« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

AMDのノート向けRV870世代は2011年1月登場

 AMDのノート向けRV870世代は2011年1月登場という話です。

http://www.nordichardware.com/news,10142.html

 この記事ではそれ以外の詳しい情報は明らかになっていません。

| | コメント (0)

Radeon HD 5900(Hemlock)の画像

 Radeon HD 5900(Hemlock)の画像です。

http://alienbabeltech.com/abt/viewtopic.php?f=4&t=17968
http://xtreview.com/addcomment-id-10447-view-Radeon-HD-5800-X2-and-Radeon-HD-5900.html

 リンク先に画像が何枚かあります。ボード長は13.5インチ(約34.29cm)ともはやPCIのフルサイズ(312mm)を超えており、入れるケースを選びそうです。電源コネクタは8ピン+6ピン、ファンの回転数は高負荷時には4700rpmに達します。型番については、AlienBabelTechの記事によるとX2の接尾辞をつけるのをやめたそうで、5870 X2は5970, 5850 X2は5950になるとしています。

 Xtreviewの記事にはGPU-Zのスクリーンショットがあり、これによるとストリームプロセッサ個数は1600, メモリバス幅は256bit, 画像メモリはGDDR5 1024MBx2, メモリクロックは1000MHz(GDDR5 4GHz), コアクロックは725MHzとなっており、これはRadeon HD 5850と同等、すなわち5950と思われます。

| | コメント (0)

GeForce GT 240は11月17日に登場

 GeForce GT 240は11月17日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16205/1/

 2009年10月1日の記事では11月となっていましたが、具体的な日付が出たようです。ストリームプロセッサ個数は96, 画像メモリはGDDR3, メモリクロックは900MHzとなり、GDDR5版もあるのではないかとしています。

 価格帯は現在のGeForce 9600 GSO/GTあたりとなるようです。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

intelはQ4/2015には11nmの製品を出す

 intelはQ4/2015には11nmの製品を出すそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16171/1/

 これによると、32nmプロセスはQ4/2009, 22nmプロセスはQ4/2011となり、2年おきに製造プロセスの更新を行っていくようです。そしてQ4/2013には13nm, Q4/2015には11nmが登場するそうです。それ以降には多分7nmプロセスが予定されており、特に問題なければその後も2年おきのプロセス更新は続くとしています。

| | コメント (0)

Core i7 930はやはり存在する-Q1/2010に登場

 Core i7 930はやはり存在するという話です。

http://en.expreview.com/2009/10/29/intel-core-i7-920-replacement-arriving-in-q1-2010.html

 2009年10月21日の記事では存在しないとなっていましたが、この記事によるとCore i7 930はQ1/2010に登場し、動作周波数は2.88GHzでその他の仕様はCore i7 900シリーズと同様、価格は$284が予定されているそうです。

| | コメント (0)

NVIDIAのノート向けとなるGeForce 300Mシリーズ

 NVIDIAのノート向けとなるGeForc 300Mシリーズの情報です。

http://en.expreview.com/2009/10/29/geforce-300m-lineup-spotted-at-nvidia-driver-page.html

 ドライバダウンロードのプルダウンメニューに一時期だけ表示されていたようで、GeForce GTS 360M/GT 335M/GT 330M/310M/305Mの5種類があります。詳しい仕様については明らかになっていません。

| | コメント (0)

NIVIDIA ION 2の登場がQ1/2010以降にずれこみ?

 NIVIDIA ION 2の登場がQ1/2010以降にずれこむという話が出ています。

http://forums.ocworkbench.com/showthread.php?p=454160#post454160

 Q4/2009に登場と言われているION 2ですが、この記事ではQ1/2010後半かQ2/2010初旬に登場するとなっています。原因は製造プロセスの問題ではないかとこの記事では予想しています。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

NVIDIA ION 2はQ4/2009に登場

 NVIDIA ION 2はQ4/2009に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16149/1/

 といっても今の段階ですでにQ4/2009なので、年内の登場となります。実際の製品の多くは年明けの2010年登場となるようです。

| | コメント (0)

12コアのMagny-Coursのスクリーンショット

 12コアのMagny-Coursのスクリーンショットです。

http://www.xtremesystems.org/forums/showthread.php?t=233565

 CPU-Zによるとこれは1.7GHz程度の2-Wayプロセッサで動作しており、Socket G3と表示しています。L1キャッシュサイズは128KBx12, L2キャッシュサイズは512KBx12, L3キャッシュサイズは10MBとなっています。メモリはDDR3-1333 8GB, チップセットはSR5690 + SB750となっています。

 リンク先に何枚かスクリーンショットがあります。タスクマネージャはCPU負荷メータが24個並んでおりなかなか壮観です。

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

Clarkdaleが登場してもCore 2の価格改定はない?

 Clarkdaleが登場してもCore 2の価格改定はないという話です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-intel-to-stagnate-core-2-prices/7933.html?doc=7933
http://www.fudzilla.com/content/view/16128/1/

 これによると、少なくとも2010年1月17日までは値下げの予定はないそうで、この日に価格改定がなされるかどうかという状況のようです。Core i5(Clarkdale)登場後もCore 2 Duoの多くが販売継続され、またCore 2 QuadはLynnfieldと価格競合するものの、今のところこれらの値下げを行うつもりはないとされています。

| | コメント (0)

AMDチップセットでもUSB 3.0対応は2011年となる

 AMDチップセットでもUSB 3.0対応は2011年となるという話です。

http://xtreview.com/addcomment-id-10409-view-amd-usb-3.0-support-announcement-date.html

 2009年10月22日の記事ではintelが2011年に統合となっていましたが、AMDについても2011年となるようです。対応チップセットは同じく2011年登場予定Llano対応チップセットSB900からとなるようです。このSB900は2009年10月19日の記事でHudsonとなっていたものと思われます。

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

Celeron E3400が登場

 Celeron E3400が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16129/1/

 これはまもなく登場とされており、動作周波数は2.60GHz, L2キャッシュサイズは1MB, FSB 800MHz, 45nmで製造されます。価格は$53が予定されています。

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

雑談:Windows 7 Ultimateをインストールしてみました

 10月22日より販売開始となったWindows 7ですが、私も24日に購入してきました。購入したEditionはUltimateで、以下の記事によるとx64版が人気のようですが、私はデバイスドライバの関係もあり、あえて32bit版を選びました。インストールするPCのメモリが3GBしか積んでいないからというのもあります。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091024/etc_win75.html

 インストールした環境はintel D975XBX2, Core 2 Extreme X6800, DDR2-533 3GB, AMD Radeon HD 4850(GDDR3 512MB)です。ストレージは今回intel SDSA2MH80G2C1と、思い切ってSSDにしてみました。SSDは今回が初体験というわけではなく、実は2台目ノートPCの富士通 FMV-BIBLO LOOX U/C40NにHANA MicronのH1PM064G-00を交換搭載しており、今回は2回目となります。LOOX UのようなHDDがとろくさい装置には、SSDは効果てきめんですね。

 さて本題ですが、インストールには20分もかかりませんでした。基本的にはRC版から見た目の変化はなく、昨日までRC版を使っていたこともあり、新鮮味は率直に言ってさほどありません。まあ、RCがRTMに変わったくらいといったところでしょうか。たださすがに動作はRC版と比してよくなった感じがします。

 デスクトップはこんな感じです。早速あれこれとインストールしています。

Desktopwin7

 

 
 Windows エクスペリエンスインデックスは以下の通りです。Windows 7から7.9が最高になっています。

Exprerience

 


 周辺機器はアースソフトのPV4が今のところ問題なく動作しています。PT2が欲しいのですがまだなかなか売ってませんね。オブジェクトの98toUSBでUSB変換された、使いだして16年目になる日本電気 PC-9801FX/U2付属キーボード(いわゆるRDFキーボード)の動作に問題は見られません。後はヤマハ SW1000XGもWindows XP用ドライバをねじ込むことで動作するようになります(これのために32bit縛りがあるともいう・・・)ちなみにMIDI再生は多少小細工をする必要があります。

 ソフトウェアについてはデスクトップにあるアイコンのものくらいしか試していませんが、RC版と同様に特に問題なく動作しているようです。グラフィックボードのドライバはWindows 7対応のCatalyst 9.10が10月22日に公開されていますが、今回はOS Inbox品をとりあえず使っています。

[動作確認ソフトウェア]
・Japanist 2003(富士通)
・Office 2000(Microsoft)
・秀丸 7.11(サイトー企画)
・avast!Antivirus(ALWIL Software)
・Firefox 3.5.3(Mozilla)
・Thunderbird  2.0.0.23(同上)
・ストリートファイターIV(カプコン, スパIVのWindows版は出るんだろうか・・・是非出してくれぇ)
・東方緋想天(黄昏フロンティア)
・東方非想天則(同上)
・東方地霊殿(上海アリス幻樂団)
・東方星蓮船(同上, 小傘・・・うらめしや)

 とりあえずこんなところです。今のところ安定しておりよい感じです。メインPCに関しては名実共にWindows 7に移行となりました。

| | コメント (1)

Phenom II X2 555 Black Editionが11月に登場

 Phenom II X2 555 Black Editionが11月に登場するそうです。

http://xtreview.com/addcomment-id-10383-view-phenom-ii-x2-555-black-edition-release-date.html

 これは新ステッピングとなるC3 Steppingとなり、TDP 80W, 動作周波数は3.20GHz, L2キャッシュサイズは512KBx2, L3キャッシュサイズは6MBです。

| | コメント (0)

S3 Graphicsが新GPGPUの5400Eを発表

 S3 Graphicsが新GPGPUの5400Eを発表しました。

http://www.s3graphics.com/en/products/class2.aspx?seriesId=17

 これは65nmプロセスで製造され、PCI Express 2.0 x1/x4/x8/x16で動作します。DirectX 10.1世代でShader Model 4.1となり、OpenGL 3.1, Open CL 1.0に対応します。また Chromotion HD 2.1に対応します。

 画像メモリはDDR2 512MB+メモリクロック500MHz, GDDR3 512MB+メモリクロック850MHz, gDDR3(1.50V駆動、通常のGDDR3は1.80V駆動)+メモリクロック800MHzの3種類に対応します。出力はDisplayPort, DVI, dual Channel LVDS, DVI, HDMIに対応します。対応OSはWindows XP/Vista/7/CE, Linux 2.6.xxです。

 基本的には組み込み向けとなります。

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

TDP 25WのAthlon II X2がQ4/2009に登場

 TDP 25WのAthlon II X2がQ4/2009に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16096/1/

 これはAthlon II X2 260Uで、2コアで動作周波数は1.8GHz, L2キャッシュサイズは2MB, Socket AM3でDDR3-1066に対応します。また2010年半ばには新たなRegorベースのTDP 25Wのプロセッサが登場するとしています。

| | コメント (0)

Radeon HD 5900シリーズ(RV870x2, Hemlock)は11月後半に登場

 Radeon HD 5900シリーズ(RV870x2, Hemlock)は11月後半に登場という話です。

http://vr-zone.com/articles/updated--rumour-ati-hemlock-dual-5800-to-coming-late-november-/7914.html?doc=7914
http://www.fudzilla.com/content/view/16094/1/

 サンプルはすでに出荷されており、TDPは300Wに達するのではないかとしています。VR-ZoneではRadeon HD 5950が260Wと予想しています。価格については$499あたりではないかとなっています。

| | コメント (0)

AMDのノート向けのTDP 12WプロセッサAthlon II NeoがQ2/2010に登場

 AMDのノート向けのTDP 12WプロセッサAthlon II Neoが登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16103/1/

 登場時期はQ2/2010で、Athlon II Neo Dual core K325となるようです。L2キャッシュサイズは1MBx2, メモリはDDR3-800となります。また上位モデルとしてAthlon II Neo Dual core K625が存在し、これはTDPが15Wになります。

 そして更にQ2/2010に登場するNile PlatformではシングルコアでTDP 12W, DDR3-800に対応したAthlon II Neoが登場するようです。

| | コメント (0)

AMDがノート向けの3コアPhenom IIをQ2/2010に計画

 AMDがノート向けの3コアPhenom IIを計画しているようです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16105/1/

 2009年9月4日の記事でご紹介したDanube Platformにて採用され、Phenom II triple-core N820という製品名になるようです。TDPは35W, L2キャッシュサイズ512KBx3, メモリはDDR3-1333に対応します。動作周波数は明らかになっていません。

 2009年9月4日の記事ではDanube Platformは2010年6月となっており、プロセッサもこの時期の登場と思われます。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

ノート向けのCeleron T3300が登場

 ノート向けのCeleron T3300が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16063/1/

 これは動作周波数2.00GHzで2コア, L2キャッシュサイズは1MB, FSB 800MHzでMontevina Platform向けとなります。登場時期は2010年1月17日で、価格は$86が予定されています。これに合わせてCeleron T3100が$86から$80に値下げされます。

| | コメント (0)

intelはUSB 3.0コントローラを2011年にチップセットに統合

 intelはUSB 3.0コントローラを2011年にチップセットに統合するという話です。

http://xtreview.com/addcomment-id-10357-view-Intel-chipset-with-USB-3-in-2011.html

 現在USB 3.0ホストコントローラはNECエレクトロニクスの製品があり、これを搭載したボードも予定されています。そしてintelはチップセットへの統合を2011年としたようです。

 チップセットに統合されたときがUSB 3.0の本格普及の始まりとなるでしょう。

| | コメント (0)

Windows 7が正式発表

 ついにWindows 7が正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091022_323630.html

 例によって深夜販売イベントが催され盛況だったようです。また22日は都内量販店などで発売イベントが行われ、この日から各PCメーカからWindows 7プリインストールモデルが一斉に販売開始されました。PCの販売台数は世界的不況もあり低落傾向ですが、これが起爆剤になるといいですね。

 私も週末にUltimate Editionを購入し早速インストールしようと思います。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

AMDのデスクトップ向けプロセッサを値下げ(2009年10月21日付)

 AMDのデスクトップ向けプロセッサを値下げしました。

http://techreport.com/discussions.x/17796

 10月21日付です。値下げ対象となるプロセッサを以下の表にまとめました。

プロセッサ コア数 動作周波数 L2キャッシュサイズ L3キャッシュサイズ TDP 旧価格 新価格
Phenom II X4 965 BE 4 3.4GHz 2MB 6MB 140W $245 $195
Phenom II X4 955 BE 4 3.2GHz 2MB 6MB 125W $245 $175
Phenom II X4 945 4 3.0GHz 2MB 6MB 95W $225 $165
Phenom II X4 905e 4 2.5GHz 2MB 6MB 65W $175 $175
Phenom II X3 705e 3 2.5GHz 1.5MB 6MB 65W $125 $125
Athlon II X4 630 4 2.8GHz 2MB なし 95W $122 $122
Athlon II X4 620 4 2.6GHz 2MB なし 95W $99 $99
Athlon II X2 250 2 3.0GHz 2MB なし 65W $87 $69
Athlon II X2 245 2 2.9GHz 2MB なし 65W $66 $64
Athlon II X2 240 2 2.8GHz 2MB なし 65W $60 $60
Sempron 140 1 2.7GHz 512KB なし 45W $36 $36

| | コメント (0)

ArrandaleベースのCeleron P4500が登場

 ArrandaleベースのCeleronが登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16064/1/

 Nehalemベース初のCeleronとなります。これはProcessor NumberがP4500となっており、2コアで動作周波数は1.86GHz, L2キャッシュサイズは2MB, TDP 35W, 統合グラフィックスのエンジンクロックは500MHz(Turbo Boost 667MHz)となります。

 登場時期や価格については明らかになっていません。

| | コメント (0)

Core i7 960がひっそりと追加

 Core i7 960がひっそりと追加されました。

http://en.expreview.com/2009/10/20/intel-core-i7-960-arrives-silently.html

 動作周波数は3.20GHz, QPI 4.8GT/s, それ以外の仕様は現行のCore i7 900シリーズに準じます。そういえばCore i7 930という話(2009年9月17日の記事)もありましたが、これはどうやら存在しないようです。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

3.06GHzのPentium Dual-core E6600が登場

 3.06GHzのPentium Dual-core E6600が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16050/1/

 登場時期は2010年1月17日でL2キャッシュサイズは2MB, FSB 1066MHz, 価格は$84が予定されています。これに合わせて同日Pentium E6500(2.93GHz)が$84から$74に値下げされます。

| | コメント (0)

Athlon II X3シリーズが正式発表

 Athlon II X3シリーズが正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091020_322814.html

 Athlon II X3 435(2.9GHz, $87, TDP 95W), 425(2.7GHz, $76, TDP 95W), 405e(2.3GHz, $102, TDP 45W), 400e(2.2GHz, $97, TDP 45W)の4種類で、共通仕様はL2キャッシュサイズ512KBx3, L3キャッシュなしです。国内ではAthlon II X3 435が11月20日から販売が開始されます。またこれと同時にAthlon II X4 605e(2.2GHz, $133, TDP 45W)も追加されています。

 ベンチマーク記事がいくつかありますので、日本語記事をご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/092/G009236/20091019022/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20091020_322797.html

| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

AMDの2011年までの総合ロードマップ情報

 AMDの2011年までの総合ロードマップ情報です。

http://www.4gamer.net/games/077/G007794/20091017003/

 日本語記事なので、詳細はリンク先をご覧ください。以下に記事を簡単にまとめましたので、こちらもご参考にどうぞ。

[デスクトップ向けプロセッサ]
 6コアのThubanはQ2/2010に登場, L2キャッシュサイズ512KBx6, L3キャッシュサイズ6MB。intelのTurbo Boost対抗で"C State Performance Boost"なる機能が実装される。その名の通りC-Stateを周波数上昇の要件として使うという。

[チップセット]
 2010年前半に890FXとSB850が登場。チップセットの南北間はPCI Express 2.0の4レーン接続に変更。SB850はSATA 6.0Gbpsに対応し、PCI Express 2.0にも対応。下位のSB810はSATA 3.0Gbpsに留まる。

 890GXはRadeon HD 4200をベースとしたGPUを統合し、DirectX 10.1世代でUVD 2.0対応、コアクロックは700MHzとなる。下位モデルの880Gはコアクロックが560MHzになり、SB810と組み合わされるが南北間は現行のPCI Express x4で接続される。

[Bulldozer]
 新アーキテクチャBulldozerを採用するZambeziがOrochiの代わりとして登場し、L3キャッシュサイズ8MB, 最大8コアとなる。32nmプロセスによる製造でSocket AM3r2を採用し、メモリはDDR3-1600に対応。対応チップセットは890FXなど。登場時期は2011年。

[Fusion]
 Lianoが2011年に登場。32nmプロセスによる製造で、最大4コア, コアあたりのL2キャッシュサイズ1MB, Turion IIの発展型コアを採用。設計はノートとデスクトップ共通。対応チップセットはUSB 3.0統合のHudson, 統合グラフィックスはRadeon HD 5000シリーズのエントリ向けCedarベース。

[ノート向けプロセッサ]
 低価格ノート向けにOntarioを2011年に投入。40nmプロセスによる製造で、GPUを統合予定。

[GPU]
 2009年末にRV870の2GPU版Hemlcok, Q1/2010にメインストリーム向けのRedwood, ローエンド向けのCedarを投入。Redwood, Cedarの仕様は未定。ノート向けはハイエンド向けのBroadway, メインストリーム向けのMadison, ローエンド向けのParkが登場。次世代アーキテクチャはHecatoncheiresとなるが、詳細は未定。Stream Coreあたりの性能を引き上げる計画とされる。

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

RanaコアのAthlon II X3 425, 435, 445が近日登場

 RanaコアのAthlon II X3 425, 435, 445が近日登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15999/1/
http://www.gdm.or.jp/voices_html/200910/1301.html

 Athlon II X3 425は2.70GHz, 435は2.90GHz, 445は3.10GHzとなります。共通仕様はL2キャッシュサイズは512KBx3, L3キャッシュサイズなし, TDP 95Wです。Athlon II X3 435については10月20日登場となっています。またTDP 45W版として405e(2.30GHz)と400e(2.20GHz)も用意されます。

| | コメント (0)

AMD Fusionは当初32nmプロセスで製造

 AMD Fusionは当初32nmプロセスで製造されるという話です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20091015173531_AMD_s_First_Fusion_Processors_to_Be_Made_Using_32nm_SOI_Process_Technology_CEO.html

 AMDのDirk Meyer CEOがアナリスト向け説明会で話したところによると、Fusionは32nm SOIプロセスを使用すると述べたそうです。Bulk CMOSについては次世代以降で評価を行い、32nmプロセス以降は各世代で評価を行った上で選択していくとしています。

 ちなみにこの記事ではLlanoのアーキテクチャに関する言及もあり、これによるとLlanoはエントリ向けでプロセッサコアはShanghaiの4コアを使用し(すなわりK10.5世代)、L3キャッシュサイズは4MB, メモリコントローラはDDR3-1600に対応します。また統合グラフィックスはDirectX 11世代でUVDの第3世代に対応し、外部グラフィックス用にPCI Express 2.0を搭載します。登場時期は2011年内となっています。

| | コメント (0)

Gulftown 3.06GHzのES品のスクリーンショット

 Gulftown 3.06GHzのES品のスクリーンショットです。

http://www.coolaler.com/showthread.php?t=221735

 CPU-Zの情報を見ると、Brand Stringには3.07GHz (ES)となっており、L2キャッシュサイズは256KBx6, L3キャッシュサイズは12MB, 4010MHzで動作させています。タスクマネージャのCPUの項目は12個並んでおり、論理12スレッドで動作していることが確認できます。

| | コメント (0)

Atom N470は2010年3月に登場

 Atom N470は2010年3月に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15996/1/

 Atom M470は動作周波数1.86GHz, L2キャッシュサイズは512KB, 価格は$75が予定されています。2010年1月3日にはAtom N450が発表されるとなっており(2009年10月16日の記事)、これに続くものとなります。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

Atom D510/D410/N450も2010年1月3日発表

 Atom D510/D410/N450も2010年1月3日発表となったようです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15997/1/
http://www.fudzilla.com/content/view/15985/1/

 Atom D410とD510, N450はいずれも1.66GHzで、価格はD410が$43, D510が$63, N450が64となっています。Atom DシリーズがNettop, NシリーズがNetbook向けとなります。

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

NVIDIAのFermiの登場時期について-最短で年内登場か、その他GPU, チップセット戦略など

 NVIDIAのFermiの登場時期ほか今後のGPUやチップセット戦略に関する記事です。これまで出てきた情報のまとめのようなものです。

http://www.4gamer.net/games/099/G009929/20091012001/

 日本語記事なので詳細はリンク先をご覧ください。簡単にまとめると、FermiはHPC(High Performance Computing)向けのTeslaが先行して11月中旬あたりに発表されるものの、製品自体の出荷は2009年末以降となります。

 デスクトップ向けのGT300についてはボードベンダ関係者は「年内には間に合わないであろう」という認識は共通しているものの、AMDへの対抗上何とか年内にごく少量出荷できないか模索しており、最短で年内登場かという話です。開発名としてはGT330, GT320, G310の3種の製品が予定されています。というわけで、年内はとりあえずGeForce GT 220などでしのぐことになります。またGT230は仕様がぐらついているようです。

 チップセット事業についてはintelとのDMIのクロスライセンス問題が片づいておらず、またAMDからはSocket AM3のライセンスを受けていないことから、今後の新製品は目下ION2のみとなります。

| | コメント (0)

AMDの6コアThuban及びLeo PlatformはQ2/2010に登場

 AMDの6コアThuban及びLeo PlatformはQ2/2010に登場という話です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20091009123426_AMD_s_Next_Generation_High_End_Leo_Platform_Due_in_Q2_2010.html

 ThubanはQ3/2010とも言われてきましたが(2009年10月9日の記事)、Q2/2010と早まったようです。また合わせてハイエンド向けのLeo Platform(Thuban + 890FX/GX)が同時期に登場するようです。これらは量産が2010年4月、発表は翌月になるのではないかと市場関係者は話しています。

| | コメント (0)

Radeon HD 5900シリーズはRV870の2GPU版?

 Radeon HD 5900シリーズはRV870の2GPU版という話です。

http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=7168

 この記事ではRadeon HD 5900には5970(5870 X2), 5950(5850 X2)の2種類があるとしています。要はRV870の2GPU搭載のHemlockが5900シリーズを名乗るという説を取っているようです。

| | コメント (0)

Clarkdaleは2010年1月3日発表

 Clarkdaleは2010年1月3日発表になったようです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15979/1/

 これは2010 International CES(1/7~10)より少し前となります。1月3日からパートナー向けにも配布され、入手もこの日から可能になると思われます。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

NVIDIA Fermiのメインストリーム向けはQ1/2010に登場

 NVIDIA Fermiのメインストリーム向けはQ1/2010に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15954/1/

 この記事では今後数週間以内にFermiのパフォーマンス向け、2GPUと単体GPUのハイエンド向けが登場するとしており、メインストリーム向けはQ1/2010まで待つ必要があるとなっています。

| | コメント (0)

Bulldozerは2011年下半期に登場

 Bulldozerは2011年下半期に登場という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15939/1/

 2011年内の登場が言われているBulldozerですが、下半期の登場となるとあと2年近く現在のK10世代で戦うことになり、その間にintelはSandyBridgeが登場し、その後継のIvy Bridgeの登場すら控えることになります。

| | コメント (0)

NVIDIAは今後もチップセット事業を継続すると発表

 NVIDIAは今後もチップセット事業を継続すると発表しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091014_321374.html

 これによると、今後少なくとも数年間はチップセット事業を継続するとし、intelのFSBアーキテクチャやAMDのMCP61ベースについては今後も継続販売するとしています。またNehalem向けチップセットについてはライセンス問題が片づいておらず、来年法廷で解決するまでNehalem向けチップセットへの投資を延期すると発表しています。
 詳しくはリンク先の日本語記事をご参照ください。

| | コメント (0)

Radeon HD 5900シリーズが登場か

 Radeon HD 5900シリーズが登場かという話です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-ati-radeon-hd-5900-arriving-/7863.html?doc=7863
http://www.nordichardware.com/news,10043.html

 ドライバの中に"ATI Radeon HD 5900 Series"なる文字列があったようです。しかしこれはNVIDIA Fermiの出方次第で、型番からするとRV870のリフレッシュ版とも、Hemlock(RV870の2GPU版)をこう呼ぶともしており、いずれにせよこれらは記事での憶測に過ぎません。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

Radeon HD 5700シリーズが正式発表

 Radeon HD 5700シリーズが正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091013_321224.html

 Radeon HD 5770と5750の2種類が登場します。Radeon HD 5770はコアクロック850MHz, ストリームプロセッサ個数は800, メモリクロックは1200MHz, 画像メモリはGDDR5 1GB, 消費電力はアイドル時18W, 最大108Wです。

  Radeon HD 5750はコアクロック700MHz, ストリームプロセッサ個数720, メモリクロック1150MHz, 画像メモリはGDDR5 1GBか512MB, 消費電力はアイドル時16W, 最大86Wです。

 早速ベンチマーク記事が各所で出ていますので、ここでは日本語の記事をいくつかご紹介します。

http://www.4gamer.net/games/098/G009885/20091012005/
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0910/13/news014.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20091013_321190.html

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

NVIDIAのIon 2は2009年後半に登場

 NVIDIAのIon 2は2009年後半に登場するそうです。

http://en.expreview.com/2009/10/12/nvidia-to-deliver-ion-2-later-this-year.html

 ただし詳しい日程については明らかになっていません。Ion 2は現行のIonの後継で、Atomや一部の超低電圧版プロセッサのほか、VIAのNanoにも対応します。

| | コメント (0)

GeForce GTS 240, GeForce GT 220, GeForce 210が追加

 GeForce GTS 240, GeForce GT 220, GeForce 210がひっそりと追加されました。

http://www.nvidia.com/object/product_geforce_gts_240_us.html
http://www.nvidia.com/object/product_geforce_gt_220_us.html
http://www.nvidia.com/object/product_geforce_210_us.html

 仕様を以下の表にまとめました。GeForce GTS 240はOEM向け専用となっています。

  GeForce GTS 240 GeForce GT 220 GeForce 210
ストリームプロセッサ個数 112 48 16
コアクロック 675MHz 625MHz 589MHz
シェーダクロック 1620MHz 1360MHz 1402MHz
メモリクロック 1100MHz 790MHz 500MHz
画像メモリ GDDR3 1GB DDR3 1GB DDR2 512MB
メモリバス幅 256bit 128bit 64bit
最大消費電力 120W 58W 30.5W

 またGeForce GTS 240とGT 220についてはベンチマーク記事もありますので、いくつかご紹介します。

http://en.expreview.com/2009/10/10/nvidia-geforce-gt240-benchmarks-surface.html (GeForce GTS 240)
http://gpucafe.com/2009/10/nvidia-geforce-gt220-benchmarks/ (GeForce GT 220対Radeon HD 4670)
http://www.tweaktown.com/reviews/2962/galaxy_geforce_gt_220_1gb_video_card/index.html (GeForce GT 220単体, 4ページ目以降に掲載)

| | コメント (0)

AMDの次世代ノート向けGPUの開発名情報

 AMDの次世代ノート向けGPUの開発名情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15917/1/

 これは次世代のHecatoncheiresベースとなり、ハイエンドがCozumel, メインストリームがIbiza, 最後がKauaiとなっています。これらの名前は島の名前(Cozumel:カリブ海, Ibiza:スペイン, Kauai:ハワイ)から取られているそうです。

 これ以外の仕様などに関する情報については記載されていません。

| | コメント (0)

AMDの次世代GPUアーキテクチャHecatoncheiresファミリーの開発名情報

 AMDの次世代GPUアーキテクチャHecatoncheiresファミリーの開発名情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15918/1/

 これによると、対象市場に応じてBriareos, Gyes, Kottosの3種が登場するそうです。これらはヘカトンケイルの3人の巨人の名前から取られているそうで、関連性をもたせているようです。今回の記事ではこれ以外の仕様などに関する情報については記載されていません。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

2009年9月段階でのAMDデスクトップ向けプロセッサロードマップの続報

 2009年9月段階でのAMDデスクトップ向けプロセッサロードマップの続報です。

http://en.hardspell.com/doc/enshowcont.asp?id=7135
http://www.semiaccurate.com/2009/10/08/zambezi-and-lynx-platforms-amd-arrive-in-2011/

 2009年10月9日の記事の補足みたいなものです。これによると、2011年にはハイエンド向けプラットフォームとしてScorpiusが登場します。これは2010年登場のLeo Platform(Thuban, RD890+SB850)の後継となり、プロセッサに4コア以上のZambeziが採用され、これはSocket AM3 Revision 2が使用されます。また次世代GPUも加わります。

 メインストリーム向けでは2010年はDorado Platform(Athlon II, RS880P+SB810)が登場し、その後継として2011年にはLynx Platformが登場します。これはプロセッサが32nmのLlanoとなり、メモリはDDR3、4コアとなります。対応チップセットについては明記されていません。

 これらについて以下の表にまとめました。

対象市場 2009年(45nm) 2010年(45nm) 2011年(32nm)
ハイエンド Dragon Platform
Phenom IIシリーズ(最大4コア)
790FX/GX
Radeon HD 4000シリーズ
Leo Platform
Thuban Processor(6コア)
RD890 + SB850
DirectX 11世代GPU
Scorpius Platform
Zambezi Processor(4コア以上)
Socket AM3 Rev.2
次世代GPU
メインストリーム Pisces/Kodiak Platform
Athlon IIシリーズ(最大4コア)
785G
グラフィックス統合
Dorado Platform
Athlon IIシリーズ(最大4コア)
RS880P + SB810
グラフィックス統合
Lynx Platform
Llano Processor(最大4コア)
GPU統合

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

2010年1月に登場するClarkdale, Arrandaleの情報のまとめ

 2010年1月に登場するClarkdale, Arrandaleの情報のまとめです。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3238 (独語)

 これまで出てきた情報のまとめのようなものです。以下の表にまとめました。2010年1月7日発表となっています。

プロセッサ名 動作周波数 Turbo Boost 統合グラフィックスの
エンジンクロック
L3キャッシュサイズ 対応メモリ TDP 価格
Core i5/i3シリーズ, Pentium Gシリーズ(Clarkdale, 2コア)
Core i5 670 3.46GHz 3.73GHz 733MHz 4MB DDR-1333 73W $284
Core i5 661 3.33GHz 3.60GHz 900MHz 4MB DDR-1333 87W
Core i5 660 3.33GHz 3.60GHz 733MHz 4MB DDR-1333 73W $196
Core i5 650 3.20GHz 3.46GHz 733MHz 4MB DDR-1333 73W $176
Core i3 540 3.06GHz 733MHz 4MB DDR-1333 73W $143
Core i3 530 2.93GHz 733MHz 4MB DDR-1333 73W $123
Pentium G6950 2.80GHz 533MHz 3MB DDR-1066 73W $87
Core i7/i5シリーズ(Arrandale, 2コア)
Core i7 620M 2.66GHz 3.20GHz 766MHz 4MB DDR3-1066 35W $322
Core i5 540M 2.53GHz 3.06GHz 766MHz 3MB DDR3-1066 35W $257
Core i5 520M 2.40GHz 2.93GHz 766MHz 3MB DDR3-1066 35W $225
Core i7 640LM 2.13GHz 2.93GHz 566MHz 4MB DDR3-1066 25W $322
Core i7 620LM 2.00GHz 2.80GHz 566MHz 4MB DDR3-1066 25W $300
Core i7 640UM 1.20GHz 2.26GHz 500MHz 4MB DDR3-800 18W $305
Core i7 620UM 1.06GHz 2.13GHz 500MHz 4MB DDR3-800 18W $278

| | コメント (0)

Radeon HD 5770のベンチマーク

 Radeon HD 5770のベンチマークです。

http://en.expreview.com/2009/10/08/asus-radeon-hd-5770-benchmarked.html/2

 リンク先にはボードの画像も何枚かあり、今回はASUS製品の画像となっています。今回の記事では3DMark Vantegeと3DMark06が計測されています。その結果を以下の表にまとめました。

  3DMark Vantage(GPU Score) 3DMark06
Radeon HD 5770 8714 15348
Radeon HD 4890 10327 15459
GeForce GTX 260 9736 15192
GeForce GTX 275 11278 15540

| | コメント (0)

AMDの次世代GPUの開発名はHecatoncheires

 AMDの次世代GPUの開発名はHecatoncheiresになるそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15891/1/

 これは2010年登場予定で、R870の後継となります。ちなみにHecatoncheiresとはギリシア神話に出てきた50の頭と100の腕を持つ巨人ヘカトンケイルの複数形で、ゼウス陣営でティターン神族と戦い勝利したとなっています。そして記事では、NVIDIAをティターンに見立ててヘカトンケイル(=AMD)が勝利するというアナロジーではないかとしていますが、実際はどうなるか。

| | コメント (0)

2009年9月段階でのAMDデスクトップ向けプロセッサロードマップ

 2009年9月段階でのAMDデスクトップ向けプロセッサロードマップです。

http://xtreview.com/addcomment-id-10225-view-amd-september-roadmap.html

 これによると、Thuban(6コア)がQ3/2010以降に登場します。これは2009年9月22日の記事から変更はありません。そして2011年のメインストリーム向けプラットフォームLynxが登場します。これに合わせて32nmでGPUを統合したLlanoが登場し、プロセッサコアはShanghai(K10.5)となり(Bulldozerではない)、プロセッサコアとGPUコアのマルチチップモジュールとなります。GPUコアはDirectX 11とUVD 3.0対応です。

 またハイエンド向けでは2011年に32nmプロセスのZambesiが登場し、コア数は4以上、Socket AM3となります。

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

Radeon HD 5700シリーズの正式な仕様

 Radeon HD 5700シリーズの正式な仕様です。

http://www.techpowerup.com/105555/Radeon_HD_5700_Series_Specs_Surface.html

 AMD自身のスライドなので、これが公式な仕様になります。これによると、Radeon HD 5770はコアクロック850MHz, ストリームプロセッサ個数は800, メモリクロックは1200MHz, 画像メモリはGDDR5 1GB, 消費電力はアイドル時18W, 最大108Wです。

 Radeon HD 5750はコアクロック700MHz, ストリームプロセッサ個数720, メモリクロック1150MHz, 画像メモリはGDDR5 1GBか512MB, 消費電力はアイドル時16W, 最大86Wです。

 共通仕様はメモリバス幅128bit, テクスチャユニット40, ROPsは16です。

| | コメント (0)

NVIDIAはAMDプロセッサ向け新チップセットの開発も中止

 NVIDIAはintel向けに引き続き、AMDプロセッサ向け新チップセットの開発も中止したそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/mainboards/display/20091007123936_Nvidia_Halts_Development_of_Core_Logic_Sets.html
http://www.fudzilla.com/content/view/15852/1/

 2009年10月2日の記事では、NVIDIAはLGA 1156向けチップセットの開発を中止したとしていましたが、AMD向けも同様に中止したそうです。これはAMDのプロセッサビジネスがうまくいっておらず、そのような縮小しつつある市場にかける余力はないからとしています。ION, Ion 2については継続するそうです。

 Opteron向けチップセットも2010年にはAMDによって締め出されることから、今回の話は別段驚くことではないと記事では指摘しています。

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

Radeon HD 5700シリーズの仕様の続報-10月13日より販売開始

 Radeon HD 5700シリーズの仕様の続報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15838/1/

 2009年9月27日の記事の続報にあたります。これによると、Radeon HD 5750はコアクロック725MHz, GDDR 1GB, メモリクロック1150MHz, メモリバス幅128bit, ストリームプロセッサ個数1120で、Radeon HD 5770はコアクロック825MHz, それ以外は5750と共通となります。

 登場時期と価格はhermitage akihabaraの2009年10月10日付記事によると、販売日は10月13日の13時、Radeon HD 5770は22,000円前後、Radeon HD 5750は18,000円前後が予定されています。

| | コメント (0)

GT300はGDDR3に対応

 GT300はGDDR3に対応するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15833/1/

 これによると、GPU単体モデル最上位となるGTXではGDDR5のメモリバス幅384bitとなるものの、下位モデルに関してはGDDR3が使われる可能性もあるそうです。理由についてはGDDR5よりGDDR3のほうが安価であるからとしています。

 ちなみにGDDR4の対応については今のところ考えていないみたいです。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

32nm Fusion(Llano)のプロセッサコアはK10.5

 32nm Fusion(Llano)のプロセッサコアはK10.5という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15809/1/

 これによると、LlanoのプロセッサコアにはK10.5の改良版が採用され、これはすなわちK10.5の32nmシュリンク版となります。LlanoでBulldozerコアが採用されるということは無く、単純に間に合わないからであるとしています。

 Llanoは2コアか4コアが用意され、グラフィックスコアにはEvergreen世代(DirectX 11)が採用されます。

| | コメント (0)

GT300は11月末には登場か

 GT300は11月末には登場かという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15812/38/

 これによると、もちろんチップの出来によってはずれこむ可能性があるものの、GT300は11月末には登場するであろうとしています。ただし最初の製品がTeslaやQuadroで登場するのか、GeForceで一般向けとなるのかは分からないとなっています。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

次世代RadeonはQ3/2010に登場

 次世代RadeonはQ3/2010に登場するという話です。

http://www.nordichardware.com/news,9997.html
http://www.nordichardware.com/news,9998.html

 ついこのあいだRadeon HD 5800シリーズを発表したばかりですが、これによると次世代Radeonは今のところRadeon 100と呼ばれており、28nmプロセスでGlobalFoundriesによる製造と思われ、完全な新アーキテクチャになるのではないかとしています。またベータドライバによるとR9xxという名前が入っており、すでにチップができていることを示唆しています。

| | コメント (0)

Fermi(GT300)では3種類の製品を計画

 Fermi(GT300)では3種類の製品を計画しているという話です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-nvidia-fermi-to-release-in-three-variants/7804.html?doc=7804
http://www.fudzilla.com/content/view/15795/1/

 Q4/2009の登場と言われているGT300ですが、これは疑わしいという見方をVR-Zoneの記事では紹介しています。ハイエンド向けとしてストリームプロセッサ個数が512のGTX(記事ではFermi GTX), その2GPU版のGX2(同Fermi GX2), パフォーマンス向けでストリームプロセッサ個数は448か480でRadeon HD 5850対抗のGT(同Fermi GT)の3種が登場します。

 そしてQ1/2010には$200以下のメインストリーム向けやローエンド向け、2010年後半にはノート向けが登場するとしています。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

NVIDIAはLynnfield, Clarkdale向けチップセットの開発を中止した

 NVIDIAはLynnfield, Clarkdale向けチップセットの開発を中止したという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15785/1/

 正確には、DMIを使用するチップセット開発の予定がないということで、ノート向けのClarksfieldやArrandaleも含まれます。これはNVIDIAのチップセット部門のGeneral Managerが明らかにしたそうです。

 当初は開発する予定だったようですが(2009年8月14日の記事)、今のチップセットの市場環境はおよそ健全とは言えず(要はintelによる囲い込みのことを言いたいようだ)、製品を出すのはやめた方がよいという判断によるものとしています。ただしP55やX58などintelチップセットへのSLIライセンス供与は続けるそうです。また、Ionは続けるそうです。

 これが事実であれば、NVIDIAのintelプロセッサ向けチップセットはハイエンド、メインストリーム向けともに終焉となります。

| | コメント (0)

AMDのDorado Platformに関する情報

 AMDのDorado Platformに関する情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15742/1/

 これはメインストリーム向けで現行のPisces Platformの後継となります。プロセッサはAthlon II X4/X3/X2, チップセットはRS880Pでグラフィックスを統合し、これはRadeon HD 4000世代となります。コアクロックは560MHz, UVD 2.0とAsymmetric Hybrid CrossFireに対応します。

 South BridgeはSB810で、これはUSBを16ポートのほか、SATA 3.0Gbps(以前は6.0Gbpsと言われていたが後退?)に対応します。

| | コメント (0)

Radeon HD 5750のベンチマークとボードの画像

 Radeon HD 5750のベンチマークのボードの画像です。

http://www.mymypc.com/vbp/forum/showthread.php?t=6903

 評価環境はCore 2 Duo E8400で、比較対象はGeFroce GTS 250, Radeon HD 4770/4850です。ベンチマークに使われたのは3DMark06及び3DMark Vantageで、結果としては3DMark Vantageでは結果の順にRadeon HD 5750 > Radeon HD 4770 > GeForce GTS 250, 3DMark06ではRadeon HD 5750とGeForce GTS 250がほぼ互角 > Radeon HD 4850 > Radeon HD 4770という結果になっています。リンク先には結果のスクリーンショットがあります。

 リンク先にはRadeon HD 5750のボードの画像もありますので、興味のある方はご覧ください。

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

NVIDIAが次世代アーキテクチャとなるFermiに関する情報を公開

 NVIDIAが次世代アーキテクチャとなるFermiに関する情報を公開しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20091001_318463.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20091001_318678.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20091001_318660.html

 10月2日までSan Joseで開催されるGPU Technology Conferenceにて公開されました。CUDA core(ストリームプロセッサ個数)は512, メモリバス幅は384bit, 画像メモリはGDDR5となります。またメモリサブシステムと階層の拡張など、アーキテクチャが大幅に変わっています。登場時期は特に問題がなければ今後数カ月以内に製品が登場するとしています。

 詳細はリンク先の記事をご覧ください。

| | コメント (0)

GeForceとRadeonを混在させるとPhysXが無効になる

 GeForceとRadeonを混在させるとPhysXが無効になる混在させるとPhysXが無効になるという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/15771/1/

 PhysX自体はオープンソフトウエアで、どのハードウェア・ソフトウェアでもサポート可能となっていますが、NVIDIAはGeForce搭載時のみの囲い込みをするようです。これについてNVIDIAは開発費及び品質保証の問題、ビジネス上の理由としています。

| | コメント (0)

GeForce G210/GT 220は10月12日に登場-GeForce GT 240は11月

 GeForce G210/GT 220は10月12日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/15754/1/

 2009年9月27日の記事ではQ4/2009となっていました。またGeForce GT 240は1カ月遅れの11月となっています。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »