« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月29日 (木)

Haswell Celeronの仕様の情報

 Haswell Celeronの仕様の情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013082901_Specifications_of_future_Haswell_Celeron_CPUs.html

 9月1日にintelはローエンド向けHaswellのPentiumとCore i3シリーズとCeleronシリーズを2種類(G1630/G1620T)を追加しますが、Celeronに関してはIvy Bridgeベースとなっています。HaswellベースのCeleronはQ1/2014に登場予定で、Celeron G1820T/G1820/G1830が登場します。

 仕様を以下の表にまとめました。共通仕様はメモリはDDR3-1333の2チャネル、統合GPUのコアクロックは最大1050MHz, Hyper-ThreadingやvPro, AESには対応しません。

モデル コア数 スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPU TDP
Celeron G1820 2 2 2.7GHz 2MB HD 54W
Celeron G1820T 2 2 2.4GHz 2MB HD 35W
Celeron G1830 2 2 2.8GHz 2MB HD 54W

| | コメント (0)

2013年8月27日 (火)

Ivy Bridge-ENのXeon E5-2400 v2シリーズの仕様が一部明らかになる

 Ivy Bridge-ENのXeon E5-2400 v2シリーズの仕様が一部明らかになりました。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013082601_Xeon_E5-2400_v2_Ivy_Bridge-EN_processors_surface.html

 intelは最近Product Change Notification (PCN)を更新しましたが、この中には発表されていないプロセッサの記載もあり、すでに情報が明らかになっているHaswellやIvy Bridge-Eも含まれています。この中にIvy Bridge-ENも含まれていました。

 Ivy Bridge-ENは現行のSandy Bridge-ENと同様のProcessor Numberを使用しますが、区別のためv2が付与されます。コア数はXeon E5-2403 v2/2407 v2/2420 v2/2430 v2が6コアかそれ以下、 Xeon E5-2403 v2/E5-2430 v2/2440 v2/2450 v2/2470 v2が8か10コアと見られます。またPCI Express 3.0とDDR3-1600の3チャネルのメモリコントローラを統合し、QPIは1本、現行のLGA1356マザーボードで動作可能です。

 仕様については以下の表にまとめました。

モデル 動作周波数 Stepping
Xeon E5-1660 v2 3.7 GHz S1
Xeon E5-2403 v2 1.8 GHz S1
Xeon E5-2407 v2 2.4 GHz S1
Xeon E5-2420 v2 2.2 GHz S1
Xeon E5-2430 v2 2.5 GHz S1
Xeon E5-2440 v2 1.9 GHz M1
Xeon E5-2450 v2 2.5 GHz M1
Xeon E5-2470 v2 2.4 GHz M1

| | コメント (0)

intelがSSDのオーバークロックのデモを予定

 intelがSSDのオーバークロックをやるそうです。

http://www.xbitlabs.com/news/storage/display/20130823165826_Intel_Set_to_Enable_Overclocking_of_Solid_State_Drives.html

 これによるとintelは自社製品のSSDのオーバークロックに関するデモを行う計画だそうです。「SSDのオーバークロックとはなんぞや?」ということになりますが、つまるところSSDのコントローラをオーバークロックしてデータ転送速度を向上させるということのようです。ただしオーバークロック状態でもデータがおかしくなることはないと強調しています。もっともX-bit labsはSSDのボトルネックは現状SATAのインタフェース速度(6Gb/s)にあり、転送速度が向上(8Gb/sや16Gb/s)したSATA Expressが登場して意味のあるものになるのではないかとしています。

 詳細については9月10日からサンフランシスコで開催されるIntel Developer Forum 2013にて明らかにされます。

| | コメント (0)

9シリーズチップセットはHaswellに対応しない?-Haswell Refreshは対応

 9シリーズチップセットはHaswellへの後方互換性がどうもなさそうです。

http://vr-zone.com/articles/intels-9-series-will-support-broadwell/53203.html
http://wccftech.com/intel-broadwell-haswell-refresh-platform-compatible-9series-chipset-power-supply-ratings-imposed/

 これによると、BroadwellとHaswellは同じLGA1150を使うものの電源系統がBroadwellからいろいろと変更されており、結果9シリーズチップセットで対応するプロセッサはBroadwellとHaswell Refreshになり、現行のHaswellは対応できないようです。Haswell Refreshは現行の8シリーズチップセットでも対応します。9シリーズチップセット2H/2014の登場が予定されており、SATA Expressなどに対応します。

 ところでVR-Zoneの記事にはDDR4サポートという情報もあるようですが、それ以上の詳細については記事では触れられていません。

| | コメント (0)

Ivy bridge-Eの予価の情報

 Ivy bridge-Eの予価の情報です。

http://wccftech.com/intel-ivy-bridge-e-pre-order-pricing/

 Core i7-4960Xが$1140, Core i7-4930Kが$648, Core i7-4820Kが$342となっています。最上位モデルはこれまで基本的に$990でしたが今回は$1000を超えています。

| | コメント (0)

AMDが2014~2015年の製品ロードマップをアップデート

 AMDが2014~2015年の製品ロードマップをアップデートしました。

http://www.digitimes.com/news/a20130826PD216.html

 これまでに出てきた情報のまとめのような内容にもなっています。これによると2013年9月末にHawaiiベースのGPU、ハイエンド向けのAPUであるKaveriとエントリ向けAPUのKabiniがQ1/2014に登場します。Kabiniはノート向けがSocket ST3、デスクトップ向けがSocket FS1Bを使用します。これらのAPUは2014年2月に量産を開始し、2014年3月に発表予定となります(当初は2H/2013に登場予定)KabiniはTDP 25Wで4コアのA4-5350/5150, 2コアのE1-2650が登場します。Kabiniの後継Beemaは2H/2014から1H/2015に登場時期がずれ込みます。

 FM1とAM3のプロセッサは2013年半ばから終盤にかけてフェードアウトしていき、2013年末にはSocket AM3+のプロセッサが全体の出荷のうち30%を占め、Socket FM2のプロセッサが70%を占めます。

 また2015年にはデスクトップ向けでCarrizoベースのAPUが登場し、これはプロセッサコアにExcavatorを採用します。TDPは45Wと65Wとなります。ExcavatorはSteamroller後継となります。またBeemaの後継としてNolanが登場します。

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

GCN世代のRadeonはDirectX 11.2にドライバで対応

 GCN世代のRadeonはDirectX 11.2に対応するそうです。

http://www.fudzilla.com/home/item/32306-gcn-radeons-support-directx-112

 2013年8月20日の記事で「Radeon HD 7000シリーズはドライバレベルで今のところDirectX 11.2と互換性がない」という話がありましたが、その完全対応版ドライバをWindows 8.1の登場に合わせてリリースするそうです。というわけで例によってドライバ対応するようです。

| | コメント (0)

Avoton AtomはQ3/2013に登場

 Avoton AtomはQ3/2013に登場するそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013082201_Atom_Avoton_processors_to_launch_in_Q3_2013.html

 このAvotonは2013年6月にintelがマイクロサーバ向けに発表したSilvermontコアベースのプロセッサで(PC Watchの記事を参考)22nmで製造され、最大8コアでL2キャッシュが4MB, DDR3のメモリコントローラを統合しPCI Express 2.0を搭載します。

 そしてこのAvotonはQ3/2013にC2350, C2530, C2550, C2730, C2750の5種類が登場します。このProcessor Numberの意味はCがAvotonであることを示し、最初の2が2013年世代、真ん中の2桁がサポート機能、最後の0がマイクロサーバ向けであることを示します。ただ現在これらのプロセッサの詳しい仕様については明らかになっていません。

| | コメント (0)

NVIDIAが2H/2013に新たなるKeplerベースのGPUをリリース-次世代のMaxwellはQ1/2014登場

 NVIDIAが2H/2013に新たなるKeplerベースのGPUをリリースするそうです。

http://videocardz.com/45403/nvidia-to-launch-more-cards-this-year-maxwell-in-q1-2014
http://wccftech.com/nvidia-geforce-kepler-lineup-expanded-2h-2013-maxwell-arriving-q1-2014/

 2013年6月24日の記事でGeForce GTX 760が2013年で登場する最後のNVIDIAのグラフィックボードかという話がありましたが、どうもそういうわけではなさそうです。

 これによるとNVIDIAは2H/2013にGK104, GK106, GK208ベースのミッドレンジ向け製品を用意しており、これらはGeForce GTX 750 GTi/750などといったものになるのではないかとしています。

 またAMDの次世代ハイエンドとなるHawaii対抗もあり、これはGK110のフルスペック品(SMXが15)でTITAN ULTRAとなるか、GK110の2GPU版でGeForce GTX 790になるのではないかとしています。これが事実であれば2013年秋ごろには登場するであろうとしています。

 そしてKepler後継となるMaxwellの情報もあり、これはQ1/2014に登場予定でDenver(多目的ARMコア)を統合し、20nmか28nmで製造されます。

| | コメント (0)

2013年8月21日 (水)

A10-6700Tが8/24に登場

 A10-6700Tが8/24に登場するそうです。

http://www.gdm.or.jp/voices/2013/0821/41173
http://www.techpowerup.com/189355/energy-efficient-amd-a10-6700t-apu-goes-on-sale-this-week.html
http://wccftech.com/amds-45w-richland-a10-6700t-launches-week-priced-150/

 これはRichlandの4コアで動作周波数2.5GHz(Turbo Core 3.5GHz), 統合GPUはHD 8650D, TDP45Wとなっています。予価は17500円前後でエルミタージュ秋葉原の記事では日本限定モデルだそうですが、techPowerUpやWCCFTECHでは特にそのような言及はなく、実は普通にワールドワイドで売られるのかも。

| | コメント (0)

AMDが組み込み向けのRシリーズプロセッサをリリース

 AMDが組み込み向けのRシリーズプロセッサをリリースしました。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013082101_AMD_releases_R-Series_embedded_CPUs.html

 これは2コアか4コアでGPUを統合しないものの、必要であれば外部グラフィックボードをバンドルして販売することも可能だとしています。このバンドル版の場合最大20%の値引きが行われるそうです。

 仕様については以下の表にまとめました。価格はRE264Xが$64となっています。

モデル コア数 動作周波数 Turbo Core TDP
RE264X 2 2.2GHz 2.8GHz 17W
RE272X 2 2.7GHz 3.2GHz 35W
RE464X 4 2.3GHz 3.2GHz 35W

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

Radeon HD 7000シリーズはDirectX 11.2に完全対応しない?

 Radeon HD 7000シリーズはDirectX 11.2に完全対応しないという話です。

http://www.techpowerup.com/189262/amd-radeon-hd-7000-series-wont-fully-support-directx-11-2.html

 DirectX 11.2は今のところWindows 8.1のみ対応しますが、AMDのエンジニアが語ったところによるとMicrosoftから受けたDirectX 11.2の最終仕様を見たところ、これがAMDが考えていたのと異なっていることが判明したそうです。しかしこのエンジニアはハードウェアレベルで互換性がないのではなく、これはドライバレベルでの話であると強調しています。

 ドライバレベルというのであれば将来対応する可能性もありますが、今回の記事ではそうするかどうかについては触れられていません。

| | コメント (0)

AMDのHawaiiベースのグラフィックボードは10月から量産開始

 AMDのHawaiiベースのグラフィックボードは10月から量産開始だそうです。

http://www.digitimes.com/news/a20130819PD204.html

 AMDの次世代GPUの開発名はVolcanic Islandsとなっており、その中でフラッグシップとなるのがHawaiiとなります。そしてこれを採用するボードがASUS、MSI, PowerColorといた主要なボードベンダが10月から量産開始を行うそうです。またこれに合わせて現行のRadeon HD 7000シリーズの値下げが見込まれます。

 すなわち10月以降にHawaiiのボードが市場に出回ることになりそうです。

| | コメント (0)

9月に登場予定のHaswell Pentium/Core i3/i5/i7シリーズの予価情報

 9月に登場予定のHaswell Pentium/Core i3シリーズの予価情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013081901_Upcoming_Core_i3_and_Pentium_Haswell_CPUs_are_available_for_pre-order.html

 9月以降多くのHaswellのプロセッサが登場しますが、そのうちの一部の予価が出てきました。それを以下の表にまとめました。いずれも$400以下です。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPU 統合GPU
最大コアクロック
TDP 価格($)
Pentium G3220 2/2 3GHz 3MB HD 1100MHz 54W 70.61
Pentium G3420 2/2 3.2GHz 3MB HD 1100MHz 54W 90.18
Pentium G3430 2/2 3.3GHz 3MB HD 1100MHz 54W 100.26
Core i3-4130 2/4 3.4GHz 3MB HD 4400 1150MHz 54W 136.85
Core i3-4330 2/4 3.5GHz 4MB HD 4600 1150MHz 54W 154.75
Core i3-4340 2/4 3.6GHz 4MB HD 4600 1150MHz 54W 165.94
Core i5-4440 4/4 3.1 / 3.3GHz 6MB HD 4600 1100MHz 84W 197.26
Core i7-4771 4/8 3.5 / 3.9GHz 8MB HD 4600 1200MHz 84W 333.77

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

intelがThunderboltのPCI Expressボードを用意

 intelがThunderboltのPCI Expressボードを用意しているそうです。

http://wccftech.com/thunderbolt-pcie-expansion-card-intel/

 これまでThunderboltはマザーボードにコントローラが搭載されている形態で、単体の拡張ボードとしては基本的には存在していませんでした。一応ASUSがThunderboltの拡張ボード(ThunderboltEX)を作りましたが、どうも受注品で一般市場には出回っていないようで、一部の対応マザーボードのみで使用できるという状態でした。

 この拡張ボードはThunderboltを1ポート追加するもので、ボードはLow ProfileとなりDislayPortの入力端子を備えます。マザーボードとはPCI Express x4とGPIOコネクタで接続されます。逆に言えばこのボードを搭載する場合、マザーボード上にGPIOヘッダが搭載されている必要があります。

 価格は$100以下と見られ、比較的安価で提供されるそうです。

| | コメント (0)

LGA1150の組み込み向けHaswellの情報

 LGA1150の組み込み向けHaswellの情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013081501_New_embedded_Haswell_CPUs_for_socket_1150_sighted.html

 intelは9月にHaswellのPentiumとCore i3, Q1/2014にはHaswell Celeronを投入する予定ですが、これに合わせて組み込み向けのLGA1150を使用するHaswellを登場させる予定です。仕様については以下の票にまとめました。Processor NumberのTは低消費電力版(TDP 35W)であることを示します。Celeron G1820TEとPentium G3320TEは統合GPUあり、Core i3-4330TEはHD Graphics 4000シリーズを搭載します。

モデル コア数 スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ TDP
Celeron G1820TE 2 2 2.2GHz 2MB 35W
Core i3-4330TE 2 4 2.4GHz 4MB 35W
Pentium G3320TE 2 2 2.3GHz 3MB 35W

| | コメント (0)

2013年8月14日 (水)

RichlandベースのAthlon X2/X4に関する情報

 RichlandベースのAthlon X2/X4に関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013081401_AMD_Athlon_X2_and_X4_Richland_processors_spotted.html

 先日RichlandベースのAthlon X2 370KとAthlon X4 760Kが存在するという話がありましたが(2013年6月12日の記事)今回ASUSのサポートプロセッサリストには新たにSempron 250, Athlon X2 350, Athlon X4 750の3種類が存在するそうです。仕様については以下の表にまとめました。いずれも統合GPUはありません。

モデル コア数 動作周波数 L2キャッシュ TDP
Sempron 250 2 3.2GHz 1MB 65W
Athlon X2 350 2 3.5GHz 1MB 65W
Athlon X4 750 4 3.4GHz 4MB 65W

| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

AMDのGPUのVolanic IslandsとPirate Islandsの開発名に関する情報

 AMDのGPUのVolanic IslandsとPirate Islandsの開発名に関する情報です。

http://www.techpowerup.com/188551/new-amd-gpu-family-codenames-volcanic-islands-and-pirate-islands.html
http://www.fudzilla.com/home/item/32156-new-amd-gpu-codenames-are-pirate-islands?

 AMDの次世代GPUの開発名はVolcanic Islandsとなっていますが、その中でフラッグシップとなるがHawaiiとなり、これはシングルGPUとデュアルGPUの2種類があります。このHawaiiの2GPU版の開発名はNew Zealandとなっており、Radeon HD 7990でもこれが使われたためややこしくなっています。これに続くものとしてMauiとTonga, Icelandがあります。Volanic IslandsはQ4/2013に登場予定でTSMCの20nmプロセスが使用されると見られます。

 またVolanic Islandsの後継としてPirate Islandsというものがあり、その製品群の開発名にはFiji, Bermuda, Treasure Islandといった海賊達が上陸したことで有名になっている島々から取られています。

 またAMDはRadeon HDシリーズの命名規則を変更してRadeon R# xxxxシリーズとするようです。命名規則については、予想の一つはR#が世代でxxxxがモデルナンバー(Radeon R9 1900など), もう一つはR#が対象市場セグメントでxxxxがモデルナンバー(Radeon R9-170:Hawaii XT, R8-170:Tonga XT, R9-270:Bermuda XTなど)などとなっています。

| | コメント (0)

Windows 8.1は10月半ばに正式版が公開

 Windows 8.1は10月半ばに正式版が公開となるようです。

http://www.computerbase.de/news/2013-08/windows-8.1-kommt-mitte-oktober/ (ドイツ語)

 これによるとWindows 8.1は今のところ予定通りに進捗しており、最終版が8月末にOEMに配布され、一般向けには10月半ばには公開されるそうです。2カ月後には無料でアップデートできるようになります。

| | コメント (0)

Celeron 2980UとCore i5-4300Uに関する情報

 9月に登場するCeleron 2980UとCore i5-4300Uに関する情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013080601_Intel_Celeron_2980U_and_Core_i5-4300U_CPUs_to_launch_in_September.html

 intelはホリデーシーズンに向けてこの秋にHaswellのノート向けラインナップを拡充し、Celeron 2950M/2955U, Core i7-4600M/4960HQなど25種類が登場する(2013年7月2日の記事も関連)予定となっています。これらの仕様については明らかになっていませんが、このうちCeleron 2980UとCore i5-4300Uについて仕様が明らかになりました。これについて以下の表にまとめてあります。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数
標準/Turbo Boost
L3キャッシュ 統合GPU 統合GPUコアクロック
標準/最大
対応メモリ TDP
Celeron 2980U 2/2 1.6GHz/1.6GHz 2MB HD 200 / 1000MHz DDR3-1600 15W
Core i5-4300U 2/4 1.9GHz / 2.9GHz 3MB HD 4400 200 / 1100MHz DDR3-1600 15W

| | コメント (0)

Ivy Bridge-Eはネイティブ6コア

 Ivy Bridge-Eはネイティブ6コアとなるそうです。

http://vr-zone.com/articles/ivy-bridge-e-core-i7-is-actual-6-core-xeon-die/50572.html

 現行のCore i7-3960X/3930K/3820はSandy Bridge-EPからコアを2個とQPIを削除したものとなっています。ここでIvy Bridge-EP(Xeon E5-2600 v2)のダイについて見てみると、6コア+L3キャッシュ15MB, 10コア+L3キャッシュ25MB, 12コア+L3キャッシュ30MBの3種類があります。

 そしてIvy Bridge-Eについては、このうちで最小となる6コア+L3キャッシュ15MBのダイを採用するであろうとしています。すなわち無効化されたコアはないということになります。また当然のことながらマルチプロセッサに使うQPIも削除されます。

 Ivy Bridge-EはPCI Express 3.0やDDR3-1866の4チャネルに対応します。

| | コメント (0)

Xeon E5-2600 v2シリーズのより詳細なラインナップ情報

 Xeon E5-2600 v2シリーズのより詳細なラインナップ情報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013080801_More_details_on_Intel_Xeon_E5-2600_v2_lineup.html

 Xeon E5-2600 v2シリーズはIvy Bridge-EPでQ3/2013に登場予定です。以下にその一覧をまとめました。いずれもLGA2011を継続使用します。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ TDP 価格($)
Xeon E5-2603 v2 4/4 1.8GHz 10MB 80W 231.62
Xeon E5-2609 v2 4/4 2.5GHz 10MB 80W 337.03
Xeon E5-2620 v2 6/12 2.1GHz 15MB 80W 464.48
Xeon E5-2630 v2 6/12 2.6GHz 15MB 80W -
Xeon E5-2630L v2 6/12 2.4GHz 15MB - 701.01
Xeon E5-2637 v2 4/8 3.5GHz 15MB - 1140.99
Xeon E5-2640 v2 8/16 2GHz 20MB 95W 1013.54
Xeon E5-2643 v2 6/12 3.5GHz 25MB 130W -
Xeon E5-2650 v2 8/16 2.6GHz 20MB 95W 1335.85
Xeon E5-2650L v2 10/20 1.7GHz 25MB 70W 1395.91
Xeon E5-2660 v2 10/20 2.2GHz 25MB 95W 1590.78
Xeon E5-2667 v2 8/16 3.3GHz 25MB 130W 2320.64
Xeon E5-2670 v2 10/20 2.5GHz 25MB 115W -
Xeon E5-2680 v2 10/20 2.8GHz 25MB 115W 1943.93
Xeon E5-2687W v2 8/16 3.4GHz 20MB 150W 2414.35
Xeon E5-2690 v2 10/20 3GHz 25MB 130W 2355.52
Xeon E5-2695 v2 12/24 2.4GHz 30MB 115W 2675.39
Xeon E5-2697 v2 12/24 2.7GHz 30MB 130W 2949.69

| | コメント (0)

SATA Revision 3.2の規格が承認

 SATA Revision 3.2の規格が承認されました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130809_611050.html

 Serial ATAの規格化団体であるSATA-IOが8月8日に発表しました。主な追加仕様としてはPCI Express x2の信号を利用するSATA Express, Ultrabookやタブレットで採用が増えているM.2フォームファクタ、待機電力を削減するDevSleep, 組み込み向けのSATA uSSD, USM(Universal Storage Module)の薄型版、RAIDのrebuild高速化機能、Hybrid HDD(SSHD)向けのHybrid Informationなどが含まれます。

 8月13日からSanta Claraで開催されるFlash Memory Summitにて詳細が説明される予定となっています。

| | コメント (0)

Visheraが最後のFXになる?

 Visheraが最後のFXになるという憶測が出ています。

http://vr-zone.com/articles/hold-for-publication-why-its-a-big-deal-that-amd-is-delaying-kaveri/49389.html
http://wccftech.com/amd-possibly-abandoning-entire-fx-processors-lineup/

 この元々の記事自体はRichland(Piledriver)のAPUの後継でSteamrollerコアを採用するKaveriのスケジュールに関する内容で、Kaveriのサンプルは8月、量産候補サンプルが10月、量産開始が12月、発表が2014年2月半ばという状況になっています。

 この中でFXシリーズに関する言及があり、現在の文書ではFX-9590がFXシリーズの最後になっていることです。つまり現行のVishera FXが最後になるという可能性もあるということですが、これだけではなんとも判断がつかないので、ひとまず続報を待った方がよさそうです。

| | コメント (0)

Bay Trail-Tは9月11日に登場

 さて今週から更新に復帰いたします。まずはBay Trail-Tの話題からです。

http://wccftech.com/bay-trail-t-intel-atom-quad-core-soc-ship-september-11/
http://www.techpowerup.com/188458/intel-bay-trail-t-launching-on-september-11.html

 タブレット向けとなるClover Trailの後継Bay Trail-Tですが、これは9月11日に発表されるそうです。モデルとしては Z3770D, Z3770D, Z3740, Z3740の4種類が用意され、いずれも4コアで統合GPUはintel HD Graphicsとなります。仕様については以下の表にまとめてあります。

モデル Z3770 Z3770D Z3740 Z3740D
コア数
4
L2キャッシュ
2MB
動作周波数 ~2.4GHz ~2.4GHz ~1.8GHz ~1.8GHz
メモリ LPDDR3-1067 2チャネル DDR3L-RS 1333 1チャネル LPDDR3-1067 2チャネル DDR3L-RS 1333 1チャネル
最大メモリ容量 4GB 2GB 4GB 2GB
最大画面解像度 2560x1600 1920x1200 2560x1600 1920x1200
SDP 2W 2.2~2.4W 2W 2.2~2.4W

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

USB 3.1がアナウンスされる

 USB 3.1がアナウンスされました。

http://www.techpowerup.com/188166/superspeed-usb-10-gbps-now-ready-for-development.html
http://www.usb.org/developers/events/USB_3_1_DD/

 USB 3.0 Promoter Groupによるアナウンスで、これは現行のUSB 3.0 SuperSpeedの転送速度5.0Gbpsを10Gbpsと倍にまで引き上げられます。2013年初頭に10Gbpsに引き上げられる旨がアナウンスされましたが、これが最終的にUSB 3.1として規格化されます。

 USB 3.1は基本的には現行のUSB 3.0の拡張で完全な後方互換性を有し、データ符号化の改良でより高効率な転送が行えるとしています。ちなみに対応ホストコントローラやデバイスの登場時期については明らかになっていません。

| | コメント (0)

組み込み向けHaswell Core i3/i5の続報

 組み込み向けHaswell Core i3/i5の続報です。

http://www.cpu-world.com/news_2013/2013080102_Specifications_of_Intel_Core_i3_and_i5_embedded_processors.html

 2013年7月11日の続報で、もう少し詳しい仕様が出てきています。その仕様を以下にまとめています。登場時期はQ4/2013が予定されています。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数 Turbo Boost L3キャッシュ 統合GPUコアクロック
標準/最大
対応メモリ TDP
Core i3-4100E 2/4 2.4GHz 非対応 3MB 400MHz / 900MHz DDR3L-1600 37W
Core i3-4102E 2/4 1.6GHz 非対応 3MB 400MHz / 900MHz DDR3L-1600 25W
Core i5-4400E 2/4 2.7GHz 3.3GHz 3MB 400MHz / 900MHz DDR3L-1600 37W
Core i5-4402E 2/4 1.6GHz 2.7GHz 3MB 400MHz / 900MHz DDR3L-1600 25W

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »