« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月26日 (金)

Kaby Lakeのモデル構成情報

 Kaby Lakeのモデル構成情報です。

http://www.ocaholic.co.uk/modules/smartsection/item.php?page=0&itemid=4009

 デスクトップ向けについては以下の表にまとめてあります。Processor NumberにKが付与されているモデルは倍率可変となります。

モデル 動作周波数(標準/Turbo Boost) L3キャッシュ コア数/スレッド数
Core i7-7700K 4.2GHz/4.5GHz 8MB 4/8
Core i5-7600K 3.8GHz/4.0GHz 6MB 4/4
Core i7-7700 3.6GHz 8MB 4/8
Core i5-7600 3.5GHz 6MB 4/4
Core i5-7500 3.4GHz 6MB 4/4
Core i5-7400 3.3GHz 6MB 4/4
Core i7-7700T 2.9GHz 8MB 4/8
Core i5-7600T 2.7GHz 6MB 4/4
Core i5-7500T 2.4GHz 6MB 4/4

 ノート向けについては以下のようになります。

モデル 動作周波数(標準/Turbo Boost) L3キャッシュ コア数/スレッド数 統合GPU 統合GPUコアクロック(標準/最大) vPro
i7-7500U 2.7GHz/3.0GHz 4MB 2/4 HD Graphics 620 300MHz / 1050MHz 対応
i5-7200U 2.5GHz/2.9GHz 4MB 2/4 HD Graphics 620 300MHz / 1000MHz -
Core m3-7Y30 1.0GHz/2.0GHz 4MB 2/4 HD Graphics 615 300MHz / 900MHz 非対応
Core m5-7Y54 1.2GHz/2.6GHz 4MB 2/4 HD Graphics 615 300MHz / 950MHz 非対応
Core m7-7Y75 1.3GHz/2.8GHz 4MB 2/4 HD Graphics 615 300MHz / 1050MHz 対応

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

PCI Express 4.0の仕様に関する情報

 PCI Express 4.0の仕様に関する情報です。

https://www.techpowerup.com/225223/pci-express-4-0-pushes-16-gt-s-per-lane-300w-slot-power

 PCI Express 4.0は現行の3.0の後継となり、1レーンあたり16GT/sと現行の倍になります。またスロットあたりに供給可能な電力は300Wとなり、これは3.0の75Wから実に4倍となります。300Wということは電源コネクタ不要となるグラフィックボードの設計の自由度が一気に広がりますが、実際にはボードベンダは後方互換性を重視するため、以降は徐々に行われるのではないかとしています。

 PCI Express 4.0は2016年末に最終的な仕様が策定される予定です。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »