« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

Phenom II X2 555 Black Editionでも4コア化が可能

 Phenom II X2 555 Black Editionでも4コア化が可能だったようです。

http://www.anandtech.com/cpuchipsets/showdoc.aspx?i=3730

 使用したマザーボードは790FX+SB750のGIGABYTE GA-MA790FXT-UD5Pで、例によってAdvanced Clock Calibration(ACC)をAutoに設定することで4コア化に成功したようです。

 リンク先には4コア化成功後のスクリーンショットもあります。

| | コメント (0)

Windows 8は2011年7月1日に登場する?

 Windows 8は2011年7月1日に登場するなどという情報が出てきています。

http://msftkitchen.com/2010/01/windows-8-rtm-july-1-2011.html
http://www.fudzilla.com/content/view/17437/1/

 この記事には他の製品のリリース日の情報もあり、Windows Server 2012とOffice 2012が2012年7月2日, SQL Server 2011が2011年7月1日、SharePoint Server 2013とExchange 2013が2013年7月1日、OCS 2010が今年12月1日となっています。

 これらの情報が事実ならば、Windows 8は早くも来年には登場することになりますが、今の段階ではどうかなという感じです。

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

Radeon HD 5830の登場が2月にずれ込んだ理由

 Radeon HD 5830の登場が2月にずれ込んだ理由についての情報です。

http://www.digitimes.com/news/a20100127PD219.html

 これによると、グラフィックボードベンダが明かにしたところによれば、Radeon HD 5830の試作ボードの検証中に問題が発見され、これは回路に関連するものであり、すでに調査のためにAMDはボードを回収したようです。

 ボードの登場は早くて2月初旬としています。

| | コメント (0)

Core i7が2-Wayプロセッサで動作する?

 Core i7が2-Wayプロセッサで動作するなどという話が出ています。

http://www.semiaccurate.com/2010/01/27/core-i7-can-work-dual-cpu-mode/
http://www.techpowerup.com/113881/Core_i7_Dual-Socket_Operation_Possible_.html

 ただし条件があり、チップセットはX58ではなくXeon用の5500シリーズ, そしてマザーボードとシステムBIOSの修正が必要なようです。

 そもそもCore i7はQPIが1本しかないにも関わらず、どうやって2-Wayで動作するのかということですが、これはチップセットとそれぞれのプロセッサをQPIで一対一に接続し、プロセッサ間通信は5500を介して行うことで実現するとしています。ここがQPIが1本しかないX58ではなく、2本持つ5500に限られる理由のようです。

 プロセッサとチップセットが一対一に接続されたAMD-762のAthlon MPの2-Wayシステムを思い出すような実装ですが、Xeonと比べて安価なCore i7で2-Wayシステムが構成できるなら面白そうではあります。

| | コメント (1)

2010年1月27日 (水)

Core i7-980X Extreme Editionは3月16日正式発表

 Core i7-980X Extreme Editionは3月16日正式発表となったようです。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201001/2601.html

 Core i7-980Xはおさらいすると6コアで動作周波数は3.33GHz, L3キャッシュサイズは12MBとなっています。また下位モデルとしてCore i7-970も存在するようで、これはQ3/2010の登場となっています。これの詳しい仕様については今回の記事では明らかになっていません。

| | コメント (0)

Phenom II X6 1000T(Thuban)シリーズの続報-5月に登場

 Phenom II X6 1000T(Thuban)シリーズの続報です。

http://en.ocworkbench.com/tech/amd-thuban-hex-core-processor-to-be-released-by-may-2010/

 2010年1月25日の記事で初めて明らかになったPhenom II X6 1000Tシリーズですが、今回の記事では5月に登場するとしています。

 対応チップセットは4月に890FX+SB850として登場するそうです。またBIOSアップデートにより、現行の790FXや790GXの一部のモデルでも対応するとしています。

 今回の記事で出てきた情報を表にまとめました。最上位モデルはTDPが140Wになるようです。

モデルナンバー動作周波数L2キャッシュサイズL3キャッシュサイズHTTDPSocketRelease Date
Phenom II X6 xxx 2.8 GHz 6x 512 KB 6 MB 2.4 GHz 140 W AM3 Q2/2010
Phenom II X6 1075T x GHz 6x 512 KB 6 MB 2.4 GHz 125 W AM3 Q2/2010
Phenom II X6 1055T x GHz 6x 512 KB 6 MB 2.4 GHz 125/95 W AM3 Q2/2010
Phenom II X6 1035T x GHz 6x 512 KB 6 MB 2.4 GHz 95 W AM3 Q2/2010

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

NVIDIAがすでに第二世代のFermiに取り組んでいる

 NVIDIAがすでに第二世代のFermiに取り組んでいるようです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17387/1/

 これによると、すべてがうまく進んだ場合、第二世代のFermiをQ4/2010までには登場させることができるとしています。

 とはいえ、今の段階ではどうなるかは全く流動的ですかねえ。

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

ThubanはPhenom II X6 1000Tシリーズとなる?-Zosmaなる4コアプロセッサも

 ThubanはPhenom II X6 1000Tシリーズとなるようです。

http://anandtech.com/cpuchipsets/showdoc.aspx?i=3726
http://www.xtremesystems.org/forums/showthread.php?s=e3271c93256e78dde59cdf724939ea3a&t=243905

 本日発表されたPhenom II X2 555 Black Editionなどの情報に混じって、6コアのThubanの情報も入ってます。これによると、今年Q2登場予定のThubanはPhenom II X6 1075T(TDP 125W), 1055T(TDP 125W or 95W), 1035T(TDP 95W)、L3キャッシュサイズはすべて6MBとなるようです。動作周波数や価格については明らかになっていません。

 またZosmaなるプロセッサもあるようで、これは4コアのPhenom II 960T(TDP 95W, L3キャッシュサイズ6MB)があたると思われます。このZosmaというのは今回初めて出てきた名前です。

 XtremeSystemsの書き込みによると、1055Tは2.8GHz, 1055Tは2.6GHzあたり、1035Tは2.4GHzになるのではないかとしています。最上位の1055Tは例によってBlack Editionになり、ZosmaはThubanの2コア無効化版なのではないかとしています。

| | コメント (0)

AMDがPhenom II X2 555 Black Editionなどを発表

 AMDがPhenom II X2 555 Black Editionなどを発表しました。

http://www.4gamer.net/games/077/G007794/20100124001/

  Phenom II X4 910e(2.6GHz,L2キャッシュサイズ512KBx4,L3 6MB,TDP65W)が約17,800円、Phenom II X2 555 Black Edition (3.2GHz,L2キャッシュサイズ512KBx2,L3 6MB)が約10,500円で2月5日より、Athlon II X4 635(2.9GHz,L2キャッシュサイズ512KBx4,TDP95W)が約12,800円、Athlon II X3 440(3.0GHz,L2キャッシュサイズ512KBx3,TDP95W)が約8,980円、Athlon II X2 255(3.1GHz,L2キャッシュサイズ1MBx2,TDP65W) が約7,980円で1月29日から登場します。

 記事にはCore i3-530(2.93GHz)とPhenom II X2 555 Black Editionとの比較ベンチマークもありますので、興味のある方はご覧ください。

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

NVIDIAが1月23日に秋葉原でイベントを実施-GF100の情報も

 NVIDIAが1月23日に秋葉原でイベントを実施しました。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100123/etc_nvidiaev0.html

 3D Blu-rayの再生デモやGF100に関する情報公開が行われました。GF100に関してはすでに量産に入っており、2月から4月には発売できる予定だとしています。しかし今回のイベントでも、動作クロックなどの細かい仕様については出てきていません。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

intelの次世代チップセット6シリーズの情報

 intelの次世代チップセット6シリーズの情報です。

http://ascii.jp/elem/000/000/490/490655/

 まずは以前にも少し噂のあったX68が最初に登場し、これは現行のX58のリフレッシュ版(Tylersburg-Refresh)となるようです。このX68ではDMI 2.0(現行の2倍の帯域5GT/s, 現行はDMI 1.0)に対応した新しいICH(記事ではICH11としている)が組み合わされる可能性があるそうです。この新ICHにはSATA Gen3(6.0Gbps)のほか USB 3.0ホストコントローラを搭載するとしています。これらはチップセットの製造が6シリーズから45nmプロセスに移行することにより可能となったようです。

 しかしこのあたりは今のところまだはっきりしていないようで、実際のところどうなるかは流動的なようです。

 そして2011年のSandy Bridgeに合わせて登場する6シリーズでは、USB 3.0やSATA Gen3が統合されるであろうとしています。

 記事はASCII.jpの日本語記事なので、そちらも合わせてお読みになることをお勧めします。

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

GALAXYがGeForce GTS 250の2GPUボードを開発中

 GALAXYがGeForce GTS 250の2GPUボードを開発中だそうです。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=32167&catid=2
http://en.expreview.com/2010/01/20/galaxy-cooking-up-worlds-first-dual-core-gts250-accelerator/6484.html

 リンク先にはボードの画像があり、G92b(G92-426)のチップ間をBridgeのBR04にて接続しています。画像メモリは各GPUごとにGDDR3 1GB, メモリバス幅は256bitです。

 電源コネクタは6ピンが2個で、Quad SLIには非対応です。もっとも、これが実際に市場に出荷されるかどうかは明らかではないようで、GT200の不足が続くようであればその可能性はあり得るとしています。

 なぜいまさらG92でこんなものを、という気もしますが、出たらそれはそれで面白そうではあります。

| | コメント (0)

1月25日に登場するAMDの新プロセッサ情報-Phenom II X4 910eほか計5モデル

 1月25日に登場するAMDの新プロセッサ情報です。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201001/2001.html

 Phenom II X4 910e(2.6GHz,L2キャッシュサイズ512KBx4,L3 6MB,TDP65W)が約17,500円、Phenom II X2 555 Black Edition (3.2GHz,L2キャッシュサイズ512KBx2,L3 6MB)が約10,500円、・Athlon II X4 635(2.9GHz,L2キャッシュサイズ512KBx4,TDP95W)が約12,500円、Athlon II X3 440(3.0GHz,L2キャッシュサイズ512KBx3,TDP95W)が約9,000円、Athlon II X2 255(3.1GHz,L2キャッシュサイズ1MBx2,TDP65W) が約8,000円で登場します。

 しかしこの日に入荷するかどうかは不明だそうです。

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

Radeon HD 5830のストリームプロセッサ個数は1280

 Radeon HD 5830のストリームプロセッサ個数は1280だそうです。

http://www.hkepc.com/4482 (中文・繁体字)

 これにはCypress LEという開発名があったようで、画像メモリはGDDR5を使用するそうです。型番上一つ上位となるRadeon HD 5850のストリームプロセッサ個数が1440個だったので、1割ちょっと削減されていることになります。

| | コメント (0)

米国ブランドのPCは今後20年で消滅する?

 米国ブランドのPCは今後20年で消滅するという予測をしている業界の有力者がいます。

http://www.xbitlabs.com/news/other/display/20100119161214_U_S_PC_Brands_Will_Disappear_in_20_Years_Founder_of_Acer.html

 Acerの創業者Stan Shih氏が語ったもので、台北の新聞に対し「低価格PCのトレンドは今後も続く。しかし、米国のPCメーカは低価格製品をどうやって生み出していくかを知らない(低価格市場での戦い方を知らない)よって、米国ブランドのテレビが消滅していったように、20年もすれば米国ブランドのPCも消滅するであろう」としています。

 最も、これはAcerの創業者がそのような見通しを語っただけで、実際にそうなるかは疑問です。まあ、話半分に聞いておくという程度でしょうか。それよりも、5~6年後に日本のPCメーカがどれだけ残っているかのほうが不安でもあります。。日本のメーカにはぜひとも奮闘してほしいところです。

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

Radeon HD 5800シリーズ(Cypress)のリフレッシュ版が登場

 Radeon HD 5800シリーズ(Cypress)のリフレッシュ版が登場するそうです。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-ati-radeon-hd-5800-series-refresh-in-summer/8305.html

 詳細については明らかになっておらず、ダイのシュリンク版なのか、ストリームプロセッサ個数が増量されているのか、動作周波数が向上しているかなども明らかになっていません。これはGF100の後に登場するそうです。ここでGF100が戦略的な価格を打ち出してきた場合、AMDとしては価格の大幅値下げを行い、数カ月以内にはRefresh版を登場させるであろうとしています。

| | コメント (0)

GF100の2GPU版は4月に登場か

 GF100の2GPU版は4月に登場かという話です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-dual-gpu-gf100-in-april-possible-/8314.html

 単体版のGF100の登場が現在3月と言われており、これが事実であれば単体版登場からわずか1カ月程度となります。しかし、GF100の消費電力はやはり高いようで、この記事では225W以上になると予想しています。よってこれの2GPU版を作るのは難しいものの、NVIDIAは製品は出せるであろうとしています。

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

Radeon HD 5830は2月5日に登場

 Radeon HD 5830は2月5日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17273/1/

 2010年1月15日の記事で名前が出てきたRadeon HD 5830ですが、この記事では1月25日となっており、10日ほどずれ込んだことになります。価格は$239あたりではないかとしています。

| | コメント (0)

NVIDIAがGF100のアーキテクチャを公開

 NVIDIAがGF100のアーキテクチャを公開しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100118_343002.html

 今回もGPUのコアクロックなどの詳しい仕様自体は明らかにされず、アーキテクチャ自体の説明のみになっています。製品の出荷はQ1/2010目標となっています。

 詳細は日本語記事なのでリンク先をご覧ください。Radeon HD 5870や現行のGT200との性能比較のスライドもあります。

| | コメント (0)

Radeon HD 5450/5570は2月に登場-仕様の情報も

 Radeon HD 5450/5570は2月に登場という話です。

http://en.expreview.com/2010/01/18/amds-upcoming-entry-level-directx-11-graphics-cards-detailed/6461.html
http://www.digitimes.com/news/a20100118PD212.html

 Radeon HD 5450は4650/4550/4350の後継となり2月初旬、Radeon HD 5570は2月半ば登場となるようです。

 Expreviewの記事にはRadeon HD 5500と5450の仕様の情報もあり、ストリームプロセッサ個数は最大200, メモリバス幅は64bit, 画像メモリはGDDR5(5500), GDDR3(5400)となり、DVI, HDMI, D-Sub15の出力に対応します。5500シリーズの消費電力は50W以下となっています。

 Radeon HD 5450についてはTechPowerUp GPU-Zの実行結果のスクリーンショットもあり、ボードはCedarで画像メモリはGDDR3 512MB, コアクロック650MHz,メモリクロック800MHz, ストリームプロセッサ個数は80という結果になっています。

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

Radeon HD 5670が販売開始

 Radeon HD 5670が早速販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100116/etc_ati.html

 Sapphire, PowerColor, XFX, 玄人志向から登場しています。実売価格は10,000~15,000円前後です。

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

Windows 7 Service Pack 1は2010年9月に登場

 Windows 7 Service Pack 1は2010年9月に登場という話です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=32080&catid=3

 これによると、Windows 7 SP1ではWiFiやBluetoothなどのアップデートやUSB 3.0の対応がなされものの、大きなアップデートにはならないようです。

 2009年11月3日の記事では今年の夏ごろとなっていました。

| | コメント (1)

Radeon HD 5830が登場

 Radeon HD 5830が登場するそうです。

http://www.nordichardware.com/news,10553.html

 これは1月25日に登場予定となっており、画像メモリはGDDR5, 性能はRadeon HD 4890と同程度ながら安価になるとしています。これ以外の詳しい仕様については明らかになっていません。

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

Radeon HD 5670が正式発表

 Radeon HD 5670が正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100114_342179.html

 メインストリーム向けとなり、ストリームプロセッサ個数は400, コアクロック775MHz, メモリクロック1GHz(4Gbps), ROPsは8, テクスチャユニット数は20, 画像メモリはGDDR5 512MB/1GB, メモリバス幅は128bitです。消費電力は最大61W, アイドル時は14W, 実売価格は$99前後です。

 早速ベンチマーク記事もありますので、日本語記事をいくつかご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/098/G009886/20100113063/
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1001/14/news040.html

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

PowerVRの新グラフィックスコアはデスクトップ用のAPIをサポート

 PowerVRの新グラフィックスコアはデスクトップ用のAPIをサポートするそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100111232335_New_PowerVR_Graphics_Core_Supports_Desktop_Application_Programming_Interfaces.html

 この新PowerVRはPoewrVR SGX545という型番で、DirectX 10.1, OpenGL 3.2, OpenCL 1.0などに対応します。これは従来のハンドヘルド端末のほか、次世代のNetbookやMID(Mobile Internet Device)なども視野に入れているとImagination TechnologiesのVice Presidentは話しています。

 とはいえ、今のところこれを採用したデスクトップ向けの単体グラフィックボードを作るという話はないようで(少なくともこの記事では言及されていない)、基本的には現在のPowerVRと同じような採用がなされそうです。

| | コメント (0)

CypressとFermiの歩留りに関する話題

 CypressとFermiの歩留りに関する話題です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-cypress-yields-at-60-80--fermi-20-/8278.html

 CypressはAMDのRadeon HD 5800シリーズとなりますが、これによるとTSMCの40nmプロセスのトラブルが解決したことにより、60~80%程度の歩留りに改善されたそうです。これにより、Radeon HD 5800シリーズが市場で多く出回るようになったとしています。

 一方NVIDIAのFermiに目を向けると、当初数%程度という話から、現在の噂では20%程度の歩留りにとどまっているそうです。もちろん最終の製品レベルになればもっと改善されると思われるものの、それでもCypressを下回るのではないかとしています。

 またチップサイズが大きいことや、この低い歩留りにより、GF100は$600程度の価格が設定されるという話が出ています。GF100の性能はRadeon HD 5870より少なくとも50%上回ると言われていますが、AMDが価格のてこ入れを行い(=値下げ)、$600という価格帯にRadeon HD 5970を持ってきた場合は最悪の事態になるとしています。GF100は多くの場合Radeon HD 5970に性能面で後れを取るとしており、確かにNVIDIAにとっては苦しくなります。

 最も、これらは現在の段階での憶測であり、実際の製品ではどうなるかは分からないとしています。いずれにせよFermiも歩留りには苦戦しているようです。

| | コメント (0)

Radeon HD5830/5550/5570/5450が1月末~2月初旬に登場

 Radeon HD5830/5550/5570/5450が1月末~2月初旬に登場するそうです。

http://vr-zone.com/forums/538196/ati-radeon-hd5830--hd5550--hd5570--hd5450-to-be-released-on-january-february-.html

 これによると、Radeon HD 5830がCypress LE、Radeon HD 5550がRedWood Pro2、Radeon HD 5570がRedWood Pro、Radeon HD 5450がCedar Proとなっています。

| | コメント (0)

2010年1月12日 (火)

2GPU版GF100はシングル版の1~2カ月後に登場

 2GPU版GF100はシングル版の1~2カ月後に登場という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/17197/1/

 いきなり2GPU版が出るというわけではないのはGeForce GTX 200シリーズのGT200のときと同様ですが、これによるとシングル版GF100発表が3月なら、5月くらいには登場するのではないかとしています。GeForce GTX 280/260からGT200を2つ搭載したGeForce GTX 295が登場するまでに半年程度かかっていたので、それよりは短期間で登場することになります。

| | コメント (0)

NVIDIAのGF100が量産に入る

 NVIDIAのGF100が量産に入ったそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100108193417_Nvidia_s_Next_Generation_Graphics_Processor_in_Volume_Production_Company.html
http://en.expreview.com/2010/01/12/fermi-to-become-available-in-low-quantities-in-march/6412.html

 X-bit labsの記事によると、GF100は量産は当初1月後半を予定していたものの、これが前倒しされたようです。しかし、発表が予定されている3月の段階では少量流通になる見通しだそうです。

 また、Q2/2010にGF104なるものを登場させる予定で、これはハイエンド向けとされています。この情報は2009年12月29日の記事と同様のものです。

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

 ClarkdaleのCore i5/i3シリーズと対応チップセットのH57/H55/Q57採用マザーボードが販売開始

 ClarkdaleのCore i5/i3シリーズと対応チップセットのH57/H55/Q57採用マザーボードが早速販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100109/etc_intel3.html
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100109/etc_intel4.html

 Core i5-670/661/660/650、Core i3-540/530, Pentium G6950が販売開始されています。価格はCore i5-670が29,000円前後、661が20,000円前後、660が20,000円前後、650が18,000円前後、Core i5-540が14,000円前後, 530が12,000円前後, Pentium G6950が9,000円前後です。

 またこれに合わせて、Lynnfieldの低消費電力版のCore i5-750S(2.4GHz), Core i7-860s(2.53GHz)も販売開始されています。Core i5-750Sが27,000円前後、Core i7-860Sが34,000円前後です。

 Clarkdale対応マザーボードはH57, H55, Q57を採用したマザーボードがintel, ASUS, ASRock, GIGABYTEから登場しています。今回登場した製品で、Q57を唯一採用するintelのDQ57TMはvPro(Active Management Technology 6.0, TXT, VT-dなど)に対応します。

| | コメント (0)

2010年1月 8日 (金)

intelがClarkdale/Arrandaleの新Coreシリーズを正式発表

 intelがClarkdale/Arrandaleの新Coreシリーズを正式発表しました。

http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20100107comp_sm.htm
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100108_340958.html

 デスクトップ向けとなるClarkdaleのCore i5/i3シリーズが6種類、ノート向けとなるArrandaleのCore i7/i5/i3シリーズが11種類、計17種類です。製造プロセスはプロセッサコアが32nm, グラフィックスコアが45nmです。コア数は2, L3キャッシュサイズは3MBか4MBです。

 PC Watchの記事がよくまとまっておりますので、詳細はそちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

NVIDIAがCES 2010にてGF100をデモ

 NVIDIAがCES 2010にてGF100のデモを行いました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20100107_340953.html

 仕様については一切明らかにされなかったものの、NVIDIAは世界最速のボードになると自信を持っているようです。登場時期はQ1/2010となっています。デモではDirectX 11対応のUnigine Heaven Benchmarkが動作していました。

 ボードは2スロット占有する厚みで、電源は8+6ピン、SLIコネクタも搭載しています。

| | コメント (0)

AMDがMobility Radeon HD 5000シリーズを正式発表

 AMDがノート向けのDirectX 11世代GPU, Mobility Radeon HD 5000シリーズを正式発表しました。

http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/amd-at-ces-2010.aspx
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20100107_340968.html (日本語解説)

 Mobility Radeon HD 5800/5700/5600/5400シリーズとなります。すでに大手のOEMメーカに出荷されており、ASUSやAcer, 東芝などから採用製品が登場する予定となっています。

 詳細な仕様につきましては、PC Watchの記事をごらんください。

| | コメント (0)

2010年1月 6日 (水)

NVIDIAがOptimus Technologyなるものを開発中

 NVIDIAがOptimus Technologyなるものを開発しているそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100105174714_Nvidia_Optimus_Promises_to_Optimize_Notebook_Graphics_Performance_and_Power_Consumption.html

 Optimusはモバイルノート向けで、Q1/2010に登場予定となっており、これはノートPCで外部グラフィックスの性能を享受しつつ、バッテリ持続時間を飛躍的に伸ばすものとしています。

 これ以外の詳しい情報についてはこの段階では明らかになっていません。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

VIAがUSB 3.0 Hubコントローラを発表

 VIAがUSB 3.0 Hubコントローラを発表しました。

http://www.viatech.co.jp/jp/resources/pressroom/pressrelease.jsp?press_release_no=4367

 型番はVL810で、Upstreamが1ポート、downstreamが4ポートで、80nmプロセスによる製造です。5GbpsのSuperSpeed(USB 3.0)のほか、Hi Speed(480Mbps, USB 2.0), Full Speed(12Mbps, USB 1.1), Low Speed(1.5Mbps, USB 1.1)といった後方互換性も有します。

| | コメント (0)

Q1/2010に登場するAMDの新プロセッサ情報

 Q1/2010に登場するAMDの新プロセッサ情報です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=31786&catid=2

 Phenom II X2 555 Black Edition(3.20GHz), Athlon II X4 635(2.90GHz), Athlon II X3 440(3.10GHz), Athlon II X2 255(3.10GHz)が登場します。

| | コメント (0)

2010年1月 4日 (月)

ClarkdaleのCore i5-661のレビュー記事

 ClarkdaleのCore i5-661のレビュー記事です。

http://www.4gamer.net/games/065/G006504/20100102002/
http://www.4gamer.net/games/065/G006504/20100102001/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20100104_340411.html?ref=rss
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20100104_340410.html?ref=rss

 プロセッサの自体の性能および内蔵グラフィックスのベンチマークが行われています。Core i5-661は2コアで動作周波数3.33GHz, Turbo Boost 3.60GHz, L3キャッシュサイズ4MB, Hyper-Threading対応、TDP 87Wです。

 いずれの記事もマザーボードにはH55チップセットを搭載したintel DH55TCが使用されています。詳細はリンク先の記事をご覧ください。

| | コメント (0)

NVIDIAはGF100(Fermi)をCES 2010にて展示

 NVIDIAはGF100(Fermi)をCES 2010にて展示するようです。

http://vr-zone.com/forums/532625/finally-confirmed-nvidia-will-show-gf100-at-ces-2010.html

 ただし入手可能になるのは3月からとなるようです。仕様に関する情報もあり、これによるとメモリバス幅は384bit, ストリームプロセッサ個数は512, 32x AA, 3D Blu-rayのフルデコードなどに対応します。

| | コメント (0)

ノート向けのGeForce 300Mシリーズが追加-実質GeForce 200Mシリーズの改名版?

 ノート向けのGeForce 300Mシリーズがひっそりと追加されています。

http://www.nvidia.co.jp/object/geforce_m_series_jp.html

 300となっているのでFermiと思いそうですがそうではなく、仕様をみる限り実質GeForce 200Mシリーズの改名版のようです。詳細はリンク先をごらんください。

| | コメント (0)

Radeon HD 5570/5670の仕様に関する情報

 Radeon HD 5570/5670の仕様に関する情報です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3369 (独語)

 以下の表にまとめました。Radeon HD 5570は1月7日からLas Vegasで開催されるCES 2010にて発表が予定されています。

  Radeon HD HD 5570 Radeon HD HD 5670
開発名 Redwood Redwood
製造プロセス 40nm 40nm
コアクロック 650MHz 775MHz
ROPs 16 16
TMUs 20 20
ストリームプロセッサ個数 400 400
メモリクロック 900MHz 1000MHz
メモリバス幅 128bit 128bit
画像メモリ GDDR3 GDDR5

| | コメント (0)

NVIDIAのION 2の実態はGT218

 新年明けましておめでとうございます。2010年も引き続き、当Weblogをご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。

 さて本題に入っていきましょう。NVIDIAのION 2の実態はGT218という話です。

http://www.semiaccurate.com/2009/12/31/nvidia-ion2-g218-gpu-not-chipset/

 これによると、ION 2はチップセットというよりはGT218にいくつかのポートを追加したものだとしています。Pinetrail向けはGT218-ION-A3とGT218-ILV-A3の2種類が用意され、すでに2009年11月には精算が始まっていたようです。GT218はGeForce G 210に使用されているDirectX 10.1世代のGPUです。

 GT218-ION-A3はデスクトップ向け、GT218-ILV-A3はwidgets and devices向けとしており、いずれもAtom D510/D410/N450に対応します。ストリームプロセッサ個数は16, コアクロックは533MHz, メモリクロックは1230MHzです。メモリはDDR2かDDR3対応で、GPU自体のTDPは12W、アイドル時は5Wとなり、メモリが4~5Wなので合計18Wを下回ります。

 チップセットのNM10(Tigerpoint)とは PCI Express 2.0 x1で接続されます。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »