« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

GeForce GTX 660/650は9月6日に発表および販売開始

 GeForce GTX 660/650は9月6日に発表および販売開始となるようです。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201208/28a.html

 22時から販売開始となります。仕様としてはGeForce GTX 650はコアクロック1058MHz、メモリクロック(データレート)は5000MHz, 画像メモリはGDDR5 1024MB, メモリバス幅は128bitとなるようです。

| | コメント (0)

Ivy Bridge-EはPCI Express 3.0などに対応

 Ivy Bridge-EはPCI Express 3.0などに対応という話です。

http://www.fudzilla.com/home/item/28539-ivy-bridge-e-supports-pcie-gen-3

 Ivy Bridge-EはSandy Bridge-Eの後継で、今のところQ3/2013登場予定となっています。ソケットは引き続きLGA2011を使用し、TDP 130W、X79チップセットとの互換性を有します。

 そしてIvy Bridge-Eは40レーンのPCI Express 3.0を搭載し、メモリはDDR3-1866の4チャネルになります。

 ちなみにIvy Bridge-EがQ3/2013という、すでにHaswellも登場(2012年8月28日の記事も参考)している随分遅い時期にリリースされるのは、AMDがハイエンドデスクトップではintelにしてみればさっぱり驚異になっておらず、別段慌てて出す必要もないからとしています。

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

ValleyView Atomの詳細に関する情報

 ValleyView Atomの詳細に関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012082703_Details_of_ValleyView_Atom_CPUs.html

 来年登場予定の22nmプロセスのAtomですが、これはプロセッサコアにSilvermontという開発名がつけられており、組み込みとモバイル及びエントリ向けデスクトップ向けとなっています。

 Silvermont AtomはプラットフォームとしてはBay Trailという名前がついており、Soc(Systems on a Chip)といsて実装されます。対象市場によっていくつかバリエーションがあり、産業用途向けがValleyView-I, 小型デバイス向けにValleyView-T, デスクトップ向けにValleyView-D, Netbook向けにValleyView-Mとなります。

 プロセッサコア数は1/2/4, L2キャッシュは512KB, 動作周波数は1.2~2.4GHz, intel 64やExecute Disable Bit、仮想化に対応します。

 またこれまでの世代のAtomと同様統合GPUは動画再生及びエンコード支援機能を有し、第7世代グラフィックスエンジンを搭載しAtom E600シリーズのGPUより4~7倍の性能を有します。またVXD392デコードエンジンを内蔵し、VC1/WMV9, MPEG1, MPEG2, MPEG4, H.264の再生及びMPEG2, H.264, VP8のエンコードに対応します。デコードレートは1080pの60フレームまでとなり、3Dストリームで3%, HDストリームで5%程度のプロセッサ負荷に収まるとしています。画面出力はD-Sub15、MIPI DSI, eDP/DP, HDMIに対応します。

 メモリコントローラはシングル及び2チャネルに対応し、最大DDR3L-1066/1333 8GBに対応するほか、LPDDR2-800にも対応します。そのほかには低消費電力オーディオ、カメラインタフェース、画像コプロセッサ、PCI Express 2.0、セキュリティエンジンに対応します。I/O系はSATA 2, USB 2.0/3.0, SDIO, I2C, SPI, I2S, UARTに対応します。

 プロセッサのパッケージはType-3(27mmx25mm)とType-4(17mmx17mm)の2種類となり、Type-3は2チャネルのDDR3L, 2 SATAポート、Gigabit Ethernetに対応します。Type-3をシングルチャネルにした場合ECCメモリに対応します。Type-4は低消費電力に最適化され、メモリはLPDDR2のシングルチャネル、1 SATAポート、Gigabit Ethernetは搭載しません。

 利用可能時期についてはQ4/2013が予定されています。

| | コメント (0)

Visheraの詳細に関する情報

 Visheraの詳細に関する情報が出てきました。

http://www.fudzilla.com/home/item/28506-amd-fx-series-vishera-cpus-confirmed

 リークされたリテールパートナー向け文書からで、Vishera FXシリーズの仕様が書かれています。Visheraは現行のZambezi後継でプロセッサコアにPiledriverを使用します。

 主な仕様については以下の表にまとめてあります。

モデル コア数 動作周波数(標準) Turbo Core TDP
FX-8350 8 4.0GHz 4.2GHz 125W
FX-6300 6 3.5GHz 4.1GHz 95W
FX-4320 4 4.0GHz 4.2GHz 95W

| | コメント (0)

Haswell最上位のチップセットはZ87

 Haswell最上位のチップセットはZ87となるようです。

http://www.fudzilla.com/home/item/28524-top-haswell-chipset-is-z87

 HaswellのLGA1150のプラットフォームは2014年まで続きますが、そのチップセットの最上位がZ87となります。これはオーバークロック機能を備え、PCI Expressの16レーンx1, 8レーンx2, 8レーンx1+4レーンx2といった構成をとることが可能で、電圧レギュレータを統合し3画面出力に対応します。

 またRapid Storage Technology 12に対応し、UEFI高速起動サポートに対応します。SATA 6GbpsのほかRAID-0/1/5/10, Rapid Recovery, TRIM on RAID-0に対応します。

 また小規模企業ユーザ向けにはH87チップセットが用意され、USB 3.0が4ポート、PCI Express 2.0が8レーンとなります。

| | コメント (0)

PowerColorがRadeon HD 7990を発表

 PowerColorがRadeon HD 7990を発表しました。

http://www.xbitlabs.com/news/graphics/display/20120823235642_PowerColor_Unleashes_the_Devil_World_s_First_Dual_GPU_Radeon_HD_7990_Graphics_Card_Launched.html

 Radeon HD 7970(Tahiti-XT)の2GPU版で、製品名としてはDevil 13 HD 7990となり、PowerColorのオリジナル設計となります。コアクロックは925MHzが標準ですが、Dual VGA-BIOSの一方が特別な設定になっており、こちらを使用すると1GHzになります。画像メモリはGDDR5 6GB, メモリクロック(データレート)は5500MHz, メモリバス幅はGPUひとつあたり384bit, ストリームプロセッサ個数は4096, TMUは256, ROPsは64となります。

 電源コネクタは8ピンが3個、必要な電源ユニットは850W以上となります。価格は$999以上になるのではないかと記事は予想しています。

| | コメント (0)

Haswell世代のXeon E3 v3シリーズなどに関する情報

 Haswell世代のXeon E3 v3シリーズなどに関する情報です。

http://vr-zone.com/articles/haswell-xeon-s--too-much-of-heaven-/17060.html

 まずIvy Bridge-EP/EN世代のXeon E5 v2シリーズですが、これは2013年前半から半ばの登場予定となっており、デスクトップ向けIvy Bridgeから1年程度の間があります。Haswell-EP/EN世代のXeon E5 v3シリーズはさらにその1年後の2014年となります。

 一方でXeon E3シリーズはデスクトップ向けをXeonに転用していることもあり、EP/ENシリーズほど遅くはなりません。Ivy BridgeベースのXeon E3-1200 v2シリーズはデスクトップ向けの登場後程なく投入されました。

 そしてデスクトップ向けHaswell(LGA1150)は2013年前半に登場予定で、Xeon E3 v2シリーズとDelow Platformがこれに続きます。Xeon E3 v3シリーズは4コアでメモリコントローラはDDR3の2チャネル(ECC DDR3-1600対応)、統合GPUはGT3を搭載し外部L4キャッシュも搭載します。これらは3Dワークステーションでの用途を想定したものであるとしています。

 HaswellはIPC(Instruction per Cycle)が向上し、FMAやAVX integer handling extensionsの追加などが行われています。またコアあたりの消費電力が下がり電圧レギュレータが統合されますが、マザーボードとしての機能には大幅な変化はなく、PCI Express 3.0 x16やSATA 6Gbps, USB 3.0は引き続き使われます。

 ところでこのXeon E3 v3シリーズは小型OpenCL及びOpenGLワークステーションの用途を考えているようで、これでローエンドのNVIDIAのQuadroを追い出す腹積もりのようです。

| | コメント (0)

2013年以降のハイエンド向けXeonプラットフォームに関する情報

 2013年以降のハイエンド向けXeonプラットフォームに関する情報です・

http://vr-zone.com/articles/intel-brickland--grantley-platforms-revealed-ivy-bridge-ex-haswell-ex-broadwell-ex/17046.html

 intelは現在BricklandとGrantleyのプラットフォームの開発を行っており、これは2013年から2016年にかけてXeonを使用するプラットフォーム全般をカバーするものとなります。

 前述の通りBricklandは数世代にわたって使用され、プロセッサソケットも長く使われます。Bricklandは2H/2013登場予定のIvy Bridge-EXとともに登場し、2H/2014のHaswell-EX, 2H/2015のBroadwell-EXとなります。Bricklandの後継となるSkylake-EX(14nm)は2016年登場予定です。

 Bricklandは大手スパコンメーカであるCrayの協力もあって8-Way以上にも対応できるようになっています。これのためにQPIが1.0から1.1に拡張され、メモリバッファのJordan Creekが搭載されます。Brickland世代のプロセッサはRegistered-ECC DDR3-1600とDDR4-2133/2400/3200に対応し、将来はこれ以上のJEDEC規格にも対応します。

 Ivy Bridge-EXはXeon E7-2800/4800/8800 v2シリーズとなるほか、Knight LandingベースのXeon Phiにも対応します。またPCI Express 3.0レーン数がBricklandでは多くなるであろうとしています。

 4-Way以下については現在Romley-EP(Sandy Bridge-EP)がありますが、これは6月以内に登場するといわれているIvy Bridge-EPにも対応できるとしています。登場時期については2012年11月末~12月末に登場するという話もありますが、AMDはハイエンド市場についてはもはや諦めの境地に入っているため、intelとしては別段ハイエンド製品をあわてて出す必要性はないと見られます。

 デスクトップのExtreme Editionのラインも同様で、当面Sandy Bridge-Eが継続されるようです。Romley-EPの後継はGrantley-EPで、Haswell-EPとともに登場します。メモリはDDR3-2400/3200に対応します。

 Grantley-EPで採用されるチップセットはWellsburg PCHで、PCI Express 3.0に対応します。Grantley-EPでは次世代Thunderboltが統合されるようです。

| | コメント (0)

AMDがデスクトップ向けプロセッサを値下げ-8月27日付

 AMDがデスクトップ向けプロセッサを値下げしました。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012082401_AMD_to_drop_prices_launch_FX-4130_CPU_on_August_27.html

 8月27日付です。以下の表にまとめました。これに合わせてFX-4130(4コア、動作周波数3.8GHz/Turbo Core 3.9GHz)が登場します。

モデル 旧価格($) 新価格($)
AMD A4-3300 55 46
AMD A4-3400 59 48
AMD A6-3500 75 67
AMD A6-3650 95 77
AMD A6-3670K 100 80
AMD A8-3850 105 91
AMD A8-3870K 115 101
AMD FX-4100 115 101
AMD FX-4130 --- 112
AMD FX-4170 135 122
AMD FX-6100 135 112
AMD FX-6200 155 132
AMD FX-8120 165 153
AMD FX-8150 205 183
Phenom II X2 555 BE 85 84
Phenom II X2 560 BE 90 89
Phenom II X2 565 BE 102 101
Phenom II X4 955 BE 105 81
Phenom II X4 965 BE 115 91
Phenom II X4 970 BE 145 142
Phenom II X4 975 BE 155 153
Phenom II X4 980 BE 165 163
Phenom II X6 1055T 155 153
Phenom II X6 1075T 165 163
Phenom II X6 1090T BE 185 173
Phenom II X6 1100T BE 205 194

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

Haswellの統合GPUの新機能に関する情報

 Haswellの統合GPUは色々と強化されるようです。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012082302_New_video_and_graphics_features_of_Haswell_CPUs.html

現行のプラットフォームであるChief River/Maho Bayではデジタル/アナログ映像出力をチップセット側に持っていますが、Shark Bayではアナログ出力(D-Sub15)は引き続きLynx Pointチップセット側に残るものの、デジタル出力についてはプロセッサ側に移ります。デジタル出力は3系統あり、DVI, HDMI, DisplayPortのどれかを設定でき、独立して動作させることが可能です。

ただし一部制限があり、3系統のデジタル出力すべてをHDMIもしくはDVIと設定することはできません。しかしすべてをDisplayPortに設定することは可能です。デジタル出力はHDMI 1.4a, DisplayPort 1.2に対応し、DisplayPortでは3200x2000(60Hz), 4Kx2K(24Hz)まで表示できます。

またこれら3系統のデジタル出力に加えてembedded DisplayPort(eDP)とFDIを搭載し、これらをsecond eDPとして設定可能です。eDPはPanel Self Refreshに対応し、これはローカル画像メモリに表示されている絵をストアし、画面に変化がないときにグラフィックスコントローラをパワーダウンする機能となります。これはeDPがひとつの設定のときのみ可能です。またLow Power Single Pipeにも対応します。

HaswellのGPUは動画再生支援機能も強化され、JPEG, Motion JPEG, MVC, SVCに対応します。またストリーム動画をMPEGかSVCにエンコードすることもできます。またFrame Rate Conversionと呼ばれる動画のフレーム補間機能に対応し、動画再生がよりなめらかになります。

3D性能については大幅に改良されており、GT1(エントリ), GT2(メインストリーム), GT3(パフォーマンス)の3種類を有します。これらの違いはExecution Unit(EU)の差で、GT3が最大40となります。GT3は外部キャッシュを搭載し、DirecX 11.1, OpenGL 3.2, OpenCL 1.2に対応します。intelによるとGT1はIvy Bridge GT1の15~25%, GT2はIvy Bridge GT2の15~25%, GT3はIvy Bridge GT2の50~100%の性能を発揮するとしています。

| | コメント (1)

企業向けのTrinityが登場

 企業向けのTrinityが登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012082301_AMD_business-class_Trinity_APUs_are_in_the_works.html

 これはコンシューマ向けより長期にわたって供給され、性能としてはメインストリーム向け相当となります。仕様を以下にまとめました。いずれもSocket FM2です。登場時期については採用製品(Lenovo ThinkCentre M78)が9月11日発表、実際に入手可能になるのは10月になるとされており、これに合わさるのではないかとしています。

モデル コア数 動作周波数 L2キャッシュ TDP
A4-5300B 2 3.4GHz 1MB 65W
A6-5400B 2 3.6GHz 1MB 65W
A8-5500B 4 3.2GHz 4MB 65W
A10-5800B 4 3.8GHz 4MB 100W

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

NVIDIAがOEM向けGeForce GTX 660を追加

 NVIDIAがOEM向けGeForce GTX 660を追加しました。

http://www.techpowerup.com/170835/GeForce-GTX-660-OEM-Specifications-Surface-Blueprint-to-the-Retail-Version-.html

 基本的にはリテール市場向けのGeForce GTX 660 Tiの性能を落としたもので、ストリームプロセッサ個数は1152, コアクロックは823MHz(Boost 888MHz), メモリクロック(データレート)は5.8GHz, メモリバス幅は192bit, 画像メモリはGDDR5 1.5GBか3GBになります。

 リテール市場向けのGeForce GTX 660については9月に登場ではないかとしています。

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

Haswellのパッケージに関する情報

 Haswellのパッケージに関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012082101_Haswell_package_options.html

 Haswellでは統合GPUにGT1, GT2, GT3と3種類ありますが、これを同一ダイで作るというわけではないようで、GT3とGT2で分かれるようです。そして2コアと4コア、メモリコントローラの2チャネル(4 DIMM構成)とシングルチャネル(2 DIMM構成)でもダイが異なり、合計としては現状8種類のダイコンフィグレーションが存在するようです。

 メモリに関してはデスクトップがDDR3-1600, ノートがDDR3/DDR3L-1600(4コアはDDR3-1333), ULTはDDR3L-1600となります。

 組み合わせについては以下の表にまとめてあります。

対象市場 コア数 統合GPU メモリコントローラ パッケージ 最大メモリ
デスクトップ 4 GT2 2 LGA 32GB
デスクトップ 2 GT2 2 LGA 32GB
ノート(パフォーマンス) 4 GT3 2 BGA 32GB
ノート(メインストリーム) 4 GT2 2 BGA / rPGA 32GB
ノート(メインストリーム) 2 GT2 2 BGA / rPGA 16GB
ノート(ULT) 2 GT3 2 BGA 16GB
ノート(ULT) 2 GT2 1 BGA 8GB

| | コメント (0)

AMDがRadeon HD 7000シリーズの値下げを予定-今週末には反映

 AMDがRadeon HD 7000シリーズの値下げを予定しているそうです。

http://www.techpowerup.com/170821/AMD-Readies-New-Round-of-Radeon-HD-7000-Series-Price-Cuts.html

 これはGeForce GTX 660 Ti対抗のようで、Radeon HD 7950(コアクロック向上版)が$349から$139, Radeon HD 7870 GHz Editionが$299から$249, Radeon HD 7850 2GBが$209, 7850 1GBが$189に値下げされます。

 価格は今週末には反映されるそうです。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

iledriverに関してのあれこれの話

 Piledriverに関してのあれこれの話です。

http://vr-zone.com/articles/better-late-than-never--amd-steamroller-not-piledriver-to-be-the-saviour-/17020.html

 まずノート向けTrinityはすでに登場しており、これはGPU部分の性能は良好なものの、Piledriverが使われているプロセッサコア部分についてはSandy BridgeやIvy Bridgeには及びません。

 ノートに関しては電力効率が重視されるため、性能面は多少大目に見られますが、デスクトップに関してはそうではありません。Zambezi後継のVishera(8コア)はいまだに登場しておらず(10月1日登場説もある)デスクトップ向けTrinityも発表されていない上、発表日も明らかになっていません。

 ところがサーバ向けの16コアとなるAbu Dhabiは来月、すなわち9月に登場するそうです。これについては記事では2つの予測をしており、ひとつはBulldozerからPiledriverのコア当たりの性能向上がいま一つでintelに対抗しえないものであると判断されたこと、もう一つはPiledriverの後継で28nmのSteamrollerに望みをかけており、これに注力しているというものです。

| | コメント (1)

2012年8月18日 (土)

TrinityはAthlon IIに加えてSempronも登場

 TrinityはAthlon IIに加えてSempronも登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012081502_AMD_to_release_Trinity_Athlon_II_and_Sempron_CPUs.html

 2012年7月27日の記事にてTrinity版Athlon IIが登場するという話がありましたが、これは4コア品でした。今回の情報によるとこれに加えて2コアのAthlon IIおよびSempronも投入するようです。いずれも統合GPUはありません。

 これらのプロセッサの詳細な仕様についてはすでにAMDのProcessor Product Data Sheetに公開されており(Publication #52422と#52423)これによるとAthlon IIは2コアか4コア、L2キャッシュは1MB(Compute Unitあたり)か2MB(同)x2, Turbo Core 3.0やAMD-V、PCI Express 2.0, DDR3-1866の2チャネルに対応し、ソケットはFM2を使用します。

 Sempronも基本的な仕様は同様ですが、L2キャッシュがCompute Unitあたり1MB止まりとなるほか、2コアと4コアのモデルがありえるようです。

| | コメント (0)

intelがPentium 1405を追加

 intelがPentium 1405を追加しました。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012081501_Intel_quietly_adds_Pentium_1405_CPU.html

 これはLGA1356のSandy Bridge-ENのPentium版で、現在Pentium 1403(2コア/2スレッド, 2.6GHz, L3キャッシュ5MB, TDP 80W)と1407(2コア2スレッド, 2.8GHz, L3キャッシュ5MB, TDP 80W)の2種類が存在します。いずれもTurbo Boost非対応です。

 そして今回のPentium 1405は2コア/2スレッドで動作周波数1.20GHz(Turbo Boost 1.8GHz), L3キャッシュ5MB, TDP 40Wとなっています。1405とProessor Numberからすると1403と1407の間になりそうな仕様ですが、これについては低消費電力版といったプロセッサになっています。

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

NVIDIAがGeForce GTX 660 Tiを発表

 NVIDIAがGeForce GTX 660 Tiを発表しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120816_552868.html

 ストリームプロセッサ個数は1344、コアクロックは915MHz(Boost 980MHz)、TMUが112、ROPsが24、メモリバス幅は192bitで画像メモリはGDDR5 2GB、メモリクロック(データレート)は6008MHz, TDP 150Wとなりまっす。

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

AMDがRadeon HD 7950のコアクロックを底上げ

 AMDがRadeon HD 7950のスペックの底上げをするようです。

http://www.fudzilla.com/home/item/28352-amd-updates-radeon-hd-7950-specs

 これはGeForce GTX 660 Ti対抗のためで、VGA-BIOSのアップデートにより行われるようです。コアクロックは800MHzから825MHzに引き上げられ、オーバークロックで最高で条件にもよりますが925MHzまで引き上げられるようです。ただしこれ以外の仕様は同じで、単純にコアクロックが向上のみになります。

 このVGA-BIOSが適用されたボードは8月半ばから出荷が開始され、既存品と同一価格になるようです。ちなみにユーザでのアップデートも可能なようです。

| | コメント (0)

Windows 8の次「Windows Blue」とはなんぞや?

 一般向けwindows 8がまだ出ていないというのに、もう次の話が出ているようです。

http://japan.cnet.com/sp/allaboutms/35020410/
http://www.gizmodo.jp/2012/08/windows_9windows_blue2013.html

 これによると、Windows 8の次のバージョンはWindows 9とはならないようで、2013年中に何らかのアップデートがあるようです。そしてこれには「Blue」という開発名がつけられているようです。

 もっともこれがService Packのような形態になるのか、それともWindows 98 Second Editionのような機能追加になるのかは不明です。

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

HaswellはIvy Bridgeより10%高速

 HaswellはIvy Bridgeより10%高速であるという話です。

http://www.fudzilla.com/home/item/28318-haswell-to-be-10%20-percent-faster-than-ivy-bridge

 intelはHaswellは第四世代Coreシリーズと内部では呼んでおり、パートナー向けにHaswellはIvy Bridgeと比べて同周波数で少なくとも10%以上高速であると説明しているそうです。またintelはオーバークロックやユーザチューニングに関しても進化するとしています。

 Hawsellは特に大きな問題がなければQ2/2013に登場予定です。

| | コメント (0)

Ivy Bridgeの統合GPUレス版が登場

 Ivy Bridgeの統合GPUレス版が登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/home/item/28323-ivy-bridge-without-graphics-coming-in-q3-2012

 これはCore i5-3350Pで、動作周波数は3.1GHz(Turbo Boost 3.3GHz), 4コア/4スレッド、L3キャッシュは6MBでTDP 69Wとなっています。これはSandy BridgeのCore i5-2380Pの後継となります。価格は$177~187の間と見られます。

| | コメント (0)

デスクトップ向けTrinityは10月1日に登場

 デスクトップ向けTrinityは10月1日に登場するそうです。またラインナップ情報もあります。

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201208/11a.html

 ラインナップについては以下の表にまとめました。ソケットは新しいFM2を使用します。

  A6-5400 A8-5500 A8-5600 A10-5700 A10-5800
コア数 2 4 4 4 4
動作周波数(標準/Turbo Core) 3.6GHz/3.8GHz 3.2GHz/3.7GHz 3.6GHz/3.9GHz 3.4GHz/4.0GHz 3.8GHz/4.2GHz
TDP 65W 65W 100W 65W 100W
統合GPU HD 7540D HD 7560D HD 7560D HD 7660D HD 7660D

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

GeForce GTX 660/650 Ti/650は9月に登場か

 GeForce GTX 660/650 Ti/650は9月に登場するという話です。

http://wccftech.com/nvidia-launches-midrange-gk106-gk107-based-gpus-september/

 GeForce GTX 660/650 TiはGK106ベースとなり、GTX 660はGK106-200-A2を採用します。これはストリームプロセッサ個数960~1152, メモリバス幅は192bit, 画像メモリは2GB、価格は$229となります。GTX 650 Tiはストリームプロセッサ個数768~960, 画像メモリはGDDR5 1GB, 価格は$155~159とされています。

 GeForce GTX 650はGK107ベースでGeForce GT 650のGDDR5版のようなもので、ストリームプロセッサ個数は384, 画像メモリは192bit(GT 640は128bitだが・・・)コアクロックはGT 640より向上します。

 これらは9月第3週に登場予定となります。

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

FX-8300(Vishera)のベンチマークとされる結果

 FX-8300(Vishera)のベンチマークとされる結果が出ています。

http://wccftech.com/amd-fx8300-vishera-x86-piledriver-8-core-cpu-pictured-benchmarked/

 この記事によると8コアで動作周波数は3.3(標準)/3.9GHz(Turbo core), TSDP 124W, L3キャッシュは8MB, マザーボードはASUS Crosshair V Formulaを使用しています。

 結果を以下の表にまとめました。

3DMark Vantage - CPU 18705
3DMark06 - CPU 4986
AIDA64 Cache and Memory Benchmark(4.8GHz駆動) 17410/11769/21472MB/s(Read/Write/Copy)
Winrar 5946KB/s
CineBench R11.5 5.73

| | コメント (0)

Core i3-2377Mが登場

 Core i3-2377Mが登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012080301_Details_of_Intel_Core_i3-2377M_CPU.html

 基本的には現行のCore i3-2367Mの高周波数版で、Sandy Bridgeで動作周波数は1.5GHz, 2コア/4スレッド、L3キャッシュは3MB, TDP 17Wとなります。登場時期はQ3/2012が予定されています。

| | コメント (0)

AMDがFireProブランドのAPUを発表

 本業が忙しくて更新が滞ってしまいましたが本日より再開いたします。AMDがFireProブランドのAPUを発表しました。

http://www.4gamer.net/games/133/G013322/20120807034/

 FirePro A320とA300で、Trinityのワークステーション版といった位置づけになります。対応OSはWindows XP/7, Linux(SUSE Enterprise Desktop, Ubuntu)、対応マザーボードは今のところSAPPHIRE PGS AM 3となっています。仕様については以下の表にまとめました。

FirePro A320 FirePro A300
コア数 4 4
動作周波数 3.8GHz(Turbo core 4.2GHz) 3.4GHz(Turbo core 4.0GHz)
ストリームプロセッサ個数 384 384
コアクロック 800MHz 760MHz
TDP 100W 65W
L2キャッシュ 2MBx2 -
メモリ DDR3-1866 DDR3-1866

 またこれに合わせてワークステーション向けグラフィックスのFirePro W9000/8000/7000/5000シリーズが発表されています。いずれもGCN世代となります。仕様についてはリンク先の日本語記事をご覧ください。

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

Ivy Bridge-EははQ3/2013に登場

 Ivy Bridge-EははQ3/2013に登場するという話です。

http://www.fudzilla.com/home/item/28192-ivy-bridge-e-to-come-in-q3-2013

 Extremeのラインは昨年Q4にCore i7-3960Xが登場し、Q4/2012にCore i7-3970Xが登場予定となっています。そしてIvy Bridge-Eは2013年9月あたりに登場ではないかとされ、これはLGA2011でX79搭載マザーボードで使用可能であるとしています。

| | コメント (0)

GeForce GTX 650は8月下旬に登場

 GeForce GTX 650は8月下旬に登場するそうです。

http://www.techpowerup.com/169742/NVIDIA-GeForce-GTX-650-Specifications-and-Launch-Date-Leaked.html

 以前には9月17日という情報がありました。これは$200以下の市場に投入され、GK107ベースでストリームプロセッサ個数は384, メモリバス幅は128bit, 画像メモリはGDDR5 1GBとなっています。

| | コメント (0)

GeForce GTX 650 Tiの仕様に関する情報

 GeForce GTX 650 Tiの仕様に関する情報です。

http://www.techpowerup.com/169790/GeForce-GTX-650-Ti-Specifications-Detailed.html

 これはGK106ベースでストリームプロセッサ個数は960, メモリバス幅は192bit, 画像メモリはGDDR5 1/2GB, Q4/2012の登場が予定されています。価格は$250以下となります。

| | コメント (0)

intelがノート向けCeleronを価格表に追加

 intelがノート向けCeleronを価格表に追加しました。

http://www.cpu-world.com/news_2012/2012073101_Intel_adds_4_mobile_Celeron_CPUs_to_price_list.html

 いずれもSandy Bridgeで、以下の表に仕様をまとめました。

モデル コア数 スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPUコアクロック
標準/Turbo
TDP 価格($)
Celeron 807 1 2 1.5GHz 1.5MB 350MHz / 950MHz 17W 70
Celeron 877 2 2 1.4GHz 2MB 350MHz / 1000MHz 17W 86
Celeron B730 1 2 1.8GHz 1.5MB 650MHz / 1000MHz 35W 70
Celeron B820 2 2 1.7GHz 2MB 650MHz / 1050MHz 35W 86

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »