« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

Atom D2550がQ1/2012に登場

 Atom D2550が登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011113001_Intel_Atom_D2550_planned_for_Q1_2012.html

 これは2コア/4スレッドでL2キャッシュは1MB, 動作周波数は1.86GHz, TDPは10Wとなります。登場時期はQ1/2012が予定されています。

| | コメント (0)

AMDはintelとのx86プロセッサでの競争を諦めた?

 AMDはintelとのx86プロセッサでの競争を諦めたなどという話が出ています。

http://www.techpowerup.com/155920/AMD-To-Give-Up-Competing-With-Intel-On-x86-CPU-Prices-Already-Shooting-Up.html

 AMDのSpokesmanによると、「我々は今曲がり角に来ている。『AMD対intel』という古い考えを捨て去る必要があるであろう」などと発言しています。AMDの今後の戦略については漠然としていますが、成長分野のスマートフォンやタブレット市場に打って出ると見られます。しかしこの分野はすでに多くの競合他社が占めており、また一方でintelも攻め入ろうとしていることから苦しい戦いになると思われます。

 またAMDは10月に、2014年までに50%もの性能向上がなされたプロセッサを登場させると言っていたものの、intelはすでにAMDより50%高速なプロセッサを登場させており、これまた勝負になりません。

 AMD自身の口からこのような発言が出るとは相当苦境なのでしょうが、プロセッサの選択肢が今後減っていくとしたら残念な話になります。

| | コメント (1)

PCI Express 4.0が発表-帯域は16GT/sに

 PCI Express 4.0が発表されました。

http://www.pcisig.com/news_room/Press_Releases/November_29_2011_Press_Release_/

 規格策定を行っているPCI-SIGより発表されました。PCI Express 4.0はPCI Express 3.0の倍の帯域となり、銅配線で16GT/sとなります。例によって後方互換を有し、PCI Express 3.0と同程度の消費電力になる予定です。

 最終的な仕様は2014~2015年辺りに策定完了を予定しています。

| | コメント (0)

ノート向けRadeon HD 7000Mシリーズは12月5日にロンドンで発表

 Radeon HD 7000シリーズは12月5日にロンドンで発表となるそうです。

http://www.nordichardware.com/news/71-graphics/44768-radeon-hd-7000-to-be-presented-in-london-on-december-5th.html

 詳細は明らかになっていませんが、28nmプロセスのノート向けではないかと見られています。ノート向けRadeon HD 7000Mシリーズのラインナップについては2011年11月23日の記事も合わせてご覧ください。

| | コメント (0)

Core i7-3000シリーズ(Ivy Bridge)の性能に関する情報

 Core i7-3000シリーズ(Ivy Bridge)の性能に関する情報です。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20111129203559_Intel_Reveals_Official_Ivy_Bridge_Performance_Numbers_to_Partners.html

 これによるとCore i7-3000シリーズはCore i7-2000シリーズと比較して最大25%高速化され、グラフィックスアプリケーションに関しては199%もの高速化が見込めるということです。

 これはintelがパートナーやPCベンダ向けに配布した資料から明らかになったもので、Core i7-3770(4コア、3.4GHz, L3キャッシュ8MB, HD Graphics 4000)とCore i7-2600(3.40GHz, L3キャッシュ8MB, HD Graphics 2000)を比較したとき、Core i7-2600を1としたときの性能の伸びをグラフにしています。

 結果を以下にまとめました。グラフィックス関連の伸びが顕著です。

ベンチマーク Core i7-2600 Core i7-3770
SySmark 2012 1.00 1.07
HDXPRT 2011 1.00 1.14
Cinebench 11.5 1.00 1.15
ProShow Gold 4.5 1.00 1.13
Execel 2010 1.00 1.25
ArcSoft Media Expresso 1.00 1.56
3DMark Vantage Entry - Score 1.00 2.43
3DMark Vantage Entry - Graphics 1.00 2.68
3DMark Vantage Entry - CPU 1.00 1.17
3DMark Vantage Performance - Score 1.00 2.92
3DMark Vantage Performance - Graphics 1.00 2.99
3DMark Vantage Performance - CPU 1.00 1.17

| | コメント (0)

2011年11月29日 (火)

Celeron 807UEがQ4/2011に登場

 Celeron 807UEがQ4/2011に登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011112901_Intel_Celeron_807UE_to_launch_in_Q4_2011.html

 組み込み向けSandy Bridgeの一つで、シングルコアで動作周波数は1GHz, L3キャッシュは1MB, TDPは10W, 統合グラフィックスはコアクロック350MHz(Turbo時800MHz), Intel 64やVT-xに対応します。パッケージはBGAです。

 組み込み向けなので基本的に一般ユーザが目にすることはありませんがご紹介しておきます。

| | コメント (0)

Ivy Bridgeに関するもう少し詳しい情報

 Ivy Bridgeに関するもう少し詳しい情報です。

http://vr-zone.com/articles/even-more-ivy-bridge-details-leak/14082.html

 統合グラフィックスについて、HD Graphics 4000と2500があり、その違いは主にコアクロックとexecution unit数(4000は2500の3倍以上)となります。コアクロックの標準はいずれも650MHzですが、Turbo時のクロックは1050, 1100, 1150MHzの3種類になります。

 次に仮想化機能(VT)ですが、倍率可変のKモデルでは相変わらず対応が落とされています。理由についてはよく分かりませんが、対応くらいしていてもいいのではないかという感じです。モデル内での位置づけとしてはCore i7-3770KはCore i7-3820より下位となり、Ivy Bridge世代では最上位となります。

| | コメント (0)

2011年11月28日 (月)

NVIDIAのKepler世代のロードマップなどの情報

 NVIDIAのKepler世代のロードマップなどの情報です。

http://www.4gamer.net/games/120/G012093/20111124085/

 これによるとNVIDIAはすでにノート用エントリ向けのGK107をノートPCベンダに向けてサンプル出荷を始めているようです。また2012年初頭にはPCI Express 3.0対応のGK106を検証用にパートナー向けに出荷する計画となっています。

 ラインナップとしてはGK107(エントリ), GK106(メインストリーム), GK104(パフォーマンス), GK110(GK104×2のハイエンド)の4種類がまずは計画されています。しかし、Kepler世代のGPUコアは2種類だけになるという話もあるようです。

 最上位モデルとなるGK102(GK112)については2012年末の登場が予定されています。

 演算性能についてはFermiの1.5~2.0倍に達するようです。しかし一方で演算能力向上のために消費電力も増えてしまったようで、GK104で250Wを超えるという話もあります。

 詳細についてはリンク先の日本語記事も合わせてご覧ください。

| | コメント (0)

Ivy Bridgeのラインナップ情報

 Ivy Bridgeのラインナップ情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011112702_Ivy_Bridge_desktop_CPU_lineup_details_part_II.html

 以下の表にまとめました。Processor Number末尾に付与されているKは倍率可変となります。

プロセッサ コア数/スレッド数 動作周波数 Turbo Boost L3キャッシュ 統合グラフィックス TDP
Core i5-3330 4/4 3GHz 3.2GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3330S 4/4 2.7GHz 3.2GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3450 4/4 3.1GHz 3.5GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3450S 4/4 2.8GHz 3.5GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3470 4/4 3.2GHz 3.6GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3470S 4/4 2.9GHz 3.6GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3470T 2/4 2.9GHz 3.6GHz 3MB HD 2500 35W
Core i5-3475S 4/4 2.9GHz 3.6GHz 6MB HD 4000 65W
Core i5-3550 4/4 3.3GHz 3.7GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3550S 4/4 3GHz 3.7GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3570 4/4 3.4GHz 3.8GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3570K 4/4 3.4GHz 3.8GHz 6MB HD 4000 77W
Core i5-3570S 4/4 3.1GHz 3.8GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3570T 4/4 2.3GHz 3.3GHz 6MB HD 2500 45W
Core i7-3770 4/8 3.4GHz 3.9GHz 8MB HD 4000 77W
Core i7-3770K 4/8 3.5GHz 3.9GHz 8MB HD 4000 77W
Core i7-3770S 4/8 3.1GHz 3.9GHz 8MB HD 4000 65W
Core i7-3770T 4/8 2.5GHz 3.7GHz 8MB HD 4000 45W

| | コメント (0)

Ivy Bridgeのラインナップ情報

 Ivy Bridgeのラインナップ情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011112702_Ivy_Bridge_desktop_CPU_lineup_details_part_II.html

 以下の表にまとめました。Processor Number末尾に付与されているKは倍率可変となります。

プロセッサ コア数/スレッド数 動作周波数 Turbo Boost L3キャッシュ 統合グラフィックス TDP
Core i5-3330 4/4 3GHz 3.2GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3330S 4/4 2.7GHz 3.2GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3450 4/4 3.1GHz 3.5GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3450S 4/4 2.8GHz 3.5GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3470 4/4 3.2GHz 3.6GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3470S 4/4 2.9GHz 3.6GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3470T 2/4 2.9GHz 3.6GHz 3MB HD 2500 35W
Core i5-3475S 4/4 2.9GHz 3.6GHz 6MB HD 4000 65W
Core i5-3550 4/4 3.3GHz 3.7GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3550S 4/4 3GHz 3.7GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3570 4/4 3.4GHz 3.8GHz 6MB HD 2500 77W
Core i5-3570K 4/4 3.4GHz 3.8GHz 6MB HD 4000 77W
Core i5-3570S 4/4 3.1GHz 3.8GHz 6MB HD 2500 65W
Core i5-3570T 4/4 2.3GHz 3.3GHz 6MB HD 2500 45W
Core i7-3770 4/8 3.4GHz 3.9GHz 8MB HD 4000 77W
Core i7-3770K 4/8 3.5GHz 3.9GHz 8MB HD 4000 77W
Core i7-3770S 4/8 3.1GHz 3.9GHz 8MB HD 4000 65W
Core i7-3770T 4/8 2.5GHz 3.7GHz 8MB HD 4000 45W

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

GeForce GTX 560の強化版は11月29日に登場

 GeForce GTX 560の強化版は11月29日に登場GeForce GTX 560の強化版は11月29日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/24991-gtx-560-448-officially-launches-on-nov-29th

 これはストリームプロセッサ個数が448, メモリバス幅が320bitになるなど、上位モデルとなるGeForce GTX 570の機能制限版という感じになります。

 ボードはASUSやZOTACなどから登場する予定です。

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

AMDのDeccan Platformがキャンセル-Brazos 2.0が続投

 AMDのDeccan Platformは結局キャンセルとなったようです。

http://www.xbitlabs.com/news/mobile/display/20111121213529_AMD_Readies_Brazos_2_0_as_Krishna_Wichita_Get_Delayed.html

 2011年11月16日の記事の続報に当たります。これによると、Deccanはキャンセルとなり、現行のBrazosをエンハンス版となるBrazos 2.0でつなぐことにしたようです。基本的には現行品の性能アップとなります。

 情報筋によると、Wichitaに深刻な問題が発生し、それは生産上の問題であるようで、設計によるものかGlobalFoundriesの28nmのいずれかと言われています。

 Brazos 2.0は引き続きBobcatコアを使用し、統合グラフィックスはRadeon HD 7000シリーズ、メモリチャネルは1チャネルのDDR3, チップセットはA68(Hudson D3L)が使用されます。ピンは現行品と互換となります。

  モデルとしてはE1-1200(2コア、1.40GHz, L2キャッシュ1MB, Radeon HD 7310(コアクロック500MHz, ストリームプロセッサ個数80))とE2-1800(2コア、1.70GHz, L2キャッシュ1MB, Radeon HD 7340(コアクロック680/523MHz, ストリームプロセッサ個数80))があります。

 Brazos 2.0は2012年2月半ばに量産が開始され、Q1/2012後半かQ2初旬には登場する見込みです。

| | コメント (0)

Cedar Trail-Mの登場が遅れる

 Cedar Trail-Mの登場が遅れるそうです。

http://vr-zone.com/articles/intel-s-cedar-trail-mobile-atom-pushed-back-again/14051.html

 これによるとCedarview(Atom N2600/N2800)はグラフィックドライバに問題を抱えていたようですが、ドライバがMicrosoftのWHQL認証が通らず、結果intelとパートナーは製品の発表ができない状態になっているようです。これにより12月末まで発表が延期となり、実際の製品が登場するのは2012年1月半ばとなるようです。

 クリスマス商戦には間に合わないことになり、intelとしてもパートナーとしても商機を逃してしまうことになるようです。

| | コメント (0)

Ivy Bridgeは2012年4月に登場

 Ivy Bridgeは2012年4月に登場となるようです。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011112401_Launch_dates_of_Ivy_Bridge_processors.html

 Q1/2012中と言われていましたが、4月になったようです。理由についてはPCの需要が低いからとも、量産に問題があったとも記事では書いていますが、実際のところは不明です。

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

ノート向けRadeon HD 7000Mシリーズのラインナップ情報

 ノート向けRadeon HD 7000Mシリーズのラインナップ情報です。

http://www.computerbase.de/news/2011-11/details-zu-anstehenden-28-nm-grafikloesungen-von-amd/ (独語)
http://vr-zone.com/articles/report-amd-radeon-hd-7000m-to-launch-in-december/14041.html (英語解説)

 これによるとRadeon HD 7000Mシリーズは12月に登場予定とされ、GeForce 600Mシリーズに続いての登場になるとしています。

 以下の表にまとめました。エントリ向けの7400Mシリーズは40nm, それ以外は28nmになると見られますが、アーキテクチャについては不明です。

開発名 製品名 コアクロック メモリバス幅、画像メモリ メモリクロック
Wimbledon XT HD 7900M 700-750 256bit 2-4GB GDDR5 未定
Wimbledon Pro HD 7900M 650-700 256bit 2GB GDDR5 未定
Heathrow XT HD 7800M 650-750 128bit 2GB GDDR5 未定
Heathrow Pro HD 7800M 550-650 128bit 2GB GDDR5 未定
Chelsea XT HD 7700M 600-700 128bit 2GB GDDR5 未定
Chelsea Pro HD 7700M 450-550 128bit 2GB GDDR5 未定
Thames XT HD 7690M 600 128bit 1GB GDDR5 800
Thames XT HD 7670M 600 128bit 1GB DDR3 900
Thames Pro HD 7590M 600 128bit 1GB GDDR5 800
Thames Pro HD 7570M 600 128bit 1GB DDR3 900
Thames LP HD 7650M 450 128bit 1GB GDDR5 800
Thames LP HD 7630M 450 128bit 1GB DDR3 900
Thames LP HD 7550M 450 64bit 1GB GDDR5 800
Thames LP HD 7530M 450 64bit 1GB DDR3 800
Thames LE HD 7610M 450 128bit 1GB DDR3 800
Thames LE HD 7510M 450 64bit 1GB DDR3 800
Seymour XTX HD 7490M 800 64bit 1GB DDR3 800
Seymour XTX HD 7470M 800 64bit DDR3 900
Seymour XT HD 7470M 740 64bit GDDR5 800
Seymour XT HD 7450M 750 64bit DDR3 900
Seymour Pro HD 7450M 600 64bit DDR3 900
Seymour Pro HD 7430M 600 64bit DDR3 900

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

intelがCore i3-2370Mを用意

 intelがCore i3-2370Mを用意しているそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011112201_Intel_prepares_Core_i3-2370M_CPU.html

 これはノート向けで2コア/4スレッドとなり動作周波数は2.4GHz, L3キャッシュは3MB, TDP 35Wとなります。それ以外の仕様はCore i3-2350Mと同様になります。

| | コメント (0)

Radeon HD 7900シリーズのXDR2対応に関する続報

 Radeon HD 7900シリーズのXDR2対応に関する続報です。

http://www.techpowerup.com/155491/Noises-About-Radeon-HD-7900-Series-with-XDR2-Memory-Grow.html

 2011年11月16日の記事の続報のような内容で、今回の記事によるとRadeon HD 7970/7950ではXDR2とGDDR5両方に対応し、上位モデルにXDR2, 下位モデルにGDDR5を採用するのではないかということです。

 RambusによるとXDR2はGDDR5の2倍のクロック当たりのデータ転送量を持つとしており、性能差が気になるところです。

| | コメント (0)

Pentium 350なるものが登場

 Pentium 350なるものが出てきました。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011112002_Intel_Pentium_350_CPU_is_available.html

 これは2コアで動作周波数は1.20Ghz, L3キャッシュは3MBとなります。基本的にローエンド向けとなるPentiumでこれまでと違うのはHyper-Threadingに対応していることで、すなわち2コア/4スレッドとなります。またメモリはECCに対応し、グラフィックスは統合しません。AES, AVX, TXT, Turbo Boostには対応しません。TDPは15Wとなります。

 基本的な仕様はXeon E3-1220Lに似通っています。

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

Trinityのベンチマーク-ただし「見積もり」

 Trinityのベンチマークが出てきました。

http://www.techpowerup.com/155483/AMD-Trinity-Internal-Benchmarks-Surface.html

 Trinityは次世代BulldozerのPiledriverとなります。比較に使用しているのはTrinity A8(4コア), A6(3コア), A4(2コア), Llano A8/A6/A4です。

 結果を以下にまとめています。ただ3DMark VantageとPCMark Vantageは"Estimated"(見積もり)などとなっており、実際にどんな結果になるかはわかりません。4枚目のスライドはデュアルグラフィックス時の結果なのでここでは省略します。


3DMark Vantage PCMark Vantage CTP SP
Trinity A8 4500 7600 715
Llano A8 3335 6500 415
Trinity A6 3600 6425 480
Llano A6 2600 6000 305
Trinity A4 2500 6200 335
Llano A4 2025 5300 240

| | コメント (0)

Radeon HD 0600シリーズで7000番台にブランド名変更になる製品の情報

 Radeon HD 0600シリーズで7000番台にブランド名変更になる製品の情報です。

http://www.techpowerup.com/155365/Several-Entry-thru-mid-Radeon-HD-7000-GPUs-Mere-Rebrands.html

 元々の記事にある表はLlanoのデュアルグラフィックスの対応表ですが、その中にRadeon HD 7000シリーズに関連する記載があります。

 これによると主にメインストリームとローエンド向けが対象となり、Radeon HD 6670が7670, 6570が7570, 6450が7450, 6350が7350となります。

 しかしこの表、所々消されている部分があるなどなんとも怪しく、話半分に見ておいた方がよさそうな感じです。

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

Ivy Bridge-EはQ4/2012に登場-X79と互換性あり

 Ivy Bridge-EはQ4/2012に登場するそうです。

http://vr-zone.com/articles/intel-ivy-bridge-e-slated-for-q4-2012-compatible-with-sandy-bridge-e/14006.html

 またこれ以外の情報だと、X79チップセットは現行のCore i7-3000シリーズ(Sandy Bridge-E)に加えてIvy Bridge-Eとも互換性を有するそうです。すなわちソケットはLGA2011となります。マザーボードとしてはDX79SIでIvy Bridge-Eにも対応するものと見られます。

 このあたりはメインストリーム向けのSandy Bridge/Ivy Bridgeの相互互換性と同様ですね。

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

Xeon E5(Sandy Bridge-EP)のステッピングに関する情報

 Xeon E5(Sandy Bridge-EP)のステッピングに関する情報です。

http://vr-zone.com/articles/sandy-bridge-xeons-dual-socket-2011-designs-coming-in-2012/13989.html

 まずC2 Steppingですが、Sandy Bridge-EPについては年末頃となり、チップセット(Patsburg)の出来が十分であれば2012年2月中頃に登場するそうです。目下の問題は消費電力がかなり大きいことで、3GHz品についてはTDPが150Wとなってしまいます。デスクトップ向けが6コアになっているのはこの消費電力のためともしています。

 そしてQ2/2012にはD Steppingが登場し、消費電力の低減と動作周波数の向上が見込まれ、8コア版Core i7登場の可能性もあります。これが登場するころにはPatsburgも最終リビジョンになり、PCI Express 3.0やSASなどが使えるようになるのではないかと見込まれます。8コアCore i7でPCI Express 3.0対応となれば、ハイエンド向けはここで実質一新になります。

 また次世代となるIvy Bridge-EPは10コアとなり、L3キャッシュは25MB, DDR3の速度もより高速なもの(DDR3-1866以上)に対応するとしています。登場時期は2013年初頭ではないかとしています。

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

Radeon HD 7000シリーズはXDR2を採用-登場時期も

 Radeon HD 7000シリーズはXDR2を採用するそうです。

http://wccftech.com/amd-southern-islands-hd7000-series-release-dates-leaked-xdr2-memory-liquid-chamber-cooling-confirmed/

 XDR2を採用するという話は以前にありましたが(2011年9月6日の記事)これによるとハイエンドとなるRadeon HD 7950/7970(Tahiti-Pro/XT)は次世代アーキテクチャとなるGNC(Graphics Next Core)となり、画像メモリとしてXDR2を採用するそうです。帯域はGDDR5の6Gbit/sに対して12.8Gbit/sにまで広がります。

 ちなみに他のRadeon HD 7000シリーズの登場時期についても触れられており、ノート向けのRadeon HD 7850/7870(VLIW4, 現行アーキテクチャ)が2011年12月、Radeon HD 7950/7970が2012年1月、最上位で2GPU版のRadeon HD 7990(New Zealand)が2012年3月登場予定となっています。

| | コメント (0)

AMDがWichitaとKrishnaをキャンセル?

 AMDがWichitaとKrishnaをキャンセルしたそうです。

http://semiaccurate.com/2011/11/15/exclusive-amd-kills-wichita-and-krishna/
http://vr-zone.com/articles/report-amd-wichita-krishna-apus-canceled/13975.html

 WichitaとKrishnaいずれもローエンド向けで現在のE/Cシリーズ(Ontario, Zacate)の後継とされていました。しかしこれらはキャンセルされたそうです。理由については明らかになっていないものの、これについてはSemiAccurateはGlobalFoundriesの28nm SHPプロセスの立ち上げの遅れによるものではないかとしています。しかしVR-Zoneによると、以前の話ではKrishna/WichitaはBrazos世代と同様にTSMCの28nmで製造される予定であり、GlobalFoundriesの28nmより前に準備が出来るとなっており、それぞれで食い違っています。

 どこが製造する予定だったかはともかくとして、これが事実であるならばBrazos 2.0が2012年も継続となり、2013年登場予定だったKerala Platform(2011年9月22日の記事)が前倒しされ、Windows 8の登場時期に合わせてくる可能性もります。

| | コメント (0)

AMDがA4シリーズなどを値下げ

 AMDがA4シリーズなどを値下げしました。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011111501_AMD_tweaks_APU_prices_releases_Athlon_II_651_CPU.html

 A4シリーズなどのほかFX-6100も対象となっています。また新たにAthlon II X4 651が新たに追加されています。

プロセッサ コア数 動作周波数 L2キャッシュ L3キャッシュ TDP 旧価格($) 新価格($)
A4-3300 2 2.5GHz 1MB なし 65W 64 66
A4-3400 2 2.7GHz 1MB なし 65W 69 71
A6-3500 3 2.1GHz(Turbo Core 2.4GHz) 3MB なし 65W 89 85
Athlon II X4 651 4 3GHz 4MB なし 100W 92
FX-6100 6 3.3GHz 6MB 8MB 95W 165 155

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

Socket FM1とFM2には互換性がない

 Socket FM1とFM2には互換性がないという話です。

http://www.techpowerup.com/155079/AMD-FM1-and-FM2-Packages-Pictured-Side-by-Side-Incompatible.html

 現在のLlano世代はFM1を使用し、後継のTrinityではSocket FM2を使用する予定となっていますが、この両者はかなり似通っているものの(ピン数で言えばFM1が905, F2が904)互換性がなく、現行のFM1のマザーボードにTrinityを搭載するということはできず、Trinityを使用する場合新たにFM2のマザーボード導入が必要になるようです。

| | コメント (0)

Bulldozer Opteronの出荷が開始される

 Bulldozer Opteronの出荷が開始されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111114_490827.html

 Socket G34で最大16コアのOpteron 6200シリーズ、Socket C32で最大8コアのOpteron 4200シリーズとなります。価格表は以下の通りです。また2012年にはSocket AM3+のシングルプロセッサ向けZurichを投入する予定となっています。

モデルナンバー コア数 動作周波数(標準) 動作周波数(最大) TDP 価格($)
6282 SE 16 2.6GHz 3.3GHz 140W 1019
6276 16 2.3GHz 3.2GHz 115W 788
6274 16 2.2GHz 3.1GHz 115W 639
6272 16 2.1GHz 3GHz 115W 523
6238 12 2.6GHz 3.2GHz 115W 455
6234 12 2.4GHz 3GHz 115W 377
6220 8 3GHz 3.6GHz 115W 523
6212 8 2.6GHz 3.2GHz 115W 266
6204 4 3.3GHz 115W 455
6262 HE 16 1.6GHz 2.9GHz 85W 523
4284 8 3GHz 3.7GHz 95W 316
4280 8 2.8GHz 3.5GHz 95W 255
4238 6 3.3GHz 3.7GHz 95W 255
4234 6 3.1GHz 3.5GHz 95W 174
4226 6 2.7GHz 3.1GHz 95W 125
4274 HE 8 2.5GHz 3.5GHz 65W 377
4228 HE 6 2.8GHz 3.6GHz 65W 255
4256 EE 8 1.6GHz 2.8GHz 35W 377

| | コメント (0)

Core i7-3000シリーズとX79チップセットが正式発表

 Core i7-3000シリーズとX79チップセットが正式発表されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111114_490804.html

 Sandy Bridge-Eで呼ばれていたプロセッサで、Core i7-3960X-3930K/3820が登場します。プロセッサの仕様は以下の表の通りです。またX79チップセットはUSB 2.0×14、Gigabit Ethernet、PCI Express 1レーン×8、SATA 6.0Gbpsが2ポート、SATA 3.0Gbpsが4ポートなどとなり、Z68チップセットと大差ない構成になっています。

プロセッサ  コア数/スレッド数 動作周波数(標準/Turbo Boost) キャッシュ TDP 倍率可変
Core i7-3960X 6/12 3.30GHz/3.9GHz 15MB 130W
Core i7-3930 6/12 3.20GHz/3.8GHz 12MB 130W
Core i7-3820 4/4 3.60GHz/3.9GHz 10MB 130W 不可

 ベンチマーク記事が早速各方面で出ているので、日本語記事をいくつかご紹介しておきます。さすがに性能はトップクラスです。

http://www.4gamer.net/games/128/G012878/20111113016/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20111114_490745.html
http://news.mynavi.jp/special/2011/sbesp/index.html

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

X79搭載マザーボードの価格情報

 X79搭載マザーボードの価格情報です。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201111/10a.html

 11月14日の17時から販売開始となります。ASUS, ASRock, ECS, GIGABYTE, intel, MSIからまずは登場します。

 詳しい価格表はリンク先をご覧いただくとしますが、概ね23,000~40,000円の間で、30,000円前後のモデルが多くなっています。

| | コメント (0)

Keplerの量産がまもなく始まる

 Keplerの量産がまもなく始まるようです。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/24818-kepler-in-production-soon

 CEOのJen-Hsun Huang氏が投資家に対して話したようです。KeplerはFermi後継で、28nmプロセスで製造されます。

 どれがいつに登場するのかについては明らかにになっていませんが、少なくともノート向けはIvy Bridgeの登場に合わせて2012年3月か4月には登場するのではないかと記事では見ています。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

GeForce GTX 560 Tiの強化版の仕様に関する情報

 GeForce GTX 560 Tiの強化版の仕様に関する情報です。

http://vr-zone.com/articles/geforce-gtx-560-ti-448-core-specifications-leaked/13917.html

 2011年10月26日の記事の続報に当たります。仕様について以下の表にまとめました。表は比較用に従来版GTX 560 TiとGTX 570を入れてあります。性能はGTX 560 TiとGTX 570の間あたり、価格も同様にその間あたりの$280前後と見られます。

 基本的にはGeForce GTX 570の機能制限版という感じです。


GeForce GTX 560 Ti(強化版) GeForce GTX 560 Ti(従来版) GeForce GTX 570
コアクロック 730MHz 822MHz 732MHz
シェーダクロック 1460MHz 1644MHz 1464MHz
メモリクロック(データレート) 3800MHz 4008MHz 3800MHz
画像メモリ GDDR5 1280MB GDDR5 1024MB GDDR 1280MB
ストリームプロセッサ個数 448 384 480
消費電力 210W 170W 219W
メモリバス幅 320bit 256bit 320bit

| | コメント (2)

intelの次々世代プラットフォームShark Bayに関する詳細な情報-HaswellとLynx Point

 intelの次々世代プラットフォームShark Bayに関する詳細な情報です。

http://vr-zone.com/articles/detailed-intel-haswell-specs-revealed/13908.html
http://www.techpowerup.com/154867/All-s-Well-That-Haswell-.html

 Shark Bayは新マイクロアーキテクチャとなるHaswellプロセッサとLynx Pointチップセット(今回の記事では詳細はなし)で構成されます。これまでプラットフォーム名としてはデスクトップ向けがMaho Bay, ノート向けがHuron Riverと分かれていましたが、Haswell世代からShark Bayの一つに統合されます。

 Haswellは22nmプロセスで製造され、2コアもしくは4コアとなります。デスクトップはソケットはSocket H3(LGA1150)が使用され、これはLGA1155とは互換性がありません。ノートはrPGA947が2コア、BGA1364が4コアとなります。

 メモリは2チャネルでデスクトップがDDR3/DDR3L-1600まで対応しますが、ノートについてはDDR3Lのみの対応となります(速度は1600まで)TDPはデスクトップが35~95W, ノートが37~57Wとなります。統合グラフィックスはGT3(ノート用)とGT2(デスクトップ/ノート用)の2種類があります。

 HaswellにはULTというUltrabook向けの構成が用意されており、これは2コアのHaswellとLynx Point-LPがマルチチップモジュールで統合され1チップとなります。TDPは15W, 省電力機能のC-StateはC10(デスクトップはC6, ノートはC7まで)に対応します。

 PCI ExpressはHaswellの世代で3.0に対応します。グラフィックス用としては16レーンの1スロットか8レーンの2スロットの構成をとることができます。

 その他プラットフォームとしては高速起動のRapid Start, オーバークロックの改良、Thunderbolt, Anti Theft 4.0といった機能に対応します。

 Haswellの仕様について以下の表にまとめました。Shark BayはQ2/2013の登場が予定されています。

コア数 2もしくは4
ソケット LGA1150(デスクトップ)
rPGA947(ノート、2コア)
BGA1364(ノート, 4コア)
メモリ(2チャネル) DDR3/DDR3L-1600(デスクトップ)
DDR3L-1600(ノート)
DDR3L/LP-DDR3(ULT)
TDP 35/45/65/95W(デスクトップ)
37/47/57W(ノート), 15W(ULT)
統合グラフィックス GT3(ノート)
GT2(ノート/デスクトップ)
拡張命令 AVX 2.0, AES-NI改良版など
その他 Hyper-Threading, Turbo Boost, Hotham 1.0, PCI Express 3.0

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

intelが組み込み向けXeon E5-2400シリーズを用意

 intelが組み込み向けXeon E5-2400シリーズを用意しているそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011110901_Intel_prepares_three_embedded_Intel_Xeon_E5-2400_processors.html

 仕様について以下にまとめました。登場時期は2012年、Turbo Boostに対応するかどうかは不明としいてます。

プロセッサ コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ TDP
Xeon E5-2418L 4/8 2GHz 10MB 50W
Xeon E5-2428L 6/12 1.8GHz 15MB 60W
Xeon E5-2448L 8/16 1.8GHz 20MB 70W

| | コメント (0)

Radeon HD 7900シリーズが2012年1月に登場か

 Radeon HD 7900シリーズが2012年1月に登場するという話です。

http://www.fudzilla.com/graphics/item/24778-radeon-hd-7900-series-in-january

 これはTahiti XT/PROになり、これまでのブランドの慣例でいえばTahiti XTがRadeon HD 7970, Tahiti PROがRadeon HD 7950になります。

 これらの2GPU版も用意されると見られ、登場時期は1H/2012になるのではないかという推測しています。

| | コメント (0)

2011年11月 8日 (火)

AMDの10シリーズチップセットに関する情報-1090FXと1070

 AMDの10シリーズチップセットに関する情報です。

http://www.techpowerup.com/154796/AMD-1090FX-and-1070-Chipsets-Disclosed-No-PCI-Express-3.0.html

 これによると、AMDは10シリーズチップセットを2012年に登場させる予定で、最上位が1090FX、下位モデルが1070になります。1090FXはPCI Express x16を2本搭載し、最大4グラフィックス構成まで対魚します。1070はPCI Express x16が2本、2グラフィックス構成までの対応となります。ソケットは引き続きAM3+が使用されます。

 しかし10シリーズはPCI Express 3.0には対応しません。同じAMDから登場するRadeon HD 7000シリーズがPCI Express 3.0対応する予定にも関わらず、となります。PCI Express 3.0についてはPiledriverが登場するまでサポートする見込みがないという噂があります。

 South BridgeはSB1050が使われます。これはSATA 6.0Gbpsを8ポート(RAID対応)搭載し、USB 3.0コントローラを統合します。

| | コメント (0)

Core i5-2435MとCore i7-2675QMの続報

 Core i5-2435MとCore i7-2675QMの続報です。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011110801_Specifications_of_Intel_Core_i5-2435M_and_Core_i7-2675QM_CPUs.html

 2011年9月2日の記事の続報で、今回の記事では統合グラフィックス(HD 3000)のコアクロックが明らかになっています。Core i5-2435Mは2コア/4スレッドで動作周波数2.4GHz(Turbo Boost 3GHz), L3キャッシュは3MB, 統合グラフィックスのコアクロックは650MHz(Turbo時1.3GHz)となります。Core i7-2675QMは4コア/8スレッドで動作周波数2.2GHz(Turbo Boost 3.1GHz), L3キャッシュは6MB, 統合グラフィックスのコアクロックは650MHz(Turbo時1.2GHz)となります。

| | コメント (0)

Trinityの製品構成情報

 Trinityの製品構成情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2011/2011110702_More_details_on_Trinity_core_leaked.html

 Trinityに関する基本的な情報は2011年10月26日の記事とほぼ同様ですが、TDPについては65W, 100W, 125Wの3種類が存在します。製品構成情報については以下の表にまとめました。

モデル 対象 コア数 動作周波数(基本) 動作周波数(Turbo Core) 統合GPUクロック
2520 モバイル 2 2500MHz 3200MHz 610MHz
2621 モバイル 2 2600MHz 3000MHz 563MHz
2625 モバイル 2 2600MHz 3000MHz 626MHz
2220 モバイル 4 2200MHz 3100MHz 600MHz
2322 モバイル 4 2300MHz 3200MHz 655MHz
2324 モバイル 4 2300MHz 3200MHz 686MHz
2500 モバイル 4 2500MHz 3200MHz 610MHz
2520 モバイル 4 2500MHz 3200MHz 610MHz
3323 デスクトップ 2 3300MHz 3600MHz 711MHz
3721 デスクトップ 2 3700MHz 4000MHz 709MHz
3020 デスクトップ 4 3000MHz 3700MHz 709MHz
3024 デスクトップ 4 3000MHz 3700MHz 709MHz
3324 デスクトップ 4 3300MHz 3600MHz 711MHz
3326 デスクトップ 4 3300MHz 3600MHz 711MHz
3820 デスクトップ 4 3800MHz 4100MHz 709MHz

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

AMDの次世代GPUとなるSouthern Islandsの登場時期や性能に関する情報

 AMDの次世代GPUとなるSouthern Islandsの登場時期や性能に関する情報です。

http://www.xbitlabs.com/news/graphics/display/20111102232939_Report_AMD_s_Next_Gen_GPU_to_Boost_Performance_by_Two_Times_Will_Be_Delayed.html

 これによると、Southern Islandsはハイパフォーマンス向けがQ1/2012に登場するようです。性能は現行の2倍となるそうです。また一部の情報によると、TSMCの問題でQ4/2011に量産が開始できないようで、それによりQ1/2012からの量産開始になったようです。

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

マザーボードベンダのリストにあったLlanoの新モデル情報

 マザーボードベンダのリストにあったLlanoの新モデル情報です。

http://vr-zone.com/articles/motherboard-makers-leak-upcoming-amd-fm1-processors/13845.html

 あるマザーボードベンダから漏れてきたようです。以下の表にまとめました。Athlon IIおよびSempronシリーズについてはGPUを統合しません。

プロセッサ コア数 動作周波数 L2キャッシュ TDP 登場時期
A8-3870K 4 3.0GHz 4MB 100W Q4/2011
A6-3670K 4 2.7GHz 4MB 100W Q1/2012
A8-3820 4 2.5GHz/Turbo Core 2.8GHz 4MB 65W Q1/2012
A6-3620 4 2.2GHz/Turbo Core 2.5GHz 4MB 65W Q1/2012
A4-3420 2 2.8GHz 2MB 65W Q1/2012
Athlon II X4 641 4 2.8GHz 4MB 100W Q4/2011
Athlon II X4 631 4 2.6GHz 4MB 100W/65W Q4/2011
Athlon II X2 221 2 2.8GHz 1MB 65W Q4/2011
Sempron 198 2 2.5GHz 1MB 65W Q4/2011

| | コメント (0)

2011年11月 1日 (火)

Q1/2012登場予定のノート向けCeleronの情報

 Q1/2012登場予定のノート向けCeleronの情報です。

http://www.fudzilla.com/processors/item/24669-four-new-mobile-celerons-in-q1-2012

 以下の4種類が登場します。このうちCeleron 867/797はULV版となります。

プロセッサ コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ TDP 価格
Celeron B815 2/2 1.6GHz 2MB 35W $86
Celeron B720 1/1 1.7GHz 1MB 35W $70
Celeron 867 2/2 1.3GHz 2MB 17W $134
Celeron 797 1/1 1.4GHz 1MB 17W $107

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »