« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

GeForce GTX 580の仕様

 GeForce GTX 580の仕様が出てきました。

http://vr-zone.com/articles/nvidia-geforce-gtx-580-specifications-leaked/10184.html

 仕様を以下にまとめました。比較用にGeForce GTX 480も合わせて掲載しています。GeForce GTX 580はGeForce GTX 480と比べて15~20%程度性能向上するとしています。

  GeForce GTX 580 GeForce GTX 480
ストリームプロセッサ個数 512 480
シェーダクロック 1544MHz 1401MHz
コアクロック 772MHz 700MHz
メモリクロック 4008MHz(データレート) 3696MHz(データレート)
画像メモリ GDDR5 1536MB GDDR5 1536MB
メモリバス幅 384bit 384bit

| | コメント (0)

2010年10月29日 (金)

GeForce GTX 580は11月に登場

 GeForce GTX 580は11月に登場するという話です。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20676-geforce-gtx-580-to-launch-in-november

 NVIDIAはGF110ベースとなるGeForce GTX 580を、AMDのCaymanが登場する11月20日より少し前に発表する意向であるようです。価格については当初$499と言われていたようですが、Caymanの性能と価格にも左右されるとしています。

| | コメント (0)

Ivy Bridgeは24EUを持つ

 Ivy Bridgeは24EU(Execution Unit, シェーダユニット相当)を持つという話です。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20677-ivy-bridge-22nm-has-24-shaders

 Ivy BridgeはSandy bridgeの後継となり、22nmプロセスで製造されます。Sandy Bridge統合グラフィックスのEU数は最大12ですが、Ivy Bridgeではこれが倍の24に拡張されるようです。これはゲーム性能を高めるものの、ドライバも当然練り込まねばならず、intelは問題のドライバ修正に時間がかかることが多いことから、その点を不安視する見方をしています。

 Ivy Bridgeの発表は2011年末、実際の量産出荷はQ1/2012から始まる予定となっています。

| | コメント (1)

NVIDIAのドライバGeForce/IONにGeForce GTX 580の名前が現れる

 NVIDIAのドライバGeForce/IONにGeForce GTX 580の名前が現れたようです。

http://en.expreview.com/2010/10/29/supporting-gtx-580nvidia-geforceion-261-00-driver-comes-out/11270.html
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/31360/geforce-gtx-580-mentioned-new-nvidia-developer-driver

 GeForce/ION 261.00の32bit版ドライバのINFファイルにGeForce GTX 580/GTS 455/GT 555Mのほか、GeForce 405という名前が見えます。

| | コメント (0)

AMDがOpteron 6100シリーズの新製品を用意

 AMDがOpteron 6100シリーズの新製品を用意しているようです。

http://www.cpu-world.com/news_2010/2010102801_AMD_prepares_new_Opteron_6100_models.html

 Opteron 6100シリーズはMagny-Coursで12/8コアとなり、Socket G34を採用します。例によって以下の表にまとめました。登場時期についてはこの記事では触れられていません。

プロセッサコア数動作周波数L3キャッシュACPTDP
Opteron 6132 HE 8 2.2GHz 12MB 65W 85W
Opteron 6140 8 2.6GHz 12MB 80W 115W
Opteron 6166 HE 12 1.8GHz 12MB 65W 85W
Opteron 6176 12 2.3GHz 12MB 80W 115W
Opteron 6180 SE 12 2.5GHz 12MB 105W 140W

| | コメント (0)

2010年10月28日 (木)

Caymanのサンプル出荷が開始

 Caymanのサンプル出荷が始まっているそうです。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20651-cayman-is-sampled

 すでにパートナーにはCayman XTのサンプルボードを出荷しているようです。Cayman XTはRadeon HD 6970となり、冷却ファンは2スロット使用し発熱もかなりのものとなるようです。CaymanはBartsと違い新しいアーキテクチャが採用されており、これにより更なる性能向上を果たしています。

 Radeon HD 6970はRadeon HD 5870より高速となり、GeForce GTX 480と同程度かそれ以上になるとしています。登場時期は11月20日と見られています。

| | コメント (0)

GeForce GTX 580の画像

 GeForce GTX 580の画像が出てきました。

http://we.pcinlife.com/thread-1540808-1-1.html
http://en.expreview.com/2010/10/28/first-exposuregeforce-gtx-580-poses-for-the-camera/11251.html

 出力はDVIが2個、HDMIが1個となっています。しかし今回はボードの画像だけで、それ以外の仕様に関する情報は今回の記事では出てきていません。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

LGA2011となるSandy Bridge-Eのソケットの画像

 LGA2011となるSandy Bridge-Eのソケットの画像です。

http://www.computerbase.de/news/hardware/prozessoren/intel/2010/oktober/intels-sandy-bridge-e-wird-ein-grosskaliber/

 LGA2011はSocket Rと呼ばれており、2-Wayプロセッサの後世になっています。CPU-Zのスクリーンショットもあり、これを見ると8コア/16スレッド、L2キャッシュは256KBx8, L3キャッシュは20MBとなっています。タスクマネージャのCPU負荷メータを見ると32個並んでおり、なかなか壮観です。

| | コメント (0)

NVIDIAがGeForce GTX 590を用意か

 NVIDIAがGeForce GTX 590を用意しているという話です。

http://www.kitguru.net/components/graphic-cards/faith/nvidia-kills-off-gtx490-pumps-out-gtx590-for-cebit/

 これによると、これまで何度か噂されてきたGeForce GTX 470の2GPU版となるGeForce GTX 490はキャンセルとなり、代わりに2011年3月第1週に開催されるCeBITに合わせて新たな2GPUのボードを用意するそうで、これがGeForce GTX 590になるとしています。

| | コメント (0)

NVIDIAがGeForce GTX 460/470の値下げを撤回か-NVIDIAは否定

 NVIDIAがGeForce GTX 460/470の値下げを撤回するなどという話が出ています。

http://vr-zone.com/articles/rumour-nvidia-geforce-gtx-460-1-gb--gtx-470-price-cut-repealed-on-november-14th/10163.html

 先日Radeon HD 6800シリーズの発表に合わせてGeForce GTX 460 1GBと470が値下げされましたが、リテール関係者の話によるとこれは一時的なものであり、11月14日は値下げ前の価格に戻すという噂があるようです。

 しかし、NVIDIAがFudzillaに宛てたメールで「これは間違いであり、価格改定(値下げ)は一時的ではなく継続される」と明確に否定しており、とりあえず噂で終わりそうです。

| | コメント (0)

Sandy Bridgeの価格情報

 Sandy Bridgeの価格情報です。

http://www.computerbase.de/news/hardware/prozessoren/intel/2010/oktober/preise-und-weitere-benchmarks-zu-sandy-bridge/ (独語)

 以下の表にまとめました。10/27現在1ユーロ=113円前後なので、最上位のCore i7-2600Kは単純計算で32,000円弱と、4コアで3.4GHzとしては比較的安価になります。

プロセッサ コア数/スレッド数 動作周波数/Turbo Boost L3キャッシュ 統合グラフィックス
ブランド
TDP 価格
Core i7-2600K 4 / 8 3.4 / 3.8GHz 8MB intel HD Graphics 200 95W 280ユーロ
Core i7-2600 4 / 8 3.4 / 3.8GHz 8MB intel HD Graphics 200 95W 261ユーロ
Core i7-2600S 4 / 8 2.8 / 3.8GHz 8MB intel HD Graphics 100 65W 270ユーロ
Core i5-2500K 4 / 4 3.3 / 3.7GHz 6MB intel HD Graphics 200 95W 192ユーロ
Core i5-2500 4 / 4 3.3 / 3.7GHz 6MB intel HD Graphics 200 95W 182ユーロ
Core i5-2500S 4 / 4 2.7 / 3.7GHz 6MB intel HD Graphics 100 65W 192ユーロ
Core i5-2500T 4 / 4 2.3 / 3.3GHz 6MB intel HD Graphics 100 45W -
Core i5-2400 4 / 4 3.1 / 3.4GHz 6MB intel HD Graphics 100 95W 163ユーロ
Core i5-2400S 4 / 4 2.5 / 3.3GHz 6MB intel HD Graphics 100 65W -
Core i5-2390T 2 / 4 2.7 / 3.5GHz 3MB intel HD Graphics 100 35W -
Core i3-2120 2 / 4 3.3GHz(Turbo Boost非対応) 3MB intel HD Graphics 100 65W 122ユーロ
Core i3-2100 2 / 4 3.1GHz(Turbo Boost非対応) 3MB intel HD Graphics 100 65W 103ユーロ
Core i3-2100T 2 / 4 2.5GHz(Turbo Boost非対応) 3MB intel HD Graphics 100 35W -

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

ZOTACがGeForce GTX 460 X2を開発中

 ZOTACがGeForce GTX 460 X2を開発中だそうです。

http://www.expreview.com/12471.html (中文・簡体字)
http://www.techpowerup.com/133384/Zotac-Designs-GeForce-GTX-460-X2-Graphics-Card.html (英語解説)

 その名の通りGeForce GTX 460 1GBを2枚一組にしており、nForce 200の接続による内部SLI構成になります。出力はDVI(Dual-link)が4個、mini-HDMIが1個となります。電源コネクタは8ピンが2個、SLIコネクタもあります。

| | コメント (0)

Sandy BridgeのCore i7-2600Kをオーバークロック

 Sandy BridgeのCore i7-2600Kをオーバークロックしたスクリーンショットがあります。

http://forum.coolaler.com/showthread.php?t=251959
http://www.semiaccurate.com/2010/10/25/first-k-series-sandy-bridge-gets-overclocked/

 Core i7-2600Kは4コアで動作周波数3.4GHzとなり、Processor NumberにKが付与されていることから倍率可変となります。これを最大5GHzまでオーバークロックさせて動作しています。

 倍率は65倍まで設定可能のようで、ベースクロックが100MHzから上げられないとなると(関連:2010年7月26日の記事)そのままだと6.5GHzまでの向上となります。最も、6GHz以上も回るのかという疑問はあります。

| | コメント (0)

Radeon HD 6970のベンチマーク結果

 Radeon HD 6970のベンチマーク結果というものが出ています。

http://www.tweaktown.com/news/17266/leaked_amd_radeon_6970_results/index.html

 これによると、Radeon HD 6970はGeForce GTX 480より少なくとも10%は高速であるとしています。コアクロックは800~900MHz、電源コネクタは6ピン+8ピン、TDPは255W以上となっています。

 ベンチマークは以下の通りで、3DMark VantageはPerformance, Unigine Heavenは1920 x 1200, 4xAA, 16xAFで測定しています。


3DMark Vantage Unigine Heaven
Radeon HD 6970 P24499 36.6fps
GeForce GTX 480 P21106 29.5fps
Radeon HD 5870 P19337 17.3fps

| | コメント (0)

2010年10月25日 (月)

Radeon HD 6850にはストリームプロセッサ個数が1120個のバージョンがあった

 Radeon HD 6850にはストリームプロセッサ個数が1120個のバージョンがあったようです。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20609-amd-officially-confirms-some-6850-with-1120-shaders
http://www.fudzilla.com/graphics/item/20604-hd-6850-with-1120-shaders-went-to-reviewers
http://xtreview.com/addcomment-id-14210-view-Radeon-HD-6850-unlocking.html

 これによると、一部のレビューアにはストリームプロセッサ個数が1120のRadeon HD 6850のサンプルが渡されたようです。これについてAMDの関係者が公式コメントを寄せており「一部のパートナー向けにはストリームプロセッサ個数が通常(960)より多いサンプル品が渡されている。これは一部のパートナーでは検証用に初期型のチップを搭載したものを使っているからである。これは正しいストリームプロセッサ個数ではなく、量産品では960という正しい個数になる」としています。

 xtreviewの記事ではRadeon HD 6850の"unlocking"として、ストリームプロセッサ個数の1120化ができたとしています。2番目のFudzillaの記事ではVGA-BIOSを入れ換えることでそのようになるという旨の記載があり、xtreviewはこのやり方を使った可能性があります。そしてこれらが事実ならば、"1120化用VGA-BIOS"がどこかで配布されるのかもしれません。

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

ZosmaコアのPhenom II X4 970 Black Editionはやはり6コア化できた

 ZosmaコアのPhenom II X4 970 Black Editionはやはり6コア化できたようです。

http://www.cpu-world.com/news_2010/2010102101_AMD_Phenom_II_X4_970_BE_with_unlockable_cores.html

 2010年8月12日の記事でPhenom II 970 BEには2バージョンあり、リテール販売向けのDeneb版とOEM向けのZosma版があるとなっていました。

 今回の記事ではOEM用のZosma版Phenom II X4 970を実際に入手し、例によってBIOSセットアップメニューにあるAdvanced Clock Calibration(ACC)をAutoに設定することで6コア化できたようです。実際に6コア化したときのCPU-Zのスクリーンショットもあります。

 コアのUnlockはもうほとんど「恒例」になった感もあります。

| | コメント (2)

2010年10月22日 (金)

GeForce GTX 475はGF114ベース?

 GeForce GTX 475はGF114ベースであるという話です。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20588-geforce-%E2%80%9E475%E2%80%9C-is-gf114-based
http://en.expreview.com/2010/10/22/nvidia-to-introduce-geforce-gtx-475-based-on-new-gf104/11120.html

 FudzillaとExpreviewの記事をまとめると、GF114はGF104で1個無効にされているSM(Streaming Multiprocessors)を有効にして8個フル構成とし、ストリームプロセッサ個数384, TMU 64としたもので、動作周波数も現行のGeForce GTX 460から引き上げられると思われることから、性能面ではGeForce GTX 470を超えるのではないかとしています。

 ちなみにFudzillaはこのGF114ベースのボードはGeForce GTX 560あたりで登場するのではないかと見ています。

| | コメント (0)

Windows 7が登場1周年

 Windows 7の登場から1周年を迎えました。

http://www.microsoft.com/presspass/features/2010/oct10/10-21win7oneyear.mspx
http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/1st/default.aspx

 Microsoftによると、Windows 7のライセンス販売数が1年間で2億4000万を超え、9月の段階でコンシューマ向けPCの93%にWindows 7がインストールされており、また企業においても90%近くがWindows 7への移行が始まっているとしています。これに関連して、Microsoftは1周年記念として10月29日からWindows 7 Home Premium Upgradeの優待パッケージ販売などを行います。

 私のPCも登場後すぐにデスクトップ、ノートともにWindows 7に移行し、大きな不満なく使用しています。個人的にはWindows XPにとどまり続ける理由がなくなったので、移行そのものは早かったですね。

| | コメント (0)

GeForce GTX 580の名前がうっかり?NVIDIAの公式ページに掲載

 GeForce GTX 580の名前がうっかり?NVIDIAの公式ページに掲載されたようです。

http://www.geeks3d.com/20101021/geforce-gtx-580-listed-at-nvidia/

 NVIDIAの3D VISIONの必要構成にあるNVIDIA GeForce Graphics Cardsに、一時GeForce GTX 580の名前が掲載されていたようです。現在は削除されていますが、GeForce GTX 580の仕様はともかく存在は明らかになったといえそうです。

| | コメント (0)

 Radeon HD 6870/6850が正式発表

 Radeon HD 6870/6850が正式発表されました。

http://www.4gamer.net/games/110/G011065/20101022001/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101022_401769.html

 Northern Islands世代最初の製品となり、これまでBartsの開発名で呼ばれてきました。基本的には現在のEvergreen世代(Radeon HD 5000シリーズ)のエンハンスとなります。製造プロセスは40nm, UVD3に対応し、Blu-ray 3Dの対応のほか、MPEG-2/MPEG-4 part 2(DivX/xVid)の再生支援が可能となっています。

 さらに11月第3週にはCaymanのRadeon HD 6970/6950が登場し、Q4/2010中にCaymanの2GPU版となるRadeon HD 6990が登場します。Radeon HD 5700シリーズは継続販売され、現行のRadeon HD 5970と5800シリーズは販売終息となります。

 Radeon HD 6870/6850の仕様を以下にまとめました。

  Radeon HD 6870 Radeon HD 6850
コアクロック 900MHz 775MHz
メモリクロック 4.2GHz(データレート) 4.0GHz(データレート)
ストリームプロセッサ個数 1120 960
TMU 56 48
ROPs 32 32
メモリバス幅 256bit 256bit
画像メモリ GDDR5 1GB GDDR5 1GB
消費電力(最大/アイドル時) 151W/19W 127W/19W
価格 $239 $179

 またベンチマーク記事が早速いくつか出ていますので、日本語記事を紹介します。

http://www.4gamer.net/games/110/G011065/20101021082/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20101022_401773.html

 ところでRadeon HD 6800シリーズの登場に合わせて、NVIDIAはこれの対抗としてGeForce GTX 460 1GBを$199.99、GeForce GTX 470を$259.99に値下げします。

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

AMDはZacateとOntarioをCES 2011で発表

 AMDはZacateとOntarioをCES 2011で発表するそうです。

http://www.fudzilla.com/notebooks/item/20560-ontario-and-zacate-fusion-launch-at-ces-2011

 CES 2011は2011年1月6日~9日に開催されます。記事によるとAMDのExecutive Vice Presidentの一人から確認したとしています。またAMDのSenior Vice Presidentによると一部のパートナーにはスケジュール通知とプロセッサのサンプル送付を既に行ったとしています。

 これらの採用製品は2011年2月初旬には入手可能となるようです。

| | コメント (0)

NVIDIAがGeForce GTX 470/460を値下げ

 NVIDIAがGeForce GTX 470/460を値下げするそうです。

http://hardocp.com/news/2010/10/20/big_price_drops_on_nvidia_cards_coming

 これは明日発表のRadeon HD 6800シリーズ対抗のためで、GeForce GTX 470とGeForce GTX 460 1GBが対象となり、数日中には行われるそうです。具体的にいくら値下げするかについてはこの記事では書かれていませんが、大幅なる値下げとあることから事実ならばこれは期待できそうです。

| | コメント (0)

GeForce GTX 580は480より20%高速-その他GF110派生品の情報もあり

 GeForce GTX 580は480より20%高速だそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20101020PD223.html

 GeForce GTX 580はGF110ベースと言われており、この記事では登場時期は11月末か12月初旬としています。そしてボードベンダの話によると、現行のGeForce GTX 480より20%高速であるとしています。

 そのほか新しい情報として、NVIDIAはGF110の派生品を色々用意するようで、GF112, GF114, GF119といったGPUを2011年に登場させる計画となっています。そして2011年末には次世代で28nmのKeplerが登場します。

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

Radeon HD 6800シリーズの本当の最終的な仕様か

 Radeon HD 6800シリーズの本当の最終的な仕様と見られるものです。

http://vr-zone.com/articles/amd-radeon-hd-6800-specifications-leaked/10101.html
http://www.techpowerup.com/133065/AMD-Radeon-HD-6850-PCB-Pictured.html

 以下の表に仕様をまとめましたが、明後日の10月22日には全貌が明らかになるので、ほとんど参考程度ですかね。

 
Radeon HD 6870 Radeon HD 6850
コアクロック 900MHz 775MHx
メモリクロック 4.2GHz(データレート) 4.0GHz(データレート)
ストリームプロセッサ個数 1120 960
TMU 56 48
ROPs 32 32
メモリバス幅 256bit 256bit
画像メモリ GDDR5 1GB GDDR5 1GB
消費電力(最大/アイドル時) 151W/19W 127W/19W
価格 $250以下 $180以下

| | コメント (0)

AMDのFusionデモの詳細-BulldozerやRadeon HD 6800シリーズの情報も

 AMDのFusionデモの詳細です。

http://www.4gamer.net/games/110/G011065/20101020008/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20101020_401148.html

 今回のデモではNorthern Islands世代となるRadeon HD 6800シリーズ(Barts)のデモも合わせて行われました。AMDによるとQ2/2011には外部グラフィックス市場でAMDは51%のシェアを獲得し、DirectX 11世代だけでいえば90%を占めていると強調しています。デモはMecha Rampageなどが行われました。発表は10月22日です。

 そして本題のFusionではZacateとLlanoのデモが行われました。ZacateはCore i5-520M(2.4GHz)とのN-Body演算性能の比較が行われ、Zacateの優位性をアピールしています。Zacateは18Wでメインストリーム向け、Ontarioは9Wで主にNetbook向けとなります。Llanoについては3つのタスクの並行処理のデモが行われています。

 また今回はBulldozerに関する情報もあり、Opteron用のInterlagos(最大16コア)とValencia(最大8コア), ハイエンドデスクトップ向けのZambezi(8コア)が2011年内に登場することが明言されています。また8コアのOrochiのダイ写真も公開されています。

 詳細については4Gamer及びPC Watchの記事に豊富な画像や動画がありますのでそちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

AMDがLlanoのデモを行う

 AMDがLlanoのデモを行いました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101019_400986.html?ref=rss
http://www.4gamer.net/games/029/G002977/20101019002/

 AMDが台湾で開催するTechnolgy Forum & Exhibitionにて公開しているようです。YouTubeでその様子が公開されています。詳細は追って伝えるそうです。またAMDの次世代GPUのNorthern Islands採用の新製品を10月22日に正式発表すると予告しており、実機のデモも行われています。

 詳細な情報が報告され次第、こちらもアップデートします。

| | コメント (0)

Q1/2011に登場するintelのデスクトップ向けプロセッサ

 Q1/2011に登場するintelのデスクトップ向けプロセッサの情報です。

http://xtreview.com/addcomment-id-14137-view-Intel-pentium-e5800.html

 2010年10月18日の記事でPentium G6960がQ1/2011に登場するとありましたが、このほかにもPentium E5800(3.2GHz, 2コア, TDP 65W), Celeron E3600(2.8GHz, 2コア), Core i7-980(3.33GHz, 6コア)が登場するようです。

| | コメント (0)

GeForce GTX 580は11月に単なるpaper launchで登場

 GeForce GTX 580は11月に単なるpaper launchで登場するそうです。

http://www.semiaccurate.com/2010/10/18/nvidia-gtx580-paper-launch-next-month/

 これはRadeon HD 6900(Cayman)対抗として登場させますが、このGeForce GTX 580のGF110はGF100のエンハンスのようなものであり、しかも実際院ボードが入手できるようになるのは2011年の1月末か2月初旬になるそうです。

 とりあえずAMDへの牽制で発表するだけしておこうということのようです。

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

Pentium G6960がQ1/2011に登場

 Pentium G6960が登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2010/2010101501_Intel_readies_Pentium_G6960_microprocessor.html

 これは現行のNehalemベースで、動作周波数2.93GHz(Turbo Boost非対応), L3キャッシュサイズは3MB, TDP 73Wとなります。それ以外の仕様はPentium G6950と同様です。

 登場時期はQ1/2011が予定されており、Sandy Bridge世代が登場する時期と重なります。

| | コメント (0)

NVIDIAがOEM向けのGeForce GT 440を追加

 NVIDIAがGeForce GT 440を追加しました。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3732 (独語)
http://www.nvidia.co.jp/object/product-geforce-gt-440-oem-jp.html

 これはGF106ベースで、基本的にOEM向けとなります。画像メモリはGDDR3 1.5GB及び3GBと、何だかやたらと搭載できるようになっています。

 以下の表に仕様をまとめました。比較用にGeForce GT 430とGTS 450も入れてあります。


GeForce GT 430 GeForce GT 440 GeForce GTS 450
コア GF108 GF106 GF106
コアクロック 700MHz 594MHz 783MHz
シェーダクロック 1400MHz 1188MHz 1566MHz
メモリクロック 900MHz 800/900MHz 900MHz
ストリームプロセッサ個数 96 144 192
TMU 16 24 32
ROPs 4 24 16
メモリバス幅 128bit 192bit 128bit
画像メモリ GDDR3 1GB GDDR3 1.5/3.0GB GDDR5 1GB
消費電力 49W 56W 106W

| | コメント (0)

intelがCore i3-550など6種類のプロセッサを値下げ

 intelがCore i3-550など6種類のプロセッサを値下げしました。

http://files.shareholder.com/downloads/INTC/1040580952x0x409912/9D4C4F36-2486-4B8B-86D1-09722295EC2C/Oct_17_1ku_Price.xls.pdf
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101018_400827.html

 10月17日付です。以下の表にまとめました。

プロセッサ コア数/スレッド数 動作周波数 Turbo Boost FSB キャッシュサイズ 旧価格 新価格 値下げ率
Celeron E3400 2/2 2.6GHz 非対応 800MHz 1MB(L2キャッシュ) $53 $42 21%
Pentium E5700 2/2 3GHz 非対応 800MHz 2MB(L3キャッシュ) $75 $64 15%
Pentium E6700 2/2 3.2GHz 非対応 1066MHz 2MB(L2キャッシュ) $86 $75 13%
Core i3-550 2/4 3.2GHz 非対応 4MB(L3キャッシュ) $138 $117 15%
Core i7-640LM 2/4 2.13GHz 2.93GHz 4MB(L3キャッシュ) $332 $311 6%
Core i7-660UM 2/4 1.33GHz 2.4GHz 4MB(L3キャッシュ) $317 $289 9%

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

Radeon HD 6870/6850の最終的な仕様

 Radeon HD 6870/6850の最終的な仕様の情報です。

http://news.ati-forum.de/index.php/news/34-amdati-grafikkarten/1548-exklusiv-endgueltige-spezifikationen-der-hd6850-und-hd6870 (独語)

 2010年10月15日の記事に書いてあった仕様と基本的には同じですが、今回の記事ではRadeon HD 6850のコアクロックが違うほか、ストリームプロセッサ個数の情報が新たに出ており、6850/6870ともに1120となっています。

 以下の表に仕様をまとめました。

  Radeon HD 6850 Radeon HD 6870
コアクロック 775MHz 900MHz
メモリクロック 1000MHz(データレート4000MHz) 1050MHz(データレート4200MHz)
メモリバス幅 256bit 256bit
画像メモリ GDDR5 1GB GDDR5 1GB
ストリームプロセッサ個数 1120 1120

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

ZacateのBrazos PlatformはMini-ITXで登場

 ZacateのBrazos PlatformはMini-ITXで登場という話です。

http://www.xbitlabs.com/news/mainboards/display/20101014145155_AMD_to_Bet_onto_Mini_ITX_with_Nettop_Brazos_Platform.html

 これによると、現在マザーボードベンダ6社がZacateを採用したMini-ITXのマザーボードを開発しているようです。これは小型ながらDirectX 11のGPUと2コアというなかなか強力なオールインワンシステムとなります。

| | コメント (0)

Radeon HD 6870の基板とGPU部分の画像

 Radeon HD 6870の基板とGPU部分の画像です。

http://www.techpowerup.com/132802/Radeon-HD-6870-PCB-and-GPU-Pictured.html

 リンク先に画像があります。基板のソルダレジストは黒、メモリ素子は32bitが8個でメモリバス幅は256bitで、GPUは現行のCypressとピン互換という話があり、Cypressの基板にBartsを搭載しVGA-BIOSを変更すれば完成となるようですが、そのようなことを考えているボードベンダは今のところいないようです。

| | コメント (0)

Radeon HD 6870/6850が海外通販サイトに登場

 Radeon HD 6870/6850が通販サイトに登場したようです。

http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/31065/radeon-hd-6850-hd-6870-get-listed-real-clocks-confirmed

 オランダのPCパーツ通販サイトに掲載されていたようで、スクリーンショットがあります。ボードはSapphireの製品で、Radeon HD 6850が189ユーロ(ドル換算で$265.7), Radeon HD 6870が255ユーロ(同$358.5)となっています。

 また仕様も書かれており、Radeon HD 6850がコアクロック725MHz, メモリクロックは4000MHz(データレート), メモリバス幅は256bitで画像メモリはGDDR5 1GBとなっています。Radeon HD 6870はコアクロック900MHz, メモリクロック4200MHz(データレート), メモリバス幅は256bitで画像メモリはGDDR1 GBとなっています。

 現在はサイトから削除されているようです。

| | コメント (0)

NVIDIAがGeForce GTX 580を用意

 NVIDIAがGeForce GTX 580などというものを用意しているそうです。

http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/31088/rumors-say-nvidia-prepping-512-core-geforce-gtx-580

 これはRadeon HD 6900シリーズ対抗で、40nmのGF110なるものをベースとしているそうです。ストリームプロセッサ個数は512, TMUは128, メモリバス幅は512bit, 画像メモリはGDDR5 2GB、登場は12月が予定されているようです。

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

組み込み向けのSandy BridgeがQ1/2011に登場

 組み込み向けのSandy BridgeがQ1/2011に登場するようです。

http://www.semiaccurate.com/2010/10/12/intel-low-power-embedded-sandy-bridge-coming-q111/

 登場時期はノートおよびデスクトップ向けと同じとなります。しかしこれらと違うのはメモリのECC対応で、チップセットはQM67が使用されます(Active Management Technology 7.0に対応)

 プロセッサについては以下の表にまとめました。Core i7-2655L/2610UEについてはTDP以外の仕様は今回の記事では出てきていません。

プロセッサ コア数 動作周波数/Turbo Boost ECC対応 L3キャッシュ 統合グラフィックスクロック
標準/最大
TDP
Core i5-251E 2 2.5GHz/3.2GHz 対応 3MB 650MHz/1050MHz 35W
Core i5-2510E 2 2.5GHz/3.2GHz 非対応 3MB 650MHz/1050MHz 35W
Core i7-2715QE 4 2.1GHz/3.0GHz 対応 6MB 650MHz/1100MHz 45W
Core i7-2710QE 4 2.1GHz/3.0GHz 非対応 6MB 650MHz/1100MHz 45W
Core i7-2655L 2 25W
Core i7-2610UE 2 17W

| | コメント (0)

AMDのRadeon HD 6000シリーズのスライド

 AMDのRadeon HD 6000シリーズのスライドが出てきました。

http://vr-zone.com/articles/amd-radeon-hd-6000-slides-leaked/10069.html

 スライドは2010年8月作成となっており、現在では内容が変わっている可能性があります。最初のProduct Transition Planのスライドでは、10月にBarts XT/PRO, 11月にCayman XT/PRO, 12月にAntillesが登場予定となっています。また現行のJuniper XT/LE(Radeon HD 5700シリーズ)は継続販売となります。

 Northern Island Display Featuresのスライドは最大5出力の対応のほか、3DやDisplayPort 1.2, Eyefinityへの対応がうたわれています。Next Gen. Product PositioningのスライドではCaymanがGeForce GTX 480/470対抗、BartsがGeForce GTX 460, JuniperがGeFroce GTX 450対抗と位置づけています。

 最後にBartsとCaymanのSKUの情報があり、Bartsに関してはGDDR5 1GBでBarts XTが電源コネクタが6ピン2個(Barts PROは1個), メモリは5Gbps, 消費電力はBarts XTが150W以上、Barts PROが150W以下となっています。

 CaymanはGDDR5 1GBでメモリはCayman XTが6Gbps, Cayman PROが5Gbps, 消費電力はCayman XTが300W以下、Cayman PROが225W以下となっています。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

Radeon HD 5770 X2なるものが用意されている様子

 Radeon HD 5770 X2なるものを用意しているベンダがいるようです。

http://vr-zone.com/articles/yeston-prepares-radeon-hd-5770-x2/10055.html

 これはAMDのAIBパートナYestonが用意しているもので、型名が示す通りRadeon HD 5770を2枚一組にしたボードとなります。ストリームプロセッサ個数は800×2, TMUは40×2, ROPsは16×2, メモリクロック4.2GHz(データレート), コアクロック850MHz, メモリバス幅128bit×2となります。

 CrossFireには対応しないものの、Lucid Hydraによるマルチグラフィックスは可能なようです。電源コネクタは6ピン一つのみで、Radeon HD 5770単体が108Wであることを考えると、その2GPU版は150Wを越えそうな感じです。

 ところでそろそろ次世代のRadeon HD 6000シリーズが出ようというときに、なぜ今更こんなものが出るのかという疑問が湧いてきますが、記事ではRadeon HD 5770の在庫処分用に作ったのではなかろうかと見ているようです。ちなみにYestonは中国市場が対象のようで、中国および近隣地域以外では販売されないのではないかと見られます。

| | コメント (0)

AMDはRadeon HD 6870/6850を10月22日に発表すると決定

 AMDはRadeon HD 6870/6850を10月22日に発表すると決定したようです。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20485-radeon-hd-6870-and-6850-launch-oct-22nd

 いろいろな説が流れていた発表日ですが、今回の記事が事実ならようやく決まったことになります。ボードは10月22日の週末か週明けには入手可能になるようです。

| | コメント (0)

2010年10月12日 (火)

デスクトップ向けFusion用チップセットHudsonに関する情報

 デスクトップ向けFusion用チップセットHudsonに関する情報です。

http://www.semiaccurate.com/2010/10/11/amd-also-set-launch-three-desktop-chipsets/

 2010年10月11日にはモバイルノート向けHudson-Mxの情報が出てきましたが、今回はデスクトップ向けHudson-Dxとなります。基本的な仕様はHudson-Mxと共通していますが、32bit 33MHz PCIの対応や、SATA RAIDの対応レベルが追加されているなどの違いがあります。またSDコントローラがSDHC(32GB)止まりなのも同様です。

 仕様について以下の表にまとめました。

  Hudson-D1 Hudson-D2 Hudson-D3
対象プラットフォーム Lynx(Llano) 
Brazos(Ontario)組み込み用
Lynx(Llano) Lynx(Llano)
Gigabit Ethernet MAC なし あり(10/100/1000) あり(10/100/1000)
EEE(Energy Efficient Ethernet) 非対応 対応 対応
SATA 3.0Gbps×6ポート 6.0Gbps×6ポート 6.0Gbps×6ポート
RAID 非対応 RAID-0, 1, 10 RAID-0, 1, 10
HD Audio 4チャネル
PCI Express PCI Express 2.0 1レーン×4ポート
32bit 33MHz PCI 4スロット 3スロット 3スロット
USB 3.0/2.0/1.1 0/14/2 0/14/2 4/10/2
SDコントローラ 非対応 対応 対応
VGA DAC 非対応 対応 対応

| | コメント (0)

Radeon HD 6870/6850の3DMarkの結果

 Radeon HD 6870/6850の3DMarkの結果が出ています。

http://www.xfastest.com/cms/tid-52081/ (中文・繁体字)

 今回の記事ではRadeon HD 6870はコアクロック900MHz, ストリームプロセッサ個数960, メモリバス幅256bit, メモリクロック1050MHz(4200MHz データレート), 画像メモリはGDDR5となっています。6850はコアクロック775Mhz, ストリームプロセッサ個数800, メモリバス幅256bit, メモリクロック1000MHz(4000MHz データレート), 画像メモリGDDR5です。

 評価環境が書かれていませんが、結果を以下にまとめました。3DMark VantageはPerformanceで設定されています。今回の結果を見る限り、3DMark Vantageに関していえば、Radeon HD 6870は5870より下回っています。

グラフィックボード 3DMark Vantage 3DMark06
GeForce GTX 480 P18376 19671
GeForce GTX 460(1GB) P13623 18601
GeForce GTX 460(768MB) P13386 18259
Radeon HD 5870 P17924 19433
Radeon HD 6870 P16270 19480
Radeon HD 5850 P15593 18762
Radeon HD 6850 P14872 18750
Radeon HD 5830 P14014 17298
Radeon HD 5770 P11017 16358
Radeon HD 5750 P9124 14966

| | コメント (0)

2010年10月11日 (月)

GeForce GT 430が発表

 GeForce GT 430が発表されました。

http://ascii.jp/elem/000/000/560/560677/
http://www.gdm.or.jp/voices_html/201010/20101005a.html (関連記事)

 これはGF108ベースで、コアクロック700MHz, シェーダクロック1400MHz, メモリクロック900MHz, 画像メモリはDDR3 1GB, ストリームプロセッサ個数は96, メモリバス幅は128bit, TDP 49Wとなります。本日22:01正式発表で、価格は8,000~9,000円程度になるようです。

| | コメント (0)

Radeon HD 6850の画像

 Radeon HD 6850の画像です。

http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/30952/amd-radeon-hd-6850-smiles-camera-apparently

 リンク先に画像があります。冷却ファンは2スロット使用し、6ピンの外部電源コネクタが必要になります。出力はDVI, HDMI, DisplayPortで、CrossFireに対応します。

 Radeon HD 6850の仕様についてはストリームプロセッサ個数800, コアクロック775MHz, メモリバス幅256bit, 画像メモリGDDR5 1GB, メモリクロック4000MHz(データレート)とこの記事では報じています。

| | コメント (0)

モバイルノート向けFusion用チップセットHudsonに関する情報

 モバイルノート向けFusion用チップセットHudsonに関する情報です。

http://www.semiaccurate.com/2010/10/08/amd-readying-three-mobile-fusion-chipsets/

 これによると、HudsonチップセットはHudson-M1/M2/M3の3種類が用意されます。1種類がOntario用、2種類がLlano用となります。Hudson-M2/M3に関してはSDコントローラにも対応しますが、SDHC(32GB)までの対応にとどまります。またHudson-Mシリーズすべてにおいて、32bit 33MHz PCIの対応が打ち切られるようです。

 仕様について以下の表にまとめました。

  Hudson-M1 Hudson-M2 Hudson-M3
対象プラットフォーム Brazos(Ontario) Sabine(Llano) Sabine(Llano)
Gigabit Ethernet MAC なし あり(10/100/1000) あり(10/100/1000)
EEE(Energy Efficient Ethernet) 非対応 対応 対応
SATA 6.0Gbps×6ポート
RAID 非対応 RAID-0, 1 RAID-0, 1
HD Audio 4チャネル
PCI Express PCI Express 2.0 1レーン×4ポート
USB 3.0/2.0/1.1 0/14/2 0/14/2 4/10/2
VGA DAC 非対応 対応 対応

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

Radeon HD 6870の画像

 Radeon HD 6870の画像です。

http://www.techpowerup.com/132432/AMD-Radeon-HD-6870-Reference-Design-Looks-Refined-Ready-to-Market.html
http://www.tcmagazine.com/tcm/news/hardware/30934/amd-radeon-hd-6870-pictured-can-control-five-monitors

 これによると、Barts XTがRadeon HD 6870, Barts ProがRadeon HD 6850となります。出力はDVI-Ix2, DisplayPort, HDMIに対応します。またEyefinity, HD3D Technology, CrossFire Xに対応し、メモリバス幅は256bit, 画像メモリはGDDR5となります。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

Xeon W3690がQ1/2011に登場

 Xeon W3690が登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2010/2010100601_Intel_plans_Xeon_W3690_for_Q1_2011.html

 これはシングルプロセッサ向けXeonとなり、6コアで動作周波数は3.46GHz, L3キャッシュ12MB, QPI 6.4GT/s, TDP 130Wとなります。スペックからして、Core i7-990XのXeon版と言えそうです。

 登場次期はQ1/2011が予定されています。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

Sandy BridgeのLGA1155版Xeonに関する情報-Xeon E3シリーズ

 Sandy BridgeのLGA1155版Xeonに関する情報です。

http://www.4gamer.net/games/098/G009883/20101004044/

 今回の記事はSandy Bridge関連のまとめのような内容になっており、多くはこれまで出てきた情報です。しかし最後のあたりで、LGA1155のXeonについて言及しています。これはXeon E3シリーズとなり、デスクトップ向けにはない最高周波数の3.5GHz品が用意されます。

 Xeon E3シリーズの製品構成については以下の表にまとめました。

プロセッサ名 動作周波数 コア数/スレッド数 L3キャッシュ 統合グラフィックスのコアクロック
ブランド名
対応メモリ TDP
Xeon E3-1280 3.5GHz 4/8 8MB なし DDR3-1333 95W
Xeon E3-1275 3.4GHz 4/8 8MB 850MHz
intel HD Graphics 200
DDR3-1333 95W
Xeon E3-1270 3.4GHz 4/8 8MB なし DDR3-1333 80W
Xeon E3-1260L 2.4GHz 4/8 8MB 850MHz
intel HD Graphics 100
DDR3-1333 45W
Xeon E3-1245 3.3GHz 4/8 8MB 850MHz
intel HD Graphics 200
DDR3-1333 95W
Xeon E3-1240 3.3GHz 4/8 8MB なし DDR3-1333 80W
Xeon E3-1235 3.2GHz 4/8 8MB 850MHz
intel HD Graphics 200
DDR3-1333 95W
Xeon E3-1230 3.2GHz 4/8 8MB なし DDR3-1333 80W
Xeon E3-1225 3.1GHz 4/4 6MB 850MHz
intel HD Graphics 200
DDR3-1333 95W
Xeon E3-1220 3.1GHz 4/4 8MB なし DDR3-1333 80W
Xeon E3-1220L 2.2GHz 2/4 3MB なし DDR3-1333 20W

| | コメント (1)

LlanoはQ3/2011に登場

 LlanoはQ3/2011に登場するようです。

http://www.fudzilla.com/notebooks/item/20400-llano-to-come-in-q3-2011

 2010年9月13日の記事では採用製品の出荷は2011年夏ごろという話でしたが、これによるとQ3/2011に登場となったようです。

 最初のテープアウトで何やら問題が発生したようで、この解決と量産の立ち上げにこぎ着けるのに6~9カ月かかったようです。

 ところでAMDの内部からの情報によると、多くの会社がFusionをほしがっているようで、それを採用した製品を登場させたいようです。しかし一方で、NVIDIAによるとOEMはFusionを好ましく思っていないと言っているようですが、実際のところはその中間なのではないかとFudzillaは見ているようです。

| | コメント (1)

NVIDIAが自社ブランドでグラフィックボード市場に参入

 NVIDIAが自社ブランドでグラフィックボード市場に参入したそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20101005174633_Nvidia_Enters_the_Market_of_Add_In_Graphics_Cards_with_Own_Brand_Products.html
http://www.legitreviews.com/article/1427/1/

 かつて3dfxやATiなどのように、自社のGPUを自社ブランドでボード販売してきたベンダが多かったのですが、NVIDIAはこれまでボード販売に関してはパートナー任せでした。しかしここにきて、NVIDIAは米国のBest Buyで自社ブランドによるボード販売を開始したそうです。このNVIDIAが販売するGeForceはBest Buy向け仕様になっており、サポートもNVIDIAが行います。

 また、NVIDIAは自社で量産する能力を持たないことから、生産を中国のFoxconnに委託し, コールセンタをインドにアウトソーシングしているようです。

 ところでLegit Reviewsは実際にBest BuyからGeForce GTX 460 1GBを購入した記事を書いており、価格は$299.99, 箱に"Designed and built by NVIDIA"と銘打ってあります。ボードが入っている箱の底には、11カ国語(英、仏、独、中、日、韓ほか)で「ありがとう」の意の単語が書かれており、これは将来米国以外にも展開する意図があったりするのでしょうか?

 それにしても、箱のデザインはNVIDIAの黒と緑で統一されていてなかなかいい感じですね。

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

ZosmaのPhenom II X4 960T/840Tがすでに出荷されている

 ZosmaのPhenom II X4 960T/840Tがすでに出荷されているようです。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20101004172615_AMD_Initiates_Shipments_of_Quad_Core_Chips_with_TurboCore_Technology.html

 これはHewlett PackardのHP Pavilion Slimline s5660とHP Pavilion Elite HPE-400zで選択できるようになっているようです。Zosmaは6コアのThubanで2コア無効にされたプロセッサで、それ以外の仕様はThubanに準じます。

| | コメント (0)

Radeon HD 6000シリーズが遅れる?-NVIDIAは対抗製品を色々と用意

 Radeon HD 6000シリーズが遅れるという話が出ています。

http://vr-zone.com/articles/amd-radeon-hd-6000-series-in-trouble-/9999.html

 今のところAMDはRadeon HD 6000シリーズを10月19日に発表しようとしていますが、この日が単なる発表だけに終わるという可能性があります。ただデモ自体は行われるようです。実際のボードが入手可能になるのは11月になるという見方をしており、今のところ販売店にはボードの価格や受注についても通知されていないようです。

 これについてはAMDはRadeon HD 6000シリーズの歩留りの問題に直面しているようで、それはTSMCの40nmに関する問題であるようです。また、最初に登場するのはRadeon HD 6700ではなく6800シリーズになるようです。

 これに対してNVIDIAは対抗製品を色々と用意しており、GF104のフルスペック版(ストリームプロセッサ個数384, 現在のGF104ベースのGeForce GTX 460は336)をGeForce GTX 475として11月か12月に登場します。ほかにはGF104の下位となるGF106はストリームプロセッサ個数は192, 64bitメモリコントローラとROPが3組となっていますが、これをベースにしたGeForce GTS 450はROPと64bitメモリコントローラが1組無効にされています。これはRadeon HD 5750/5770対抗となります。さらにこれの後継として、Radeon HD 6770対抗のGeForce GTS 455がQ1/2011初旬には登場予定となっています。

 また、ストリームプロセッサ個数512を搭載するフルスペック版GF100が登場するという話もあります。

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

ハイエンド向けグラフィックスは当面残るという

 ハイエンドグラフィックスは当面残るという見方です。

http://www.xbitlabs.com/news/video/display/20101003114130_Expensive_Graphics_Cards_Will_Continue_to_Exist_Analyst.html

 調査会社Jon Peddieの見方によると、ハイエンドやワークステーション、パフォーマンス向けのグラフィックスはプロセッサ統合グラフィックスではまかなえるものではなく、$200以上のボードは価格に見合った価値を提供しているとしています。

 そしてこの市場は2020年までは残るであろうという見方をしています。しかし一方で、これは$200以下のローエンド製品はプロセッサ統合グラフィックスに「やられてしまう」ということでもであります。

 これは一アナリストの見方なので、実際に2020年まで市場があるのかは不明ですが、現実には当面残るのは確かだと思います。

| | コメント (0)

intelとパートナーでX68のマザーボードの評価が始まる

 intelとパートナーでX68のマザーボードの評価が始まるようです。

http://www.nordichardware.com/news/76-motherboards/41290-intel-x68-motherboards-being-tested-by-intel-and-partners.html

 X68は型番から分かるようにX58の後継となり、ハイエンド向けとなります。これによると、X68のチップセットは今週(記事は来週となっているが、10/1初出なので本日では今週となる)よりR&Dフェーズに入り、対応プロセッサはSandy Bridge-Eが採用されます。

登場時期はQ4/2011が予定されており、それまでのハイエンドは現行のLGA 1366+X58が引き続き担うことになります。2011年初頭にはCore i7-990X(Gulftown, 3.4GHz)が登場します。一部のマザーボードベンダはこの間にもX58のマザーボードを出荷するようで、Sandy Bridgeが登場したとしてもX58+LGA 1366は安泰と見ているからのようです。

 X68はPatsburgチップセットとなり、ソケットはLGA 2011となります。Sandy Bridge-EのメモリはDDR3の4チャネル, PCI Express 3.0を40レーン搭載し、グラフィックスは統合しません。

| | コメント (0)

GeForce GT 430の仕様

 GeForce GT 430の仕様の情報です。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/20383-nvidias-gt-430-detailed

 GeForce GT 430はGF108ベースとなり、ストリームプロセッサ個数は96, TMUは16, メモリバス幅は128bit, 画像メモリはDDR3 1GBとなります。コアクロックは700MHz, シェーダクロックは1400MHz, メモリクロックは1800MHzとなります。TDPは56W, 出力はDVIが2個, HDMI, DisplayPortに対応します。

 発表は10月13日が予定され、価格は60~70ユーロの間となっているようです。

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

Radeon HD 6000シリーズのストリームプロセッサ個数などの情報

 Radeon HD 6000シリーズのストリームプロセッサ個数などの情報です。

http://www.hardware-infos.com/news.php?news=3714 (独語)

 AMDのスライドが出ており、Bartsのストリームプロセッサ個数が320x4(1280), TMUが64, ROPsが32となっています。両隣はぼかされていますが、記事ではCaymanとCaicosではないかとしており、あくまで推測と前置きした上で、Caicosは160x4(640)、Caymanは480x4(1920)か640x4(2560)ではないかとしています。

| | コメント (0)

AMDはRadeon HD 6000シリーズを10月19日に発表と決定

 AMDはRadeon HD 6000シリーズを10月19日に発表することにしたようです。

http://www.digitimes.com/news/a20101001PD208.html

 10月12日や11月延期などさまざまな説が飛び交っていますが、これによると10月19日発表と決定したようです。この日はAMD Technical Forum and Exhibition 2010が開催され、ここでお披露目になります。ただ一部のボードベンダはチャネル市場に物量が出回るのは11月になると見ているようです。

 ちなみに最初に発表されるのはDigitimesはRadeon HD 6870ではないかとしています。

| | コメント (0)

Wireless USB 1.1の仕様が公開

 Wireless USB 1.1の仕様が公開されました。

http://www.usb.org/developers/wusb/docs/
http://www.xbitlabs.com/news/other/display/20100930134730_Wireless_USB_1_1_Increases_Bandwidth_to_200Mb_s.html (概要解説)

 当初は2008年が予定されていましたが、実に2年遅れたことになります。Wirelss USB 1.1は6GHz以上のUWBに対応し、かつ後方互換性を有します。また省電力や簡単に使える点なども進化しています。転送速度は3メートルで480Mbps, 10メートルで110Mbpsとなります。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »