« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月29日 (木)

AMDのGodavariのラインナップの情報

 AMDのGodavariのラインナップの情報です。

http://chinese.vr-zone.com/141759/codename-is-godavari-include-a10-apu-and-athlon-cpu-will-released-by-amd-in-first-half-01292015/ (中文・繁体字)
http://wccftech.com/amd-godavari-apu-lineup-leaked-a108850k-lead-pack-12-apus-planned-summer-2015/ (英語解説)

 GodaviはKaveriの後継Kaveri Refreshの名前で、基本的には現行品の周波数向上版となります。2015年夏に登場予定で、FM2+をそのまま使用し、基本的にはマザーボードのBIOSアップデートで対応できます。

 ラインナップについては以下の表にまとめました。

モデル コア数 動作周波数(標準/Turbo Core) LLキャッシュ 統合GPU ストリームプロセッサ個数 統合GPUコアクロック TDP メモリ(DDR3)
AMD A10-8850K 4 3.7/4.1GHz 4MB Radeon R7 512 856MHz 95W 2133MHz
AMD A10-Pro 8850B 4 3.7/4.1GHz 4MB Radeon R7 512 800MHz 95W 2133MHz
AMD A8-8650 4 3.2/3.8GHz 4MB Radeon R7 384 760MHz 65W 2133MHz
AMD A8-8650K 4 3.2/3.5GHz 4MB Radeon R7 384 760MHz 95W 2133MHz
AMD A10-8750 4 3.0/3.5GHz 4MB Radeon R7 512 TBD 65W 2133MHz
AMD A6-8550K 2 3.1/3.5GHz 2 MB Radeon R5 256 TBD 65W 2133MHz
AMD A10 PRO-8750B 4 3.0/3.5GHz 4MB Radeon R7 512 TBD 65W 2133MHz
AMD A8 PRO-8650B 4 2.9/3.2GHz 4MB Radeon R7 384 760MHz 65W 2133MHz
AMD A6 PRO-8550B 2 3.1/3.5GHz 2 MB Radeon R5 256 TBD 65W 2133MHz
AMD A4 PRO-8350B 2 3.0/3.5GHz 2 MB Radeon R5 256 757MHz
2133MHz
AMD Athlon X4 870K 4 3.5/3.7GHz 2 MB N/A N/A N/A 95W 2133MHz
AMD Athlon X4 850 4 2.9/3.2GHz 2 MB N/A N/A N/A 65W 2133MHz

| | コメント (0)

2015年1月28日 (水)

AMDのKaveri Refreshの後継が登場

 AMDのKaveri Refreshの後継が登場するそうです。

http://www.sweclockers.com/nyhet/19958-amd-bristol-ridge-eftertrader-kaveri-refresh (スウェーデン語)
http://wccftech.com/amd-bristol-ridge-apu-2016/ (英語解説)

 Kaveriの後継Kaveri RefreshはGodvariという名前になるそうですが(2015年1月27日の記事)、今回の記事によるとこれの後継としてBristol Bridgeなるものが登場するそうです。

 これはノート向けのCarrizoとよく似た仕様となっており、28nmプロセスで製造され、コア数は4でExcavator, GPUのcompute unit数は8(ストリームプロセッサ個数は512), DDR4メモリに対応しTDPは最大95Wとなります。

 登場時期はQ3/2016のSummit Bridge(14nmのZenアーキテクチャプロセッサ)と同時期になるそうです。

| | コメント (0)

AMDの次々世代の開発名はArctic Islandsになる

 AMDの次々世代の開発名はArctic Islandsになるそうです。

http://www.sweclockers.com/nyhet/19960-amd-arctic-islands-ar-ny-generation-radeon-for-modellaret-2016 (スウェーデン語)
http://wccftech.com/amd-r9-400-series-gpus-codenamed-arctic-islands/ (英語解説)

 現行のRadeon R9 200シリーズはVolanic Islands, 今後登場予定のRadeon R9 300シリーズはPirate Islands(Caribbian Islands)となりますが、これの後継のRadeon R9 400シリーズはArctic Islandsとなるそうです。

 登場時期は2016年ではないかとしています。

| | コメント (0)

2015年1月27日 (火)

AMDの次世代アーキテクチャとなるZenに関する続報

 AMDの次世代アーキテクチャとなるZenに関する続報です。

http://www.sweclockers.com/nyhet/19954-amd-zen-forst-ut-i-summit-ridge-for-14-nanometer (スウェーデン語)
http://wccftech.com/amd-zen-featured-summit-ridge-family-14nm-processors-rumored-feature-fm3-socket-support-ddr4-memory-compatiblity/ (英語解説)

 これによるとZenはSummit Ridgeと呼ばれるようで、コア数は最大8でTDPは最大95W、SamsungかGlobal Foundriesで製造され製造プロセスは14nmとなります。またSMT (Simultaneous Multithreaded)が実装されます。

 ソケットに関してはFM3となりますが、このFM3はコンシューマ向けとサーバ向け両方に対応したものとなるという話があります。

 Summit RidgeはQ3/2016に登場予定となっています。

| | コメント (0)

AMDのKaveri RefreshはGodavari

 AMDのKaveri RefreshはGodavariという名前になるそうです。

http://www.sweclockers.com/nyhet/19951-amd-slapper-kaveri-refresh-till-sommaren-carrizo-for-fm2-stryks-fran-planerna (スウェーデン語)
http://wccftech.com/amd-allegedely-readying-godavari-kaverirefresh-platform-launch-summer-2015/ (英語解説)

 Kaaveri Refreshは基本的には現行の高Kaveriのクロック版で、そのクロックはそこまで大きく上がるわけではないのではないかとしています。登場時期は2015年のComputexあたりではないかと見られています。

 また今回の記事ではA10-8850Kなるものが登場するそうで、基本的にはA10-7850Kからの差分はTurbo Core 4.1GHz, GPUコアクロックは856MHzとなっています。登場時期は2015年夏登場予定となっています。

| | コメント (0)

GeForce GTX 970は画像メモリを4GBフルに利用できない?

 何やらGeForce GTX 970に問題が発覚しているようです。

http://www.techpowerup.com/209288/nvidia-responds-to-gtx-970-memory-allocation-bug-controversy.html

 それは画像メモリをフルに利用できないというもので、本来4GB搭載している画像メモリが実際にはそれより500~700MBほど利用可能メモリが少ないそうです。

 この問題はGeForce GTX 980では発生しないことから、これは搭載SM数の違いが原因ではないかとしていますが、ひとまずNVIDIAがこの問題について調査中のようです。

| | コメント (0)

2015年1月22日 (木)

NVIDIAがGeForce GTX 960を正式発表

 NVIDIAがGeForce GTX 960を正式発表しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_685020.html

 Maxwell世代のGM206でコアクロックは1126MHz/Boost 1178MHz, ストリームプロセッサ個数1024, TMU 64, ROPs 32, 画像メモリGDDR5 2GB, メモリクロック(データレート)は7.0GHz, メモリバス幅は128bit, TDP 120Wとなります。価格は3万円前後で即日出荷開始となります。

 ベンチマーク記事が早速上がっていますので、日本語の記事をいくつかご紹介しておきます。

http://www.4gamer.net/games/274/G027467/20150121125/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20150122_684957.html

| | コメント (0)

intelがCore i7-4720HQ/4772HQを追加

 intelがCore i7-4720HQ/4772HQを追加しました。

http://www.cpu-world.com/news_2015/2015012101_Intel_introduced_Core_i7-4720HQ_and_i7-4722HQ_mobile_CPUs.html

 いずれもノート向けでHaswellベースとなり、基本的な仕様はHaswellに準じます。仕様について以下の表にまとめました。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数(標準/Turbo) L3キャッシュ 統合GPU 統合GPUコアクロック
標準/最大
TDP 価格($)
Core i7-4720HQ 4/8 2.6 / 3.6GHz 6MB HD 4600 400 / 1200MHz 47W 378
Core i7-4722HQ 4/8 2.4 / 3.4GHz 6MB HD 4600 400 / 1150MHz 37W 378

| | コメント (0)

AMDの新GPUと新APUは3月以降の登場となる

 AMDの新GPUと新APUは3月以降の登場となるようです。

http://www.techpowerup.com/209135/amd-to-launch-new-gpus-and-apus-only-after-march-ceo.html

 AMDが開催した投資家向けのQ4/2014と2014年通期業績の電話会議にてCEOのLisa Su氏が語ったところによると、AMDはQ2/2015から新GPUと新APUの製品の出荷を開始するということです。

 Q2/2015以降に登場する新製品には新プロセッサコアのExcavatorを搭載とGCN 1.2のTonga GPUを統合するノート向けのCarrizo, ARMコア(Cortex A-57 64bit)を統合する超高密度サーバ向けのSeattle、パフォーマンス向けの「Radeon R9 380(ストリームプロセッサ個数4096, GCN 1.2世代、HBM 4GB), ミッドレンジ向けのTrinidadがあります。

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

AMDがCuracao Proの後継を用意

 AMDがCuracao Proの後継を用意しているそうです。

http://chinese.vr-zone.com/140696/amd-radeon-new-display-card-codename-is-trinidad-seem-to-replace-curacao-pro-01192015/ (中文・繁体字)
http://wccftech.com/amd-allegedly-preparing-28nm-trinidad-gpu-replace-curacao-pro-arrives-march-features-2-gb-vram-256bit-bus/ (英語解説)

 Curacao ProはRadeon R9 270となりますが、これはPitcairn(Radeon HD 7870)の改名版でした。そしてこれの後継としてTrinidadなるものを開発しているそうで、28nmプロセスで製造されます。仕様や製品ブランドについては明らかになっていないものの、画像メモリは2GB, メモリバス幅は256bit, 製品ブランドとしてはRadeon R9 370/370Xなどになるのではないかとしています。

 ちなみにこのTrinidadの開発名は、カリブ海に浮かぶ島国であるトリニダード・トバゴから取っています。

| | コメント (0)

2015年1月19日 (月)

AMDの2015年のロードマップがアップデート

 AMDの2015年のロードマップがアップデートされたようです。

http://wccftech.com/kaveri-refresh-landing-carrizo-bga-desktop/

 これまで出てきた情報のまとめのような内容でもあります。今回の情報によると、APUではCarrizo APU(Excavator 4コア、HSA 1.0, TDP 35W, FP4 BGA, 28nm)とCarrizo-L(Puma+ 4コア、 HSA 1.0, TDP 25W, FP4 BGA, 28nm)が登場します。また超低電力向けではMullins APU Refreshが登場し、SDPは2W, FT3 BGAとなります。またタブレット向けには20nmプロセスのAmurとNolanがQ3/2015に登場予定です。

 デスクトップ向けについてはKaveri Refreshが登場します。これが現行の最上位モデルとなるA10-7850Kの高クロック版になるかどうかは明らかでないとしています。このデスクトップ向けですが、Carrizoがデスクトップ向けに投入されるという情報が最近出てきたようです。ただしBGAでの登場となり、すなわちマザーボードにAPU直付けとなります。

| | コメント (0)

intelの現段階での最新ロードマップ情報

 intelの現段階での最新ロードマップ情報です。

http://wccftech.com/intel-confirms-skylake-2h-2015-10nm/

 intelのCEOであるBrian Krzanich氏によると、Broadwellの遅れはSkylakeのリリースには影響せず、Skylakeは2H/2015, 8月下旬〜9月ごろ登場するそうです。

 Broadwellについては元々1H/2014の登場が予定されていましたが、14nmプロセスの諸問題もあり結局本格的な登場は2015年にずれ込んでいます。4コアでハイエンドノート向けとなるBroadwell-HについてはSkylakeの登場時期と近いことから、業界ではキャンセルされるのではないかという見方も出ています。

 デスクトップ向けプロセッサのロードマップではBroadwell-KとSkylake-Sが同時期に登場することになっていますが、現在の計画もそうなっているかは明らかではないと記事では書いています。

 もう一つ興味のある点としてはCannonlakeに関する話題があることで、これはintel初の10nmプロセスで製造されます。しかしintelは10nmプロセスをいつ頃投入できるかについては今も伺っている段階で、取り敢えず2016年の登場は難しいのではないか、そのときSkylake refreshのようなものが2016年に登場するのではないかと記事では予想しています。

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

AMDがKaveri Refreshなるものを用意

 AMDがKaveri Refreshなるものを用意しているそうです。

http://www.fudzilla.com/news/processors/36738-amd-has-kaveri-refresh-for-desktops

 今年登場予定で次期新コアとなるExcavatorを採用するCarrizoはデスクトップ向けには投入されないという話がありましたが(2015年1月12日の記事)これによるとAMDの新デスクトップ向けのAPUはKaveri Refreshとなり、これは28nmプロセスで製造されます。基本的には現行の高クロック版になると見られます。

 Kaveri RefreshはHaswell Refresh相手はともかくBroadwellやSkylake相手には分が悪い感じで、AMDとしてはこれには価格で対抗するようです。

| | コメント (0)

2015年1月15日 (木)

GeForce GTX 960の最終的な仕様とされるもの

 GeForce GTX 960の最終的な仕様とされるものが出てきました。

http://www.techpowerup.com/208934/nvidia-geforce-gtx-960-specs-confirmed.html

 NVIDIAのスライドと見られるもので、MaxwellのGM206ベース(28nm)となり、ストリームプロセッサ個数は1024, コアクロックは1127MHz(Boost 1178MHz), メモリバス幅は128bit, 画像メモリはGDDR5 2GB, メモリクロック(データレート)は7.0GHz, TDPは128Wとなります。出力はdual-link DVIが2、HDMIとDisplayPortとなります。

 GeForce GTX 960は1月22日の発表が予定されています。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

intelが組み込み向けのXeon E5-1400 v3/2400 v3シリーズをリリース

 intelが組み込み向けのXeon E5-1400 v3/2400 v3シリーズをリリースしました。

http://www.cpu-world.com/news_2015/2015011401_Intel_launches_Xeon_E5-1400_v3_and_E5-2400_v3_embedded_CPUs.html

 これらはHaswell-ENベースでメモリチャネルは3, メモリはDDR3-1600、QPI Linkは1, LGA1356-3を使用します。それ以外の基本的な機能はHaswellに準じます。Turbo BoostはXeon E5-1428L v3, E5-2428L v3, E5-2438L v3のみ対応します。

 仕様について以下の表にまとめました。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ TDP 価格($)
Xeon E5-1428L v3 8/16 2GHz 20MB 65W 608
Xeon E5-2408L v3 4/8 1.8GHz 10MB 45W 256
Xeon E5-2418L v3 6/12 2GHz 15MB 50W 472
Xeon E5-2428L v3 8/16 1.8GHz 20MB 55W 811
Xeon E5-2438L v3 10/20 1.8GHz 25MB 70W 1555

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

SkylakeではXHCI(USB 3.0)のみのサポートとなる

 SkylakeではWindows 7のクリーンインストールが少し面倒になりそうです。

http://www.expreview.com/38258.html (中文・簡体字)
http://wccftech.com/intel-skylake-remove-support-usb-based-windows-7-installation-platform-specs/ (英語解説)

 これによるとSkylake世代ではEHCI(USB 2.0)が削除され、XHCI(USB 3.0)のみのサポートとなるようです。そしてWindows 7はOSレベルでのXHCIのサポートがありません。すなわち、SkylakeプラットフォームのシステムにWindows 7をクリーンインストールする場合、USBキーボードやUSBマウス、USB-DVDドライブなどが使えず、PS/2のキーボードやマウス、SATA接続のDVDドライブを用意する必要があります。

 これまでならBIOSセットアップメニューで一時的にUSB 3.0を無効にしてインストールすればよかったのですが、Skylake世代ではその技が使えなくなります。またインストールだけでなく、XHCIではうまく動作しないUSBデバイスも存在することから、ここにきてUSB 2.0ボードが活躍する場面が出てくるのかもしれません。

| | コメント (0)

2015年1月12日 (月)

Carrizo APUはデスクトップ向けには登場しない

 Carrizo APUはデスクトップ向けには登場しないようです。

http://techreport.com/news/27652/amd-carrizo-will-face-off-with-broadwell-u-wont-land-in-desktops

 Carrizoは2014年11月に正式発表され、現行のSteamrollerの後継で新コアとなるExcavatorを採用し最大4コア、ノート向けとされています。次世代GCNアーキテクチャのRadeonを統合し製造プロセスは28nmとなっています。

 そしてこのCarrizoはデスクトップ向けとして投入される計画はないそうです。そうなるとExcavatorコアを採用するデスクトップ向けのプロセッサは登場するかどうかですが、今のところは不明です。

| | コメント (0)

AMDがA8-7650Kを用意

 AMDがA8-7650Kを用意しているそうです。

http://www.cpu-world.com/news_2015/2015011101_AMD_prepares_A8-7650K_APU.html

 これはKaveriベースでSocket FM2+, コア数は4, 動作周波数は3.3GHz(Turbo Core 3.7GHz), 統合GPUはRadeon R7シリーズでcompute unitsは6でストリームプロセッサ個数は384となっています。

 価格は$105が予定されています。

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

intelがタブレット向けのCherry Trailを正式発表

 intelがタブレット向けのCherry Trailを正式発表しました。

http://www.androidauthority.com/intel-shipping-14nm-cherry-trail-578236/
http://ggsoku.com/2015/01/intel-cherry-trail-debut/

 Cherry Trailは14nmプロセスで製造され、プロセッサコアが現行のSilvermontの後継Airmont, 統合GPUはBroadwellでも採用されている第8世代のintel HD Graphicsとなります。GPUのExecution Units(EU)は16, 出力はMIPI DSI 1.1, HDMI 1.4b, eDP 1.4e, DP 1.2に対応します。またモデムとしてXMM-726xシリーズが搭載されます。

 Cherry Trail採用製品は1H/2015に登場予定です。

| | コメント (0)

GeForce GTX 960の仕様の情報

 GeForce GTX 960の仕様の情報です。

http://videocardz.com/54201/exclusive-nvidia-maxwell-gm206-pictured

 GeForce GTX 960はMaxwell世代のGM206を採用し、メモリバス幅は128bit, 画像メモリはGDDR5 2GBとなっています。リファレンスモデルは2GBですが、リリース後ほどなく4GB版も登場するそうです。採用されるGM206はGM206-300が実際には使われ、ストリームプロセッサ個数は1024~1280(8~10 SMM)になると見られます。

 登場次期は1月15日なっています。2014年12月21日の記事では1月22日となっており、今回の記事が事実だとすると来週には発表されることになります。

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

intelがBroadwell-Uこと第5世代Coreシリーズを正式発表

 intelがBroadwell-Uこと第5世代Coreシリーズを正式発表しました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150106_681481.html

 Processor Numberは5000番台となります。BroadwellはすでにBroadwell-YとしてCore Mシリーズが発表済みですが、Broadwell-Uは主にモバイル向けとなります。

 TDPは15W品(10種類)と28W(4種類)、統合GPUはHD GraphicsとIris Graphicsとなります。コア数は最大2, HyperThreadingに対応します。モデル構成についてはリンク先の日本語記事をご覧ください。

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

USB 3.1を採用した周辺機器およびチップの出荷は1H/2015から始まる

 USB 3.1を採用した周辺機器およびチップの出荷は1H/2015から始まるようです。

http://www.digitimes.com/news/a20141224PD224.html

 USB 3.1はType-Cと呼ばれる新コネクタが採用され、これは表裏を気にせずに挿入できるようになっており利便性が向上しています。また転送速度が10GbpsとUSB 3.0の2倍になっています。またOn-The-Go 3.0やUSB Power Delivery Specification(USBポートで最大100Wを供給できる仕様)といった規格に対応します。このUSB 3.1はMicrosoft, intel, AppleやPCベンダによってサポートされます。

 また台湾のIC設計ベンダによると、ノートPCのODMの製品ロードマップから判断すると2015年に出荷されるノートPCの多くはUSB 3.1が搭載され、とりわけ次世代のMacBookではType-Cコネクタが搭載されるのではないかと見ています。一方でWindowsベースのPCはUSB 3.1に対応してくると見られることから、USB 3.1対応周辺機器向けチップの需要は上がるのではないかとしています。

 その他IC設計会社やASMediaなどのUSBチップベンダなども2015年上半期から動き出しており、この時期からUSB 3.1対応製品が出回りそうです。

| | コメント (0)

NVIDIAのGM200のものと見られる仕様

 新年あけましておめでとうございます。本年も当Weblogをどうぞよろしくお願いいたします。

 さて新年最初の記事です。NVIDIAのGM200のものと見られる仕様が出てきました。

http://www.techpowerup.com/208501/possible-nvidia-gm200-specs-surface.html

 これはtechPowerUp!が提供しているツールGPU-Z validation datebaseに投稿されたエントリにあったもので、これはNVIDIA Quadro M6000とされています。Device IDは10DE - 17F0, ドライバは現行の347.09で動作しているとされており、BIOSの文字列はこれまで見たことがないものになっています。よって、これはGM200/GM210を搭載するものではないかとしています。

 これに投稿された仕様はそれらしく見えるものとなっており、ストリームプロセッサ個数は3072, ROPsは96, メモリバス幅は384bit, 画像メモリはGDDR5 12GB, メモリクロック(データレート)は6.6GHz, コアクロックは988MHzとなっています。

 NVIDIAは1月6日から開催されるCES 2015のうち1月8日に報道向け説明会を開催する予定となっており、その場において大きな発表があるものと期待されます。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »