« 2015年を振り返って | トップページ | intelが組み込み向けプロセッサのCeleron G3900Eなどを追加 »

2016年1月 4日 (月)

AMDの次世代GCNはPolarisと呼ばれる

 新年明けましておめでとうございます。本年も当Weblogをよろしくお願いいたします。

 さて本年最初の記事です。AMDの次世代GCNはPolarisと呼ばれることになったようです。

http://videocardz.com/58031/amd-announces-polaris-architecture-gcn-4-0

 現在のアーキテクチャはGCN 3.0でFiji/Tongaが該当しますが、次世代となるPolarisはGCN 4.0となり、14nmか16nmプロセスのFinFETで製造されます。PolarisはNVIDIAの次世代となるPascalの競合となります。

 Polarisはワットあたりの性能が過去にないほど向上するとされ、一例として1920x1080の60fpsの3D描画が競合(NVIDIAと思われる)が140Wなのに対してPolarisでは86Wで済むとされています。また出力としてはHDMI 2.0aやDisplayPort 1.3を搭載します。

 論理ブロックではディスプレイエンジン、マルチメディアコア、コマンドプロセッサ、ジオメトリプロセッサ、L2キャッシュ、メモリコントローラが新しくなっているとなっています。画像メモリはHBM2を採用すると見られます。

 Polaris採用の製品は2016年内に登場予定です。

(2016/01/05) 14nmと16nmを使うようです。記事本文もそれに合わせて変更しました。

|

« 2015年を振り返って | トップページ | intelが組み込み向けプロセッサのCeleron G3900Eなどを追加 »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年も記事を楽しみにしています。

Polarisについては4Gamerでも16nmと書いてあるのでTSMC製造で確定ですかね。
GPUはTSMC、CPUはGFという構図は変わらずみたいですね。
(まあGFの14nmはほぼSamsungですが)

投稿: | 2016年1月 5日 (火) 03時27分

その4Gamerの記事ですが、本日10時付で14nm(GLOBALFOUNDRIES)もしくは16nm(TSMC)を使うと修正されていますね。こちらのWeblogの記事本文もそれに合わせて修正しました。

投稿: 98 | 2016年1月 5日 (火) 23時06分

大原氏の記事「PCテクノロジートレンド 2016 - 次世代CPU/GPU、メモリはどうなる?」
http://news.mynavi.jp/special/2016/trend/001.html

を読んだ感じだとハイエンド向けのデカいGPUはTSMC、モバイルやミドル向けの小さいGPUはGF/Samsungという使い分けになりそう

投稿: | 2016年1月 8日 (金) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年を振り返って | トップページ | intelが組み込み向けプロセッサのCeleron G3900Eなどを追加 »