« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月27日 (月)

AMDはGodavari APUを5月末に登場

 AMDはGodavari APUを5月末に登場させるそうです。合わせてラインナップの情報もあります。

http://www.computerbase.de/2015-04/amd-a10-7870k-unbekannter-kaveri-prozessor-aufgetaucht/ (独語)
http://wccftech.com/amd-godavari-refresh-apu-a10-7870k-a10-7670k/ (英語解説)
http://www.digitimes.com/news/a20150427PD200.html

 Godavariは現行のKaveriのリフレッシュ版でプロセッサコアはSteamrollerのままとなり、統合GPUはGCN 1.1ベースでストリームプロセサ個数は最大512、現行のFM2+と互換性を有します。またDigitimesにはGodvari後継として次世代アーキテクチャのZenベースとなるSummit Ridge APU(2015年1月27日の記事)が2016年、メインストリーム向けでExcavatorベースのBristol Bridgeも2016年(2015年1月28日の記事)、更にRaven-Rigdeシリーズなるものがありこれが2017年に登場予定としています。

 Godavariのラインナップについては以下の表にまとめました。

モデル コア数 動作周波数(標準/Turbo Core) L2キャッシュ 統合GPU/
ストリームプロセサ個数
GPU コアクロック TDP
AMD A10-8850K 4 3.7/4.1 GHz 4MB R7 / 512 856 MHz 95W
AMD A10-Pro 8850B 4 3.7/4.1 GHz 4MB R7 / 512 800 MHz 95W
AMD A8-8650 4 3.2/3.8 GHz 4MB R7 / 384 760 MHz 65W
AMD A8-8650K 4 3.2/3.5 GHz 4MB R7 / 384 760 MHz 95W
AMD A10-8750 4 3.0/3.5 GHz 4MB R7 / 512 TBD 65W
AMD A6-8550K 2 3.1/3.5 GHz 2MB R5 / 256 TBD 65W
AMD A10 PRO-8750B 4 3.0/3.5 GHz 4MB R7 / 512 TBD 65W
AMD A8 PRO-8650B 4 2.9/3.2 GHz 4MB R7 / 384 760 MHz 65W
AMD A6 PRO-8550B 2 3.1/3.5 GHz 2MB R5 / 256 TBD 65W
AMD A4 PRO-8350B 2 3.0/3.5 GHz 2MB R5 / 256 757 MHz 65W
AMD Athlon X4 870K 4 3.5/3.7 GHz 2MB なし 95W
AMD Athlon X4 850 4 2.9/3.2 GHz 2MB なし 65W

| | コメント (0)

Skylake-Sのラインナップの情報

 Skylake-Sはデスクトップ向けでQ3/2015のリリースが予定され、サンフランシスコで8月18日から開催されるIntel Development Forumにて発表されると見られます。ソケットはLGA1151でHaswell Refreshより10%程度高速になるとしています。メモリはDDR4-2133とDDR3L-1600, 100シリーズチップセット(B150, H110, Q150, Q170, Z150, Z170)と組み合わされます。

 仕様について以下の表にまとめました。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数(標準/Turbo Boost) L3キャッシュ TDP
Core i5-6400 4/4 2.7 / 3.3GHz 6MB 65W
Core i5-6400T 4/4 2.2 / 2.8GHz 6MB 35W
Core i5-6500 4/4 3.2 / 3.6GHz 6MB 65W
Core i5-6500T 4/4 2.5 / 3.1GHz 6MB 35W
Core i5-6600 4/4 3.3 / 3.9GHz 6MB 65W
Core i5-6600K 4/4 3.5 / 3.9GHz 6MB 95W
Core i5-6600T 4/4 2.7 / 3.5GHz 6MB 35W
Core i7-6700 4/8 3.4 / 4.0GHz 8MB 65W
Core i7-6700K 4/8 4.0 / 4.2GHz 8MB 95W
Core i7-6700T 4/8 2.8 / 3.6GHz 8MB 35W

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

次世代ItaniumのKittsonに関する情報

 次世代ItaniumのKittsonに関する情報です。

http://wccftech.com/intel-itanium-kittson-ia64-processors-32nm/

 現行のItaniumであるPoulsonは2012年に登場したもので、そのPoulson後継となるのがKittsonです。これは32nmプロセスで製造され、当初は22nmプロセスでの製造が予定されていましたが、32nmプロセスの製造に落ち着いた(?)ようです。現行のItanium 9300(Tukwila)/9500(Poulson)シリーズとソケット(LGA1248)互換となり、顧客は少ない投資で現行のシステムをシームレスにアップグレードできるとしています。

 すっかりHewlett Packard(hp)などごく一部の大型機向けプロセッサとなった感のあるItaniumですが、Kittsonが最後のIA-64のプロセッサとなる可能性もあります。そういえばhpがintelのIA-64部門を譲り受けるという噂もありましたが、噂で終わったようです。

| | コメント (0)

SkylakeのCore i7-6700KとCore i5-6600Kの仕様がリーク

 SkylakeのCore i7-6700KとCore i5-6600Kの仕様がリークしました。

http://wccftech.com/intel-skylake-i76700k-i56600k-processors-specifications-leaked-95w-tdp-42ghz-boost/

 Skylakeは14nmプロセスで製造され、Broadwellの後継となりなります。今回はそのうち上記2種類について仕様の情報が出てきています。記事では「噂」と強調しているので参考程度ですが、仕様としては以下のようになります。メモリはDDR4-2133/DDR3-1600、ソケットはLGA1151です。

モデル コア数/スレッド数 動作周波数(標準/Turbo boost) L3キャッシュ TDP
Core i5-6600K 4/4 3.5GHz/3.9GHz 6MB 95W
Core i7-6700K 4/8 4.0GHz/4.2GHz 8MB 95W

| | コメント (0)

Zen版Opteronは32コア

 Zen版Opteronは32コアという話です。

http://www.fudzilla.com/news/processors/37564-the-next-generation-opteron-has-32-zen-x86-cores

Zenは2016年登場予定のAMDの次世代プロセッサコアで、以前APU版では16コアでメモリはDDR4対応、Greenland GPUを統合するとなっています。これによるとZen版OpteronはGPUを統合せず、32コア/64スレッドとなり、L2キャッシュはコアごとに512KB, L3キャッシュは4コアで8MBを共有し、32コアなので8クラスタ(11クラスタ4コア)で合計L3キャッシュは64MBとなります。

 Zen版Opteronではセキュリティプロセッサと暗号化コプロセッサを統合し、メモリはDDR4の8チャネルでチャネルごとに最大255GB, PCI Express 3.0, SATA, 10Gbit Ethernet, サーバコントローラHubに対応します。

 登場時期は2016年が予定されています。ちなみにZenベースのFXが登場するかどうかは不明としています。

| | コメント (0)

AMDのFijiは6月に登場

 AMDのFijiは6月に登場するそうです。

http://www.fudzilla.com/news/graphics/37566-two-amd-fiji-cards-coming-in-june

 FijiはAMDの次世代ハイエンド向けGPUで、今回の記事によると6月2日のComputex 2015か、そうでなければその1〜2週間後にリリースする予定だとしています。登場するのはパフォーマンス向けのFiji XTと2 GPU版のFiji VRとなります。先にFiji XTが登場し、遅れてFiji VRが登場予定となっています。

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

デスクトップ向けSkylakeのプラットフォームに関するより詳細な情報

 デスクトップ向けSkylakeのプラットフォームに関するより詳細な情報が出てきました。

http://wccftech.com/intels-6th-generation-skylake-desktop-processors-platform-detailed-95w-enthusiast-quad-cores-confirmed/

 デスクトップ向けSkylakeはSkylake-Sとなり、2H/2015の登場が予定されています。今回はintelのものと見られるスライドが出てきています。

 これまで出てきた情報のお復習いも含めて書き出してみると、Skylake-SはLGA1151を使用し、メモリはDDR4(1.2V)とDDR3L(1.35V)に対応します。TDPとコア数の関係は4コアでTDP 65W/35W, 2コアでTDP 65W/35W、ハイエンド(Enthusiast)向けに4コアでTDP 95W品があります。TDP 95W品はDevil's Canyonの後継になると見られ、enhanced full range BCLK overclockingに対応します。またTurbo Boost 2.0, Hyper Threadingに対応します。

 統合GPUはDirectX 12世代となり、OpenGL 4.3/4.4, OpenCL 2.0といったAPIに対応し、HEVC VP8/VP9にも対応します。解像度は4096x2304まで対応し、3画面までの独立したデジタル出力(eDP含む)に対応します。

 チップセットとしては100シリーズチップセットのZ170, H170, H110が登場します。USB 2.0/3.0, PCI Express 3.0, SATA 3.0に対応し、Z170/H170/H110いずれもコンシューマ向けですが、H170は企業向けにも対応します。オーバークロック機能はZ170が有します。グラフィックス用PCI Express 3.0はZ170のみ1x16か2x8か1x8+2x4、それ以外は1x16となります。

 またチップセットロードマップも少し出ており、Z170/H170/H110はQ1/2016まで、Haswell-E用のX99もまたQ1/2016まで続きます。これはすなわち、Broadwell-EはQ1/2016以降の登場となります。

| | コメント (0)

2015年4月14日 (火)

GeForce GTX 980 Tiは既にリファレンスモデルの開発が完了-次世代Radeon 300シリーズにぶつけてくるか

 GeForce GTX 980 Tiは既にリファレンスモデルの開発が完了しているようです。

http://www.sweclockers.com/nyhet/20332-geforce-gtx-980-ti-redo-for-lansering (スウェーデン語)

 これによるとすでに開発が完了していることからあとはリリース時期を決めるだけであり、NVIDIAとしてはこれを次世代となるRadeon 300シリーズのフラグシップ合わせてリリースするようです。これは6月に開催されるComputex 2015あたりではないかと見られています。

 GeForce GTX 980 Tiは元々の計画では晩夏(9月ごろ)のリリースを予定していましたが、これはOEMが独自設計ボードの開発の時間的な余裕を見込んだものであったとしています。

 GeForce GTX 980 TiはGM200のフルスペックとなり、ストリームプロセッサ個数は3072, 画像メモリはGDDR5 6GBとなります。

| | コメント (0)

2015年4月10日 (金)

AMDの16コアのZenの詳細な情報

 AMDの16コアのZenの詳細な情報が出てきました。

http://www.fudzilla.com/news/processors/37494-amd-x86-16-core-zen-apu-detailed
http://wccftech.com/amd-x86-zen-based-highperformance-apu-detailed-rumored-feature-16-cores-16-gb-hbm-memory-greenland-igpu-ddr4-memory-support/

 AMDのものと見られるスライドが出てきており、これによると16コア/32スレッド、L2キャッシュはコアごとに512KBで合計8MB, 共有L3キャッシュは32MB、プラットフォームプロセッサとしてSecure Bootと暗号化コプロセッサを搭載します。

 統合GPUはGreenlandとなり(2015年3月31日の関連記事も参照)これはHBM(High Bandwidth Memory)を採用し画像メモリは最大16GB, Enhanced ECC, RAS, HSAに対応します。

 メモリは4チャネルのDDR4-3200でECCに対応しチャネルごとに2 DIMMで最大256GB, SO-DIMM, Unbuffered DIMM, Registered DIMM, LR DIMMのメモリモジュールに対応します。合計の最大メモリは1TBに達します。

 PCI Expresss Gen 3は64レーン内蔵し、そのうち16レーンはSATA Expressで2レーンとSATAに14レーンに設定することが可能となっています。

| | コメント (1)

2015年4月 9日 (木)

intelはTDP 15Wのノート向けSkylakeにIris Proを搭載

 intelはTDP 15Wのノート向けSkylakeにIris Proを搭載するようです。

http://www.fudzilla.com/news/notebooks/37472-skylake-15w-mobile-skus-getting-iris-graphics

 Irisに関しては現在TDP 28WのBroadwellがIris Graphics 6100を搭載しており、これを採用するモデルとしてCore i7 5557U、もCore i5-5287/i5257U, Cor i3-5157Uがあり、いずれも2コア/4スレッドでRTDP 28Wとなっています。

 そしてSkylakeについてはどのSKUで搭載されるのかは分からないものの、intelはOEMに対しSkylakeからTDP 15WでIris graphicsを搭載したモデルが利用できるようになると話しているようです。現行のBroadwellのCore i7-5650U(2コア/4スレッド、動作周波数2.2GHz/Turbo Boost 3.1GHz, HD Graphics 6000, TDP 15W)のラインをTDP 15W, Iris GraphicsのSkylakeが置き換えるものと記事では見ています。

 intelはTDP 15WでIris Graphicsを搭載したSkylakeをQ4/2015に4モデル、Q1/2016に更に4モデル追加予定となっています。

| | コメント (0)

E1-6105とA8-7410なるAPUが存在

 E1-6105とA8-7410なるAPUがあるようです。

http://www.cpu-world.com/news_2015/2015040701_AMD_E1-6015_and_A8-7410_APUs_spotted.html

 これはHewlett Packardが最近発行した搭乗予定のノートであるHP 255 G4の仕様表から明らかになったものです。これの上位モデルにA8-7410, 下位モデルにE1-6015が採用されるようです。E1-6015は2コアで動作周波数は1.4GHz, L2キャッシュは1MB, 統合GPUはRadeon R2シリーズ、TDPは不明ですが現行のE1-6010と同じ10Wかそのあたりではないかとしています。

 A8-7410はCarrizo-Lベースとなり、4コア(Puma+コア)で動作周波数は2.2GHz/Turbo Core 2.5GHz, L2キャッシュは2MBで統合GPUはRadeon R5シリーズとなります。いずれも登場時期については現段階では不明です。

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

Fiji XTはHBM2に対応するかもしれない

 Fiji XTはHBM2に対応するかもしれないという話です。

http://www.fudzilla.com/news/graphics/37457-fiji-xt-can-support-hbm2-memory

 AMDの次世代ハイエンドGPUとなるFiji XTは6月の登場が言われており、HBM(High Bandwidth Memory)に対応します。そして今回の記事によると、HBMの次となるHBM2に対応するかもしれないそうです。4-Hi HBM2はメモリバス幅は4-Hi HBMの1024bitと同じなものの、帯域は2倍となり256GB/s, 画像メモリは容量は4チップで16GBになるとしています。

 ただFijiがリビジョンアップで対応するのか、それともプリント基板を変更するだけで対応できるのかは明らかになっていません。

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

intelが新たなCore i3シリーズとPentiumを追加

 intelが新たなCore i3シリーズとPentiumを追加しました。

http://www.cpu-world.com/news_2015/2015033102_New_Intel_Core_i3_and_Pentium_CPUs_released.html

 追加されたのはBroadwellベースでノート向けのPentium 3825U, Core i3-5015U/5020U, Haswellベースでデスクトップ向けのPentium G3260ほかです。

 これらについて以下の表にまとめました。

Broadwell(ノート向け)
モデル コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPU メモリ TDP 価格($)
Pentium 3825U 2/4 1.9GHz 2MB HD (Broadwell) DDR3L-1600 15W 161
Core i3-5015U 2/4 2.1GHz 3MB HD 5500 DDR3L-1600 15W 275
Core i3-5020U 2/4 2.2GHz 3MB HD 5500 DDR3L-1600 15W 281
Haswell(デスクトップ向け)
モデル コア数/スレッド数 動作周波数 L3キャッシュ 統合GPU メモリ TDP 価格($)
Pentium G3260 2/2 3.3GHz 3MB HD DDR3-1333 53W 64
Pentium G3260T 2/2 2.9GHz 3MB HD DDR3-1333 35W 64
Pentium G3460T 2/2 3GHz 3MB HD DDR3-1600 35W 75
Pentium G3470 2/2 3.6GHz 3MB HD DDR3-1600 53W 86
Core i3-4170 2/4 3.7GHz 3MB HD 4400 DDR3-16000 54W 117
Core i3-4170T 2/4 3.2GHz 3MB HD 4400 DDR3-1600 35W 117
Core i3-4370T 2/4 3.3GHz 4MB HD 4600 DDR3-1600 35W 138

| | コメント (0)

AMDの次世代プロセッサコアとなるZenは16コア

 AMDの次世代プロセッサコアとなるZenは16コアとなるようです。

http://www.fudzilla.com/news/notebooks/37399-new-amd-zen-x86-apu-can-has-16-cores

 ZenはCarrizoの後継となり2016年の登場が予定されています。これを採用したプロセッサの開発名は現状明らかになっていないものの、Zenを採用したAPUはDDR4の4チャネルのメモリに対応し、PCI Express Gen 3やHBM(High Bandwidth Memory)を採用したGreeland(2015年3月31日の記事参照)を統合GPUとして採用するそうです。

 これらが事実だとするとAMDとしてはデスクトップ市場での高性能x86プロセッサを諦めたわけではなく、続報が待たれます。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »