« intelが5GHz超えのXeon E5シリーズを用意 | トップページ | intelは10nmプロセスのプロセッサを2017年に登場 »

2016年1月18日 (月)

AMDは2種類のPolarisを開発

 AMDは2種類のPolarisを開発しているそうです。

http://videocardz.com/58157/amd-has-two-polaris-finfet-gpus-in-development

 PolarisはAMDの次世代GPUであり、2016年内の登場が予定されています。AMDのGPU部門のRadeon Technology Groupの担当でSVP & Chief ArchitectであるRaja Koduri氏によると、AMDは現在2種類のFinFETのGPUを開発しており、それはPolaris 11とPolaris 10であるそうです。前者はデスクトップのミッドレンジ向け及び高解像度ノート向け、後者はFury Xの後継となるようなハイエンド向けとなるようです。

 Koduri氏は「FinFETのGPUが2種類開発中であり、いずれも電力効率にきわめて優れている。これらはPolaris 10とPolaris 11である。性能面では最も革命的な飛躍がなされるであろう。多くのブロックを再設計し、メインプロセッサ、ジオメトリプロセッサなども再設計を行い、第4世代のGCN(Graphics Core Next)は性能面で大幅な向上をなし遂げた。マルチメディアコアやディスプレイエンジンも新しくなっている。」と発言しており、何やら自身があることが窺えます。

 Polaris 10/11の仕様がどうなるかについては、ここからはVideocardzの推測となりますが。ミッドレンジ向けの画像メモリはGDDR5、ハイエンド向けはHBMになるのではないかとしています。

|

« intelが5GHz超えのXeon E5シリーズを用意 | トップページ | intelは10nmプロセスのプロセッサを2017年に登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« intelが5GHz超えのXeon E5シリーズを用意 | トップページ | intelは10nmプロセスのプロセッサを2017年に登場 »