ではキャッシュやメモリの性能、SPECjbb2005や多スレッド処理は優秀なものの、同じような周波数のXeon L5430に今一歩及ばないという結果が多くなっています。

 今回の結果から、同じアーキテクチャのPhenom IIの性能の一面を見ることができるとも言えます。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

B43チップセットは2 DIMMのみのサポート

 B43チップセットは2 DIMMのみのサポートだそうです。

http://en.expreview.com/2008/11/29/intel-to-ship-b43-in-nov-supporting-2-dimm-only.html

 B43チップセットは2008年8月11日の記事にもある通り、基本的には企業向けPC用チップセットで、Q1/2009の登場が予定されています。チップセットは今月7日からマザーボードベンダに出荷され、登場は2009年1月であろうとしています。

 そしてintelのスライドによると、B43は2 DIMMしかサポートしないそうです。Q43が4 DIMMサポートなので、その半分となります。そのほかの基本的な仕様はQ43に準じます(FSB 1333MHz, DDR2-800 or DDR3-1066対応)South BridgeにはICH10Dが採用されます。

| | コメント (0)

Core 2 Quad Q8300とPentium E5300, Celeron E1500がリリース

 Core 2 Quad Q8300とPentium E5300, Celeron E1500がリリースされました。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=23175&catid=2

 各プロセッサの仕様は以下の通りです。

プロセッサ名 動作周波数 L2キャッシュサイズ FSB 価格
Core 2 Quad Q8300 2.5GHz 2MBx2 1333MHz $224
Pentium E5300 2.6GHz 2MB 800MHz $86
Celeron E1500 2.2GHz 512KB 800MHz $53

| | コメント (0)

LGA 775プロセッサと4シリーズチップセットが2009年も主流となる

 LGA 775プロセッサと4シリーズチップセットが2009年も主流となるそうです。

http://en.expreview.com/2008/11/29/lga775-processor-4-series-motherboards-about-to-lead-in-2009.html

 intelのスライドによると、Q3/2009の段階でのCore i7の出荷量は、デスクトップ用プロセッサ全体のうち10%しかないと予測しているそうです。NehalemのメインストリームとなるLynnfieldはQ3/2009に登場する予定であり、Core i7の価格改定はこの時期に行われるかもしれないとしています。

 Q4/2008の段階ではCore 2シリーズの出荷量は全体の半分程度、PentiumとCeleronは36%となっており、これはQ3/2009まで変わらないとしています。

 チップセットに目を向けると、現在市場シェアは93%という圧倒的な物量となっています。そのうち、G31はG41に移行し、Q35, Q33, X38, X48が生産終了となります。

 これより、来年もメインストリームはCore 2 + 4シリーズチップセットという構成が続くということになります。

| | コメント (0)

Radeon HD 4870/4830が値下げ

 Radeon HD 4870/4830が値下げされるそうです。

http://xtreview.com/addcomment-id-7131-view-AMD-reduce-the-price-of-HD-4850-and-4870.html

 最近値下げしたそうで、$10~20の値下げ幅となっています。すでに欧州では値下げが反映されているようです。またNVIDIAも、年末までにGeForce GTX 260を$30値下げするとしています。

| | コメント (0)

AMD 45nm世代プロセッサの製品構成続報

 AMD 45nm世代プロセッサの製品構成続報です。

http://news.ati-forum.de/index.php/de/news/35-amd-prozessoren/129-x4x3x2-cpus-namen-und-spezifikationen (独語)

 2008年11月17日の記事の続報です。この記事ではPhenom II X4 940/920は2009年1月8日から変更はありません。2008年11月17日の記事から更新があった部分は水色で着色しています。

ブランド サフィックス コア モデルナンバー 動作周波数 メモリ L2キャッシュサイズ L3キャッシュサイズ ソケット TDP 登場時期
Phenom II X4 Deneb 940 3GHz DD2-1066 512KBx4 6MB AM2+ 125W 2009年1月8日
920 2.8GHz 512KBx4 6MB 2009年1月8日
945 3.0GHz DDR3-1333
DDR2-1066
512KBx4 6MB AM3+ 125W 2009年4月
925 2.8GHz 512KBx4 6MB 95W 2009年2月
910 2.6GHz 512KBx4 6MB 2009年2月
810 2.6GHz 512KBx4 4MB 2009年2月
805 2.5GHz 512KBx4 4MB 2009年2月
X3 Heka 720 2.8GHz 512KBx3 6MB 2009年2月
710 2.6GHz 512KBx3 6MB 2009年2月
Athlon X4 Propus 615 2.7GHz DDR2-1066 512KBx4 なし 2009年4月
X3 Rana 420 2.8GHz 512KBx3 なし 65W 2009年4月
410 2.6GHz 512KBx3 なし 2009年4月
X2 Regor 240 2.8GHz 1MBx2 なし 2009年6月
235 2.7GHz 1MBx2 なし 2009年6月

| | コメント (0)

Phenom II Bシリーズが登場

 Phenom II Bシリーズが登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=10695&Itemid=1

 これは現行のPhenom X4 9000B及び8000Bの後継となり、4コア版がPhenom II B90シリーズ、3コア版がPhenom II B70シリーズ、2コア版がAthlon X2 B20シリーズ(元記事はAthlon X3 B20となっているが誤記と思われる)となります。

 これらはQ3/2009に登場が予定されています。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »