« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

Ivy Bridge-Eの仕様に関する情報-Core i7-4960Xほか

 Ivy Bridge-Eの仕様に関する情報です。

http://chinese.vr-zone.com/57511/naming-same-as-haswell-ivy-bridge-e-will-have-core-i7-4960x-4930k-4820k-03292013/ (中文・繁体字)
http://wccftech.com/intel-ivy-bridge-e-roadmap-leaked/ (英語解説)

 リークされたintelのロードマップから明らかになりました。登場時期についてはQ4/2013に延期されたという話もありましたが(2013年3月7日の記事)今回のintelのスライドではQ3/2013となっており、VR-Zoneでは11月に発売予定となっています。

 Ivy Bridge-EはExtremeラインのCore i7-4960X, Premium PerformanceのCore i7-4930K/4820Kの3種類登場します。ソケットは現行のLGA2011を継続し、チップセットはX79か現在開発中という話があるX99(2013年3月4日の記事参考)に対応します。共通仕様はTDP 130W, メモリはDDR3-1866、倍率可変です。そしてQ4/2013にはエンハンスモデルが登場するような書き方がされていますが、具体的にどのような製品が出るのかは不明です。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数
標準/Turbo Boost
L3キャッシュ TDP
Core i7-4960X 6/12 3.6GHz/4.0GHz 15MB 130W
Core i7-4930K 6/12 3.4GHz/3.9GHz 12MB 130W
Corre i7-4820K 4/8 3.7GHz/3.9GHz 10MB 130W

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

Celeron G470とCore i3-3245/3250/3250Tの仕様に関する情報

 Celeron G470とCore i3-3245/3250/3250Tの仕様に関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013032901_Specifications_of_future_Celeron_G470_and_Core_i3_CPUs_confirmed.html

 2月にintelのWebサイトに名前s-Specだけ出てきたもので、今回仕様が出てきました。Celeron G470のみSandy Bridgeで、それ以外はIvy Bridgeです。

モデル コア数 スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPU 統合GPUコアクロック
標準/最高
TDP
Celeron G470 1 2 2GHz 1.5MB HD (Sandy Bridge) 650MHz / 1000MHz 35W
Core i3-3245 2 4 3.4GHz 3MB HD 4000 650MHz / 1050MHz 55W
Core i3-3250 2 4 3.5GHz 3MB HD 2500 650MHz / 1050MHz 55W
Core i3-3250T 2 4 3GHz 3MB HD 2500 650MHz / 1050MHz 35W

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

Xeon E3-1200 v3シリーズの詳細に関する情報

 Xeon E3-1200 v3シリーズの詳細に関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013032701_Details_of_Xeon_E3-1200_v3_Haswell_processors.html

 Xeon E3-1200 v3シリーズは1-Wayプロセッサ向けでHaswellベースとなり、統合GPUが存在するモデルとそうでもないものがあります。登場自時期は5月27日~6月7日となっています。

 モデル一覧について以下の表にまとめてあります。

モデル コア数 スレッド数 動作周波数 Turbo Boost L3キャッシュ 統合GPU TDP
Xeon E3-1220 v3 4 4 3.1GHz 3.5GHz 8MB 80W
Xeon E3-1220L v3 2 4 1.6GHz 2.3GHz 4MB 16W
Xeon E3-1225 v3 4 4 3.2GHz 3.6GHz 8MB HD P4600 84W
Xeon E3-1230 v3 4 8 3.3GHz 3.7GHz 8MB 80W
Xeon E3-1230L v3 2 4 1.8GHz 2.8GHz 8MB 25W
Xeon E3-1240 v3 4 8 3.4GHz 3.8GHz 8MB 80W
Xeon E3-1245 v3 4 8 3.4GHz 3.8GHz 8MB HD P4600 84W
Xeon E3-1265L v3 4 8 2.5GHz 3.7GHz 8MB GT1 45W
Xeon E3-1270 v3 4 8 3.5GHz 3.9GHz 8MB 80W
Xeon E3-1275 v3 4 8 3.5GHz No data 8MB HD P4600 84W
Xeon E3-1280 v3 4 8 3.6GHz 4GHz 8MB 82W
Xeon E3-1285 v3 4 8 3.6GHz 4GHz 8MB HD P4600 84W

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

Shark Bayの1チッププラットフォームのチップセットは2種類

 Shark Bayの1チッププラットフォームのチップセットは2種類あるそうです。

http://www.fudzilla.com/home/item/30871-shark-bay-1-chip-platform-chipset-is-premium

 一つは単にBaselineと呼ばれ、もう一つはPremiumとなるようです。プロセッサはHaswell U/Y(Processor NumberにUやYが付与されるモデル)が採用されUltrabookやタブレット向けとなります。

 PremiumはWindows 8のConnected Standbyに対応し、AMT 9.0, Small Business Advantage, RAID Rapid Storage, Anti-Theft, Wireless Displayなどに対応します。USB 3.0は8ポートでそのうち4ポートをUSB 3.0に設定でき、PCI Express 2.0を6スロット、SATA 6Gbpsを6ポート搭載します。チップセットはアナログ出力やLVDSを搭載せず、I2CやUARTを搭載します。

 これらはQ3/2013に登場予定です。

| | コメント (0)

Haswellのノート向け統合GPUの組み合わせに関する情報

 Haswellのノート向け統合GPUの組み合わせが明らかになりました。

http://www.xbitlabs.com/news/graphics/display/20130326234107_Leaked_Excepts_from_Intel_s_Documents_Reveal_Haswell_Graphics_Options_for_Notebooks.html

 まずGT3でキャッシュメモリ付きのHD Graphics 5200(40 Execution Units, 以下HD Graphics は省略), GT3でキャッシュメモリなしの5100/5000(40 Execution Unitsとコアクロック違い), GT2の4200/4400/4600(220 Execution Unitsでコアクロック違い)となります。このうちUltrabook向けが5100/5000/4400/4200, パフォーマンスノート向けが5200/4600となっています。

 5200はCore i7-4950HQ(2.4GHz, Turbo Boost 3.6GHz)/4850HQ(2.3GHz, Turbo Boost 3.5GHz)の上位の4コア品にのみ搭載され、5100についてはCore i7/i5/i3各シリーズに採用されます。

 それ以外については以下の表にまとめてあります。

モデル HD Graphics
Core i7-4558U 5100
Core i7-4550U 5000
Core i7-4500U 4400
Core i5-4258U/4288U 5100
Core i5-4250U 5000
Core i5-4200U/4200Y 4400
Core i3-4100U 4400
Core i3-4158U 5100
Core i3-4010U 4400
Core i3-4005U 4400

| | コメント (0)

AMDがRadeon HD 7990を披露

 AMDがRadeon HD 7990を披露しました。

http://www.4gamer.net/games/135/G013536/20130327038/
http://www.fudzilla.com/home/item/30887-malta-is-radeon-hd-7990

 サンフランシスコで開催されているGames Developer's ConferenceにてAMDが発表会を開催しました。Fudzillaの記事ではMaltaはこのRadeon HD 7990であるとしています。しかし詳しい仕様については明らかにされず、試作ボードには冷却ファンが3個搭載され、mini DisplayPortが4個、DVIが1個搭載されています。

 動作音はAMDのProduct Manager曰く「静かである」としていますが、負荷をかけだすとうるさいかも。

| | コメント (0)

NVIDIAがGeForce GTX 650 Ti Boostを発表

 NVIDIAがGeForce GTX 650 Ti Boostを発表しました。

http://www.4gamer.net/games/120/G012093/20130325075/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130326_593174.html

 Radeon HD 7850対抗とされ、GeForce GTX 650 Tiと660の間の位置づけとなります。仕様としてはGeForce GTX 660のSMXを1個減らしたようなもので、ストリームプロセッサ個数は768, TMUは64, TDP 134WのほかはGeForce GTX 660と同様でコアクロック980MHz(Boost 1033MHz), メモリクロック(データシート)は6008MHz, メモリバス幅は192bit, ROPsは24, 画像メモリはGDDR5 1GB/2GBとなります。

 ベンチマーク記事も色々出ていますので、いくつかご紹介します。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20130326_593117.html
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1303/26/news119.html

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

デスクトップ向けHaswellの予価情報

 デスクトップ向けHaswellの予価情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013032401_Intel_Haswell_desktop_CPUs_are_available_for_pre-order.html

 これによると欧州のオンラインストアではすでに価格の情報が出始めており、Core i7-4770Kについては330ユーロや350ユーロといった価格が掲載されています。また米国のPCSuperStoreでは8種類のプロセッサの価格情報が出ています。

Ivy Bridge 現行価格($) Haswell Box Part Number 価格($) 価格差
Core i5-3330 197.37 Core i5-4430 BX80646I54430 197.86 0%
Core i5-3470 205.23 Core i5-4570 BX80646I54570 213.69 4%
Core i5-3470S 195.59 Core i5-4570S BX80646I54570S 205.78 5%
Core i5-3570 210 Core i5-4670 BX80646I54670 236.3 13%
Core i5-3570K 234.18 Core i5-4670K BX80646I54670K 256.65 1%
Core i7-3770 302.85 Core i7-4770 BX80646I74770 328.67 9%
Core i7-3770K 339.86 Core i7-4770K BX80646I74770K 368.07 8%
Core i7-3770S 302.74 Core i7-4770S BX80646I74770S 320.8 6%

| | コメント (0)

Windows Blue Build 9364のスクリーンショットが流出

 Windows Blue Build 9364のスクリーンショットが流出したようです。

http://gigazine.net/news/20130325-windows-blue-build-9364-leaked/

 記事にもあるようにこのWindows BlueはWindows 8のタブレット向け廉価版になり、Internet Exploer 11がプリインストールされます。

 詳細はリンク先の日本語記事をご覧いただくとしますが、基本的には現状ではWindows 8とほとんど見た目は一緒です。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

GeForce GTX 650 Ti Boostが3月26日に登場

 GeForce GTX 650 Ti Boostが3月26日に登場するそうです。

http://www.gdm.or.jp/voices/2013/0324/24474

 これはRadeon HD 7850対抗で、NVIDIAのスライドによるとこの強化版は多くの場合においてRadeon HD 7850より高速であるとしています。

 このGeForce GTX 650 Ti Boostはストリームプロセッサ個数768, コアクロックは980MHz(Boost 1033MHz) 画像メモリはGDDR5 2GB, メモリクロック(データレート)は6008MHz, メモリバス幅は192bit, TDP 140Wとなっています。

 価格については25000円前後となっていますが、上位のGeForce GTX 660と重なってしまうようです。

| | コメント (0)

TDP35Wの2コアのHaswellはQ4/2013に登場

 TDP35Wの2コアのHaswellはQ4/2013に登場するという話です。

http://www.fudzilla.com/home/item/30859-haswell-35w-dual-cores-in-q4-2013

 ノート向けHaswellについては当初4コアのMX/MQのラインがQ2/2103に登場し、Q3/2013に17Wの低消費電力版が登場するものの、TDP 35Wで2コア品についてはQ4/2013まで登場しません。現状2コアでTDP 35Wの位置にあるうちで最上位なのはCore i7-3540M(3.0GHz/Turbo Boost 3.7GHz)で、これより高クロックのプロセッサがQ3/2013に登場する可能性があるものの、Haswellがこのラインを投入されるのはQ4/2013になります。

 またCore i5-3380(2.90GHz/Turbo Boost 3.6GHz)はQ3/2013までTDP 35WのCore i5の最上位モデルと成り続け、これより高クロックのプロセッサが登場する可能性があるものの、やはりHaswellがこのラインを投入されるのはQ4/2013になります。

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

Broadwell~SkylakeもLGAパッケージ継続か

 デスクトップ向けBroadwellのBGAのみ騒動は鎮火するかもしれません。

http://www.digitimes.com/news/a20130322PD200.html
http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20130322155320_Intel_Changes_Plans_Set_to_Continue_with_Upgradeable_LGA_Platforms_Even_with_Skylake_Chips.html

 台湾のマザーボードベンダの話によると、intelのデスクトップ向け最新ロードマップではLGAは当面、少なくとも1H/2015まではメインストリームであり続け、これは全パッケージのうち95%を占めるそうです。

 Haswell後継のBroadwellは1H/2014の登場が予定されていますが、これまでBGAパッケージしか提供されないという情報が流れていました。BGAとなるとマザーボードにプロセッサが直付けとなり、アップグレードができなくなることからマザーボードベンダは心配していましたが、intelの最新ロードマップではこれを打ち消す内容であるようです。

 Haswellと2015年に登場するSkylakeのメインストリーム向けはLGAで登場するものの、BroadwellやSkylakeのエントリ向けについてはBGAになるかもしれないとしています。

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

今後のXeonシリーズの登場予定

 今後のXeonシリーズの登場予定です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013032101_Launch_schedule_of_Intel_Xeon_processors.html

 現在のXeonシリーズはE3(シングルプロセッサ)/E5(2-Way)/E7(N-Way)シリーズがありますが、次世代となるE3/E5シリーズが段階的に登場します。

 まずシングルプロセッサ向けのXeon E3-1200 v3シリーズが2013年5月27日~6月7日の間に登場します。これはHaswellベースで13種類(E3-1220 v3, E3-1225 v3, E3-1230 v3, E3-1240 v3, E3-1245 v3, E3-1270 v3, E3-1275 v3, E3-1280 v3 and E3-1285 v3の通常版と低消費電力版のE3-1220L v3, E3-1230L v3, E3-1265L v3 and E3-1285L v3)が一気に同時リリースされます。Processor Numberの下一桁が5の場合はGPU統合、0の場合はGPU非統合となります。

 次に2-Wayプロセッサ向けのXeon E5-2600 v2シリーズがQ3/2013に登場します。これはIvy Bridge-EPベースで現行のLGA2011と互換性を有します。4-Wayプロセッサ向けのXeon E5-4600 v2シリーズはQ1/2014に登場し同じくLGA2011を使用します。またQ1/2014にはXeon E5-2400 v2が登場し、これはIvy Bridge-ENベースでLGA1356を使用します。最後に第二世代のXeon E7シリーズはQ4/2013に登場予定です。

| | コメント (0)

AMDがTrinityやFXの値下げを行う

 AMDがTrinityやFXの値下げを行うそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20130320PD216.html

 これによるとAMDはRichlandを6月初旬に投入予定であり、その前の4月にA8-5600K, FX-8320, FX-6300, FX-4300が8~15%程度値下げされ、またA4-4000が5月半ばには$40で登場するそうです。

| | コメント (0)

AMDがRadeon HD 7790を正式発表

 AMDがRadeon HD 7790を正式発表しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130322_592619.html

 Bonaire XTを採用しストリームプロセッサ個数は896, コアクロックは1GHz, TMUは56, ROPsは16, メモリバス幅は128bitで画像メモリはGDDR 1GB, メモリクロック(データレート)は6GHz、消費電力は85W以下です。ボードは早速各ベンダから登場しています。

 早速ベンチマーク記事も色々出ていますので、国内記事をいくつかご紹介します。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20130322_592715.html
http://www.4gamer.net/games/145/G014573/20130319106/

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

Radeon HD 7790の登場が今週になる?

 Radeon HD 7790の登場が今週になるという話が出ています。

http://www.techpowerup.com/181622/AMD-Radeon-HD-7790-Arriving-This-Week.html

 2013年3月14日の記事でQ2/2013から3月後半に登場に変更されるという話がありましたが、これによるとRadeon HD 7790のサンプルボードはすでにプレス関係者に配布されており、3月21日か22日に発表されるということです。Radeon HD 7790はBonaireを採用し価格は135ユーロが予定されています。またNVIDIAもRadeon HD 7790対抗にGeForce GTX 650 Tiのリフレッシュ版を登場させるそうです。

| | コメント (0)

NVIDIAがTegraのロードマップをアップデート

 NVIDIAがTegraのロードマップをアップデートしました。

http://www.xbitlabs.com/news/mobile/display/20130319234331_Nvidia_Updates_Tegra_Roadmap_Parker_Mobile_Graphics_Chip_Introduced.html

 2013年3月12日の記事の続報にあたります。NVIDIAがサンノゼで開催されたGPU Technology Conferenceにて発表した内容にTegraのロードマップのスライドが示されました。これによると2013年にはTegra 4, 2014年にはKeplerを統合したLoganが登場し、2015年にはParkerと呼ばれるプロセッサが登場します。LoganはTegra 5となり汎用処理コアはARM Cortex、KeplerがGPUコアとして統合され、Direct3D, OpenGL 4.3などに対応します。

 そしてTegra 6(Parker)では汎用処理コアにNVIDIA独自開発のARMv8互換のDenverを採用し、GPUコアにMaxwellが採用されGPGPUに対応します。Tegra 6はFinFETプロセスで製造され、これはGlobalFoundriesの14nm XM(Extreme Mobility)が使用されます。

 Tegra 6(Parker)は2015~2016年に登場する予定です。

| | コメント (0)

NVIDIAのGPUロードマップがアップデート-2016年以降にVoltaが登場

 NVIDIAのGPUロードマップがアップデートされました。

http://www.xbitlabs.com/news/graphics/display/20130319225739_Nvidia_Updates_Graphics_Roadmap_Volta_Graphics_Architecture_Introduced.html

 これによると2014年にKeplerの後継Maxwellが登場し、更にその先に2016~2017年に新しくVoltaが追加されています。このVoltaでは高速なスタックメモリ(Stacked DRAM)をGPUに組み込むことを考えているようです。現在のGPUそのものは非常に強力なものの、メモリ帯域が性能面でボトルネックになるケースがあり(GK110のGeForce GTX Titanで288GB/s)、このStacked DRAMをGPUコアのごく近くに配置することで1TB/s程度のメモリ帯域を得られるとしています。

 とはいえVoltaの詳細なアーキテクチャなどは明らかになっておらず、将来実際にどのようになるかは現段階では明らかではありません。

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

NVIDIAがGK110ベースの新GeForceを用意

 NVIDIAがGK110ベースの新GeForceを用意しているそうです。

http://wccftech.com/nvidia-preparing-cut-geforce-gtx-titan-gk110-gpu-2496-cores-launch-expected-q3/
http://www.techpowerup.com/181601/NVIDIA-Working-on-Second-GK110-based-GeForce-Graphics-Card-for-Summer.html

 NVIDIAは先日GK110のGeForce GTX TITANを発表したものの、このハイエンド市場は非常に小さなものであり、GK110を求めるゲーマー向けに新たなるGK110ベースのボードを準備しているそうです。

 仕様はGK110ベースのワークステーション向けQuadro K6000と似通っており、ストリームプロセッサ個数は2496, TMUは208, メモリバス幅は320bitで画像メモリはGDDR5 5GB、ROPsは40, 価格は$450~$1000の間、$699~$799ではないかとしています。

 登場時期はQ3/2013、7月か8月と見られています。

| | コメント (0)

AMDがノート向けのA8/A10 APUを2モデル追加

 AMDがノート向けのA8/A10 APUを2モデル追加しました。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013031901_AMD_lists_A8-4557M_and_A10-4657M_mobile_APUs.html

 今週になって追加されていますが、これはRichlandではなく現行のTrinityです。しかしこれはTDP 35W枠に収まっています。仕様については以下の表にまとめてあります。

モデル コア数 動作周波数
標準/Turbo Core
L2キャッシュ 統合GPU
ストリームプロセッサ個数
統合GPU
コアクロック(標準/Turbo)
TDP
A8-4557M 4 1.9GHz / 2.8GHz 4MB 256 497MHz / 655MHz 35W
A10-4657M 4 2.3GHz / 3.2GHz 4MB 384 497MHz / 686MHz 35W

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

Core i7-4770K(Haswell)のベンチマーク結果

 Core i7-4770K(Haswell)のベンチマーク結果です。

http://www.tomshardware.com/reviews/core-i7-4770k-haswell-performance,3461.html

 Core i7-4770Kは3.5GHz(Turbo Boost 3.9GHz)で、比較対象はCore i7-3770K, Core i7-2700Kと同じ3.5GHz(Turbo Boost 3.9GHz)です。リンク先には多数の結果のグラフがありますが、ここではプロセッサの演算性能を中心にしたSandra 2013 SP2の結果をまとめて掲載します。

 Sandra 2013 SP1以外の結果についてはリンク先の記事をご覧ください。全体としてはIvy Bridgeから順当な進化をしています。

Sandra 2013 SP2 Core i7-4770K Core i7-3770K Core i7-2700K

Processor Arithmetic, Dhrystone Integer Native/Whetstone Double Native
SSE4.2/AVX2 164.18 148.24 144.00
SSE3 94.75 93.54 88.72

Processor Multimedia,
Integer Native x16/Float Native x16/Double Native x16
Integer 403.73 227.67 282.37
Float 373.44 314.27 174.62
Double 282.37 300.79 169.44
Memory Bandwidth Integer 17.00 20.42 20.49
Float 16.89 20.38 20.52
Cache Bandwidth L1D 943.71 514.56 497.00
L2 328.54 305.00 298.83
L3 177.44 186.36 178.27
General Purpose Processing OpenCL Devices:Graphics Only Native Float 379.17 295.47 124.74
Emulated Double 90.17 69.52 116.35
General-purpose Cryptography OpenCL Devices:Graphics Only AES256 1.43 0.88 0.65
SHA2-256 AVX 1.55 1.20 2.00

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

Lynx PointのUSB 3.0問題がHaswellの出荷量にも影響か

 Lynx PointのUSB 3.0問題ですが、当初の出荷量にも影響するという話が出ています。

http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20130313235600_Intel_to_Launch_Core_i_Haswell_Platform_in_Cautious_Volumes_Because_of_USB_3_0_Issu
 これによると、Haswellは6月に登場しますが、デスクトップ向けのLynx Pointチップセットは当初このUSB 3.0問題を含むC1 Steppingで出荷されるものの出荷量は抑えられ、修正版登場後に一気に大量出荷するそうです。USB 3.0問題については2013年3月10日の記事をご覧ください。

 修正されたSteppingのチップセットがいつ登場するかは今のところ不明です。もしすでに修正版のチップセットができているとしても、評価・検証や量産などが必要で、パートナーが受け取ってマザーボードを製造できるのは晩夏あたりになるのではないかと記事ではみています。

| | コメント (0)

Richlandのデスクトップ向けは6月に登場

 Richlandのデスクトップ向けは6月に登場のままだそうです。

http://www.fudzilla.com/home/item/30779-richland-desktop-still-scheduled-for-june-2013

 ノート向けについては先日発表されましたが、デスクトップ向けについては3月量産開始、発表が6月となっています。デスクトップ向けRichlandはA10-6800KやA10-6700, A8-6600K, A8-6500などがあります。

| | コメント (0)

NVIDIAがGeForce GTX 650 Tiの高速版を用意

 NVIDIAがGeForce GTX 650 Tiの高速版を用意しているそうです。

http://www.sweclockers.com/nyhet/16688-nvidia-forbereder-upphottat-geforce-gtx-650-ti (スウェーデン語)
http://www.techpowerup.com/181416/NVIDIA-Working-on-Faster-GeForce-GTX-650-Ti.html (英語解説)
http://wccftech.com/nvidia-possibly-launching-geforce-gtx-660-se-april-tackle-radeon-hd-7790/ (英語解説その2)
http://www.fudzilla.com/home/item/30775-nvidia-prepares-geforce-gt-655 (英語解説その3)

 これはRadeon HD 7790(Bonaire)の対抗とされ、GeForce GTX 650のコアクロックの向上がなされているそうです。仕様についてはメモリバス幅は192bitになるという話があります。呼び方については記事によってGeForce GTX 660 SE(WCCFTECH)やGeForce GTX 655(Fudzilla)となっていますが、実際の成否ブランドは不明です。

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

Radeon HD 7790(Bonaire)とRadeon HD 7990(Malta)が3月に登場か?

 Radeon HD 7790(Bonaire)とRadeon HD 7990(Malta)が3月に登場するという話があります。

http://wccftech.com/amd-reportedly-unleashing-radeon-hd-7990-hd-7790-months-lowend-card/

 Radeon HD 7000シリーズの新製品はQ2/2013に登場予定とされており、Radeon HD 8000シリーズが登場するQ4/2013の前に製品のリフレッシュが行われると言われています。

 ところがExpreviewの掲示板(中文簡体字)の書き込みによると、Radeon HD 7990(Malta)と7790は3月後半に登場するとなっています。MaltaはTahiti-XT2の2GPU版で、コアクロックは1GHz以上となり、メモリ関係に関しては現行のRadeon HD 7990と同様(メモリバス幅384bit, 画像メモリGDDR5 6GB)となります。Radeon HD 7790はBonaire-XTベースでストリームプロセッサ個数はこの記事では896となっています。

 しかしこのWeblog記事を書いている現在、元ねたとなっているExpreviewの掲示板にはそれらしい情報が載っておらず、なんだか怪しい情報な感じがします。

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

AMDがRichland世代のAシリーズAPUを発表

 AMDがRichland世代のAシリーズAPUを発表しました。

http://www.4gamer.net/games/133/G013372/20130311003/

 これは現行のTrinity後継で、今回発表されたのはノート向けのA10-5750M, A8-5550M, A6-5350M, A4-5150Mの4種類で、32nmプロセスにより製造され、プロセッサコアはPiledriver(最大2モジュールで4コア), 統合GPUはNorthern Islands世代のRadeon HD 8000シリーズ(事実上7000シリーズの改名版)を採用します。

 TrinityとRichlandのシリコンダイは同じとしているものの、電力制御などは向上しています。詳細についてはリンク先の記事をご覧ください。基本的にはTrinityのエンハンス版といった感じです。

| | コメント (0)

KabiniのA6-5200はBrazos 2.0の2倍高速

 KabiniのA6-5200はBrazos 2.0の2倍高速という話です。

http://www.fudzilla.com/home/item/30727-kabini-a6-5200-apu-twice-as-fast-as-brazos-20

 Kabiniは超薄型及び小型PC向けで1H/2013登場予定とされており、2013年6月4日~8日のCompute 2013に発表することになったという話がいくつかの情報筋からあがっています。

 そしてAMDがPCMark Vantageで測定したところによると、KabiniのA6-5200を搭載したシステムで5271, Brazos 2.0ベースのシステムで2807という結果が出たようです。KabiniのシステムはAMDのリファレンスデザインで4コアで統合GPUはRadeon HD 8400, メモリはDDR3-1600 4GB, Windows 8 64bitです。Brazos 2.0システムもリファレンスデザインでプロセッサE2-1800でRadeon HD 7340, DDR3-1333 4GBでWindows 7 Ultimateとなっています。

| | コメント (0)

FX-4350/6350がひっそりと事前発注開始

 FX-4350/6350がひっそりと事前発注開始されています。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013030801_AMD_FX-4350_and_FX-6350_CPUs_are_available_for_pre-order.html

 FX-4350は4コアで4.2GHz(Turbo Core 4.3GHz)で価格は$142.68、FX-6350は6コアで3.9GHz(Turbo Core 4.2GHz)で$154.56、いずれもTDP 125WでL3キャッシュは8MBとなっています。

| | コメント (0)

Tegra 5はGPUアーキテクチャにKepler世代を採用

 Tegra 5はGPUアーキテクチャにKepler世代を採用するという話です。

http://wccftech.com/nvidia-tegra-5-logan-soc-feature-kepler-gpu-architecture-tegra-6-maxwell/

 CESにてnVIDIAはスマートフォン向けSoCのTegra 4の詳細を公開しました。これはまだリリースされていませんが、すでに次の後継の話が出てきています。

 これによるとTegra 4の後継Tegra 5はLoganという開発名がついており、GPUアーキテクチャとしてはKepler世代となるようです。ピクセルシェーダ・バーテックスシェーダの分離はされずunifiedとされます。またTegra 5はTegra 4と比べて低消費電力かつ高性能となり、Tegra 4の72コア(48ピクセル・24バーテックスシェーダ)からKeplerの1か2のSMXユニットを搭載します。すなわち、コア数は192か384となります。

 Kepler世代への移行についてはこれはメモリバス幅によるものだとしています。そしてTegra 5の後継Tega 6(開発名はStrong)はKepler後継のMaxwellが採用されます。

 Tegra 5は2014年、Tegra 6は2015年に登場予定です。スマートフォンにもPC向けのGPUアーキテクチャが採用されることになります。

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

intelがQ2/2013にデスクトップ向けPentiumモデルのリフレッシュを計画

 intelがQ2/2013にデスクトップ向けPentiumモデルのリフレッシュを計画しているそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013031001_Intel_to_refresh_Pentium_desktop_lineup_in_Q3_2013.html

 Pentium G2030/G2030T/G2120T/G2140の4種類がHaswellベースのPentium登場前にリリースされます。仕様については以下の表にまとめてあります。共通仕様はIvy BridgeベースでHyper-Threading非対応、intel 64や仮想化に対応します。(2013/03/12:記事のリンクを追加)

モデル コア数 スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPUコアクロック
標準/最高
対応メモリ TDP
Pentium G2030 2 2 3GHz 3MB 650MHz / 1050MHz DDR3-1333 55W
Pentium G2030T 2 2 2.6GHz 3MB 650MHz / 1050MHz DDR3-1333 35W
Pentium G2120T 2 2 2.7GHz 3MB 650MHz / 1050MHz DDR3-1600 35W
Pentium G2140 2 2 3.3GHz 3MB 650MHz / 1050MHz DDR3-1600 55W

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

HaswellのUSB 3.0問題はチップセットのリビジョンアップで対処か

 HaswellのUSB 3.0問題はソフトウェアでは直る問題ではないようです。

http://www.fudzilla.com/home/item/30720-haswell-usb-30-issue-requires-hardware-fix

 HaswellのUSB 3.0問題とは2013年3月4日の記事にありますが改めて説明すると、Lynx PointチップセットのUSB 3.0に接続されたUSBストレージデバイスからPDFなどの文書ファイルや動画ファイルを開いたままS3遷移・復帰を行うと、これを開いているアプリケーションはフリーズする恐れがあり、再度データを開き直す必要があるというものです。

 それでこの問題はソフトウェア(ドライバやチップセットのリファレンスコードなど)で改修できるものではなく、チップセットのリビジョンアップ、要するにハードウェアレベルでの修正が必要なようです。しかしこれは発表スケジュールなどに影響するものではなく、デスクトップ向けについては予定通り6月の登場となるようです。

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

Kaveri APUとSteamrollerのアーキテクチャ改良点に関する情報

 Kaveri APUとSteamrollerのアーキテクチャ改良点に関する情報です。

http://www.brightsideofnews.com/news/2013/3/6/analysis-amd-kaveri-apu-and-steamroller-core-architectural-enhancements-unveiled.aspx

 2013年3月6日の記事にてKaveriのメモリコントローラはGDDR5に対応するということでしたが、今回はSteamrollerの改良点についての情報があります。これはAMDの開発者向け仕様書から得たものです。

 AMDは2012年8月に開催されたHot Chips Conference 2012でSteamrollerの概要を発表しており、AMDはBulldozerの性能がいま一つな点を認めた上でPiledriverで改良を図ろうとしました。

 さてSteamrollerの改良点ですが、まずL1命令キャッシュを64KBから96KBに増量し、2-Wayから3-Wayに拡張しています。仮想化についてはハードウェア仮想化機能の一つとして仮想割り込みコントローラをサポートします。またXSAVEOPT命令に対応します。

 クロックあたりの命令数(IPC)の向上のために、大まかには各コアに整数デコーダを設置、命令キャッシュサイズの増量、dispatchの効率化、プリフェッチ処理の改良(分岐予測ミスの軽減など)、浮動小数点パイプラインの長さ削減による命令レイテンシの削減(25%)といった改良がなされています。

 またAPUとしての改良もあり、GPUがコヒーレントメモリアクセスを可能にした最初のAPUとなり、プロセッサコアとGPU部分の通信が大幅に拡張されます。

 ところでKaveriにはPCI Expressエンドポイントモードという機能があり、これはKaveriをPCI Express接続のコプロセッサとして使用できるようになるとみられます。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

Ivy Bridge-Eの登場がQ4/2013にずれこむ?

 Ivy Bridge-Eの登場がQ4/2013にずれこむという話が出ています。

http://www.fudzilla.com/home/item/30699-ivy-bridge-e-delayed-to-q4

 Ivy Bridge-EはSandy Bridge-E(Core i7-3900シリーズ)の後継で、Q3/2013の登場が予定されていました。しかし情報筋によるとintelのサーバ部門がQ3には売らないと決定したようです。遅らせた理由については記事では触れられていません。

| | コメント (0)

AMDがKabiniのEシリーズを更に3種類用意

 AMDがKabiniのEシリーズを更に3種類用意しているそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013030701_AMD_prepares_E1-2100_E1-2500_and_E2-3000_Kabini_APUs.html

 KabiniはプロセッサコアにBobcatの後継Jaguarを採用したAPUで、薄型ノートやオールインワンPCを主な対象としています。Kabiniのモデルには4コアのX4, 2コアのX2があるという話でしたが(2013年2月13日の記事), 更にE1/E2シリーズがあるようです。

 それはE1-2100/2500, E2-3000の3種類で、いずれも28nmプロセスで製造され2コアでL2キャッシュは1MB, TDPはE1-2500とE2-3000は同じになるものの、E1-2100についてはこれより下がると見られます。パッケージはBGAでAES, AVXなどに対応します。これ以外の細かい仕様については明らかになっていません。動作周波数については現行のBobcatより高くなるとみられます。

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

Richland APUは3月12日に登場

 Richland APUは3月12日に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/home/item/30662-amd-to-launch-richland-on-12th-of-march

Richlandは現行のTrinity後継で、プロセッサコアにPiledriver, 統合GPUはRadeon HD 8000シリーズとなります。今のところA10-6800Kなどがモデルとして挙がっており、ソケットは現行のFM2を使用します。

| | コメント (0)

Kaveri APUはGDDR5に対応

 Kaveri APUはGDDR5に対応するという話です。

http://www.brightsideofnews.com/news/2013/3/5/amd-kaveri-unveiled-pc-architecture-gets-gddr5.aspx
http://www.xbitlabs.com/news/cpu/display/20130305060258_AMD_s_Fusion_Kaveri_APU_Supports_GDDR5_Memory_Report.html
http://wccftech.com/amd-kaveri-apu-features-gddr5ddr4-memory-controller/

 Kaveriはプロセッサコアに次世代のSteamroller, GPUにGCNベースのRadeon HD 7000シリーズを統合する次世代パフォーマンス向けAPUとなりますが、これによるとメモリコントローラはDDR3のほかGDDR5に対応しているそうです。

 DDR3の場合DDR3-1866の2チャネルで29.8GB/sになりますが馬力のあるGPUには足りず、GDDR5の3.4GHz(データレート)を128bitで接続した場合には54.4GB/sとなり、一般向けの$100~130程度のメインストリーム向けGPUには十分な帯域となります。

 しかし問題がないわけでもなく、GDDR5の場合Poin-to-Point接続であることとメモリ容量の問題があります。前者はBGAにしてマザーボードに直付けすればいいのですが、これはノートやオールインワンPCのような基本的に買ってきたらそのまま使うような装置の場合さほど問題にはならないものの、それ以外の場合だとアップグレードパスがなくなってしまいます。

 メモリ容量については現在GDDR5チップは最大2Gb(256MB)であり、これを使うと最大メモリは4GBとなり近年のPCにしては物足りない容量です。8GBにしようと思ったらPlayStation 4のように32チップ搭載するか、4GbのGDDR5チップが登場するまで待つことになります。

 というわけでGDDR5を使う場合GPU性能は上がるものの、現状ではシステムメモリ容量が問題になりそうです。

 ちなみにこれ以外の情報もあり、KaveriではPCI Express 3.0 16レーンとPCI Express 2.0 8レーンを搭載します。PCI Express 3.0はx8の2スロット構成にすることが可能で、これでCrossFire Xが構築できます。PCI Express 2.0は4レーンがチップセットのFCH接続用、残り4レーンはx4を1スロット、x2を2スロット、x1を4スロットとして設定できます。

| | コメント (0)

AMDのRadeon HD 7790はやはり4月に登場

 AMDのRadeon HD 7790は4月に登場するそうです。

http://wccftech.com/amd-bonaire-chip-based-radeon-hd-7790-features-896-stream-processors-launching-april/

 2013年2月21日の記事の続報です。Radeon HD 7790はストリームプロセッサ個数は896となりRadeon HD 7850の1024より少なくなります。画像メモリはGDDR5 1GBか2GB, コアクロックなどについては明らかになっていません。

 登場時期は4月初旬、価格は135ユーロ前後になるとしています。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

AMDはタブレット向けのAPUをQ2/2013に2種類登場させる予定

 AMDはタブレット向けのAPUをQ2/2013に2種類登場させる予定だそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20130304PD222.html

 これはWindows 8のタブレットむけとなり、A4-1200とA6-1450が登場します。これを採用した製品は6月に開催されるComputex 2013にて展示される予定です。A4-1200は2コアで統合GPUはRadeon HD 8180, A6-1450は4コアでRadeon HD 8280となります。またこれに合わせてTurbo Dock Technology(APUの性能をタブレットモードとキーボード接続モードで自動的に変更)も実装されているものと見込まれます。

| | コメント (0)

AMDのTemashのA4-1200に関する情報

 AMDのTemashのA4-1200に関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013030301_AMD_A4-1200_Temash_APU_sighted.html

 今年1月に公開されたAMDのロードマップでは一部のモデルナンバーが明らかになっており、TemashがA6-1450, KabiniがA6-5200, RichlandがA8-5545MとA10-5750Mとなっています。これらはいずれも4コアです。しかし2コア品も投入する予定があり、これはA4-1200となります。

 A4-1200は2コアで動作周波数は1GHz, 統合GPUはRadeon HD 8180, TDPについては明らかになっていませんが、APU自体の消費電力はアイドル時に1.2W, S3遷移時に0.02W, ブラウジング中に1.4W, H.264の1080pのストリーム動画再生で2.35Wとしており、合計のプラットフォームの消費電力としてはそれぞれの場合で2.8/3.7/5.3Wではないかとしています。

 またベンチマーク結果もあり、TemashのA6-1450の3DMark06のスコアは2624、これはE2-1800より10~15%低いものとなっています。PC Mark VantageはRichlandの結果があり、A10-5750Mが6875, A10-6800Kが14600となっています。(2013/03/06:消費電力の記述を修正)

| | コメント (0)

intelがNAS向けのAtom CE5300シリーズを追加

 intelがAtom CE5300シリーズを追加しました。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013030501_Intel_launches_new_CE5300_series_media_processors.html

 これは主にNAS向けとしておりSoCとなり、すでに一部のベンダが採用したNAS製品をCeBITで展示予定となっています。

 Atom CE5300シリーズは2コアでHyper-Threadingに対応します。暗号化機能やSATA、PCI Express, USBを3ポート搭載します。また一部モデルはすでに昨年登場しています。またPicture Quality Engine (PQE)と呼ばれる動画のエンハンス機能を有するモデルもあります。

 モデルについては以下の表にまとめてあります。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数 動画再生支援機能 PQE HDMI入力
CE5310 2/4 1.2GHz なし なし
CE5315 2/4 1.2GHz あり なし あり
CE5320 2/4 1.2GHz なし なし
CE5318 2/4 1.2GHz あり あり なし
CE5328 2/4 1.2GHz あり あり あり
CE5338 2/4 1.8GHz あり あり なし
CE5343 2/4 1.8GHz なし あり あり
CE5348 2/4 1.8GHz あり あり あり

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

intelのデスクトップハイエンド向けチップセットX99に関する情報

 intelのデスクトップハイエンド向けチップセットX99に関する情報です。

http://wccftech.com/intel-reportedly-preparing-x99-chipset-power-future-hedt-platform/

 これによると、intelはLGA2011向けにX99チップセットを用意するのではないかとしており、これはX79の後継チップセットかどうかについては明らかになっていないものの、現行のSandy Bridge-Eと互換性を有するとしています。ちなみに一部ではintelはQ3/2013登場予定のIvy Bridge-Eを取りやめHaswell-Eを登場させるという噂もありますが、その真偽については不明です。

| | コメント (0)

Haswellの統合GPUのブランドとGTxの関係

 Haswellの統合GPUのブランドとGTxの関係についてです。

http://www.fudzilla.com/home/item/30633-intel-gt3-5200-5100-5000-4600-explained

 GT3のキャッシュメモリありはHD Graphics 5200, GT3のUltrabook向けはHD Graphics 5200/5100となりやはりキャッシュメモリなし、GT2のハイエンド向けはHD Graphics 4600, GT2のUltrabook向けはHD 4400, 通常ノート向けはHD Graphics 4200となります。

| | コメント (0)

Shark Bay Platform(Haswell)のUSB 3.0の問題

 Shark Bay Platform(Haswell)のUSB 3.0には問題があるようです。

http://www.techpowerup.com/180906/Intel-Haswell-Platform-Faces-USB-3.0-Issue-Report.html

 最近intelからパートナーに配布された内部文書によると、Lynx PointのUSB 3.0ホストコントローラにはエラッタがあり、これはS3(スタンバイ)復帰後に起こる問題であるようです。

 現象としてはUSB 3.0に接続されたストレージデバイスから文書や動画を開いたままS3遷移・復帰すると、これを開いているアプリケーションはフリーズする恐れがあり、再度データを開き直す必要があるようです。一例だとUSB 3.0メモリからPDFを開いたままS3遷移・復帰するとAdobe Readerはブランク表示となり、再度PDFを開き直す必要があります。この問題は特にデータロスなどは起こらないものの、エンドユーザにとっては面倒な問題であることは確かです。

 Shark Bayの発表は今のところ2013年半ばのままとなっています。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »