« デスクトップ向けKaby Lakeの価格情報 | トップページ | NVIDIAがGeForce GTX 1060のGP104版を用意 »

2016年11月15日 (火)

Skylake-XとKaby Lake-Xの続報

 Skylake-XとKaby Lake-Xの続報です。

http://www.fudzilla.com/news/processors/42104-intel-hedt-skylake-x-desktop-platform-detailed

 2016年7月18日の記事の続報です。これからのお復習いもかねると、Skylake-XとKaby Lake-XはBasin Falls Xプラットフォームを採用し、新たなるソケットとしてLGA2066(Socket R4)を採用します。Kaby Lake-XとSkylake-Xはあまり間を置かず登場する予定です。

 Kaby Lake-Xは当初は4コアのみが登場し、Skylake-Xは6/8/10コアのモデルが登場します。Kaby Lake-XはPCI Express 3.0が16レーン、Skylake-Xが44/28レーンとなります。メモリについてはKaby Lake-XがDDR4-2666の2チャネル、Skylake-Xが4チャネルとなります。TDPはKaby Lake-Xが112W, Skylake-Xが140Wとなります。Turbo BoostはKaby Lake-Xが2.0, Skylake-Xが3.0となります。

 Skylake-XについてはQ3/2017に登場予定となっています。

|

« デスクトップ向けKaby Lakeの価格情報 | トップページ | NVIDIAがGeForce GTX 1060のGP104版を用意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デスクトップ向けKaby Lakeの価格情報 | トップページ | NVIDIAがGeForce GTX 1060のGP104版を用意 »