« Radeon R9 480シリーズはPolaris 10ベース | トップページ | Kaby LakeとZenは2016年内には登場しない? »

2016年6月 2日 (木)

Skylake-X, Kaby Lake-X, Skylake-Wが登場

 Skylake-X, Kaby Lake-X, Skylake-Wが登場するそうです。

https://benchlife.info/intel-study-skylake-x-kaby-lake-x-and-basin-falls-for-skylake-w-06022016/ (中文・繁体字)
http://wccftech.com/intel-skylake-x-kaby-lake-x-q2-2017-roadmap-leak/ (英語解説)

 つい先日の5/31にBroadwell-EことCore i7-6900/6800シリーズが登場しましたが、これはQ1/2017まで継続されるようです。

 そしてQ2/2017にはSkylake-XとKaby Lake-Xが登場します。これまでintelのデスクトップ向けプロセッサの最上位は-Eを使ってきましたが、SkylakeとKaby Lakeからは-Xと命名規則が変わるようです。Skylake-Xは140Wで10/8/6コア、Kaby Lake-XはTDP 95Wで4コアで倍率可変となり、実質現在のKシリーズの後継となります。

 また新たにワークステーション向けプラットフォームとしてSkylake-Wが登場します。これにはBasin Fallsというプラットフォーム名がつけられており、ソケットはSocket R(スライドには2061-trendとあるので実際にはLGA2061か?), メモリはECC DDR4-2667の4チャネル, TDPは最大140W, 将来登場するCannon Lake-Wと互換性を有するとしています。

 Skylake-Wは2017年登場予定、Kaby LakeはQ3/2016にUとYのノート向けラインから投入され、デスクトップ向けはQ4/2016から登場予定です。

|

« Radeon R9 480シリーズはPolaris 10ベース | トップページ | Kaby LakeとZenは2016年内には登場しない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Radeon R9 480シリーズはPolaris 10ベース | トップページ | Kaby LakeとZenは2016年内には登場しない? »