« RV790はRadeon HD 4900シリーズになる-RV790の2GPU版はRadeon HD 4995 X2に | トップページ | Core i7 Extreme 975のスクリーンショット »

2009年2月 2日 (月)

Havendale/Auburndaleはキャンセルされ、代わりに32nmのArandaleが登場

 Havendale/Auburndaleはキャンセルされたという話です。

http://theovalich.wordpress.com/2009/01/31/exclusive-intels-cans-45nm-auburndale-and-havendale-fusion-cpus/
http://xtreview.com/addcomment-id-7720-view-Intel-will-not-release-Havendale-processors.html
http://www.techpowerup.com/83704/Intel_Scraps_45_nm_Nehalem_Dual-Core_Chips_Plans_Replacement.html

 これによると、intelはHavendaleのリリースをキャンセルし、代わりに2010年3月に32nmとなるグラフィックス統合のArandaleなるプロセッサを登場させるそうです。同様に、モバイル向けのAuburndaleもキャンセルされ、32nmのプロセッサになるということです。このArandaleは2010年の米国の新学期シーズン(9月~10月)に登場予定だった32nmプロセッサだったもので、4/6コアのWestmereの派生版でグラフィックス統合となるそうです。これはL3キャッシュサイズが6MB程度に増量されているとしています。これは世界的な不況もあって、45nmの製造ラインをCore 2とCore i7に専念させたいという考えからではないかとなっています。

 これが事実だとすると、Q1/2010にグラフィックス統合プロセッサが登場するという予定は変わらないものの、より製造プロセスがシュリンクされた製品が出ることになります。(2009/02/02:ソース記事と記述を追加)

|

« RV790はRadeon HD 4900シリーズになる-RV790の2GPU版はRadeon HD 4995 X2に | トップページ | Core i7 Extreme 975のスクリーンショット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RV790はRadeon HD 4900シリーズになる-RV790の2GPU版はRadeon HD 4995 X2に | トップページ | Core i7 Extreme 975のスクリーンショット »