« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

NVIDIAが9月後半にGT300をデモ

 NVIDIAが9月後半にGT300のデモを行うようです。

http://en.expreview.com/2009/08/29/nvidia-to-demo-gt300-in-late-september.html

 AMDのRV870への対抗意識でしょうが、そのRV870は今月発表予定となっており、GT300がどの程度を示すのか注目されます。

| | コメント (0)

Radeon HD 5800シリーズが9月22日に発表-ただしPaper Launch

 Radeon HD 5800シリーズが9月22日に発表となったようです。

http://global.hkepc.com/3955 (中文・繁体字)

 台湾のボードベンダによると、AMDはRadeon HD 5800(RV870)シリーズを9月22日に発表するつもりだそうです。最初に登場するのはRadeon HD 5870と5850の2種類です。ただしこれは単なる発表(いわゆるPaper Launch)で、実際に製品が入手できるようになるのは10月に入ってからとなるようです。

 価格はRadeon HD 5870が$399, 5850が$299が予定されていますが、最終的な価格はまだ決まっていないそうです。

| | コメント (0)

ACP40WのEnergy Efficient版Istanbul Opteronが追加

 ACP40WのEnergy Efficient版Istanbul Opteronが追加されました。

http://www.amd.com/us-en/Processors/ProductInformation/0,,30_118_609,00.html
http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=6904

 今回追加されたのはOpteron 2419 EEで、動作周波数は1.8GHz, L2キャッシュサイズは512KBx6, L3キャッシュサイズは6MBです。価格は$989が設定されています。

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

AMDが8月29日にイベントを開催

 AMDが8月29日にイベントを開催し、785Gのデモなどを行いました。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090829/etc_amdev0.html

 会場はいつものカフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店で、例によって日本AMDの土居憲太郎氏が登場しています。このイベントでは785GのデモやAthlon II X4/X3が年内登場という情報のほか、DirectX 11世代のGPUが近日登場し、9月1日に開催されるCEDEC 2009にてデモを行うそうです。このDirectX 11世代GPUとはRV870と考えられます。

 ちなみにこのイベントでは、ジャンケン大会が行われ、景品がPhenom II 42 TWKR Black Edition(箱にDirk Meyer President and CEOのサイン入り)で、参加者はかなり多かったみたいです。

| | コメント (1)

2009年8月29日 (土)

Phenom II X3 740の続報-9月中に登場か

 Phenom II X3 740の続報です。

http://vr-zone.com/articles/amd-to-launch-new-fastest-phenom-ii-x3/7525.html?doc=7525

 2009年6月18日の記事で出てきたPhenom II X3 740ですが、これは動作周波数3.0GHz, L2キャッシュサイズ512KBx3, L3キャッシュサイズ6MBでHekaコアとなります。

 今回の記事では登場時期が9月中となっています。

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

Lynnfield Xeonが9月6日に登場

 Lynnfield Xeonが9月6日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15265/1/

 Xeon X3400シリーズとなり、Xeon X3470(2.93GHz, $589)ととXeon X3430(2.4GHz, Hyper-Threading非対応, $189)が登場します。L3キャッシュサイズは8MB, メモリはDDR3-800/1066/1333, Turbo Boostに対応します。

| | コメント (0)

Athlon II X4のL3キャッシュを有効にできた?

 Athlon II X4のL3キャッシュを有効にできたという話です。

http://techreport.com/discussions.x/17488

 これによると、Athlon II X4 620(2.7GHz)を搭載し、またまた例によってACC(Advanced Clock Calibration)の設定を変更することで可能になったとしています。

 しかし、PropusとDenebはダイが違うということであれば、この話は嘘ということになり、実に怪しい情報ではあります。

| | コメント (0)

Core i7 860対Core i7 920のベンチマーク比較

 Core i7 860対Core i7 920のベンチマーク比較です。

http://en.expreview.com/2009/08/28/core-i7-860-tested-faster-than-core-i7-920.html

 Core i7 860はLynnfieldで、動作周波数は2.8GHz, TDP 95Wです。Core i7 920は2.66GHzと低いので、今回のベンチマーク比較は参考程度です。評価環境はGIGABYTE P55-UD6(P55), Radeon HD 4870 X2, Windows Vista SP1 64bitです。

 結果を以下の表にまとめました。

  3DMark06 Cinbench 10 x64 WinRAR 3.8(秒) Fritz Chess Benchmark 9 FarCry 2(fps)
Core i7 860 5306 16999 180 10540 70.01
Core i7 920 4876 16131 162 10143 66.77
Core i7 940 5230 17116 154 11206 69.98
Core 2 Extreme QX9650 4481 13077 280 8435 61.99
Phenom II X4 965 Black Ediiton 4688 13312 233 8180 60.9

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

IntelがMoorestownとClarkdaleの新情報を公開

 IntelがMoorestownとClarkdaleの新情報を公開しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20090827_310763.html

 Moorestownは次世代Atomプラットフォーム, ClarkdaleはCore i5/i3/Pentiumとなります。MoorestownのプロセッサLincroftは45nmで製造され、グラフィックスやメモリコントローラを統合します。この内蔵グラフィックスはDirectXは非対応で、OpenGL ES 2.0とOpenVG 1.0が対応APIとして挙げられています。ディスプレイ出力はLVDSとMIPI-DSIです。対応メモリはLPDDR1とDDR2、メモリバス幅は32bitでシングルチャネルとなります。

 またClarkdaleはG965/GM965の進化形となり、DirectX 10世代でShader Model 4.0となります。

 詳細はリンク先の記事をご覧ください。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

Celeron E3000シリーズは3.4GHzに達するか

 Celeron E3000シリーズは3.4GHzに達するかもしれないという話です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3160 (独語)

 ここ数週間以内にCeleron Dual-core E3200(2.4GHz)とE3300(2.5GHz)が登場予定となっており、これらはFSB 800MHz, L2キャッシュサイズは1MBとなっています。また、中国のサイトによると、Celeron E3900のES品なるものを入手し、これは動作周波数が3.4GHzだったそうです。しかし、Processor Numberと動作周波数の法則(Processor Numberが+100 -> 動作周波数が+100MHz)に照らし合わせても、E3900では3.1GHzにしかなりません。

 なので、E3900が存在したとして、本当に3.4GHzになるかどうかは不明です。

| | コメント (0)

AMDがMagny-Coursの技術概要を説明

 AMDがMagny-Coursの技術概要を説明しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20090826_310619.html

 Magny-Coursは12コアの次世代Opteronで、Istanbulを2個一つのパッケージに統合したプロセッサです。L2キャッシュサイズは512KBx12, L3キャッシュサイズは12MB, 45nmプロセスによる製造で、新ソケットであるG34が採用されます。TDPはIstanbulと同じ枠を維持します。

 メモリはDDR3の4チャネル、HyperTransport x16を4ポート備えます。また、マルチプロセッサ構成時のバス効率を上げるProbe Filterを搭載します。詳細についてはリンク先の記事をご覧ください。

| | コメント (0)

AMDはBulldozerでマルチスレッディング技術を実装する?

 AMDはBulldozerでマルチスレッディング技術を実装するかという話です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20090825073221_AMD_s_Bulldozer_Processors_to_Feature_Simultaneous_Multi_Threading_Technology.html

 AMDがHot Chips Conferenceで発表したところによると、次世代の新アーキテクチャとなるBulldozerではHyper-Threadingのようなマルチスレッディング技術(SMT)を実装するそうです。この詳細については明らかにしなかったものの、intelのHyper-Threadingのようなものではなく、SunのSPARCに実装されているSMTのようなアプローチを取るであろうとしています。

 これについて、AMDはX-bitに対して「BulldozerにSMTを実装するなどとは発表していない。しかしマルチスレッディングのような機能は実装されるかもしれない」と話しています。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

AMDがTDP 20Wのプロセッサを計画

 AMDがTDP 20Wのプロセッサを計画しているそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15198/1/

 これによると、シングルコアのSargasベースでAthlon II 160Uという製品名がつけられ、動作周波数は1.8GHz, L2キャッシュサイズは1MBとなっています。Socket AM3でDDR3-1066までに対応します。

 登場時期についてはこの記事では明らかになっていません。

| | コメント (0)

Radeon HD 5870(RV870, Cypress)の価格は$299

 Radeon HD 5870(RV870, Cypress)の価格情報です。

http://www.techpowerup.com/102342/Radeon_HD_5870_Aggressively_Priced_Report.html

 これによると、Radeon HD 5870は$299などという意欲的な価格が設定されるそうです。また、この記事では発表は9月22日, 市場で入手可能になるのは10月となっています。ほかにも、2009年7月31日の記事で詳細不明となっていたHemlockはこの記事では2GPU構成となっており、11月登場予定となっています。

| | コメント (0)

9月にAthlon II X4/X3シリーズが追加

 9月にAthlon II X4/X3が追加されるそうです。

http://vr-zone.com/articles/athlon-ii-cpus-coming-soon--including-x4-propus-/7484.html?doc=7484

 以下のプロセッサが追加されます。いずれもSocket AM3です。

[Propus]
Athlon II X4 630(2.8GHz, L2キャッシュサイズ512KBx4, TPD 95W)
Athlon II X4 620(2.7GHz, L2キャッシュサイズ512KBx4, TPD 95W)
Athlon II X4 605e(2.3GHz, L2キャッシュサイズ512KBx4, TDP 45W)
Athlon II X4 600e(2.2GHz, L2キャッシュサイズ512KBx4, TDP 45W)

[Rana]
Athlon II X3 435(2.9GHz, L2キャッシュサイズ512KBx3, TDP 95W)
Athlon II X3 425(2.7GHz, L2キャッシュサイズ512KBx3, TDP 95W)
Athlon II X3 405e(2.3GHz, L2キャッシュサイズ512KBx3, TDP 45W)
Athlon II X3 400e(2.2GHz, L2キャッシュサイズ512KBx3, TDP 45W)

[Regor]
Athlon II X2 204e(2.8GHz, L2キャッシュサイズ1MBx2, TDP 45W)
Athlon II X2 235e(2.7GHz, L2キャッシュサイズ1MBx2, TDP 45W)

| | コメント (0)

intelがCULV向けプロセッサを10月初旬に拡充

 intelがCULV向けプロセッサを拡充するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15180/1/

 これによると、intelはQ4/2009(10月初旬)に、2コアのCULV向けプロセッサを拡充するそうです。L2キャッシュサイズ1MBのSU2500, SU2600, L2キャッシュサイズ2MBのSU4100(1.3GHz), SU4500, SU4700, L2キャッシュサイズが3MBのSU7300(1.3GHz), SU7800の7製品が登場します。

 詳しい仕様は上記以外は明らかになっていませんが、価格は全て$289が設定されているそうです。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

RD890(890FX)の登場時期が遅れる?

 RD890(890FX)の登場時期が遅れるそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15177/1/

 これによると、AMDは890FXの登場を当初の予定だった2010年1月からの登場を、まる一四半期遅らせて2010年4月に遅らせたようです。2009年6月15日の記事でも2010年1月発表となっていました。

| | コメント (0)

RV870世代の製品名-Radeon HD 5800シリーズ

 RV870世代の製品名についてです。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-amd-dx11-cypress-is-radeon-hd-5870--hd-5850/7469.html?doc=7469

 これによると、AMDはCypress(RV870)はRadeon HD 5800シリーズとなり、Cypress XTがRadeon HD 5870, Cypress ProがRadeon HD 5850となり、順当な命名といえます。仕様としては画像メモリがGDDR5 1GB, ATI Stream Techonology, OpenGL 3.1, CrossFire X, Avivo HDなどに対応します。

 登場時期については発表が9月、市場に出回るのは10月のWindows 7登場時期あたりとなっています。

 ちなみに必要システムの情報もあり、これによると電源は単体使用時で500Wと75Wの6ピンコネクタ, CrossFire使用時は600Wとなっており、Radeon HD 4870/4850と似たような条件で、現在これらを使用しているユーザは特に意識する必要はないとなっています。

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

Larrabeeは第一世代

 Larrabeeは第一世代という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15148/1/

 Larrabeeは第三世代とか第四世代とかいう話があったようですが、これは間違いであり、intelは公式にこれを否定したそうです。intelによると、この第一世代のLarrabeeはIAコアを多数並べたものになり、登場時期は2010年を目標にしているとしています。

 この第三世代や第四世代というのはAMDやNVIDIAに近しい筋から聞いたとされていますが、intelの主張が事実ならこれらは間違いであったということになります。

| | コメント (1)

RV870などの画像

 RV870などの画像です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3151 (独語)

 リンク先に5枚の画像があります。RV840はミッドレンジ向けでTDPは75~150W, 補助電源コネクタは6ピンが一つ、RV870は6ピンの補助電源コネクタが2個、ボード長はRadeon HD 2900 XTの24cmと同程度かそれ以上になります。R800は補助電源コネクタは6ピン+8ピン、消費電力は300Wまでとなります。

| | コメント (0)

GeForceの命名規則が変わる?

 GeForceの命名規則が変わるという話です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=28922&catid=6

 GeForceは9000番台を経て現在GTX, GTS, GT, Gの次に200番台や100番台の数字を割り振るようになりました。しかし、最近NVIDIAは考えを変えたようで、GTXやGTSをやめて、GeForceの次に直接100/200/300番台の数字を割り振るように変更したようです。これは今年後半登場予定のリテール市場向け40nm GPUから適用されるとしています。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

Core i3 540(Clarkdale)のレビュー記事

 Core i3 540(Clarkdale)のレビュー記事です。

http://global.hkepc.com/3878 (中文・繁体字)

 今回の記事はCore i3 540(3.06GHz, 2コア/4スレッド), Havendale 2.4GHz, Clarkdale 2.4GHz, Core 2 Duo E8400(3.071GHz動作)での比較が行われています。ベンチマーク結果の詳細はリンク先の5ページ目以降にありますのでそちらをご覧ください。全般的な傾向としては、Havendale 2.4GHzとClarkdale 2.4GHzは同じ結果で製造プロセスがシュリンクしただけ、Core i3 540とCore 2 Duo E8400ではCorei 3がCore 2を全般的に上回る結果となっています。

| | コメント (0)

TDP 125W版Phenom II X4 965が登場

 TDP 125W版Phenom II X4 965が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15140/1/

 つい最近登場したPhenom II X4 965 Black EditionのTDPは140Wですが、Q4/2009に125W版を登場させるそうです。そして2009年中はこれが最高周波数のプロセッサになるそうです。2010年には32nmのプロセッサが登場しますが、最良の場合でも2010年半ばになるのではないかとしています。

| | コメント (0)

intelがLarrabee IGPを計画

 intelがLarrabee IGPを計画しているそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15138/1/

 これによると、intelは高まりつつあるグラフィックスの重要性に気付き、NVIDIAやintelに対抗するためにLarrabee IGPを開発することを計画しているそうです。しかしLarrabeeはまだ開発中であり、少なくとも2011年初旬までは登場しないのではないかとしています。

 またLarrabeeはTDPの問題が言われており、この問題を解決しないとチップセット統合するには難しいのではないかと指摘しています。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

Core i5 750対Core i7 920のベンチマーク比較

 Core i5 750対Core i7 920のベンチマーク比較です。

http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=6804&pageid=5443

 これは2.66GHzの同周波数対決で、違いはコア数(Core i5 750:2コア/4スレッド, Core i7 920:4コア/8スレッド), メモリチャネル数などです。評価環境はASUS P7P55 Deluxe(P55, LGA 1156)とASUS X58(LGA 1366), GeForce GTX 280, Windows Vista SP1です。

 詳細な結果はリンク先の7ページ目以降にありますのでそちらをご覧ください。全体的な傾向として、3Dゲームはほとんど差がつかないものの、マルチスレッド対応ベンチマークになるとコア数及びスレッド数の差がもろにきいてきます。

| | コメント (0)

RV870などの3DMark Vantageのベンチマーク結果

 RV870などの3DMark Vantageのベンチマーク結果についてです。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3148&sprache=1

 この記事によると、RV870はメモリバス幅は384bit, RV840は128bitとなっています。そして評価環境などは書かれていないものの、Cypress(RV870)はP16000-P18000, Juniper(RV840)がP9500台, Redwood(RV830)がP4600台となっています。このRV840のスコアはRadeon HD 4850と4870の間、RV870のスコアはRadeon HD 4870 X2の領域に達するとされています。

| | コメント (0)

Athlon II X4(Propus)の価格情報

 Athlon II X4(Propus)の価格情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15102/1/

 これによると、すでに海外の通信販売の価格リストにAthlon II X4シリーズが掲載されているそうです。Athlon II X4はL2キャッシュサイズ512KBx4, L3キャッシュなしとなります。Athlon II X4 620(2.6GHz, TDP 95W)は82ユーロ、Athlon II X4 630(2.8GHz, TDP 95W)は99ユーロという価格が設定されています。ほかのAthlon II X4には600e(2.2GHz, TDP 45W)があります。

 Core 2 Quad Q8200(2.33GHz)が115ユーロとなっているので、4コアプロセッサとしてはなかなか安価といえます。

| | コメント (0)

intel 5シリーズチップセット(Ibex Peak)でのBraidwoodサポートは中止

 5シリーズチップセット(Ibex Peak)でのBraidwoodサポートは中止となったそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20090819PD217.html

 Braidwoodは現行のintel Turbo Memoryの後継で、NAND Flashが搭載されたモジュールをSSDやキャッシュとして利用できるテクノロジです。マザーボードベンダの話によると、intelは5シリーズチップセットでのBraidwoodサポートをやめたそうです。これにより、Braidwoodに対応していたP57は非対応のP55と差がなくなってしまいます。その他H57, Q57, H55についてはQ1/2010に予定通り登場します。

 Braidwoodサポート中止の理由について、ソフトウェア側の問題があり、最終的に中止を決断したそうですしかしこの記事によると、マザーボードベンダとしては影響はさほどではないと見ているようです。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

Phenom II及びAthlon II Bシリーズの続報

 Phenom II及びAthlon II Bシリーズの続報です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20090814232022_AMD_to_Update_Business_Class_Lineup_with_Athlon_II_Phenom_II_Microprocessors.html

 基本的な内容としては、2008年12月6日の記事の再確認です。これは基本的には企業向けプロセッサとされています。登場時期はQ3/2009で、ラインナップとしてはPhenom II X4 B93/B95(DDR3-1333), Phenom II X3 B73/B75(DDR3-1333), Phenom II X2 B53/B55(DDR3-1066), Athlon II X2 B22/B24(DDR3-1066)が用意されます。いずれもSocket AM3で、L2キャッシュサイズはPhenom IIが512KBxコア数, Athlon II X2 B2xは1MBx2, L3キャッシュサイズは6MB(Athlon II B2x以外)です。

 対応プラットフォームは785G+SB710をベースにしたKodiakなる開発名がつけられており、TPM 1.2やDASH(Desktop and Mobile Architecture for System Hardware) Compliant managed LOMに対応します。

| | コメント (0)

NVIDIAが28nmのGPUを計画

 NVIDIAが28nmのGPUを計画しているという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15089/1/

 GlobalFoundriesに聞いたところによると、NVIDIAは現在、今後2年程度以内に登場予定の28nmのGPU設計開始のために製造委託先を探しているそうで、GlobalFoundriesが選ばれるかもしれないものの、実際のところどうなるかは分からないとしています。また、40nmと28nmの間に32nmの製品も登場するであろうとしています。

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

NVIDIAがGT300の2GPUボードを開発中

 NVIDIAがGT300の2GPUボードを開発中だそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15068/1/

 開発していること自体はあまり不思議ではないのですが、登場時期については2010年1月なのではないかとしています。

| | コメント (0)

Evergreen(RV870)は9月10日に登場

 Evergreen(RV870)は9月10日に登場するそうです。

http://www.techpowerup.com/101730/ATI__Evergreen__Promises_You_Won_t_Believe_Your_Eyes.html
http://en.expreview.com/2009/08/17/amd-to-debut-directx-11-graphics-cards-on-september-10th.html

 10月登場説などが言われてきたEvergreenでしたが、来月に登場となったようです。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

Core 2 Quad Q7600なるプロセッサが登場

 Core 2 Quad Q7600なるプロセッサが登場するそうです。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=28793&catid=2

 これによると、動作周波数は2.7GHz, L2キャッシュサイズは2MB, FSB 800MHzで、登場時期は明らかになっていないものの、価格は$150以下なのではないかとしています。

| | コメント (0)

ArrandaleのProcessor Number情報-2010年1月にClarkdale, Pineviewとともに登場

 ArrandaleのProcessor Number情報と、Clarkdale/Arrandale/Pineviewは2010年1月に発表という話です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20090813091122_Intel_May_Unveil_Microprocessors_with_Integrated_Graphics_Cores_at_Consumer_Electronics_Show.html

 これによると、intelはClarkdale, Arrandale, Pineviewを2010年1月7日からLas Vegasで開催されるConsumer Electronics Show 2010(CES 2010)にて発表するそうです。

 Clarkdaleの仕様については2009年8月11日の記事と同様なのでそちらをご参照いただくとしますが、今回の記事ではArrandaleのProcessor Numberも明らかになりました。具体的な仕様とProcessor Numberの対は記事では書かれていないものの、Core i7 620M, 640LM, 620LM, 640UM, 620UMとCore i5 540M, 520Mとなっています。

 これを2009年7月26日の記事とM, LM, UMという接尾辞から想像して当てはめてみると、以下のようになります。これは単なる憶測なので、あくまで参考程度とお考えください。

  動作周波数 価格
Core i7 620M 2.66GHz $332
Core i5 540M 2.53GHz $257
Core i5 520M 2.4GHz $225
Core i7 640UM(超低電圧版) 1.2GHz $305
Core i7 620UM(超低電圧版) 1.06GHz $278
Core i5 640LM(低電圧版) 2.00GHz $300
Core i5 620LM(低電圧版) 2.13GHz $332

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

リテール市場向けGT218がGeForce 210として10月20日に登場

 リテール市場向けGT218がGeForce 210として10月20日に登場するそうです。

http://global.hkepc.com/3891 (中文・繁体字)

 GT218はOEM向け専用としてGeForce GT 210という製品名で登場しましたが、GeForce 210という製品名に変更されるようです。仕様としてはOEM向け版と同様で、コアクロック589MHz, ストリームプロセッサ個数16, メモリバス幅64bit, 画像メモリはDDR2 512MB(メモリクロック500MHz)かDDR3 512MB(メモリクロック800MHz)です。

| | コメント (0)

NVIDIAがintelプロセッサ向けの新チップセットを用意-Q1/2010にMCP89とMCP99

 NVIDIAがintelプロセッサ向けの新チップセットを用意しているそうです。

http://global.hkepc.com/3888 (中文・繁体字)
http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=28800&catid=2 (英語解説)

 今のところDMI(Direct Media Interconnect)のライセンス問題を抱えているNVIDIAですが、これによるとNVIDIAはグラフィックス統合でLGA 775向けのMCP89とLGA 1156向けのMCP99というチップセットを登場させるそうです。MCP89はDirectX 10世代のグラフィックスを統合し、DDR3-1333とFSB 1333MHzに対応します。量産はQ1/2010が予定されています。製品名はGeForce 200Mシリーズが予定されているそうです。

 MCP99は45nm世代(Lynnfield)と32nm世代(Westmere)のLGA 1156のプロセッサに対応し、ライセンス問題が解決すれば、これもQ1/2010に登場するとしています。

 また、MCP85なるモバイルノート向けのNorth Bridge統合GPUも登場させるそうです。通常GPUがNorth Bridgeに統合されますが、以前から内蔵グラフィックスが使用できるローカルメモリのメモリバス幅の問題がありました。これを解決するために、64bitのメモリコントローラを有するMCP75(DDR2 512MBかDDR3メモリ対応)にNorth Bridge機能を統合することで、エントリクラスのグラフィックス性能を実現するとしています。

 MCP85のNorth Bridge部分はDDR3-1333の2チャネルとFSB 1333MHzに対応し、GeForce 200Mシリーズという製品名が予定されています。これも登場時期はQ1/2010が予定されています。

 そういえば、NVIDIAのJen-Hsun Huang CEOが、「チップセット事業を失うつもりはない。いくつかプロジェクトが進行している。また、intelとNVIDIAとの間で、チップセットに関する"big surprise"が議論中である」と話している記事がありました。この"big surprise"とは、DMIのライセンス問題が片づくということを示唆しているのかもしれません。

| | コメント (0)

RV870のメモリバス幅は384bit

 RV870のメモリバス幅は384bitという話です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3138&sprache=1

 この記事では「AMDのパフォーマンス向けDirectX 11世代GPU」としていますが、これはRV870と思われ、メモリバス幅が384bitであるという噂がアジア地域で広まっているそうです。RV770はメモリバス幅に依存しており、RV870では演算能力が2倍になると考えられるため、384bitというメモリバス幅はありえるとしています。

 またこの記事では、9月10日にpre-launchが予定されているものの、これはこの次点ではボードが存在するわけではないということを意味すると伝えられているほか、価格は未定なものの$249~399辺りが予定されているとなっています。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

Phenom II X4 965 Black Editionが正式発表

 Phenom II X4 965 Black Editionが正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090813_308770.html

 動作周波数が3.4GHzに向上したほかは現行のPhenom II X4と同様で、L2キャッシュサイズ512KBx4, L3キャッシュサイズ6MBです。販売価格は25,980円です。

 早速ベンチマーク記事がありますので、日本語記事をいくつかご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/077/G007794/20090812029/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20090813_308769.html

| | コメント (0)

Calpella Platformは9月23日登場

 Calpella Platformは9月23日登場となったようです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20090812143924_Intel_Set_to_Launch_New_Quad_Core_Mobile_Platform_in_Late_September.html

 Calpella Platformは現行のMontevina Platformの後継で、ClarksfieldのCore i7-920XM, 820QM, 720QMとIbex Peak-MのPM55チップセットで構成されます。2009年7月26日の記事では9月29日~10月23日の間となっていました。

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

RV870の3GPUボード?

 RV870の3GPUボードの可能性についてです。

http://www.semiaccurate.com/2009/08/11/evergreen-has-six-members/

 2009年7月31日の記事にて、RV870世代のボードの開発名が5種類現れましたが(Cypress, Juniper, Redwood, Cedar, Hemlock)、6種類目としてTrillianなるものがあるそうです。これは"Tri"を冠することからRV870を3個搭載したボードか、もしくはマルチモニタ用途のボードなのではないかとしています。

| | コメント (0)

Sandy BridgeはQ4/2010に登場

 Sandy BridgeはQ4/2010に登場するという話です。

http://www.digitimes.com/news/a20090812PD225.html

 2009年7月6日の記事ではQ1/2011登場となっていましたが、早まったようです。またこの記事ではQ2/2010登場予定のGulftownは$1499が予定されているとなっています。

 更にこの記事によると、intelは32nmのWestmereを採用した4コアプロセッサを用意するつもりはないようです。

| | コメント (1)

GultfownとBloomfieldの比較記事

 GultfownとBloomfieldの比較記事です。

http://global.hkepc.com/3846 (中文・繁体字)

 リンク先の5ページ目にベンチマーク比較の記事があります。今回の評価で使用されたGulftownは2.40GHz, L3キャッシュサイズ12MB, QPI 6.4GT/sという仕様になっています。比較用のBloomfieldはESで動作周波数は同じく2.4GHz, L3キャッシュサイズ8MB, QPI 6.4GT/sとなっています。マザーボードはintel DX58SD, DDR3-1066 1GBx3, GeForce GTX 295/GT 210, Windows Vista Ultimate SP1 32bitです。

 結果を見るとすべてにおいてGulftownがBloomfieldを上回っていますが、細かく見ると大きく差がつく項目や誤差程度の項目などが散見されます。

| | コメント (0)

Sempron 140を2コア化してAthlon II X2にする

 Sempron 140を2コア化してAthlon II X2にすることができたようです。

http://www.techpowerup.com/101389/Sempron_140_Unlocks_to_Athlon_II_X2.html

 やり方はPhenom II X3のX4化と同様で、例によってBIOSセットアップメニューでACC(Advanced Clock Calibration)を有効にすることで可能になったそうです。今回の実験に使用されたのはASRock M3A790GXH/128Mです。

 この記事ではオーバークロックもされており、3.71GHz(標準動作周波数は2.7GHz)にまで高め、Super PIやwPrimeなどを走らせています。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

ClarkdaleのProcessor Number及びブランド情報

 ClarkdaleのProcessor Number及びブランド情報です。

http://en.expreview.com/2009/08/10/intels-roadmap-reveals-32nm-clarkdale-specs.html
http://publish.it168.com/2009/0810/20090810015301.shtml

 2009年7月21日の記事の続報にあたります。ClarkdaleはCore i5 600シリーズ及びCore i3 500シリーズのほか、Pentium Gシリーズも名乗ります。価格はCore i5 600シリーズが$284~174, Core i3 500シリーズは540が$143, 530が$120です。またPentium G6950は$83となっており、Hyper-ThreadingやTurbo Boostには対応しません。

 Lynnfield含め表にまとめました。価格については2009年7月21日の記事もご参考ください。

プロセッサ名 動作周波数 L2キャッシュサイズ コア数/スレッド数 対応メモリ
Core i7/i5シリーズ(Lynnfield, 4コア/8スレッド)
Core i7-870 2.93GHz 8MB 4/8 DDR3-1333/1066
Core i7-860 2.80GHz 8MB 4/8 DDR3-1333/1066
Core i5-750 2.66GHz 8MB 4/8 DDR3-1333/1066
Core i7-860s 2.53GHz 8MB 4/8 DDR3-1333/1066
Core i5-750s 2.40GHz 8MB 4/8 DDR3-1333/1066
Core i5/i3, Pentiumシリーズ(Clarkdale, 2コア/4スレッド or 2コア/2スレッド)
Core i5-670 3.46GHz 4MB 2/4 DDR3-1333/1066
Core i5-661 3.33GHz 4MB 2/4 DDR3-1333/1066
Core i5-650 3.33GHz 4MB 2/4 DDR3-1333/1066
Core i5-650 3.20GHz 4MB 2/4 DDR3-1333/1066
Core i3-540 3.06GHz 4MB 2/4 DDR3-1333/1066
Core i3-530 2.93GHz 4MB 2/4 DDR3-1333/1066
Pentium G6950 2.80GHz 3MB 2/2 DDR3-1066

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

AMD RV830に関する情報

 AMD RV830に関する情報です。

http://www.nordichardware.com/news,9747.html

 これによると、RV830のストリームプロセッサ個数は800, TMUは50, ROPsは16となり、DirectX 11世代となり、採用する画像メモリについては明らかになっていません。この記事では、RV830はRV770/790にDirectX 11対応を追加したものだとしています。

 また、AMDはEvergreen世代のX2製品はAFR(Alternate Frame Rendering, 偶数・奇数フレームのレンダリングをそれぞれのGPUで交互に行う方式) ではなくSFR(Scissor Frame Rendering, 画面を2分割してそれぞれを2個のGPUでレンダリングする方式)を採用するそうで、Evergreenの世代ではSFRの最適化がより進んでいるのではないかとしています。

| | コメント (0)

倍率固定が解除されたPentium Dual-Core E6500Kが登場

 倍率固定が解除されたPentium Dual-Core E6500Kが登場したようです。

http://en.expreview.com/2009/08/08/overclocking-test-of-pentium-e6500k-intels-new-secret-weapon.html

 これは基本的にはオーバークロッカー向けで、現在のところ中国のみの先行販売となっています。仕様としてはPentium Dual-coreと倍率部分以外は同様で、動作周波数は2.93GHz, FSB 1066MHz, L2キャッシュサイズ2MB, 45nmプロセスによる製造(Wolfdale)となります。

 これはBIOSTARのTP45Eという製品とセットで$190程度で販売されているようで、プロセッサ単体価格は$84程度と通常版のPentitum E6500と同程度になるのではないかとしています。

 これが中国以外でも売れるとなれば、他の地域でも販売される可能性があります。

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

785G搭載マザーボードが販売開始

 785G搭載マザーボードが販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090808/etc_amd.html

 GIGABYTEとBIOSTAR、ASRockから8製品が登場し、実売価格は8,000~13,000円前後です。GIGABYTEはGA-MA785GPMT-UD2H、GA-MA785GT-UD3Hなど、BIOSTARはTA785GE 128M、ASRockはM3A785GMH/128Mです。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

AMD 795GXが登場

 AMD 795GXが登場するそうです。

http://vr-zone.com/forums/467023/amd-preps-795gx-chipset.html

 これは来週中に発表され、基本的には790GXの高周波数版とされています。例によってCrossFire Xに対応し、South BridgeはSB 750が採用されます。

| | コメント (0)

intelがXeon 5500/W3500シリーズの製品群を追加

 intelがXeon 5500/W3500シリーズの製品群を追加しました。

http://www.intel.com/p/en_US/products/server/processor/xeon5000/specifications
http://www.intel.com/p/en_US/products/server/processor/xeon3000/specifications

 以下の4種類が追加されます。

  Xeon W5590(3.33GHz, QPI 6.4GT/s, L3キャッシュサイズ8MB, For 2-Way, TDP 130W)
  Xeon W3580(3.33GHz, QPI 6.4GT/s, L3キャッシュサイズ8MB, For 1-Way, TDP 130W)
  Xeon W3550(3.06GHz, QPI 4.8GT/s, L3キャッシュサイズ8MB, For 1-Way, TDP 130W)
  Xeon L5530(2.40GHz, QPI 5.86GT/s, L3キャッシュサイズ8MB, For 2-Way, TDP 60W)

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

CULV向けのSU2300とCeleron 743が9月に登場

 CULV向けのSU2300とCeleron 743が9月に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/14947/1/

 2009年6月12日の記事の続報です。Celeron 743は動作周波数1.3GHz価格は$107となっています。SU2300は$134となっています。これらの登場時期は9月27日が設定されているそうです。

 Celeron 743は2009年6月12日の記事によればFSB 800MHz, L2キャッシュサイズ1MB, SU2300は1.2GHz, FSB 800MHz, L2キャッシュサイズ1MBとなっていました。

| | コメント (0)

PCI Express 3.0の仕様決定がQ2/2010にずれこむ

 PCI Express 3.0の仕様決定がQ2/2010にずれこむという話です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=28571&catid=6

 PCI Express 3.0は当初2009年末の仕様の決定が予定されていましたが、これがQ2/2010にまでずれこんだそうです。PCI-SIGによると、PCI Express 3.0の仕様自体はほぼ固まったものの、後方互換性や消費電力を確定する作業が予想より膨れ上がり、これが遅延の影響になったとしています。

 PCI Express 3.0は転送速度が8.0GT/sに向上し、その他電気的な改良がなされており、これに対応したグラフィックス製品やマザーボードはQ2/2011には登場するそうです。

| | コメント (0)

Pentium Dual-core E6500が来週登場

 Pentium Dual-core E6500が来週登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/14936/1/

 Pentium Dual-core E6500はWolfdaleで動作周波数2.93GHz, FSB 1066MHz, L2キャッシュサイズは2MB, TDPは65Wで、価格は$84が予定されています。これは8月9日か10日に発表するとしています。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

Q3/2010までのintelのデスクトップ向けプロセッサロードマップ(ハイエンド/メインストリーム)

 Q3/2010までのintelのデスクトップ向けプロセッサロードマップです。

http://www.nordichardware.com/news,9730.html

 例によって表にまとめました。来年のハイエンドおよびメインストリーム向けは、GulftownとClarkdaleが登場する以外はおとなしめのロードマップになっています。"<-"は前期の製品を継続という意味です。

  Q3/2009 Q4/2009 Q1/2010 Q2/2010 Q3/2010
Extreme Core i7-975 <- <- Core i7 975
Gulftown
Gulftown
Performance Core i7-950
Core i7-870
Core i7-960
Core i7-870
<- <- <-
Mainstream-MS3 Core i7-920
Core i7-860
Core 2 Duo E8600
<- Core i7-920
Core i7-860
Clarkdale 3.46GHz
<- <-
Mainstream-MS2 Core i5-750
Core 2 Quad Q9400
Core 2 Duo E8500
<- Core i5-750
Clarkdale 3.33GHz
<- <-
Mainstream-MS1 Core 2 Quad Q8400
Core 2 Duo E8400
<- Clarkdale 3.20GHz <- <-

| | コメント (1)

2009年8月 4日 (火)

Athlon II X3 425、435がQ3/2009に登場

 Athlon II X3 425、435がQ3/2009に登場するという話です。

http://global.hkepc.com/3820 (中文・繁体字)

 これによると、AMDはTDP 45WのAthlon II X3 405eや400eに加えて、Q3/2009後半にAthlon II X3 435(2.9GHz)と425(2.7GHz)を登場させるそうです。Ranaを採用し、TDPは95W, L2キャッシュサイズは512KBx3, L3キャッシュなしです。これらはエントリ向けを対象としており、価格は未定となっています。

| | コメント (0)

AMD 785Gが正式発表

 AMD 785Gが正式発表されました。

http://www.amd.com/us/products/desktop/chipsets/7-series-integrated/Pages/amd-785G-chipset.aspx
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090804_306807.html (日本語解説)

 これまでの情報の通り、基本的には780Gのエンハンス版で、統合されるグラフィックスコアのRadeon HD 4200(RV620)はDirectX 10.1世代となり、UVD 2.0, HDMI 1.3に対応します。それ以外の仕様は780Gと同様です。South BridgeにはSB7x0が採用されます。

 ベンチマークがいくつか出ていますので、日本語の記事をいくつかご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/040/G004039/20090804004/
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0908/04/news042.html

| | コメント (0)

Fusionは2012年ではなく2011年に登場

 Fusionは2012年ではなく2011年に登場という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/14897/34/

 2009年7月26日の記事にて、Fusionは22nmで2012年登場という話がありましたが、AMDはこれを否定し、2011年に32nmで登場するとしたそうです。またAMDは、2011年はノート向けプラットフォームにFusionを投入するのに最適な時期であり、また32nmがFusionに最適であるとしています。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

2012年にはマルチGPUシステムが半分近くを占める?

 2012年にはマルチGPUシステムが半分近くを占めるという見方です。

http://en.expreview.com/2009/08/03/nearly-half-of-pcs-to-be-powered-by-multi-gpu-tech-in-2012.html

 Jon Peddie Researchという調査会社によると、マルチGPUは成長段階にあり、マルチGPUシステムは将来全PCのうち半分近くを占めるようになるそうです。マルチGPUとはCrossFireかNVIDIA SLIなどあり、2012年にはデスクトップPCのうち半分近くにこれらが搭載されるとしています。

 記事ではマルチGPUは成長しているとしているものの(年率83%となっている)、さてどうかなあと私は思っています

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

Radeon HD 4860の画像および3DMark Vantageベンチマーク

 Radeon HD 4860の画像および3DMark Vantageベンチマークです。

http://en.hardspell.com/doc/enshowcont.asp?id=6691

 Radeon HD 4860はRV790GTを採用しており、ストリームプロセッサ個数は640, コアクロックは700MHz, メモリクロックは750MHz, 画像メモリはGDDR5 512MBとなっています。

 3DMark Vantageは4850がP7495に対して4860はP7761となっており、3.5%程度の性能向上がなされています。

| | コメント (0)

intelの6コアプロセッサのスクリーンショット

 intelの6コアプロセッサのスクリーンショットです。

http://en.expreview.com/2009/07/31/a-sneak-peek-at-intels-core-i9-gulftown.html

 この記事ではGulftownのCore i9のサンプルを入手したとなっていますが、2-Wayの12コア24スレッドで動作していることから6コア版Xeon(Westmere-EP)と考えられます。ソケットはLGA 1366、動作周波数は2.4GHz, L2キャッシュサイズは256KBx6, L3キャッシュサイズは12MBです。これはX58で動作するとしています。

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

Phenom II X2 545が販売開始

 Phenom II X2 545が販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090801/ni_cp545.html

 Callistoコアを採用し、動作周波数は3.0GHz, L2キャッシュサイズは512KBx2, L3キャッシュサイズは6MB, TDP 80W, Socket AM3です。実売価格は9,480円前後となっています。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »