« GeForce GTX 1050の仕様に関する情報 | トップページ | 2018年までのintelのモバイル向けプロセッサロードマップ »

2016年9月13日 (火)

AMDのZen向けマザーボードは2017年2月に登場

 AMDのZen向けマザーボードは2017年2月に登場するそうです。

https://benchlife.info/update-for-intel-kaby-lake-and-amd-summit-ridge-09112016/ (中文・繁体字)

 これに先立って、先日AMDはBristol Ridge APUを発表しました。これはプロセッサコアはExcavatorのままですが、新たなるソケットであるAM4を採用しています。このAM4はZenはデスクトップ向けとなるSummit Ridgeも使用し、ここでAMDのGPUなしのプロセッサ(FXのライン)とAPUが同じソケットに統合されます。

 このAM4のマザーボードはチップセットとして最上位がX370, メインストリームがB350, ローエンドがA320, 小型(Small Form Factor)向けがX300/B300/A300が採用されます。AM4ではDD4, PCI Express Gen 3, USB 3.1 Gen2 10Gbps, NVMe, SATA Expressなどに対応し、とりわけデスクトップのハイエンド向けだと現行の990FXから一気に現代化されます。

 ZenをKaby Lakeで迎え撃つintelですが、デスクトップ向けのKaby Lake用チップセットZ270, H270は2017年1月のCES 2016にて発表ではないかと見られており、Q1/2017は久しぶりにintelとAMDの性能面でのがちんこ対決が見られるかも。

|

« GeForce GTX 1050の仕様に関する情報 | トップページ | 2018年までのintelのモバイル向けプロセッサロードマップ »

コメント

Zenで本当に迎え撃てるのか?

投稿: | 2016年9月21日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GeForce GTX 1050の仕様に関する情報 | トップページ | 2018年までのintelのモバイル向けプロセッサロードマップ »