« Carrizo APUはデスクトップ向けには登場しない | トップページ | intelが組み込み向けのXeon E5-1400 v3/2400 v3シリーズをリリース »

2015年1月13日 (火)

SkylakeではXHCI(USB 3.0)のみのサポートとなる

 SkylakeではWindows 7のクリーンインストールが少し面倒になりそうです。

http://www.expreview.com/38258.html (中文・簡体字)
http://wccftech.com/intel-skylake-remove-support-usb-based-windows-7-installation-platform-specs/ (英語解説)

 これによるとSkylake世代ではEHCI(USB 2.0)が削除され、XHCI(USB 3.0)のみのサポートとなるようです。そしてWindows 7はOSレベルでのXHCIのサポートがありません。すなわち、SkylakeプラットフォームのシステムにWindows 7をクリーンインストールする場合、USBキーボードやUSBマウス、USB-DVDドライブなどが使えず、PS/2のキーボードやマウス、SATA接続のDVDドライブを用意する必要があります。

 これまでならBIOSセットアップメニューで一時的にUSB 3.0を無効にしてインストールすればよかったのですが、Skylake世代ではその技が使えなくなります。またインストールだけでなく、XHCIではうまく動作しないUSBデバイスも存在することから、ここにきてUSB 2.0ボードが活躍する場面が出てくるのかもしれません。

|

« Carrizo APUはデスクトップ向けには登場しない | トップページ | intelが組み込み向けのXeon E5-1400 v3/2400 v3シリーズをリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Carrizo APUはデスクトップ向けには登場しない | トップページ | intelが組み込み向けのXeon E5-1400 v3/2400 v3シリーズをリリース »