« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

Core 2 Duo E8700が登場

 Core 2 Duo E8700が登場するそうです。

http://en.expreview.com/2009/11/27/intel-core-2-duo-e8700-leaked-accidently.html

 動作周波数は3.5GHz, L2キャッシュサイズは6MB, FSB 1333MHz, TDP 65Wとなっています。いつ登場するのかと予価については明らかになっていませんが、さほど遠くない時期ではないかと思われます。

| | コメント (0)

Radeon HD 5950の登場はQ1/2010となるか

 Radeon HD 5950の登場はQ1/2010となるかという話です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3309 (独語)

 Radeon HD 5970は既に発表され現在品薄の状態ですが、下位モデルとなる5950についてはQ1/2010になるのではないかとしています。

 またこの記事ではRadeon HD 5950の仕様も記載されており、コアクロックは650~675MHz, メモリクロックは1800~2000MHz, ストリームプロセッサ個数は1440x2, メモリバス幅は256bit, 画像メモリはGDDR5, TMUは72x2, ROPsは32x2となっています。

| | コメント (0)

Cedar trail-DはQ3/2011後半に登場

 Cedar trail-DはQ3/2011後半に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16622/1/

 これによると、Q3/2011年後半かQ4/2011初旬には登場するであろうということです。ただしこの時期までに一通り作業が完了(BIOS, ドライバ, 基板など)していればという、いわばBest Caseでこの時期となるようです。

| | コメント (0)

Acerが日本のメーカのPC部門の買収を検討か

 Acerが日本のメーカのPC部門の買収を検討しているという話です。

http://www.digitimes.com/news/a20091130PD203.html

 AcerのJ.T. Wang Chairmanによると、現在PCビジネスの強化のために新たな買収を考えており、いくつかのベンダに打診をしているが、その中に日本のPCメーカも入っているということだそうです。具体的な社名は明らかにしていないものの、PC以外にもコアビジネスを持つ企業だとしており、そうなると会社は限られてきます。AcerはGatewayやPackard Bell, eMachinesを買収するなど規模拡大を進め、最近になって世界シェア2位に躍り出てきています。

 2009年11月17日の記事ではASUSが東芝のノートPC部門買収を検討という話がありましたが、日本のPCメーカも標的になりつつあるようです。

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

Sandy Bridgeのデスクトップ向けプロセッサ計画

 Sandy Bridgeのデスクトップ向けプロセッサ計画の情報です。

http://www.expertspc.com/report.php?report_no=37

 リンク先には日本語の記事ですので、詳細はそちらご覧ください。簡単にまとめると以下のようになります。

[Sandy Bridge H2]
・LGA1155のSocket H2を採用し、4コアでグラフィックスを統合。各プロセッサコアに1.5MBのL3キャッシュを搭載。メモリはDDR3-1333の2チャネル, PCI Express x16か8レーンの2本構成
・4コア版と2コア版がある。4コアの上位モデルに内蔵グラフィックスなしで高周波数版が計画されている
・TDPは4コア版が95W, 2コア版が65W。後に4コアでTDP 45W品、2コアでTDP 20W品も用意される
・チップセットはCougerPointとなり、南北間はDMI(Direct Media Interconnect) Gen.2 x4で接続され、帯域は4GB/sに強化。SATA 6.0Gbpsを2ポート搭載、USB 3.0は2012年登場のIvy Bridge対応チップセットまで延期

[Sandy Bridge B2]
・LGA1366プラットフォーム後継, 8コアと6コア。各プロセッサコアに2.5MBのL3キャッシュを搭載
・LGA1366のSocket B2を採用。Bloomfieldとの互換性はないと思われる
・メモリはDDR3-1600の3チャネル, PCI Express 3.0を24レーン搭載
・サーバ・ワークステーションとプラットフォームを共用しSandy Bridge B2のXeonも投入される
・チップセットはPatsburgとなり、南北間はQuickPath InterconnectではなくDMI Gen.2 x4で接続される。基本的な機能はCougerPointとさほど差はなし
・Sandy Bridge B2ベースの6コアプロセッサをLGA1155プラットフォームに投入することも検討中

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

GeForce 310が追加される-GeForce 210の改名版

 GeForce 310が追加されました。

http://www.nvidia.com/object/product_geforce_310_us.html

 これはOEM向けで、基本的にはGeForce 210の改名版のようです。ストリームプロセッサ個数は16, コアクロックは589HMz, シェーダクロックは1402MHz, メモリクロックは500MHz, 画像メモリはDDR2 512MB, メモリバス幅は64bitと、仕様も210と同じならボードも同じです。

| | コメント (0)

Cedarview-Dの内蔵グラフィックスに関する情報

 Cedarview-Dの内蔵グラフィックスに関する情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16569/1/

 2009年11月20日の記事の補足のような内容です。これによると、Cedarview-DはグラフィックスをNativeで内蔵し、DirectX 10.1世代となります。OpenGL 2.1/3.0に対応し、2560x1600までの解像度に対応、出力としてはeDP(embedded DisplayPort), HDMI 1.3a, DisplayPort 1.1a, アナログ出力, LVDSに対応するとしています。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

Cedarview-DはPineviewより高速-5~10%程度

 Cedarview-DはPineviewより高速になるという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16568/1/

 PineviewとなるAtom D510/D410は現行のAtom 230/330から性能向上はほとんど見られないものの、Cedarview-Dに関してはPineviewから5~10%程度性能が向上するそうです。

 製造プロセスが32nmになり周波数が向上を向上させやすくなったことを考えると、この程度の性能向上に留まっているのは寂しい気もしますが、これに対してintelは低消費電力枠でなんとか性能向上させた(Cedar trail-Dは消費電力は10W以下)と主張しているようです。

| | コメント (0)

Cedar trail-DはDDR3 SO-DIMMしか対応しない

 Cedar trail-DはDDR3 SO-DIMMしか対応しないそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16567/1/

 Pine trail-Dでは通常のDDR2 SDRAMに対応しますが、Cedar trail-DはNettop向けにも関わらずSO-DIMMにしか対応しないそうです。SO-DIMMのみとなることから、システム構成の価格が多少上がってしまうことになります。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

Fermiは2010年1月に登場か

 登場時期が揺れているFermiですが、今度は2010年1月に登場かという情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16544/1/

 これによると、NVIDIAは2010年1月にFermiを出荷すると約束したそうですが、全てが順調に進めばというただし書きがつきます。しかしCES 2010ではなく、1月後半になるのではないかとしています。

| | コメント (0)

Arrandaleにラインナップが追加される

 Arrandaleにラインナップが追加されるそうです。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3315 (独語)

 以下の表で水色のモデルが追加となります。

動作周波数 Turbo Boost 内蔵グラフィックス
のコアクロック
L3キャッシュサイズ TDP 価格($)
Core i7 620M 2.66 GHz 3.20 GHz 766 MHz 4 MB 35W 332
Core i5 540M 2.53 GHz 3.06 GHz 766 MHz 3 MB 35W 257
Core i5 520M 2.40 GHz 2.93 GHz 766 MHz 3 MB 35W 225
Core i5 430M 2.26 GHz 2.53 GHz 未定 3 MB 35W 未定
Core i3 350M 2.26 GHz - 未定 3 MB 35W 未定
Core i3 330M 2.13 GHz - 未定 3 MB 35W 未定
Core i7 640LM 2.13 GHz 2.93 GHz 566 MHz 4 MB 25W 332
Core i7 620LM 2.00 GHz 2.80 GHz 566 MHz 4 MB 25W 300
Core i7 640UM 1.20 GHz 2.26 GHz 500 MHz 4 MB 18W 305
Core i7 620UM 1.06 GHz 2.13 GHz 500 MHz 4 MB 18W 278
Core i5 520UM 1.06 GHz 1.86 GHz 未定 3 MB 18W 未定

| | コメント (0)

Gulftown ESのベンチマーク

 Gulftown ESのベンチマークです。

http://pclab.pl/art39718.html

 今回のGulftownはCPU-ZではXeon DP, Westmere-EPと判定されています。比較対象はCore i7(Bloomfield), Core i5, Core 2 Quad, Phenom II X4(Deneb)で、Gulftown-ES含めいずれも2.8GHzで動作周波数が統一されています。

 リンク先の5ページ以降にベンチマーク結果のスライド集がありますので、詳細はそちらご覧ください。全般的に良好な結果を出しています。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

Windows 8は2012年登場予定

 Windows 8は2012年登場予定だそうです。

http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=7393

 Microsoftのスライドによると(このスライド自体はWindows Serverのロードマップ)、2012年にMajor ReleaseとしてWindows 8の名前が見えます。Windows 7が今年登場したので、ロードマップ通りに進めば3年後に登場となります。

| | コメント (0)

Cedarview-DのTDPは10W以下

 Cedartrail関連の話題が続きますが、Cedartrail-DのTDPは10W以下という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16534/1/

 Pinetrail-DのTDPは合計12~15Wというですが、その後継でNettop向けのCedartrail-DのTDPは10W以下となるそうです。これはプロセッサのCedarview-DとNM10の合計値となります。

| | コメント (0)

CedarviewはNM10(Tigerpoint)を使用する

 CedarviewはNM10(Tigerpoint)を使用するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16533/1/

 Cedarviewは2011年登場予定のPineview(2010年1月登場予定)の後継で32nmプロセス製造が言われていますが(2009年11月20日の記事など)、これと対で使用されるチップセットにはPinetrailのチップセットNM10(Tigerpoint)が使用されるそうです。

 NM10は基本的な機能はICH7と大差はないようです。

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

Athlon II X3 435/425が販売開始

 Athlon II X3 435/425が販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091121/etc_amd.html

 Athlon IIで初の3コア品となります。425は2.7GHz, 435は2.9GHzで、共通仕様はSocket AM3、L2キャッシュサイズ512KBx3, TDP 95Wです。実買価格はAthlon II X3 425が7450円、435が8500~9000円前後です。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

Cedar Trail後継は2013年登場

 何だか矢継ぎ早ですが、もうCedar Trail後継の話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16516/1/

 これによると、2013年にはCedar Trailの後継が登場し、これに使用されるAtomは22nmプロセスで製造されるであろうとしています。4年も先の話なので、実際どうなるのかは分かりませんが、すでに計画はあるようです。

| | コメント (0)

Cedar Trail関連の続報-プロセッサはCedarview

 Cedar Trail関連の続報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16512/1/
http://www.fudzilla.com/content/view/16513/1/

 Cedar Trailは2011年登場予定のPinetrailの後継となりますが、これに採用されるAtomの開発名はCedarviewとなるようです。Cedarviewは32nmプロセスで製造され、DDR3-1066に対応するなどメモリコントローラに改良が施されるようです。しかし対応メモリチャネルは1チャネルになるのではないかとしています。

 Cedarview内蔵グラフィックスはDirectX 10.1対応になり、Blu-rayなどHDコンテンツ再生支援を有し、出力として新たにLVDS, eDP(Embedded DisplayPort), HDMI, DiplayPortに対応します。

 またCedar Trailは例によってデスクトップ向けとノート向けの2種類があり、Cedar Trail Dがデスクトップ向けとなり、ノート向けはこの記事では明らかになっていませんがCedar Trail Mになるのではないかと思われます。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

ArrandaleベースのCeleron P4500はQ2/2010に登場

 ArrandaleベースのCeleron P4500はQ2/2010に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16499/1/

 これは2010年1月17日登場予定のCeleron T3300(2.0GHz, FSB 800MHz, L2キャッシュサイズ1MB, 2コア)の後継となり、動作周波数は1.86GHz, L2キャッシュサイズ2MB, Turbo BoostとHyper-Threadingには非対応となります。

| | コメント (0)

Pinetrailの後継はCedar Trailで2011年に登場

 Pinetrailの後継はCedar Trailで2011年に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16498/1/

 まだPinetrail自体登場しておらず、Cedar Trailの詳細もこの記事では明らかになっていませんが、採用されるAtomは32nmになるのではないかとしています。

| | コメント (0)

デスクトップ向けFermiが動作している画像

 デスクトップ向けFermiが動作している画像です。2つ目のリンク先の記事はシリコンの関連情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16470/1/
http://www.fudzilla.com/content/view/16471/1/

 リンク先にFermi版GeForceが実際に動作している写真があります。DirectX 11対応ベンチマークのHeavenが走っており、評価環境はCore i7, ASUS Rampage II Extreme(X58)となっています。電源コネクタは6ピン+8ピンです。

 このボードのシリコンはA2で性能はいいものの問題があるようで、実際の製品ではA3シリコンが採用され、登場時期は2010年1月でCES 2010の後(すなわち1月初旬)になるのではないかとしています。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

Radeon HD 5970が正式発表

 Radeon HD 5970が正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091118_329590.html

 Hemlockと呼ばれていたRV870の2GPU構成のボードです。コアクロックは725MHz, メモリクロックは1GHz(データレート4GHz), ストリームプロセッサ個数は1600x2, 画像メモリはGDDR5 1GBx2、消費電力はアイドル時42W, 最大294W, 価格は$599です。またオーバークロック耐性に優れ、コアクロック1GHz, メモリクロック1500MHzまで設定できるとしています。

 早速ベンチマーク記事がありますので、日本語の記事をいくつかご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/101/G010106/20091118002/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20091118_329717.html

| | コメント (0)

GeForce GT 240が正式発表

 GeForce GT 240が正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091117_329512.html

 GT215ベースとなります。ストリームプロセッサ個数は96, シェーダクロックは1340MHz, コアクロックは550MHz, メモリバス幅は128bit, 画像メモリはDDR3(1.8GHz/2GHz), GDDR5 3.4GHzに対応し、容量は512MBか1GBです。消費電力はアイドル時9W, 最大70W、価格は日本円で1万円前後です。

 日本語のベンチマーク記事をいくつかご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/095/G009528/20091117007/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20091117_329556.html

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

ASUSが東芝のノートPC部門買収を検討か

 ASUSが東芝のノートPC部門買収を検討しているという話です。

http://www.digitimes.com/news/a20091116PB202.html

 2011年にトップ3ベンダ(hp, Acer, DELL)の間に割ってはいることを考えているASUSは、この足掛かりとして東芝のノートPC部門(実質PC部門全体)の買収を検討しているそうです。しかしASUSのJonney Shih Chairmanは「何も決まっていない」と否定しています。

 これが現実のものとなると、PC業界では久々の大型買収になります。

| | コメント (0)

NVIDIA Fermiアーキテクチャ採用のTesla 20シリーズを発表

 NVIDIA Fermiアーキテクチャ採用のTesla 20シリーズを発表しました。

http://www.4gamer.net/games/099/G009929/20091116014/

 FermiはHPC向けとなり、画像メモリがECC-GDDR5 3GBのモデルのTesla C2050, 6GBのTesla C2070の2種類が登場します。C2050がQ2/2010, C2070がQ3/2010から出荷予定となります。インタフェースはPCI Express 2.0, 消費電力は最大225Wとなります。これ以外の詳しい仕様については明らかになっていません。

 一般PC向けとなるFermi版GeForceの登場時期がQ2/2010になるのかについては不明です。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

Radeon HD 5970は11月18日に正式発表

 Radeon HD 5970は11月18日に正式発表となりました。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/200911/1401.html

 正確には11月18日の14:01正式発表で、コアクロック725MHz, メモリクロック1GHz, 画像メモリ2GBで予価は85,000円となるようです。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

超低電圧版Arrandaleは1H/2010に登場

 超低電圧版Arrandaleは1H/2010に登場するそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20091112PD202.html

 Core i7 640UM(1.20GHz, $305), 620UM(1.06GHz, $278), Core i5 520UM(1.06GHz, $241)がまず登場し、Q3/2010には更に追加されるようです。そしてこれらに先立ち、Q4/2009に2コアのCore 2 Duo SU9600, SU9400, SU7300及びPentium SU4100, SU2300, シングルコアのCeleron 743が追加されます。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

AMDの2011年までの最新ロードマップ情報-Bulldozerのアーキテクチャが公開

 AMDの2011年までの最新ロードマップ情報です。合わせてBulldozerのアーキテクチャが公開されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091112_328384.html (ロードマップ)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091112_328379.html (Bulldozerアーキテクチャ)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20091112_328392.html (日本語解説)

 アナリスト向けの2009 Finacial Analyst Dayにて明らかになりました。内容は盛りだくさんで日本語なので、リンク先の記事をご覧ください。ロードマップについて、簡単にまとめると以下のようになります。

[サーバ向け]
2010年には12/8コアのMagny-Coursと6/4コアのLisbonが登場。2011年にはBulldozerベースで16/12コアのInterlagosと8/6コアのValenciaが登場。Magny-CoursとInterlagosはOpteron 6000シリーズとなりMaranello PlatformでSocket G34(4チャネルメモリ), LisbonとValenciaはOpteron 4000シリーズとなりSan Marino Platform, Socket C32(2チャネルメモリ)となる。

[デスクトップ向け]
ハイエンドはDirectX 11対応GPUと6コアのThubanを採用したLeo Platformに移行。2011年にはBulldozerベースで8/4コアのZambezi(Socket AM3)と次世代GPUのScorpiusが登場。メインストリーム向けは2010年にグラフィックス統合チップセットののRS880Pを採用するDorado Platformが登場。2011年にはFusionアーキテクチャのLlanoを採用するLynxに移行。

[ノート向け]
超薄型ノート向けはNileが2010年に登場。2011年にはFusion採用のSabine Platformが登場。

[GPU]
Hemlockは来週登場, またRedwoodとCedarが今後登場。またノート向けのDirectX 11世代GPU群(Broadway, Madison, Park)がQ1/2010に登場。

[Fusion]
モバイルからメインストリーム向けのBobcatコアとハイエンド向けのBulldozerコアが用意され、AMDはこれらをAccelerated Processing Unit(APU)と呼称。

| | コメント (0)

Radeon HD 5950の画像

 Radeon HD 5950の画像です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3298 (独語)

 リンク先に何枚か画像があります。ボード長は30cm程度となっており、5970とさほど変わりないと思われます。仕様は不明ですが、コアクロックが725MHz, メモリクロックが1000MHz, ストリームプロセッサ個数は1440, TMUは72になるのではないかとしています。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

Radeon HD 5970の仕様

 Radeon HD 5970の仕様の情報です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?id=30847&catid=6
http://www.fudzilla.com/content/view/16379/1/

 これによると、Radeon HD 5970はコアクロック725MHz, メモリクロック1000MHz(GDDR5 4000MHz), メモリバス幅は256bit, ストリームプロセッサ個数は1600, 画像メモリはGDDR5 1GBxx2となるようです。消費電力は300Wを超えそうだとしています。

| | コメント (0)

AMDのRedwoodはRadeon HD 4770後継

 AMDのRedwoodはRadeon HD 4770後継となるそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16357/1/

 RedwoodはDirectX 11世代のメインストリーム向けとなりますが、これの上位モデルとなるRedwood XTはRadeon HD 4770/4670の後継、下位のRedwood ProはRadeon HD 4650の後継となるようです。

| | コメント (0)

AMDデスクトップ向けプロセッサのC3 Steppingのラインナップ

 AMDデスクトップ向けプロセッサのC3 Steppingのラインナップ情報です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3296 (独語)
http://app.arrownac.com/aws/nac_epcn_view_doc?docid=45984847S8069221N2667 (AMDのOEM向けPDF文書)

 とはいえ、情報が2009年6月と古く、OEM向け専用のプロセッサが含まれている可能性もあります。しかし中にはPhenom II X4 975 Black Edition(3.6GHz)といったものも入っており、興味深い情報ではあります。このC3 SteppingはAthlon II X3/X4にも展開されていくようです。

 すでにラインナップから消滅したプロセッサも含まれていますので、表はここでは省略します。

| | コメント (0)

AMD 890FX/GXはBulldozerに対応

 AMD 890FX/GXはBulldozerに対応するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16372/1/

 この記事では890FXは2010年5~6月登場を予定としており、ソケットをAM3r2に変更することで最初のBulldozer世代となるZambeziに対応するそうです。

| | コメント (0)

Bulldozer(Zambezi)はDDR3-1866に対応

 Bulldozer(Zambezi)はDDR3-1866に対応するという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16373/1/

 Zambeziは4コア以上(8コアとも言われている)のBulldozerコアを採用しますが、これはメモリがDDR3-1866に対応するそうです。ソケットはAM3r2, L3キャッシュサイズは8MB, intel Turbo Boostと似たような機能とされるAPM Boost Technologyに対応するとなっています。

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

Clarkdale, Arrandaleは2010年1月7日に発表

 Clarkdale, Arrandaleは2010年1月7日に発表となったようです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20091109171516_Intel_to_Launch_Clarkdale_Chips_on_January_7_2010.html

 1月3日説もありましたが(2009年10月15日の記事参照)、結局Las Vegasで開催される2010 International CES開催初日の7日と決めたようです。

| | コメント (0)

次世代のAtom N450/D510/D410は12月21日に発表が前倒し-ただし発表だけ

 次世代のAtom N450/D510/D410は12月21日に発表が前倒しになったそうです。

http://www.nordichardware.com/news,10212.html

 2010年1月の登場が予定されていていた次世代Atomですが、クリスマス前の登場となったそうです。価格はAtom N450(1.66GHz, L2キャッシュサイズ512KB, シングルコア)が$63, D510(1.66GHz, L2キャッシュサイズ1MB, 2コア)が$63, D410(1.66GHz, L2キャッシュサイズ512KB, シングルコア)が$43となっています。

 とはいえ、実際の製品はやはり2010年1月にならないと登場しないとされているので、年内は本当に発表だけとなりそうです。

| | コメント (0)

NVIDIAはx86互換プロセッサを作る気もなければGLOBALFOUNDRIESをに製造委託をするつもりもない

 NVIDIAはx86互換プロセッサを作る気もなければGLOBALFOUNDRIESを製造委託をするつもりもないそうです。

http://en.expreview.com/2009/11/10/nvidia-ceo-says-no-to-globalfoundries-and-x86-chips.html

 NVIDIAのJen-Hsun Huang CEOがインタビューで語ったところによると、「我々の戦略は極めて明確だ。ビジュアル・パラレルコンピューティングに注力せねばならない。あらゆるプラットフォームにGPUを展開していく」とし、x86互換プロセッサを作る気はないようです。また、GLOBALFOUNDRIESへの製造委託については「GLOBALFOUNDRIESはAMDのfabであろう?我々の戦略はTSMCなのだ」と明確に否定しています。

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

AMDの次世代GPUは28nm

 AMDの次世代GPUは28nmになるという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16299/1/

 これによると、AMDの次世代GPUは2010年後半に登場し、28nmプロセスで開発されるそうです。そしてこの28nmプロセスはTSMCとGLOBALFOUNDRIES両方で開発される可能性があるとしています。

 2009年11月2日の記事では次世代GPUとされるN.Islandsは32nmとなっていました。

| | コメント (0)

NVIDIAのCore 2向け新チップセットMCP89はまだ計画にある

 NVIDIAのCore 2向け新チップセットMCP89はまだ計画にあるようです。

http://xtreview.com/addcomment-id-10529-view-Nvidia-prepare-new-chipset-for-Intel-platform.html

 2009年8月14日の記事でMCP89の情報が出てきましたが、まだ計画にあり準備中であるとしています。メモリは2チャネル対応となっています。2009年8月14日の記事ではメモリはDDR3-1333、DirectX 10世代のグラフィックスを統合し、FSB 1333MHzに対応、量産はQ1/2010が予定となっていました。また製品名はGeForce 200Mシリーズが予定されているとなっています。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

FuturemarkがDirectX 11世代の3DMarkを開発中?

 FuturemarkがDirectX 11世代の3DMarkを開発中という話です。

http://en.expreview.com/2009/11/04/official-futuremark-working-hard-on-directx-11-benchmark.html

 これはFuturemarkのOliver Baltuch Presidentに電子メールで問い合わせたところ、「未発表の製品についてお答えはできない」としたものの、DirectX 11世代の製品を開発していることを示唆していたそうです。

 いずれにせよ、何かしら作っているのは確かだと思われます。

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

AMDの次世代デスクトップ向けプラットフォームは2010年5月に登場

 AMDの次世代デスクトップ向けプラットフォームは2010年5月に登場となったようです。

http://www.digitimes.com/news/a20091104PD217.html

 ハイエンド向けのLeo, メインストリーム向けのDoradoの2種類が登場します。LeoはPhenom IIかThuban, 890FX/GX(RD890) + SB850, Radeon HD 5000シリーズ, DoradoはAthlon IIと880G(RS880P) + SB810, Radeon HD 5000シリーズで構成されます。

| | コメント (0)

GeForce GT 240はGDDR5に対応

 GeForce GT 240はGDDR5に対応するという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16281/1/

 2009年10月30日の記事でもGDDR5版があるのではないかとなっていましたが、一部のベンダがGDDR5版のGeForce GT 240を用意しており、また他のベンダも当初はGDDR3版、少し後にGDDR5版を出荷する計画があるようです。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

NVIDIAが元Transmetaの技術者を雇い入れる-x86互換プロセッサ開発の布石?

 NVIDIAが元Transmetaの技術者を雇い入れているそうです。

http://www.eetimes.com/rss/showArticle.jhtml?articleID=221600107&cid=RSSfeed_eetimes_newsRSS

 以前にもVIAの買収などNVIDIAのx86プロセッサ参入の噂がありましたが、この動きについてアナリストによると、「NVIDIAはx86プロセッサビジネスに参入するであろう」としています。Transmeta出身者であることから、NVIDIAがx86互換プロセッサを開発する場合、code morphingの方式になるのではとしています。

 これが本当にx86互換プロセッサ参入への布石なのかは不明ですが、なかなか興味深い動きではあります。

 ちなみにTransmetaの創業者であるDavid R. Ditzel氏はintelのVice Presidentに就任しており、かつて激しく争ったライバル会社にいるという皮肉な事態になっています。

| | コメント (0)

NVIDIA Fermiの登場は来年3月以降になるのか

 NVIDIA Fermiの登場は来年3月以降になってしまうのでしょうか?

http://www.semiaccurate.com/2009/11/02/nvidia-finally-gets-fermi-a2-taped-out/
http://xtreview.com/addcomment-id-10486-view-Nvidia-GF100-A2-stepping-ready.html

 色々と書いてありますが要約すると、FermiはA2シリコンがテープアウトし、全てが滞り無く進めば12月1日にA2シリコンの見極め、ボードの登場は2010年2月になるとしています。ところが、NVIDIAはベンダには2010年3月まで登場しないと説明しており、NVIDIA社内では2010年5月などとも言われているそうです。

 これらが事実であれば、Fermiは年内には登場しないことになります。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

VIAがNano 3000シリーズプロセッサを発表

 VIAがNano 3000シリーズプロセッサを発表しました。

http://www.via.com.tw/en/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=4247

 基本的には軽量ノートPCやオールインワンのデスクトップPCが対象です。Nano 3000シリーズはシングルコアでIsaiahアーキテクチャをベースにしており、64bitや仮想化技術、SSE4に対応します。また暗号化技術やVIA Padlock Security Engineが強化されています。

 動作周波数は1.0~2.0GHzで、現行のNanoと比較して最大20%程度高速化されており、また最大20%程度消費電力が下げられています。パッケージはNanoBGA2を使用し、これはこれまで登場したNano 2000/1000シリーズ、C7などと互換性があります。

 量産はQ1/2010, サンプルはすでにOEMやマザーボードベンダに配布されています。以下にプロセッサ一覧をまとめました。

モデルナンバー

動作周波数

V4 FSB

消費電力(アイドル時)

L3100

2.0GHz

800MHz

500mW

L3050

1.8GHz

800MHz

500mW

U3200

1.4GHz

800MHz

100mW

U3100

1.3+GHz

800MHz

100mW

U3300

1.2GHz

800MHz

100mW

U3500

1.0GHz

800MHz

100mW

| | コメント (0)

Windows 7 Service Pack 1は2010年夏に登場

 Windows 7 Service Pack 1は2010年夏に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16243/1/
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=30644&catid=3

 つい先日の10月22日に一般向けの正式販売が始まったばかりのWindows 7ですが、これによると最初のベータ版が今年12月中にOEMなどテスタ向け、2010年1月には一般向けに公開されます。そしてRC版が2010年春ごろ、RTM版が2010年の夏ごろ(Q2/2010後半かQ3/2010初頭)に完成するとなっています。

 今のところ安定して動作しており、ユーザにもWindows Vistaと比較して好意的に受け止められているWindows 7ですが、Service Packで妙なレベルダウンが発生しないことを祈るばかりです。

| | コメント (0)

GeForce GT 240の仕様に関する情報

 GeForce GT 240の仕様に関する情報です。

http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=7275
http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=30630&catid=2

 これによると、GeForce GT 240は40nmのGT215ベースとなり、ストリームプロセッサ個数は96, メモリバス幅は128bit, 画像メモリはGDDR3 512MBか1GB, メモリクロックは850MHzか900MHz, コアクロックは550MHz, シェーダクロックは1340MHzとなっています。

 登場時期は2009年10月30日の記事では11月17日となっていますが. INPAIの記事では2週間以内, TechConnect Magazineでは今月後半となっています。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

AMDのプロセッサリリーススケジュールがアップデートされる-Thubanの動作周波数は2.8GHz

 AMDのプロセッサリリーススケジュールがアップデートされたようです。

http://www.digitimes.com/news/a20091102PD207.html

 これによると、Q4/2009にPhenom II X2 555(3.2GHz, TDP 80W), Q2/2010にPhenom II X4 955(3.2GHz)のTDP 95W版とAthlon II X4 445(3.1GHz, TDP 95)が登場します。

 またこの記事では6コアのThubanの情報もあり、これによると動作周波数は2.8GHz, L3キャッシュサイズは6MB、登場時期はQ2/2010となっています。

| | コメント (0)

2011年までのAMDの最新ロードマップ-10月31日秋葉原開催のDIY PC Expo 2009にて

 2011年までのAMDの最新ロードマップです。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091031/etc_diy1.html

 10月31日に秋葉原で開催されたイベント「DIY PC Expo 2009」にて明らかになりました。基本的な情報は2009年10月19日の記事からさほど変化はありませんが、2011年に32nmの新GPUであるN.Islandsなる名前が出てきています。

 その他2010年に6コアのThuban, 2011年にZambezi, Llano, Ontarioが登場するなどとなっています。詳細はリンク先の記事をごらんください。

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

NVIDIA Fermiは12月初旬に発表-ただしGeForceなのかどうかは不明?

 NVIDIA Fermiは12月第一週に発表されるという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/16185/1/

 プレオーダーは好調のようです。といってもここで発表されるのがデスクトップ向けのGeForceなのか、ワークステーションやHPC向けのQuadroやTeslaなのかはこの記事では述べられていません。

| | コメント (0)

TDP 25W版Athlon II X2の一部モデルの登場時期が遅れる-Q4/2009からQ1/2010に

 TDP 25W版Athlon II X2の一部モデルの登場時期が遅れるそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/16210/1/

 2009年10月23日の記事ではAthlon II X2 260U(1.80GHz, L2キャッシュサイズ2MB)がQ4/2009登場となっていましたが、この記事ではモデルナンバーが620Uとなっており、登場時期がQ1/2010に延期となったようです。

 しかしAthlon II X2 520U(1.6GHz, L2キャッシュサイズ2MB, 250U?)はQ4/2009の登場となっているようです。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »