« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

Radeon HD 5830が発売開始

 Radeon HD 5830が発売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100227/etc_ati.html

 玄人志向のRH5830-E1GHD/DP/OCとPowerColorのAX5830 1GBD5-PPDHで、いずれも実売価格は26,000円前後です。両方ともオーバークロックモデルで、コアクロックが825MHz(定格800MHz), メモリクロック1050MHz(定格1000MHz)となっています。

| | コメント (0)

Core i7-960/930が販売開始

 Core i7-960/930が販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100227/etc_intel2.html

 Core i7-960は動作周波数3.2GHz, Core i7-930は動作周波数2.8GHzで、それ以外の仕様は従来のBloomfield Core i7と同様です。実売価格は960が56,000円前後、930が28,000円前後です。Core i7-960は組み込みPC向けではすでに出荷されていますが、単品の一般販売は今回が初めてとなります。

| | コメント (0)

Sandy Bridgeではバッテリ駆動時間が改善される

 Sandy Bridgeではバッテリ駆動時間が改善されるそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17847/1/

 具体的にどの程度改善されるかについては明らかになっていないものの、改善されるとされるのは小型ノートPCよりは大型ノートPCの場合のようで、少なくとも現行のCalpella Platformよりは改善されるとしています。

| | コメント (0)

Sandy BridgeはPCI Express 3.0に対応

 Sandy BridgeはPCI Express 3.0に対応するという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/17846/1/

 PCI Express 3.0は現行の2.0の5.0GT/sから8.0GT/sに帯域が広がっています。そしてSandy Bridgeからこれが導入されるようです。モバイルノート版のSandy Bridgeは16レーンを有し、8レーン2本の構成をとることができます。

 またECへのdirect routingやDe muxed EDPなる機能が実装され、これは外部グラフィックスの消費電力低減のため、外部グラフィックスと何らかの平行処理を行うもののようです。

| | コメント (1)

GeForce GTX 470の仕様は未定-来週月曜には最終仕様が通知?

 GeForce GTX 470の仕様は未定という話が出ています。

http://www.fudzilla.com/content/view/17851/1/

 ボードベンダにはすでにGeForce GTX 470のボードが配布されているものの、最終的な仕様については今だ知らされていないそうです。ボードベンダによっては3月2日から開催されるCeBIT 2010にこれを展示する予定があり、恐らく来週の月曜には仕様が通知されるであろうとしています。ちなみに冷却ファンも変更される可能性があるそうです。

 また性能についてはGeForce GTX 285より20~25%程度高速なのではないかとしているようです。(2010/03/03:CeBITの開催日を修正)

| | コメント (0)

低コスト版Fermiが2010年半ばに登場

 低コスト版Fermiが2010年半ばに登場するそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100225062603_Lower_Cost_Fermi_Graphics_Processors_Due_in_the_Middle_of_the_Year_Nvidia.html

 NVIDIAのDavid White Chief Financial Officerが語ったところによると、2010年半ばに低コスト版Fermiを投入するとしています。またこれと同じ時期にFermiベースのQuadroも投入されるそうです。

 CFOの話によると、Fermiは当初GeForceとTeslaに採用されるがこれは高性能品で、今年半ばには低コスト版が登場しQuadroとTeslaに導入されるとしています。このGF100は高価格でメインストリーム向けには向かないため、低コストのGF104を投入を予定し、これはQ2/2010かQ3/2010に登場するとしています。

| | コメント (0)

Core i7-940XMがQ3/2010に登場

 Core i7-940XMがQ3/2010に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17848/1/

 Core i7-940XMはノート向けのClarksfieldでExtremeラインの製品になります。動作周波数は2.13GHz(Turbo Boost 3.33GHz), TDP 55W, Hyper-Threadingに対応します。L2キャッシュサイズは512KBx4, L3キャッシュサイズは8MB, メモリはDDR3-1333に対応します。(2010/03/01:タイプミスを修正)

| | コメント (0)

Atom N470は3月1日に登場

 Atom N470は3月1日に登場するそうです。

http://www.techpowerup.com/116281/Intel_Readies_Atom_N470_Processor.html

 これは現行のAtom N450の上位モデルで、シングルコアでHyper-Threadingに対応します。メモリはシングルチャネルのDDR2-667, 動作周波数は1.83GHzのほかはN450と同様です。

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

AMDが低消費電力版サーバプラットフォームを用意-Adelaide Platform

 AMDが低消費電力版サーバプラットフォームを用意しているそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100224035621_AMD_Readies_Low_Power_Server_Platform.html

 これは6コアのLisbon Opteronベースで、Adelaideというプラットフォーム名がつけられています。2-Wayプロセッサとなり、Opteron 4160 EE(動作周波数1.6GHz, L2キャッシュサイズ512KBx6, L3キャッシュサイズ6MB, ACP 40W), 4158 EE(1.5GHz, ほかは4160 EEと同様)がプロセッサとなり、チップセットはSR5650+SP5100が採用されます。

 HyperTransportは消費電力を下げるために1.0に留められています。メモリはLDDR3に対応し、ソケットはC32となります。登場時期については明らかになっていません。

| | コメント (0)

当初予定していたION 2はキャンセルされていた

 当初予定していたION 2はキャンセルされていたという話があります。

http://www.fudzilla.com/content/view/17811/1/

 大元の計画のオリジナル品は2009年夏の段階でキャンセルされていたようで、元々2010年初頭に発表する予定だったようです。このION 2はストリームプロセッサ個数40を搭載していたようです。しかしintelとのライセンス問題で開発ができなくなり、MCP89というintelプロセッサ向けとしてCeBIT 2010にて発表される可能性が高いとしてます。これは2010年2月23日の記事よりCore 2向けと考えられます(登場時期はQ1/2010から遅れていますが)

| | コメント (0)

ION 2はION 2010に改名されCeBIT 2010にて発表

 ION 2はION 2010に改名されCeBIT 2010にて発表されるそうです。

http://en.ocworkbench.com/tech/cebit-2010-nvidia-ion2-renamed-as-ion-2010-and-will-launch-at-cebit-2010/

 ION 2010はPineviewに対応し、Optimusが導入され内蔵グラフィックスと外部グラフィックスを切り替えることができるようになります。

| | コメント (0)

Radeon HD 5830が正式発表

 Radeon HD 5830が正式発表されました。

http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/new-ati-radeon-2010feb24.aspx
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100225_351112.html (日本語解説)

 コアクロックは800MHz, ストリームプロセッサ個数は1120, TMUは56, ROPsは16, メモリクロックは1000MHz, 画像メモリはGDDR5 1GB, メモリバス幅は256bit, 消費電力は最大175W, アイドル時25Wとなります。

 ベンチマーク記事もありますので、いくつかご紹介しておきます。基本的にはRadeon HD 5800シリーズ内では型番の数字通りの結果(5870>5850>5830)になってます。

http://www.anandtech.com/video/showdoc.aspx?i=3750
http://vga.it168.com/a2010/0223/852/000000852552.shtml

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

Core i7-980X Extreme Editionは暫く一般販売はされない?

 Core i7-980X Extreme Editionは暫く一般販売はされないという話が出ています。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/2301.html

 これによると、3月16日に予定通り発表されるものの、当初はWhite boxの組み込み向け版のみ販売されるそうで、リテール向けの販売は暫く行われず、単体で購入可能になるのは数カ月先になるかもしれないということです。

 すなわち、すぐにCore i7-980Xを入手したい場合、ショップブランドPCなどを購入するしかないことになりそうで、入手を検討していたユーザには残念な話ではあります。

| | コメント (0)

890GX搭載マザーボードは3月、880G/890FXは4月末に登場

 890GX搭載マザーボードは3月、880G/890FXは4月末に登場するそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20100224PD218.html

 890GX搭載マザーボードはASUS, GIGABYTE, ECS, Biostarといった大手マザーボードベンダから3月初旬に登場するようです。880G/890FXについては4月末に発表するものの、搭載マザーボードは5月初旬にならないと登場しないようです。

| | コメント (0)

Phenom II X6(Thuban)は4月26日に登場か

 Phenom II X6(Thuban)は4月26日に登場という話が出ています。

http://en.ocworkbench.com/tech/amd-phenon-ii-x6-6-core-processor-thuban-to-launch-on-26-apr-2010/

 AMDはこのPhenom II X6を、独ハノーファーで3月2日から開催されるCeBITに展示するとしています。ちなみにこの記事では、C-State performance boostのことをdynamic performance boosting technologyと書いていますが、これが正式名称になるのかどうかはわかりません。(2010/03/03:CeBITの開催日を修正)

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

AMDの次世代GPUも40nmプロセスによる製造

 AMDの次世代GPUも40nmプロセスによる製造だそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17782/1/

 Radeon HD 5000シリーズの後継はHecatoncheiresなる開発名がつけられており(2009年10月9日の記事参照)、詳しい情報については特に明らかになっていませんでした。今回の記事ではこれの製造プロセスは40nmになるとしています。

 GLOBALFOUNDRIESの28nmプロセスが立ち上がるのはQ4/2010と言われており、28nmで製造するにはリスクが伴うため、最善ではないもののNVIDIAのFermi及びその後継に対抗すべく、実績のある40nmを選ぶようです。

| | コメント (0)

初代FusionのLlanoはQ1/2011に登場

 初代FusionのLlanoはQ1/2011に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17780/1/

 2011年内に登場という話がありましたが、Q1/2011となるとintelのSandy Bridgeの登場と同じ時期になります。

| | コメント (0)

MCP89はNVIDIA最後のintel向けチップセットとなるか

 NVIDIAはMCP89のリリースの話はまだ続いているようです。

http://xtreview.com/addcomment-id-11515-view-mcp89-last-nvidia-chipset-for-intel-platform.html

 NVIDIAは今後もチップセット事業を続けるつもりであり、LGA 775向けチップセットの長期にわたる提供を明言しました。まずはQ1/2010にMCP89を登場させ、これはCore 2向けとなります。MCP89の内蔵グラフィックスの性能は、ClarkdaleやArrandaleと同レベルとなるようです。そしてNVIDIAは、DMIに関する司法論争に勝利するつもりであるとしています。

 記事は「最後のNVIDIAのintel向けチップセット」とタイトルをつけていますが、intelとの裁判の行方次第ではNehalem向けチップセットをリリースできる可能性もあります。とはいえ、2009年10月2日の記事のようにDMIのチップセット開発の予定はないという話もあり、やはりMCP89が最後になるのではないかという気がしています。

 MCP89の仕様については2009年11月9日の記事をご覧ください。

| | コメント (0)

Pentium Dual-core E6700がQ2/2010に登場-動作周波数は3.2GHz

 Pentium Dual-core E6700が登場するそうです。

http://en.inpai.com.cn/doc/enshowcont.asp?id=7565

 Pentium Dual-core E6700は動作周波数3.2GHz, FSB 1066MHz, L2キャッシュサイズは2MB, Q2/2010の登場予定で$99程度の価格が予定されています。2009年9月18日の記事では動作周波数は3.46GHzという話もありましたが、実際はそこまで高くはならないようです。

| | コメント (0)

Radeon HD 5830の最終的な仕様

 Radeon HD 5830の最終的な仕様です。

http://www.techpowerup.com/115908/ATI_Radeon_HD_5830_Specifications_Surface.html

 AMD自身のスライドで、これが最終版となります。コアクロックは800MHz, ストリームプロセッサ個数は1120, TMUは56, ROPsは16, メモリクロックは1000MHz, 画像メモリはGDDR5, メモリバス幅は256bit, 消費電力は最大175W, アイドル時25Wとなります。

 価格は$200~$250前後が予定されているそうです。発表は2月25日となります。

| | コメント (0)

NVIDIAはGeForce GTX 480/470を3月26日に正式発表

 NVIDIAはGeForce GTX 480/470を3月26日に正式発表することになりました。

http://www.nvidia.com/object/paxeast.html
http://www.4gamer.net/games/099/G009929/20100223001/

 ボストンにて開催されるゲーマー向けのイベントPAX East 2010にて発表となりました。詳細な仕様などについてはこのイベントにて明らかになりそうです。

 しかし3月26日とはQ1/2010の終わりすれすれで、やはり入手可能になるのはQ2/2010からとなりそうです。

| | コメント (0)

2010年2月22日 (月)

Phenom II X2 560がQ2/2010, 565がQ3/2010に登場

 Phenom II X2 560/565が登場するそうです。

http://xtreview.com/addcomment-id-11524-view-Phenom-II-X2-560.html

 いずれも2コアで560は動作周波数3.3GHzでQ2/2010, 565は3.4GHzでQ3/2010に登場するそうです。いずれもC3 Steppingでの登場となり、価格は$100前後が予定されているそうです。

| | コメント (0)

AMD 890GX内蔵グラフィックスはRadeon HD 4290となる

 AMD 890GX内蔵グラフィックスはRadeon HD 4290となるそうです。

http://en.ocworkbench.com/tech/amd-890gx-integrated-graphics-is-amd-radeon-hd-4290/

 Radeon HD 4290はDirectX 10.1世代で、UVD 2.0に対応しコアクロックは700MHz, 基本的な性能は790GXと似通ったものになるそうです。890GX搭載マザーボードは6コアのPhenom II X6(Thuban)に対応するとしています。

| | コメント (0)

GeForce GTX 480(GF100)の性能はRadeon HD 5870より辛うじて速い程度?-高解像度では5%程度

 GeForce GTX 480(GF100)の性能はRadeon HD 5870より辛うじて速い程度であるという話が出ています。

http://vr-zone.com/forums/562965/-rumour-geforce-gtx-480-barely-faster-than-radeon-5870.html

 GeForce GTX 480はRadeon HD 5870より最高で60%程度高速であるという噂が出ていましたが、最近のレポートによると高解像度では平均して5%程度しか高速でないそうです。下位モデルのGeForce GTX 470については内部評価が行われておらず、Radeon HD 5870より多くの場合で下回るのではないかとしています。

 これが事実だとすると随分と期待外れな結果になってしまいますが、こればかりは出てみないと分からなさそうです。

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

Athlon IIのC3 Revisionに関する情報

 Athlon IIのC3 Revisionに関する情報です。

http://www.behardware.com/news/10749/twelve-c3-revision-athlon-iis.html

 現在のAthlon IIはC2 Revision, Phenom IIではX4 965 Black Editionから採用が始まったC3 Revisionですが、Athlon IIにもC3 Revisionが導入されるようです。

 Athlon II X4 640/635/630/605e, Athlon II X3 445/440/435/415e/405e, Athlon II X2 255/250/245が対象となります。2010年2月16日の記事で新規登場となっていたAthlon II X4 645/640は当初からC3 Revisionとなるようです。

| | コメント (0)

2010年2月19日 (金)

NVIDIA Fermiの物量が確保できるのは2010年5月以降

 NVIDIA Fermiの物量が確保できるのは2010年5月以降という話です。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100218124405_Fermi_Architecture_Will_Only_Hit_the_Pull_Stride_Next_Quarter_CEO_of_Nvidia.html

 これによると、今年の5月からFermiベースのGeForce/Tesla/Quadroといった製品群を大量投入するそうです。しかしメインストリームからエントリ向けについては新機能の需要が低いため、現行製品のアップデートについては重要ではないとしています。そしてFermiへの移行はTSMCの40nmプロセスの供給に依存するとしています。

 GeForce GTX 470/480については3月か4月に発表をするだけして、実際に物量が確保できるようになる(=入手が容易になる)のは5月以降ということになるようです。

| | コメント (0)

S3 GraphicsがDual GPU Chromeをデモ-Chrome 5400E X2

 S3 GraphicsがDual GPU Chromeのデモを行うそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100218072009_S3_Graphics_Shows_Off_Dual_GPU_Graphics_Card.html
http://www.nordichardware.com/en/component/content/article/71-graphics/272-via-demos-dual-gpu-s3-graphics-card-at-digital-signage-expo-2010.html

 これは2月24日~25日に開催されるDigital Signage Expo 2010にて行われる予定で、Chrome 5400E X2というボードになっています。基本的には電子看板向けで、4つの独立した1080pのストリーム動画をPanoChrome Techonologyなる技術によって可能にし、また最大8画面に出力することが可能だそうです。

 Chrome 5400Eは組み込みグラフィックス向けで、DirectX 10.1, OpenGL 3.0、HDMI経由の音声出力に対応します。またH.264やMPEG2 HDといったHD動画の再生支援機能も有します。サンプルはQ2/2010からODM向けに配布されます。

 これのPC向けの単体ボード販売については触れられていません。

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

AMDがRadeon HD 5870の高性能版を用意-Trillianなる開発名

 AMDがRadeon HD 5870の高性能版を用意しているそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17720/1/

 これにはTrillianなる開発名がつけられているものの、Radeon HD 5890と名乗るかどうかは分からないようです。それ以外の詳しい仕様などについては、この記事では触れられていません。

 2009年12月9日の記事でFermi対抗で登場させるという情報がありましたが、これの続報にあたります。

| | コメント (0)

Sandy BridgeはArrandaleに比べて20%高速?

 Sandy BridgeはArrandaleに比べて20%高速という話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/17713/1/

 といっても同一周波数で比較してというわけではなく、ArrandaleとSandy Bridgeの2コアのそれぞれの最上位モデルと比較してという話のようで、実際のところIPCの向上がどれくらいなのかなどについては明らかになっていません。

| | コメント (0)

Radeon HD 5830は2月25日に登場

 Radeon HD 5830は2月25日に登場だそうです。

http://vr-zone.com/forums/560962/it-s-official-launch-dates-of-ati-radeon-hd-5830-and-hd-5870-eyefinity-6-edition.html

 現在2月18日説と25日説が飛び交っていますが、この記事では後者を挙げています。また6画面出力に対応するRadeon HD 5870 Eyefinity 6 Editionは3月11日に登場となっています。

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

12コアのMagny-Cours OpteronがeBayに出品される-Opteron 6174

 12コアのMagny-Cours OpteronがeBayに出品されたそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100215231002_AMD_s_Twelve_Core_Microprocessors_Available_for_Sale.html

 出品しているのはミズーリ州のOakville Mehlville Computersなるサーバやワークステーションを販売している会社で、Opteron 6174が搭載されているそうです。これは未発表なもののES品といった類ではなく、最初の量産品であるようです。

 動作周波数は2.20GHz, L2キャッシュサイズは512KBx12, L3キャッシュサイズは12MB, メモリはDDR3-1333の4チャネル、Socket G34に対応します。

 2009年12月16日の記事ではMagny-Coursは2010年3月登場となっていました。また今回の記事でもAMDは「Q1/2010に登場予定だ」と語っており、製品レベルに達しているようです。

| | コメント (0)

AMDがAthlon II X4 645/640を計画

 AMDがAthlon II X4 645/640を計画しているそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17687/1/

 いずれもPropusベースでL3キャッシュなし、TDP 95Wです。動作周波数は645が3.1GHz, 640が3.0GHz, L2キャッシュサイズは512KBx4, Socket AM3となります。

 登場時期はAthlon II X4 640がQ2/2010, 645がQ3/2010中頃となっています。

| | コメント (0)

Core i3-550がQ2/2010に登場

 Core i3-550が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17689/1/

 これはClarkdaleの2コアで、動作周波数は3.2GHzで、その他の仕様は現行のCore i3-530と同様(L3キャッシュサイズ4MB, 内蔵グラフィックス部分のクロック733MHz, TDP 73W)です。

 登場時期はQ2/2010が予定されています。

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

Core i5-540UMがQ3/2010に登場

 Core i5-540UMが登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17668/1/

 これは2コアのArrandaleで動作周波数1.2GHz, Turbo Boost 2.0GHz, TDP 18W, グラフィックス部分のコアクロックは166MHz(最高500MHz)です。

 登場時期はQ3/2010が予定されています。

| | コメント (0)

Core i7-880がQ2/2010に登場

 Core i7-880が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17672/1/

 これはLynnfieldで4コア、動作周波数は3.06GHz, Turbo Boost 3.73GHz, TDP 95Wです。登場時期はQ2/2010が予定されています。Core i7-880の登場後もCore i5-870と共存するとしています。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

Core i7-960/930は2月28日に登場

 Core i7-960/930は2月28日に登場するそうです。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/1201.html

 仕様はCore i7-960が動作周波数3.2GHz, Turbo Boost 3.46GHzで56,000円前後、Core i7-930が動作周波数2.8GHz, Turbo Boost 3.06GHzで29,000円前後となっています。Core i7-960はなくなったとも言われていましたが、今月末に登場することになったようです。

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

Radeon HD 5570が販売開始

 Radeon HD 5570が販売開始されています。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100213/etc_ati.html

 実売価格は9,280~10,480円で、MSIやGIGABYTE, SAPPHIREからの登場です。GIGABYTEについてはオーバークロックモデルもあります。

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

Pentiumブランドは不滅?-intelの2010年デスクトップ向けプロセッサの出荷量でPentiumを40%以上出荷

 intelの2010年のデスクトップ向けプロセッサの大まかな出荷量に関する情報です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100211125242_Pentium_Still_Intel_s_Most_Popular_Desktop_Processor.html

 これによると、2010年のデスクトップ向けプロセッサの出荷量において、Pentiumブランドのプロセッサは42~43%程度を占め、そのうちPentium E5000およびE6000シリーズが40%程度を占めるそうです。またCore iシリーズは6%程度で、Q4/2010末には8%程度の出荷量になるとしています。

 Pentiumのブランドが1993年に登場して17年経ちますが、いまだに大きな存在であることには変わりないようです。

| | コメント (0)

Sandy Bridgeは4ディスプレイサポート-内蔵2画面、USBから2画面

 Sandy Bridgeは4ディスプレイサポートという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/17644/1/

 これによると、Sandy Bridgeはプロセッサ内蔵グラフィックス側の2画面に加え、チップセットのCougar PointのUSB経由でさらに2画面出力することが可能だそうです。またSandy Bridge内蔵グラフィックスはDisplayPortに対応し、2560x1600までの出力に対応します。

| | コメント (0)

Calpella Platformの後継Huron RiverもQ1/2011に登場

 Calpella Platformの後継Huron RiverもQ1/2011に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17639/1/

 Huron RiverはSandy Bridgeのノート向けで、プロセッサは2コアと4コアとなります。また超薄型ノート向けも同じ時期に投入されます。

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

AMDが3.2GHzの企業向けプロセッサを計画

 AMDが3.2GHzの企業向けプロセッサを計画しているという話です。

http://www.fudzilla.com/content/view/17606/1/

 これはPhenom II X4 B97というモデル名で、L2キャッシュサイズは512KBx4, L3キャッシュサイズは6MB, TDP 95Wです。これは現行の最上位モデルPhenom II X4 B95(3.0GHz)の後継となります。このPhenom II X4の3.20GHzながらTDP 95W品が登場するという点が注目するべきところではないかと思います。

 登場時期はQ2/2010が予定されています。

| | コメント (0)

AMDがAMD 870チップセットを計画

 AMDがAMD 870チップセットを計画しているそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17607/1/

 これはHyperTransport 3.0とSocket AM3, PCI Express 2.0 x16(1本, 8レーン2本の設定も可)に対応します。これはグラフィックスを統合せず、South BridgeにはSB600, SB700, SB710, SB750が採用されます。

 登場時期は2010年4月が予定され、安価なマザーボードに採用される見込みです。

| | コメント (0)

Radeon HD 5830の仕様に関する情報

 Radeon HD 5830の仕様に関する情報です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-ati-radeon-hd-5830-to-feature-1280-sp-release-indefinite/8429.html
http://www.fudzilla.com/content/view/17612/1/

 2010年1月20日の記事と関連します。これによるとストリームプロセッサ個数は1280, TMUは64(Fudzillaは60としている), コアクロックは750MHzと5850の725MHzより25MHz高くなっています。メモリクロックは1GHz, 画像メモリはGDDR5 1GB, メモリバス幅は256bitです。

 価格は215ユーロ程度ではないかとしています。登場時期は2月初旬から数週間遅れており、3月初旬にならないと広く流通しないと見られています。

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

6コア及び8コアのSandy Bridge(Sandy Bridge B2)はQ2/1011に登場

 6コア及び8コアのSandy Bridge(Sandy Bridge B2)はQ2/1011に登場するそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100209194503_Intel_to_Release_Sandy_Bridge_Processors_New_Infrastructure_in_Q1_2011_Source.html

 4コア及び2コアのSandy Bridge H2はQ1/2011登場というのは既報ですが、これに関して追加の情報があり、4コア品はTDP 95Wか65W, 2コア品はTDP 65Wとなるようです。2010年2月8日の記事にあった4コア品がTDP 65Wというのは全部が全部65Wというわけではなく、95Wと65Wそれぞれが存在するようです。

 そして上位モデルとなる6コアと8コアのSandy Bridge B2は後から登場することになりますが、これははQ2/2011と一四半期遅れでの登場となるようです。2010年2月10日の記事にもある通り、Q1/2011のハイエンドはGulftownが引き続き担うことになります。

| | コメント (0)

Q1/2011に新たなGulftownのプロセッサが登場

 Q1/2011に新たなGulftownのプロセッサが登場するそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100209215545_Intel_to_Launch_Three_Six_Core_Gulftown_Processors_for_Desktops.html

 基本的な記事の内容はこれまでの情報を踏襲していますが、新たな情報としてCore i7-970の動作周波数が3.20GHzであることのほか、Q1/2011にExterme Editionのラインに新たなGulftownのプロセッサが投入されるそうです。動作周波数は980Xが3.33GHzであることから、これ以上となることは確実と思われます。

 2010年2月6日の記事ではCore i7 980Xの後継が登場するが、これはSandy Bridgeではないということになっていましたが、今回の記事でやはりGulftownであることが明らかになったようです。

| | コメント (0)

NVIDIAがノート向けの新機能Optimusを発表

 NVIDIAがノート向けの新機能Optimusを発表しました。

http://www.nvidia.com/object/io_1265444650876.html
http://www.4gamer.net/games/086/G008634/20100206001/ (日本語解説)

 正式にはNVIDIA Optimus Technologyという名称で、Switchable Graphicsを発展させたようなものとなります。従来のSwitchable Graphicsでは手動で内蔵と外部のグラフィックス切換を行っていましたが、これを自動で行うようにするというのがOptimusの機能概要です。

 対応プラットフォームはintelのCalpella(5シリーズチップセット+Core i3/i5/i7)及びMontevina(Core 2+4シリーズチップセット)、GPUはGT200のノート向け, 次世代GeForce M, 次世代IONです。対応OSはWindows 7です。

 技術面では基本的にディスプレイ出力しているのは内蔵グラフィックス側で、2Dを内蔵グラフィックス側、3Dを外部グラフィックス側(NVIDIA GPU)で描画するような仕組みになっています。この切り替えは自動で行われ、再起動などは不要です。またプロファイルにより特定のアプリケーションでNVIDIA GPUを使うといったことも可能になります。

 NVIDIA GPU側はPCI Express x16で接続されており、デバイスマネージャからは内蔵グラフィックスとNVIDIA GPUの両方存在しているように見えます。NVIDIA GPUが使用されてないいないときは電源オフの状態になり、余計な電力消費を防ぐようになっています。

 詳細については日本語解説記事をご覧ください。

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

AMDがLlanoの詳細をISSCC 2010にて発表

 AMDがLlanoの詳細をISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2010にて発表しました。

http://www.anandtech.com/cpuchipsets/showdoc.aspx?i=3736

 ISSCCは半導体に関する国際会議で、最新技術が発表されます。この会議にてAMDは初代FusionとなるLlanoについて発表を行いました。

 まとめると以下のようになります。詳細なスライドはリンク先の記事にありますので、関心のある方はご参照ください。

・32nm SOI, GlobalFoundriesによる製造
・グラフィックスコアはRadeon HD 5000シリーズの派生品, DirectX 11世代
・プロセッサ部分は4コア, Phenom IIの派生品。
・L2キャッシュ1MBx4(各コア1MB), L3キャッシュなし
・動作周波数は3GHzかそれ以上
・消費電力は2.5~25W
・コア電圧は0.8~1.3V
・プロセッサコアにPower Gatingを導入
・power aware clock grid designを採用
・サンプルは2010年前半、OEMは2011年から採用製品を出荷可能

| | コメント (0)

4コアのItanium 9300シリーズが正式発表

 4コアのItanium 9300シリーズが正式発表されました。

http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2010/100209a.htm

 Tukwilaという開発名で呼ばれていたプロセッサで、まずは5種類の製品が登場します。コア数は4か2, Hyper-Threadingに対応し、Turbo Boostにも対応します(9310は非対応)。次世代Xeon MPのNehalem-EXと共通の7500チップセットを使用し、プロセッサとチップセット間はQPI(4.8GT/s)で接続されます。

 以下の表にまとめました。Hewlett PackardなどがItanium 9300を採用するサーバを出荷する予定です。

Processor Number 動作周波数 L3キャッシュサイズ コア数 TDP 価格
9350 1.73GHz 24MB 4 185W 354,380円
9340 1.60GHz 20MB 4 185W 190,120円
9330 1.46GHz 20MB 4 155W 190,120円
9320 1.33GHz 16MB 4 155W 149,030円
9310 1.60GHz 10MB 2 130W 87,350円

| | コメント (0)

Core i7-660UMがQ3/2010に登場

 Core i7-660UMが登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17588/1/

 登場時期はQ3/2010で、Arrandale, すなわちノート向けとなります。UMという型番が示す通り低消費電力版で、2コア/4スレッドで動作周波数は1.33GHz(Turbo Boost 2.4GHz), TDP 18W, グラフィックス部分のコアクロックは166MHz(最高500MHz), L3キャッシュサイズは4MBです。

| | コメント (0)

Sandy Bridgeは最大2つのGPUを統合する?

 Sandy Bridgeは最大2つのGPUを統合するという話が出ています。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-intel-s-sandy-bridge-to-integrate-up-to-2-gpus/8414.html
http://www.fudzilla.com/content/view/17576/1/

 しかもこれを単一ダイにプロセッサコアと2GPUを統合するそうです。2つGPUを統合する理由については明らかになっていないものの、グラフィックス部分の性能向上のためではないかと推測しています。

| | コメント (0)

Radeon HD 5570が正式発表

 Radeon HD 5570が正式発表となりました。

http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/ati-radeon-5570-2010feb09.aspx
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100209_347895.html (日本語解説)

 先日のRadeon HD 5450と同じくローエンド向けで、ストリームプロセッサ個数は400, TMUは20, ROPsは8, コアクロックは650MHz, メモリクロックは900MHz, 画像メモリはDDR3, メモリバス幅は128bitです。消費電力は42.7W, アイドル時は9.69W、実売価格は$79~85です。

 早速ベンチマーク記事もありますので、日本語記事をいくつかご紹介しておきます。Radeon HD 4670と似たりよったりの結果となっています。

http://www.4gamer.net/games/098/G009886/20100208044/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20100209_347915.html

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

NVIDIAはノート用の外部グラフィックスに大きな商機があると見込んでいる

 NVIDIAはノート用の外部グラフィックスに大きな商機があると見込んでいるそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100206232833_Nvidia_External_Graphics_Accelerators_for_Notebooks_Is_a_Big_Opportunity.html

 NVIDIAのnotebook GPU Businessのgeneral managerが語ったところをまとめると、「外部グラフィックスには大きな商機があると見ており、GPUをドッキングステーションや外部デバイスに搭載する方法の検討を続ける。しかしながら、適切なセグメントに対して適正価格で製品を投入しなければならないという問題があり、何が投入できるかに注目している」となっています。

 ノート用外部グラフィックス製品は、Mobility Radeon HD 3870を搭載したFujitsu-Siemens Computers(現Fujitsu Technology Solutions)のAMILO GraphicBoosterという製品がありましたが、製品化の事例は今のところこれだけです。

| | コメント (0)

Sandy Bridgeの4コア品のTDPに関する情報-65W

 Sandy Bridgeの4コア品のTDPに関する情報です。

http://www.hkepc.com/4600 (中文・繁体字)

 2009年11月27日の記事ではSandy Bridge H2のTDPは4コア版が95W, 2コア版が65Wとなっていましたが、今回の記事ではLGA1155の4コア版でTDP 65Wとなっており、現在のLynnfieldのTDP(標準95W)と比較しても低いものとなっています。そのほかTurbo Boostの機能も強化されます。

 また対応するチップセットの情報も今回の記事には含まれており、開発名はCougar PointでSATA 6.0Gbpsに対応しますが、USB 3.0には対応しないそうです。このCougar Pointが6シリーズチップセットにあたります。

| | コメント (1)

Phenom II X6(Thuban)のC-State performance boostに関する情報

 Phenom II X6(Thuban)のC-State performance boostに関する情報です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20100205073010_AMD_Phenom_II_X6_Thuban_Processors_to_Get_Dynamic_Speed_Boost_Technology.html

 2009年10月19日の記事でも少し触れられていますが、これはCore i7などに実装されているTurbo Boostと基本的には同じような機能です。詳細についてはこの段階では明らかになっていないものの、シングルスレッドの性能がより必要になったとき、アイドル状態のコアを停止し、残ったコアをTDPの限界まで動作周波数を向上させるというものです。

 これは特に6コアが動作するOSであればどの環境でも動作し、名称についてはC-State performance boostから発表時には変わるとしています。このPhenom II X6はSocket AM3/AM2+いずれとも互換性を有しますが、このC-state performance boostがどの環境でも動作するかについては明らかになっていません。

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

Core i7 980X Extreme Editionの後継がQ1/2011に登場

 Core i7 980X Extreme Editionの後継がQ1/2011に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17539/1/

 今のところ2010年内はCore i7 980Xが最上位の位置を占め続け、Q1/2011にはこれの後継が登場するそうです。しかし、これはSandy Bridgeの6コアプロセッサというわけではないようで、コア数は6かそれ以上、製造プロセスは32nmになるであろうということです。

 2010年2月1日の記事と今回の情報を照らし合わせてみると、2/4コアのSandy Bridge H2がQ1/2011に登場、これより後に6コア以上のSandy Bridge B2が登場となっています。そうなると、980Xの後継はGulftownを継続し、とりあえず周波数を向上させるといったことが考えられます。

| | コメント (0)

Radeon HD 5570の仕様

 Radeon HD 5570の仕様の情報です。

http://www.fudzilla.com/content/view/17561/1/

 Radeon HD 5570は2月9日の登場が予定されています。以下に仕様をまとめました。

ストリームプロセッサ個数 400
コアクロック 650MHz
TMU 20
ROPs 8
画像メモリ DDR3
メモリクロック 900MHz
消費電力(最大/アイドル時) 42.7W/9.69W
メモリバス幅 128bit

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

intelの6コアWestmereの情報

 intelの6コアWestmereの情報です。

http://anandtech.com/cpuchipsets/showdoc.aspx?i=3733

 Westmereのコア自体はすでに2コアとしてClarkdaleやArrandaleに搭載されていますが、6コアとなるWestmere 6Cは2コアのダイを3個搭載というわけではなく、6コアで1ダイとなります。L3キャッシュサイズは12MB, QPI 6.4GT/sとなります。メモリコントローラはDDR3-1333の3チャネルに対応します。

 ダイサイズは240mm2でBloomfieldの263mm2より小さくなります。そして4コア専用ダイのWestmereを作る予定はないそうで、6コアのうち2コアを無効にしたものをWestmere 4C(主に4コアのWestmere-EP Xeon用)として出荷します。

 またPower Gatingの機能がCore(プロセッサコア)以外のUn-core(L3キャッシュ、QPI Link, メモリコントローラ。最近intelはCoreとUn-coreという表現をしている)にも導入され、使っていない部分の電源を切ることでアイドル時の消費電力を下げることができます。また1.35V駆動の低電圧版DDR3にも対応します。

| | コメント (0)

GF100(GeForce GTX 480/470)の登場はさらに延伸するのか

 GF100(GeForce GTX 480/470)の登場はさらに延伸するなどという話が出ています。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201002/0401.html

 2010年2月~4月に登場予定とされているGF100ですが、これによると関係者の間では5月に延びるかもしれないという話が出ているようです。何が原因で延伸する可能性があるかについては不明ですが、何やら怪しい空気が流れているようです。

| | コメント (0)

Athlon II X2 265/260が登場

 Athlon II X2 265/260が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17552/1/

 Athlon II X2 260(記事には書かれていないが3.2GHzと思われる)がQ2/2010(特に問題なければ4月), Athlon II X2 265(3.3GHz, L2キャッシュサイズ1MBx2)がQ3/2010半ばごろの登場予定となっています。いずれもRegorベースでSocket AM3です。

| | コメント (0)

Radeon HD 5830は2月18日に登場

 Radeon HD 5830は2月18日に登場するそうです。

http://news.ati-forum.de/index.php/news/34-amdati-grafikkarten/1016-hd5830-erscheinungstermin-bekannt (独語)

 2月5日(2010年1月18日の記事)とも早くて2月初旬(2010年1月28日の記事)とも言われていました。価格や仕様については今回の記事でも明らかになっていません。

| | コメント (0)

2010年2月 4日 (木)

Radeon HD 5450が正式発表

 Radeon HD 5450が正式発表となりました。

http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/new-ati-radeon-hd-5450-graphics-card2010feb04.aspx
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100204_346856.html (日本語解説)

 Radeon HD 5000シリーズのエントリ向けとなります。ストリームプロセッサ個数は80, コアクロックは650MHz, TMUは8, ROPsは4, メモリバス幅は64bit, メモリクロックは800MHz, 画像メモリはDDR2/DDR3 1GB, 消費電力はアイドル時6.5W, 通常時で19.1Wとなります。

 ベンチマークもありますので、日本語の4Gamerの記事をご紹介しておきます。Radeon HD 4550とさほど性能面での違いはないようです。

http://www.4gamer.net/games/103/G010391/20100203064/

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

DDR3対応のAtomはN475となる

 DDR3対応のAtomはN475となるそうです。

http://www.fudzilla.com/content/view/17502/1/

 登場時期はQ3/2010で、動作周波数は1.83GHz, TDP 6.5Wとなります。2009年12月17日の記事の続報にあたります。

| | コメント (0)

GF100の製品名が決まる-GeForce GTX 480/470に

 GF100の製品名が決まったという話です。

http://vr-zone.com/articles/-rumour-gf100-to-be-branded-nvidia-geforce-gtx-480-/8385.html
http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20100201230541_Nvidia_s_Next_Generation_Graphics_Cards_Finally_Get_Official_Names.html

 GeForce GTX 480/470となり、300シリーズではなく400を採用したようです。最初の2つの製品がこれを名乗るとなっており、今後GeForce 400シリーズで製品名の展開をしていくものと思われます。

| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

Radeon HD 5450の仕様の情報

 Radeon HD 5450の仕様の情報です。

http://www.tcmagazine.com/comments.php?shownews=32347&catid=2

 これによると、ストリームプロセッサ個数は80, コアクロックは650MHz, メモリバス幅は64bit, 画像メモリはGDDR3 1GB, メモリクロックは800MHzとなっています。

 登場時期は2月4日が予定されています。

| | コメント (0)

Q3/2010までに登場するintelデスクトッププロセッサ情報

 Q3/2010までに登場するintelデスクトッププロセッサ情報です。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201001/3001.html

 以下のスケジュールで登場するようです。Core i7-960はキャンセルされたとしています。

・「Core i7-930」(Bloomfield,2.8GHz,Turbo Boost/3.06GHz) 2/28
・「Core i7-980X Extreme Edition」(Gulftown,3.33GHz,Turbo Boost/3.6GHz) 3/16
・「Core i5-680」(Clarkdale,3.6GHz,Turbo Boost/3.8GHz) 4月中旬~5月中
・「Core i7-880」(Lynnfield,3.06GHz,Turbo Boost/3.73GHz) Q2/2010
・「Core i3-550」(Clarkdale,3.2GHz,Turbo Boost/なし) Q2/2010
・「Pentium E6700」(Penryn,3.43GHz) Q2/2010
・「Core i7-970」(Gulftown,3.33GHz,Turbo Boost/3.46GHz)Q3/2010

| | コメント (0)

Sandy Bridgeは当初2コアと4コアのみ-Sandy Bridge H2のことか

 Sandy Bridgeは当初2コアと4コアのみという話が出ています。

http://www.fudzilla.com/content/view/17476/1/

 Q1/2011の登場が予定されているSandy Bridgeですが、これによると発表段階では2コア品と4コア品しかないそうで、6コア品はGulftownのCore i7 980Xが引き続き担うようです。

 これと2009年11月27日の記事を比較すると、今回の記事はSandy Bridge H2(LGA1155)のことを言っているのではないかと思われます。6コア以上についてはSandy Bridge B2(LGA1366)が該当します。

 話を総合すると、Q1/2011にはSandy Bridge H2のみ登場し、後にSandy Bridge B2が登場するという流れになります。

| | コメント (1)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »