« Steamrollerを採用したOpteronは2013年に登場 | トップページ | A10-6700(Richland)の統合GPUのベンチマーク »

2013年4月 2日 (火)

Xeon E5/E7 v2シリーズに関するもう少し詳しい情報

 Xeon E5/E7 v2シリーズに関するもう少し詳しい情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013040201_Some_details_of_upcoming_Intel_Xeon_E5_v2_and_E7_v2_CPUs.html

 先日Xeon E3-1200 v3シリーズのラインナップの情報が出てきましたが(2013年3月28日の記事)、それに続くものです。まずXeon E7 v2と対応するプラットフォームBrickalndはQ4/2013に登場予定で、これは最大15コア/30スレッドでL3キャッシュは37.5MB, VT-x/d/c, Turbo Boost 2.0, TXT, Intel Secure Key, OS Guardに対応します。チップセットはC602J, scalable memory bufferとしてC102/C104をソケットごとに最大4個搭載できます。C102/C104はDDR3-1600のメモリを3本対応し、これによりプロセッサごとのDIMMは最大24となります。またXeon E7 v2はQPIリンクが3本、PCI Express 3.0を32レーン搭載します。

 Xeon E5-2600 v2シリーズはQ3/2013に登場し、最大12コア/24スレッド、L3キャッシュは30MB, Intel Secure Key, OS Guardに対応します。QPIは2リンク、PCI Express 3.0は40レーン、メモリはDDR3-1866の4チャネルとなります。Xeon E5-1600 v2シリーズは6コア/12スレッドのほかはE5-2600 v2シリーズに準じます。

 Xeon E5-2400 v2シリーズはLGA1356ソケットで10コア/20スレッド、Q1/2014に登場予定です。

|

« Steamrollerを採用したOpteronは2013年に登場 | トップページ | A10-6700(Richland)の統合GPUのベンチマーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Steamrollerを採用したOpteronは2013年に登場 | トップページ | A10-6700(Richland)の統合GPUのベンチマーク »